【SFC】エルファリア2 プレイ日記07:過去へ

エルファリア2のプレイ日記7回目です。
武器の強化やキャラのレベル上げもある程度終わったので、
ユノの町にやってきました。
ここにはレーナさんの協力者フラウドがおり、会いに行くと
<ルミネ同盟>(レーナさんやラモンが作ったゲドラー反対派)の
人々が反乱軍の場所を知っていると教えてくれる。
ルミネ同盟はハンブの近くのエルフの遺跡にいるということなので
早速会いに行くことに。

elfalia2_103.jpg
と、その前にこの村にはキバの母親マリアもいるはずなのだが…
村の中にはそれらしき人物はいない。
1件だけ入れないお宅があるので、ここだろうな。
キバの母親マリアも博士で、ベータと別れた後は
人間嫌いになってしまい、家の中で水の聖地ハンブを呼び戻す方法を
ずっと研究していたとのこと。
博士×博士の子供なのでキバはサラブレットの血筋を引いているのだけど、
それが彼の不運の始まりというのが皮肉のものだ(´・ω・`)
旦那の罪を償いたいという気持ちも分かるが、息子放置かい。

マリアにはまだ会えないのでルミネ同盟の方へ。
カナーナの反乱軍はスンガ大学の地下をアジトにしており、
ハンターのピットにゴルバのメダルを見せれば、案内してくれると
いうことだった。

elfalia2_105.jpg
エルフの遺跡の奥に行くと、水の聖地ハンブの跡地が見える島に出る。
レーナさんの父親はハンブと運命を共にしたと話す。
キバはハンブを沈めたのは…と言いかけるが、レーナさんは
ベータを責めている訳ではなく、
「皆が精一杯生きようとしているのに…争い合ってしまうのが悲しい。
 禁止官制度の元は、あのエルファリアを救ったパイン様が作った
 ものなのよ。」と語る。

レーナさん…ベータのこと責めてないと言いつつも、何故父親について語ったんだ。
キバの立場からしたら、気にしないとか無理なんだから
黙っているのが大人の対応ですよ。
この人、口では良いこと言ってるけど、所々こういう黒い所があるから
ヒロインとしてあまり好きになれないんだろうな。

スンガの町に行き、ピットにゴルバのメダルを見せると
カナーナの反乱軍リーダーのマチルダを紹介してくれる。
マチルダにはジムが殺されたこと、その犯人がラモンであること、
ベータがラモンの手で闇の魔物にされたことを話した。
しかし、マチルダは信じられないという反応をする。

elfalia2_107.jpg
そこに町の外で禁止官が「バケモノのような大男、ハンターの少年、
エルフの少女、グリフの4人組を見たものは禁止官に届けよ。
なお、ハンターの少年キバの母親の命は預かっている。
ユノの町まで来い。」というサラマンデスからの伝言が書かれたビラが
ばら撒かれているという情報が入ってくる。

オイオイ…キバは父親が沈めたハンブのことや、父親を手に掛けたことで
大分悩んでるのに…これで母親に何かあったら辛すぎるだろ。
少しそっとしておいてくれよ。

elfalia2_108.jpg
一方、キールはダロスの力を借りようとゲドラーの城に忍び込んでいた。
そこでばったりとラモンと出会う。
ラモンはこの城で迷ってしまい、困っていたそうだw
ここでもドジっ子な性格が出ているのかww
キールにダロスの場所を教える代わりに、自分も助けろ!というラモンさんだったのである。

elfalia2_109.jpg
ユノの町に行くと、サラマンデスに占拠されており、町の中でも
エンカウントするようになっている。
ザコで出てくるレッドコップは素早く手ごわいので注意。
強い割には経験値は上手くないのがなぁ~。

elfalia2_110.jpg
マリアの家に行くとベッドの上にいるマリア、その横に立つサラマンデス。
お前…人の母親に何をしようとしていた(# ゚Д゚)

elfalia2_111.jpg
サラマンデスと3回戦目。
いや~ゲドラーにパワーアップして貰ったと言っていたが
本当に強いの何の。
全体攻撃のブラストでキバ以外大ダメージを受け、極炎攻でシャンゴが
吹き飛んで行くのだが(苦笑)
シャンゴを犠牲にすれば倒せないこともないのだけど…レベル差付くのが
嫌なのでリセット。
少しレベル上げをしてから、再チャレンジ。

とりあえず戦闘開始時にルークでアイス+前衛の通常攻撃で
レッドコップを素早く倒す。
サラマンデスだけになったら、リーファはヌードで敵の守備力を落としてから
前衛は必殺技、後衛はヒールに徹する。
これで全員生き残った状態で倒せた~。
(これでも何回か失敗し、リセットしているのだけど)

elfalia2_112.jpg
今度こそサラマンデスは消滅。
キバは母親のマリアと再会を果たす。
キバは母親に
「どうして俺を一人にしたんだ!どうして倒産を追いかけて来なかったんだ!
 ずっとずっと母さんのこと思ってた!いつも母さんのことばかり考えていた!」
と思いの丈をぶつける。

