【3DS】ポケモンピクロス:プレイ日記

pkmnpix_002.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
ポケモンピクロス

ダウンロード専用ソフトで、基本はフリーで遊べます。
ただ無料で遊ぶと制限がありすぎるので、ガッツリ遊びたいなら
課金をしてしまった方が良いです。
※後々詳しいことを書きます。

まぁ…何と言うかね、開発がピクロスeシリーズでお馴染みの
ジュピターだったので期待値は高かったのですがね。
正直な感想をいうとピクロスゲームとしてはイマイチなので、
どうしてもポケモンでピクロスがやりたい!という人以外には
あまりオススメはしません。
今年の秋に発売されたゲームは期待していたもの程、ガッカリゲーになっているのだが…(´;ω;`)
もうしばらくはレトロゲームに籠ろうかな。

pkmnpix_003.jpg

pkmnpix_004.jpg
ゲームの内容をざっと説明すると
メインとなっているピクロス部分はピクロスeと同じです。
今回はピクロスをやったことがないプレイヤーさんの為にも
かなりしっかりとしたチュートリアルが入っていました。
とても分かりやすいので、ピクロスをプレイしたことがない人も安心。

pkmnpix_016.jpg
問題をクリアするとポケモンゲット!
ゲットしたポケモンを連れて、新しい問題に挑むと
スキルでお助けしてくれます。

pkmnpix_005.jpg

pkmnpix_006.jpg
スキルはヒント機能のようなもので、2列分の答えを教えてくれたり、
塗が確定しているマスがある列を教えてくれたりします。
…ピクロスが好きな人は分かると思うのですが、ヒント機能っていらないんだよな。
自力で解くから面白いわけで。

pkmnpix_007.jpg
むしろ一人にして欲しいと思った瞬間だった。

pkmnpix_008.jpg
スキルは嫌なら使わなければ良いさ。と思ったのですが…
実は問題ごとにミッションがあり、特定のスキルを使用してクリアしろ!という
お題が高確率で入っています。
つまりヒント機能を使えと。

pkmnpix_010.jpg
ミッションをクリアするとピクロイトというのが手に入るのですが、
これを使って新しい問題を開放したり、連れて行けるポケモンの数が増やせます。
ピクロイトを集める為に、ミッションをクリアしなければいけない→ミッションをクリアするために
スキルを使わないといけない=ヒント機能を使わないといけない。
何だこれ…(´・_・`)

pkmnpix_011.jpg
さらにこのゲーム、実はスタミナ制でして画面左上にPゲージというのがあるのですが
これは1マス塗ると1消費するという仕組みになっている。
Pゲージが足りないと塗が完成しないので、×で不要なところを全て埋めても
当然クリアにはならない。

Pゲージは回復が遅く、1ポイント回復するのに1分かかる。
つまり10×10の問題を解くにしても、Pゲージが最低でも59必要ということは、
自然回復のみでプレイするとなると、おおよそ1時間の待ち時間が出来てしまう。
もちろんPゲージの上限を増やせば、最大値が増えるのでまとめてプレイが
出来るようにはなりますが、上限値を増やすのにもピクロイトが必要。

※Pゲージのレベルを最大まで上げれば、最終的には無制限になります。

無料で遊ぶとなると長い待ち時間があったり、使いたくもない機能を使って
問題を解いていかないといけなくなる。
課金(3,000円くらい)すれば、機能制限もなくなり、全てのエリアが解放できるので
がっつり遊びたいなら、きちんと買った方がストレスなく遊べる…
が、正直高いよね。
ピクロスeなら500円で、こういう煩わしい機能がないピクロスが遊べるのに3,000円かぁ…。
ポケモンへの愛が試されているお値段かと。
 
pkmnpix_015.jpg
あと、個人的に凄く気になった点をあげると
・エリア選択はタッチペンのみ。ボタン操作は受け付けない。
 しかしミッション内容を確認するにはボタン操作が必須という謎仕様…。
 結果的に「タッチしてください」というメッセージを何度も何度も見るはめに(笑)  
 酷いUIだ。

・マスを塗るときに、ほんの少しだけアニメーションが入るのですが、
 これのせいで1テンポ遅れて動いているように感じる。
 気を付けてプレイしないと、操作ミスを起こす。
 細かい作業が求められるピクロスは1つのミスが大きな間違いに繋がるので、結構気になる。


と、いう訳でピクロスのゲームとしても出来が良いとは言えないので
課金してまで遊びたい内容だとは思えなかった。
クラブニンテンドーピクロスのポケモンバージョンで良かったと思うのだけど、
何故余計な機能を入れたんだ…。
スキルも初心者救済処置として入れるならOKだけど、強制はしないで欲しい。

まぁ、ピクロスには興味ないけど、ポケモンだからやってみようという人もいるはず。
このゲームをきっかけにピクロスの面白さにハマってくれる人が増えると良いなとは
思います。
ミクロスなどもピクロスeにあるモードなので、ポケモンの絵柄でなくても良いなら
ピクロスeを遊んだ方がお値段的にも、ゲーム内容的にもオススメです。

【3DS】カタチ新発見! 立体ピクロス2

カタチ新発見! 立体ピクロス2
任天堂 (2015-10-01)
売り上げランキング: 7


rtpr02_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
カタチ新発見! 立体ピクロス2

前作はDSで出ており、そちらもプレイ済み。
1は何故か3D酔いがヒドくて、あんまり遊べなかったんだよなぁ。
2の方は50問ほど解いたところですが、特に画面酔いみたいなことも
起こらず、楽しく遊ばせて貰っています(´ω`)