マリアは「これがキバの髪…キバの目…口…」と1つ1つ確かめるように
キバに触れる。
マリアは視力を失っていたのだった。
マリアはハンブ沈没事件で、多くの犠牲を出したベータを恨み、
再びハンブを浮上させる研究に没頭した。
視力のことは夫を恨み、息子をないがしろにした罰よと話すのだった。

キバはベータが魔物になったこと、そして自分が父親を手に掛けたことを明かす。
その話を聞いてマリアは自分のしたことをひどく悔み、今度は一緒にいると誓うのだった。
キバにも帰る家が出来て良かった良かった。

キバからゲドラーを倒すために、水の門を開ける必要があるということを
聞いたマリアは水の聖地ハンブを浮上させる方法を教えてくれる。
ハンブの近くにあるエルフの遺跡で、土を制する力を持つ<土の印>を
使えば良いと。
幸い、<土の印>は持っているので浮上自体は出来るが、<ブルージェム>がないと
<水の印>は取り出せない。
すると、レーナさんが突如「ブルージェムはこっちよ」と言って出て行く。
レーナさんは再び謎の声に導かれて魔の森の中に入っていくのだった。

elfalia2_113.jpg
レーナさんを追いかけ、森の中に入ると
「時の彼方から私を呼ぶ声が聞こえる…私は導く者…
 私はあなたたちを時を超えて導くためにいる…」と言い、
地面に裂け目が出来る。

elfalia2_115.jpg
中に入ると時空を超えているのか、光が流れていく。
その中にパイン様とリシア様の姿が見える。

elfalia2_116.jpg
しばらくすると、森の中に出てくる。
ここは魔法戦争が起こる前の平和なエルファリア…つまり過去に飛んできた。
やがて水の聖地となるハンブがあるので、そこに行けばブルージェムがあると
教えてくれる。

レーナさんは時を超えた時に色々なことが分かったようで、
・自分を導いていたのはエルザードだった。
・エルザードに導かれているのは、自分だけではなく、ラモンやキール、ダロスも。
・キバ、リーファ、ルーク、シャンゴが<正の勇者>なら、
 レーナ、ラモン、キール、ダロスは<負の勇者>だと言う。

さてさて、とりあえずレーナさんに言われた通り、
ブルージェムを取りに過去のエルファリアを探索してみますかね。
過去まで飛んで来たら、もう話も後半に入っていたような気がするのだけど…
四魔神官がまだ半分残っているぞw
残り2人の出番は少なかったかねぇ…

【SFC】エルファリア2 プレイ日記06:水の国カナーナに到着

elfalia2_089.jpg
エルファリア2のプレイ日記6回目です。
エルムの廃坑に到着、シャンゴの舅のツァラスに再会したところから。
シャンゴが魔物のような姿になった原因は、ゲドラーが密かに<メルド>を
行っているのをツァラスが知り、<メルダー>狩りを止めるきっかけになればと思い、
証拠を見つけて来て欲しいと依頼した為だった。

シャンゴ自身が人間だった時の記憶を失っているので
詳しいことは分からないが、ゲドラーに見つかって
魔物製造機に掛けられてしまったんだね…(´・ω・`)

本題の<トライデント>の制作方法はというと
黒オパールを2個メルドすれば良いと。
材料の黒オパールはエルフの遺跡で手に入るが…現在は
<土の門>が道を塞いでいて、中に入るには<土の印>がいる。
で、<土の印>を手に入れるには<イエロージェム>が必要になるが
現在どこにあるのか分からない。
と、思っていたらツァラスが<イエロージェム>をメルドで作ってくれるって!
スゲェな!!キバたちは武器しか生成出来ないが、メルドを極めると
こんなもんまで作れるのか。
そんな訳で<イエロージェム>の材料となるムーンストーンとアクアマリンを
求めて廃坑の奥へ。

elfalia2_090.jpg
キバたちが<イエロージェム>を作って貰っている一方で、
ラモンはダロスが幽閉されている牢屋に来ていた。
ゲトラーは自分より強力な魔物の可能性がある<光>や<究極>の魔物を
作って良いか迷っているらしい。
ダロスをすぐに処刑しないのは、いざという時の切り札のつもりらしい。
ラモンは水の国カナーナの反乱軍を使って、ゲトラーを追い詰めようとしていた。
ゲドラーはダロスの力を借りて、より強力な魔物を作り出す。
そして、それをラモンが倒して最終的にゲドラーを倒せば、英雄の出来上がりと
いう作戦だった。

elfalia2_091.jpg
イエロージェムが完成するとツァラスの隠れ家にバジャが
駆け込んでくる。
どうやらプラムの町にサラマンデスが来て、ベータの息子・エルフの少女・
グリフ・魔物のような男の4人組を連れて来いと、ハンナが人質に取られてしまったようだ。
ご指名じゃないですかーヤダー(´・ω・`)
こういう時ってロクなことないから行きたくない。
どちらにせよプラムへは<土の印>を取りに行かねばならんので
行くことにはなるのですがね。

elfalia2_092.jpg
プラムの町に着くとハンナがバジャの重荷にはなりたくないと
言って、自害したと言われる。
ええええっ…いくらなんでも早まりすぎだろ( ゚д゚)
まだ全員が助かる可能性があっただろうに…。
その話を聞いて怒りに身を任せてサラマンデスの元へと一人向かうバジャ。
待て待て!それ死亡フラグだから!!
お前らもう少し周りの状況を見て、冷静に動けよ!!!

elfalia2_094.jpg
バジャの後を追っていくとバジャがサラマンデスに戦いを挑んでいた。
一度魔物になって蘇ったとは言え、サラマンデスには敵わず、
魔法で焼き殺されてしまうのだった。

elfalia2_095.jpg
サラマンデスと戦闘ですが、弱かったw
ムーンスピアの火星攻でサラマンデスをパラライズ状態に出来るので
あとはキバでボコボコ殴れば終了。
ルークがヒール1(速さの指輪装備)でも余裕がある。
フレイズが強烈なので、一応火の指輪はつけておいた方が良い。

キバたちが勝利を収めると、サラマンデスは逃走。
アイツ案外しぶといな。
残り2人の四魔神官の出番が全然ないじゃん。
土の四魔神官に関しては未だに名前すら出て来てないぞw

サラマンデスがいなくなったことで、プラムの町もまた平穏を取り戻したのだった。
町の住民たちもバジャやハンナの死を悲しんでくれているのが、せめてもの救いか。
目的だった<土の印>もゲット。このまま砂漠へ向かい、土の門を開けて
エルフの遺跡へ向かうとしましょうかね。

elfalia2_096.jpg
そうそう、逃げたサラマンデスはゲドラーにエルザードに導かれし四人の勇者のことを報告。
そしてこのままでは死ぬに死にきれず、さらに力を与えてもう一度チャンスが
欲しいと懇願するのだった。
ゲドラーはサラマンデスのことを許し、力を与えるのだった。

elfalia2_097.jpg
砂漠の中にあるエルフの遺跡には、イエロードラゴンがいる。
コイツはブルードラゴンと同じく戦わなくても良いのだけどね。
強力な武器をくれる可能性があるので、チャレンジしてみたところ…
クエイク(だったかな?)を受けるとキバが一撃で死ぬのですが…
ええ…HP200以上+土の指輪つけててもダメって、どういうことですか?
倒すには倒せるのだけど、経験値差が付くと面倒なのでリセット。

ここは再びムーンスピアに頑張って貰うしかないね。
ということで、リーファにムーンスピア+運の指輪を装備させて
パラライズ状態にしつつ、ルークで殴る作戦にしました。
これで何とか全員生存状態で勝利。
新しい土の武器「バトルアクス」をGetして、満足満足と思って進んだところ、
…実は少し進んだところに「土のお守り」が落ちていました(#^ω^)
お守りは「オーブ>お守り>指輪」の順で強力になっていく。
つまり先にお守りを持っていたら、もう少し楽に勝てたのでは…?

エルフの遺跡を抜けると孤島に出る。
そこに出現するスネーピーが黒オパールを落とすので
必要な分を狩る。
多分今回のトライデントも山賊に渡すことになるから
2本分作っておくか。
本当は前衛2人に装備させた方が、ベリー岬を抜けるときに
楽になるのだろうけど、武器を育てるのが面倒なんだよなぁ。
とりあえず1本で頑張ってみて、ダメそうだったら追加で作ろう。

elfalia2_098.jpg
トライデントを山賊の親分に届けると、レーナさんの制止も聞かずに
洞窟の中へ。
奥から叫び声が聞こえたと思ったら、部下に担がれて帰ってきたw
しかも渡したトライデントは魔物に奪われたと…それは許されない愚行だ。
親分は急いでレーナさんが手当をしてくれたので、命に別状はなかった。
「くやしいがレーナさんを水の国カナーナまで送って欲しい」と
頼まれる。

elfalia2_099.jpg
するとリーファが
「どうして?どうしてあなたを連れて行かなきゃいけないの?
 あなたはキバのお父さんを魔物に変えたラモンの仲間でしょ!」と
レーナさんに噛みつく。おお…皆に優しいリーファが珍しい。
少し前にキールから後を追うのを意外とあっさりと止めたりしていたけど、
この辺りからキバのことが気になっていたのかね?