さて、立体ピクロス2ですが前作とルールが大きく変わっています。
とりあえず1問解いてみますか。

rtpr02_002.jpg
問題スタート。
画面右上に爆弾ボタンがあるのですが、これは0の列を自動で全て削ってくれます。
いや~前作は正直0削りが面倒だったからね。
これは非常に助かる。

rtpr02_004.jpg
2で一番大きな変化としては青とオレンジ色の数字があり、
今回は2色の色を使って問題を解いていくという点です。
例えば青2と書かれている列があったら、青で2マス塗りますということ。
オレンジで3と書かれている列はオレンジで3マス分塗る。

rtpr02_007.jpg
ブロックに描かれている数字の意味ですが、

・数字そのままのもの:連続してブロックを塗りつぶす。
・○で囲われている数字:2つに分かれている。
  ⇒④という場合は1:3とか2:2になる。
・□で囲われている数字:3つ以上に分かれている。

となっています。
普通の平面ピクロスだと「2・4・2」とかで表現されるものが
8の□とかになっているので、ヒントが少なくなっています。

rtpr02_008.jpg
必要なブロックを塗り終えたら、不要なブロックは削る。

rtpr02_010.jpg
全ての数字通りに作ると完成!

rtpr02_011.jpg
問題を解き終えるとクリアタイムや間違えた回数、難易度に合わせて
ポイントと宝石が貰えます。
これらを溜めていくと新しい問題が増えていきます。
時間よりも間違えた回数の方が減点ポイントは多いので
焦らずにプレイするのが良い。

難易度は「スウィート」「マイルド」「ビター」と3種類用意されている。
問題ごとに難易度が違うのではなく、全ての問題に設定した難易度が適応されるので
自分にあった難易度で遊べるのはありがたい。

rtpr02_006.jpg
さらに行き詰ったりしたら、右上にある豆電球マークを押すとお助け機能でヒントをくれます。
今、塗りつぶせるか削れるブロックがあるところを教えてくれる。
お助け機能は何度も使えて、さらに減点要素もない。
かなり親切な設計になっています。

rtpr02_014.jpg
問題は300問以上あるらしく、進めて行くとどんどん形が複雑になっていきます。
こういう風に厚みのある形のものは、中もしっかりと解かないといけない。
ブロックの周りにある赤と青のマーカーをスライドさせると、ブロックの断面図を
見ることが出来ます。

rtpr02_015.jpg
お?何か虫ぽい。

rtpr02_016.jpg
完成!ミツバチ!!

rtpr02_017.jpg
問題を解くコツとしては色の仮塗りを活用していくことだと思う。
平面ピクロスと比べるとどうしても全体図が見えにくいので
1色しか入らないと分かるブロックには仮塗をいれて行くと、
不要なブロックが見えてくる。

rtpr02_020.jpg
基本的には時間制限もないので、じっくり考えて解くことが出来るのですが
一部タイムリミットパズルと言うのがあります。
最初の持ち時間は3分で、パズルを解き進めていくと持ち時間が増えて行くというルール。
途中間違えても時間が減ったりすることはないのが救い(笑)

rtpr02_018.jpg
立体ピクロス2
数字のヒントの少なさや、普通のピクロスよりも色々とやることが多いので
ある程度慣れが必要になってきますが、彫刻を掘っているみたいでなかなか面白いです。
しかしピクロス上達のコツをゲーム内で説明してくれているとはいえ、
全体が見渡しにくいのでピクロスにある程度慣れていないと難しいような…?
ピクロスが好きな人は楽しめますが、ピクロスに慣れていない人は
平面ピクロスを自力で解けるようになってからでないとキツイかも。
(マリオのピクロスでいうなら、ヒントが出ないワリオステージがある程度クリア出来るくらい)

ヒント機能を使えばクリアは出来ないこともないですが、
それだとあまり面白くないしね。

パズルゲームやピクロスが好きな人にはオススメです。
さぁ!これからガンガン進めて行くぞー!!

【3DS】カラフリラックス色彩合わせ

リラックスを目的とした少し変わったパズルゲームがあるということで
早速ダウンロードしてきました。

crsa_001.jpg
カラフリラックス色彩合わせ
3DSダウンロード専用ソフトで、価格は500円

ゲームの内容としては

crsa_002.jpg
こんな風に色のついたピースが複数あります。
画像だと分からないのですが、動いているピースはタッチペンで移動をさせることが出来るので
同じ色のピース同士をぶつけると

crsa_004.jpg
ぶつけたピースの色が画面全体に色が広がります。
画面の色を一番外枠(矢印)の色だけに染めることが出来たらステージクリア。
シンプルで分かりやすいですな。

リラックスを目的としたと謳っている通り、スコアや制限時間を競うこともないので
じっくり考えたい人、とりあえず動かしてリトライを繰り返すことでクリアをしていく人、
それぞれの人のペースで遊べます。
音楽もまったりとしたもので良いですなぁ。

crsa_005.jpg

crsa_006.jpg
ステージが進んで行くと、当然色数も増えて段々難しくなりますぞ。

ゲームモードは4種類あり、基本モードの「クラシック」

crsa_007.jpg

crsa_009.jpg
画面が半分に分かれていて、自分が動かしたものが鏡合わせのように
もう一方にも影響する「リフレクション」
これが一番面白いかなぁ。

あと「リラックス」と「ネイチャー」と言うモードがあるのですが
どちらも画面は特徴的ですがルールはクラシックと同じかな?
両方ともやってみたけど、イマイチ「クラシック」との違いが分からなかった…。

crsa_010.jpg

crsa_011.jpg
リラックス

crsa_012.jpg
ネイチャー

一応調べてみたところ、円形ピース中心のモードが