しかしレーナさんも「誰かの声が聞こえるの…あなたたちを導くように…と」と話す。
レーナも声の主の正体は分からないが、誰かに導かれているようだ。
ラモンの野望に火をつけるようなことをしてしまったことは
とても後悔をしており、死のうとも思ったが、「まだすることがある」と
声の主が言うのだった。

レーナさんも仲間に入る。
水の国カナーナのユノの村にいるフラウドという人が
力になってくれるはずということで共に向かうのだった。

elfalia2_100_20170529183346f11.jpg
この辺で再び、ダロスたちの方にカメラが(笑)
サラマンデスからエルザードに導かれし四人の勇者が、ゲドラーを狙っていると
いう報告を受けてビビっているゲドラーさんww
ダロスにより強力な魔物を作るように命令する。
ダロスは「勿論協力しますよ」と承知するが、ゲドラーが去った後に
「あいつらは、こんなゲドラーを倒すために導かれているのではない…。
 では一体何のために…何が起ころうとしているんだ…?」と疑問に思う。
この人だたの魔物製造狂かと思いきや、意外と冷静に考えてるね。

elfalia2_101.jpg
ベリー峠下りには闇の魔物スラッブリンがいる。
またアレですよ…1体1体はあまり強くないけど、数が多いよと
いうパターンです。
今回は途中に回復ポイントもあるので、「光刃づき」を一撃与えたら
後は通常攻撃に切り替えて、MPを節約しながら進むことに。

そういえば…そろそろヒール2でも回復が物足りなくなってきたというのに、
未だにルークがヒール2を使えないのだけど…何か取り逃したかな?
と思いつつ、ベリー岬を下るとカナ城跡という所に出る。
ここにもメルダーが隠れ住んでおり、シルコンとパールを持ってきて
くれたら、「氷のロッド」を作ってあげようという。
シルコンとパールはフィールドマップに出現する敵から手に入るので
早速作って貰うと、ヒール3をゲット!ヤッタ!!
今回はリーファが装備出来ないのね。
まぁ、しばらくはヒール2と3両方を使って行く感じで大丈夫でしょう。

さぁ、ついに水の国カナーナに到着。
ここにはキバの母親がいるはず…。
早くストーリーを進めたいところですがぁ、フィールドの敵が
シルコンやらアルテミスやら武器強化用のアイテムを
ジャンジャン落としてくれるので、ちょっと武器を育ててきますわ~。

【SFC】エルファリア2 プレイ日記05:トライデントを求めて

elfalia2_070.jpg
エルファリア2のプレイ日記5回目です。
子メルドンを返しにメルドンの森を訪れたキバたち。
メルドンの長老にエルルのかけらを見せると、全てを察したようで
メルドの修行をしてくれることになる。

elfalia2_072.jpg
長老に言われたアイテムを探し回るキバたち。
フォレス廃城では久しぶりにリーファが前衛に出たので
全滅しかけたww
メルドンの森が闇属性の敵が出現するので、そこでレベルを
調整していくと良いかも。

elfalia2_071.jpg
一方、ゲドラーたちもメルドンの存在に気が付き、
根絶やしにするために動き出す。
そんな中、サラマンデスだけはキバたちのことが気になり
胸騒ぎを感じる。
コイツなかなか良い感をしているぞ。

elfalia2_075.jpg
ついでにDr.ダロスもこの森に来ていて、メルドの秘密に関する
歌をメルドンに教えて貰っていた。
これによって闇より強力な<光の魔物>の作り方、
そして<究極の魔物>の作り方が分かったと言う。

elfalia2_074.jpg
長老に言われたアイテムを全て集めると「武器と武器」または
「武器と宝石」を合成することで、新たな武器を作る<メルド>を覚えることが出来る。
これで「炎のロッド」を作れば、ヒール2を使用できるようになって
戦闘が楽になる!!
しかし…このゲーム、自分の苦手属性の武器が装備できないのですがぁ…
現状ヒール2を使えるのが「炎のロッド」のみ。
つまり、ルークがヒール2を使用できない状態…。
ファイトレベルとマジックレベルはバランス良く上げて行きたいから
早く「雷の杖」が欲しい(雷の杖もヒール2が使える)

elfalia2_077.jpg
メルドを教えて貰った矢先、ゲドラーたちが森に攻めてきて
メルドンを皆殺しにしていた。
長老から「お前たちの敵はゲドラーではなく…ラを破壊する力の化身だ。
それまでに<メルド>の力を磨け」と言われる。
長老もゲドラーに殺されてしまう(´;ω;`)

elfalia2_078.jpg
ここで四魔神官の一人、ウンディネスと戦闘になるが
敵の攻撃一撃で、仲間が消し飛ぶw
当然負けイベント戦です。

elfalia2_079.jpg
目が覚めるとラダの砦にいた。
騒ぎを聞きつけたバジャが森で倒れていたキバたちを見つけ、
ここまで連れて来てくれたそうだ。
バジャはギストから避難してきた人々をプラムへと移住させるつもりらしい。
ただ、プラムに向かうにはフォレス山を越える必要があるのだが
スキュラという闇の魔物がいて、今は通れないと言う。
そこで<メルド>を覚えたキバたちに光属性の武器<星のレイピア>を
作って欲しいと依頼してくる。

<星のレイピア>の作り方はメルドンの唯一の生き残りの
子メルドンが教えてくれる。
アメジスト2つを加えれば良い。
要は<闇×闇>で<光>が生まれるということ。
※闇は四属性(水・火・風・土)に強く、光に弱い。

elfalia2_080.jpg
バジャに<星のレイピア>を渡し、自分たちもカナーナを目指し
フォレス山を登る。
途中にいるスキュラとは4回ほどバトルがあるので、注意。
自分たち用に<星のレイピア>を作っておけばコイツ自体は楽。
ただしボス戦が4回もあるとMPが尽きてくる上に、途中で回復ポイントがない。
(4回戦後に回復ポイントがある)
アイテムを上手く使っていくか、一旦引き戻るかして上手く戦う必要がある。

elfalia2_081.jpg
フォレス山を越えてベリー岬に着くと、キールと会う。
水の国カナーナに行くには、このベリー岬を越える必要があるのだが
山賊が道を塞いでしまっている。
しかも、キールが
「キバ!お前レーナに気があるんだってな!
 良いことを教えてやるよ。レーナは、その山賊に捕まってるぜ!」と言って
立ち去っていく。

個人的にレーナよりリーファの方が好きなので、レーナさんはどうでも良いです(ボソッ)
この辺になってくると各キャラの心境も少しずつ変化が出てきていて
キバ「リーファ…キールを追わなくても良いのか?」
リーファ「良いの…追いかけても、もう…捕まえられない。
     でも、また会う気がする。私たちが行く道とキールが行く道は
     どこかでぶつかり合っている気がするの…」と言う。

リーファ大正解(笑)
キバはこの後に「あいつはまだ<究極の魔物>になろうとしているんだろうか…」と呟く。

elfalia2_082.jpg
ベリー岬の頂上には山賊がいる。
どうやらボスのドランカはレーナさんに惚れてしまったようで、レーナを水の国カナーナへ
送ってあげたいが、途中にいる魔物が倒せずにいて困っているらしい。
その魔物を倒すには<トライデント>という武器が必要なので持って来いという。
また武器プレゼントイベントかい。
メルドで簡単に作れるから良いのだけどさぁ…結局自分たち用にも作らんと
いけんから、二度手間なんだよ。
自分たちが魔物倒してくるから、そこでおとなしく待ってろよ!

リーファ「あんな山賊やっつけちゃえば良いのに…っ!!」
シャンゴ「レーナさんが捕まっている。騒ぎを起こすとレーナさんが危ない」
キバ「…ごめんよ リーファ。俺のワガママだ…」

キバのツンツン度も落ち着いてきて、二人がケンカをすることも
少なくなってきた。
「女は黙ってろ!」と言っていた頃と比べると、素直に謝っててエライ。
成長しておるな。

elfalia2_084.jpg
トライデントの情報を集めるために、ファーの町にやってきた一行。
偶然ダロスが禁止官に連行されていく所に出くわす。
ゲドラーがダロスを生かして連れて来いと命じていたらしい。
ダロスを乗せた船が出向する。
最後にラモンも忍び込んで乗っていく姿も見えた。
アイツ…今度は何を企んでいるのやら。

elfalia2_085.jpg
そこに子供たちの声が聞こえてくる。
どうやらシャンタという男の子は、祖父が<メルダー>のせいで
イジメられているみたいだ。
父親は禁止官だが、本当の父親ではない…というのもイジメの原因には
なっているようだが…。
シャンゴが子供たちに「止めなさい」と言う。
シャンゴの姿を見て驚いたイジメっ子たちは立ち去って行く。

elfalia2_087.jpg
するとシャンタの母親、ジェシカがやってきて息子を助けてくれた
お礼に家で休んで行きませんか?と話しかけてくる。
家の中に入ると「サラマンデスがキバたちを捕まえろという命令が出ている」と
話してくれる。

また先ほど助けた男の子、シャンタがあの魔物のような男の人は
自分の父親なのではないか?と聞いてきたと…。
今、ジェシカはシャンゴの友人のウォルフと再婚をしていた。
どうしてもっと早く帰ってきてくれなかったのか?と攻める。
シャンゴはキバたちに拾われる前の記憶はなかったからなぁ…。
記憶があったら、すぐに帰っただろうに(´・ω・`)
シャンゴは「シャンタは自分の子供か?」と聞くと「違うわ、ウォルフとの子よ」と
否定をする。

ジェシカの父親ツァラスがメルダーで、彼だったらトライデントの作り方を
知っているかもしれないということで、彼の住むエルムの廃坑に向かうことに。
今のシャンゴの姿だと誰か分からないから、手紙を持って行ってと渡してくれる。
ここで、シャンゴは元々人間だったって分かるね。

「もう二度と来ないで」と家を追い出されてしまう。
家の扉も固く閉じられてしまい、何だかとても悲しい…。
改めてプレイしてみて思ったけど、エルファリア2って鬱イベント多くね?

elfalia2_088.jpg
エルムの廃坑に向かおうとするとバジャがやってきて
ギストの町の人たちと無事プラムの町に着いたと教えてくれる。
プラムの町にいくと、皆がこれから町を盛り上げようと頑張っていた。
…新桃太郎伝説で「新しい村」のようなイベントをやるハドソンだぞ。
絶対にこの町に何か悲しい事件が起こるわ!!

【SFC】エルファリア2:プレイ日記04 闇の魔物誕生

エルファリア2のプレイ日記4回目です。
キバの父親ベータを救出する為に、ギストの魔物工場を進んでいくと
キールがサラマンデスの足止めをしていた。
(一瞬でやられるけど…)

elfalia2_052.jpg
そこにキバたちが駆けつけて来たので、サラマンデスはレッドゴーレムを
召喚して立ち去る。
レッドゴーレムとは戦いになるけど、ここまで来る実力があれば
負けることはない。
この後にも回復ポイントはあるので、全力を出して戦ってOK

この戦いで以前ベータから貰った手紙に火が点く。
すると隠されていた文字が浮かび上がってきた。
手紙には
「キバよ、私は昔から研究のことしか頭になく、母さんやお前に辛く当たっていた。
 家族よりも研究を選んだのだ。
 今度の事件はその罰が下ったのだ。
 ラモンは私の<ラの杖>や研究を利用して恐ろしいことをしようとしている。
 <闇の魔物>の製造もその一旦だ。
 しかし私はハンブの時のように逃げはしない。
 <闇の魔物>が生まれた時、魔物工場も研究所も滅ぶだろう。
 それが私に出来るせめてもの罪滅ぼしだ…。
 さよなら キバ すまなかった」

と書かれていた。
この手紙を読み、キバはベータは死ぬつもりだと察する。

elfalia2_055.jpg
しばらく工場の中を探索していると、突然シャンゴが苦しみだす。
こっこれは…!?シャンゴが進化しようとしている!
B連打だ!誰かキャンセルを!!

Bを連打しても意味はなく、無事第二形態に進化したシャンゴ。
あーあ…第二形態の見た目、あまり好きじゃないんだよな。
よりモンスターぽさは出てるのだけどね。
第二形態になるとシャンゴは喋れるようになります。
これで分かるけど、シャンゴは結構落ち着いた大人の男性のような
性格をしている。
シャンゴはベータ博士とキバに拾われ、今まで共に旅をしてきていたが
実はそれ以前の記憶がない。
まぁ、この辺の話は追々出てくるのだけど…。

elfalia2_056.jpg
工場の最深部に行くと、ベータが新型の魔物製造機に掛けられるところだった。
キバは止めようとするが間に合わず…

elfalia2_057.jpg
ベータは闇の魔物になってしまう。
そこにサラマンデスがやってきて、闇の魔物の力を試そうとするが
あっさり返り討ちに合うwザマァww

ダロスとラモンは闇の魔物の強さに満足するが、突然工場が爆発し出す。
ベータは研究が悪用されないようにギストを沈めるために、製造機に仕掛けをしていた。
ダロスとラモンはあっさり逃げ出す。

elfalia2_059.jpg
ベータはキバたちに襲い掛かってくる。
ベータは初の闇の魔物戦ということもあり、なかなか強い。
と、いうか闇属性の魔物が苦手とする光の武器がないからね。
一番強いフォーメーションや武器を使って戦うしかない。
運が悪いとアジットを連発されて全滅する。
でも、それ以外は普通に戦えば勝てる…はず。

elfalia2_060.jpg
ベータを倒すと、人間に戻る。
「何者かに導かれているお前たちは、これからも戦い続けるであろう…。
 <メルド>を求めなさい…禁断の森にいるメルドンという生き物に
 <メルド>の秘密を聞きなさい。」とアドバイスをくれる。

そして最後に
「母さんは…水の国カナーナのユノの村にいる。会って…すまなかったと…」
と遺言を残して、息を引き取るのだった。

elfalia2_061.jpg
悲しみに暮れるキバは、他のメンバーの説得を受け工場を脱出する。
途中、キバたちを迎えに来たレーナと合流。
(ここのレーナは何故か「キバさん」って言ってるね。普段は呼び捨てなのにw)

elfalia2_062.jpg
一方ラモンは爆発する工場の中、レーナを探し回っていた。
やーい 置いて行かれてやんのww

ギストは工場も研究所も町も全て海の中に沈んで行ってしまった。
しかし闇の魔物を作った影響からか、世界のラは大きく乱れてしまい
世界自身が<闇の魔物>を作り出しているとシャンゴは告げる。

elfalia2_063.jpg
見えない誰かの導きにより、父親を手に掛けることになったキバは
ひどく落ち込むのだった…。

elfalia2_064.jpg
ベータが遺言通り、メルドを求めて誰が自分たちを操り、
何をさせようとしているのか見つけることにした。
まずは町に行こうとすると、ギスト工場から先に脱出していたはずの
ジムが倒れていた。
ジムはラモンに襲われ、チャージに関する本を奪われてしまったのだった。
キバたちにカナーナの反乱軍に<チャージ>を届けて欲しいとお願いをして
息を引き取る。

ラダの砦の北の方にメルドンが住む森があるが、人間が子供を連れったことを
怒っており、森の中に入れてくれない。

子供はラダの砦にある民家に捕まっていた。
実はこの家は、バジャの婚約者ハンナが住む家だった。
ハンナの父親のハンターは「娘が欲しかったら<パインの剣>を持って来い」と
言っていた。
その為に、バジャは無茶な盗みを働いていたのだった。

elfalia2_067.jpg
<パインの剣>はラモンが持っているので、西の吊り橋に行けば手に入る。
(ドジっ子ラモンさんが落として行ってくれるw)

elfalia2_068.jpg
それをハンナの父親に渡すと、子メルドンを渡してくれる。
これで禁断の森に入れるぞ!と思っていたところ、
バジャがハンナの元に帰ってくる。
ハンナと傷が治ったら駆け落ちしようと約束を交わす。
いや~瀕死の重傷を負っているけど、一応生き残っていて良かった良かった。
でもエルファリアって意外と悲しいイベントが多いから…この二人
このまま幸せになれるとは思えないんだが…(; ・`д・´)

elfalia2_065.jpg
ついでにサラマンデスさんにあっさり負けたキールくんは
人間に助けられていました。
これで少しでも人間に対する気持ちに変化が出てくれると良いのだけどね。

elfalia2_069.jpg
フィールドマップ上にも闇の魔物が出現するようになった。
ギスト工場をクリアしたレベルのままだと、結構強いので
少しレベル上げを行うことをオススメします。
闇の魔物相手だと、フォーメーションとかあまり関係ないので
レベルが低い方を中心に上げると良いですぞ。

それにしても、そろそろヒール1だときつくなってきたから
ヒール2が欲しいなぁ…。

【SFC】エルファリア2:プレイ日記03 ギストの魔物工場突入

elfalia2_033.jpg
エルファリア2のプレイ日記3回目です。
ゲドラーと戦う力を手に入れるために、<チャージ>を覚えようと
ローズの町までやってきたキバたち。
町の入り口にはバジャという盗賊がおり、シルフェスが町の中に
魔物を放ったと教えてくれる。
バジャって最後どうなったんだっけかな…?
こんなキャラがいたな~というのは何となく覚えているんだけど、
イマイチ印象が薄い。

elfalia2_034.jpg
バジャの言った通り、町の中でも敵とエンカウントするので注意。
敵は風属性なので、火のフォーメーションで対抗。
もし厳しいようならラの泉の周りでレベルアップをして行くと良い。

elfalia2_035.jpg
現段階だとシルフェスがいる建物の入り口には結界が張ってあって
入れないので、まずはこれを解除する。
町の中央にある建物から、風の聖地に行き、パピ王から貰った
グリーンジェムを風のしるしと入れ替える。

elfalia2_036.jpg
風のしるしを持った状態で町の北にある建物に近づくと封印が解けるので
メルドマスターを救出する。
オマケにお宝欲しさに忍び込んで、捕まってしまったバジャもね。

elfalia2_037.jpg
これで<チャージ>を覚えることが出来た。
チャージとは武器にアイテムを合成することで、新しい技を覚えたり、
攻撃力を上げることが出来る。
また同属性同士でチャージを行うと、攻撃力の限界値を伸ばすことが出来る。
このゲーム、ただでさえ所持できるアイテム数が少ないので
チャージはガンガン行っていった方が良い。
結局捨てるくらいなら、少しでも強化に使って行った方がマシってことさ。

elfalia2_038.jpg
最上階に行くとシルフェスとボス戦。
初の四魔神官との戦いだけども、火属性の武器をしっかり育てておけば
楽に勝てる相手。
前衛の技は強力なものが多いので、MPをケチらずどんどん使って行こう。
後衛の魔法は正直MP消費量の割には…ダメージはイマイチなので
回復に専念させておく方が良い。

シルフェスを倒すとローズの町が解放される。
それと同時にラモンが解放軍を使ってザザの町を解放したと知らせが入る。
この知らせを聞いてキバは誰がベータ(キバの父親)を攫ったのか分かった…と言う。
その人物に会いにザザの町へと戻ることに。

elfalia2_039.jpg
と、その前にローズの町の近くに水属性の敵が出るダンジョンがあるので
立ち寄っていく。
ストーリー上は行く必要が全くないのだけど、最深部にいるブルードラゴンを
倒すとミストソードが貰える(ぶっちゃけ要らないw)
まぁ、このダンジョンはあれだ。
最近シャンゴやルークが前衛に出ていなくて、レベル差が出来てきているので
このダンジョンでレベルアップをして調整しなさいよ。ってことだと思う。

elfalia2_040.jpg
ザザの町に行くとラモンは勝利を掴んだ英雄として祭り上げられていた。
反乱軍のアジトに行くと、「父は元気だ。探さないでくれ。」と
いうベータからの手紙を渡される。

…手紙を渡されること自体は良いのだけどね。
元々カツカツのアイテム欄がこれで1個埋まるのがキツイ。
宝物の為、捨てることもチャージすることも出来ないしさ(#^ω^)
重要アイテムは別欄にして欲しかったぜ。

反乱軍の1人ジムはメルドマスターにチャージの技の書物を書いて貰い、
水の国カナーナの反乱軍に渡し、さらに戦力アップを行うと飛び出して行く。
一方ラモンとヘルメス博士はチャージだけでゲドラーと戦うのは無理なので
魔物を導入するかどうかで揉めていた。

elfalia2_042.jpg
そこにキバがラモンは怪しいので信用して良い人物ではないと助言をする。
元々ベータが攫われたときに怪しい神官がいるという話は出ていた。
ローズで反乱軍が待ち伏せを受け、壊滅状態になったときに
ゲドラーのスパイが反乱軍に紛れ込んでいると考えていたが…
ローズの町を解放したときに、タイミング良く、ザザの町を簡単に取り戻し
手柄を取った人物がいる。
ただもスパイなら、ザザでも待ち伏せをしていれば良いはずなのに…
ラモンは、反乱軍の邪魔をして自分が活躍することで英雄になるのが
目的としている為、危険な人物だ!と指摘する。
(正直この時点では証拠も何もないので、言いがかりに見えるがww)

勿論ラモンはそんな発言は証拠もなく、君の勝手な推理だろと激怒する。
しかしキバのこの発言から、ラモンの管轄のギストにある魔物工場に
乗り込みに行くことにした四人。

elfalia2_043.jpg
一方、ゲドラーたちは四魔神官の一人、シルフェスが倒されたことに驚く。
「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」とは言っていなかったけど、
そういうシーンだよね。これはw

elfalia2_044.jpg
キバたちはギストの魔物工場に行くために、ギアの谷に来ていた。
ここで再びバジャと再会。
ギアの谷でジムがゲドラーの神官に捕まった。という情報をくれる。

elfalia2_045.jpg
ギアの谷は水属性の敵なので、ギアの谷に入る前に、
メルドンの住む森に寄り道→ギアの町でハードアクスを入手しておくと
戦闘が一気に楽になる。
ギアの谷は3回くらいボス戦<ブルーパペット>とバトルがある。
ブルーパペット自体はあまり強くないが、途中に回復ポイントはないので
無理はせずに、町に戻ること。

elfalia2_046.jpg
ギアの谷を越えるとギストの町に到着。
ギストの図書館からDr.ダロスが出て来て、各属性の上位に当たる
<闇の魔物>を作ろうとしていた。
そこに四魔神官の一人、火を操るサラマンデスが登場。
ラモンと一緒にゲドラーに逆らっていた罪で、処刑を行おうとする。

elfalia2_047.jpg
二人を追いかけて図書館の中に入ると、図書館の地下には隠し通路があり、
魔物工場へと続いていた。
奥に進んでいくとレッドパペットが襲い掛かってくる。
レッドパペットも特に問題ない敵だと…ギアの谷が水属性のダンジョンで
上手くいけば、水のお守りが複数手に入っているはず。
お守りは3つあれば足りるので、もし余るようならスペシャルチャージを行い、
武器を強化しておくと良い。
(魔物工場は今までのダンジョンと比べると長いので、
道中は出来るだけ力を温存したい)

elfalia2_048.jpg
レッドパペットの正体は実はバジャだった…。
ラモンが持つパインの剣を盗みに入ったら、捕まったらしい。
お前さん…毎回捕まってないかい?
この奥にはジムが捕まっており、新しい魔物製造機、
闇の魔物にする実験台にされるとのこと。
バジャは瀕死の重傷を負ったが、死んではいないみたいなので
放置して奥に進む一行w

elfalia2_050.jpg
しばらく進んでいくとジムが逃走しているところに出くわす。
ラモンは反乱軍がチャージを手に入れるのを邪魔して、
自分の手でゲドラーを倒すことで英雄になろうとしていた。
ジムのことはベータが逃がしてくれたようだが、代わりに
ベータが実験台にされかかっていると…。
キバは親父さんを救うことが出来るのか!?


Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: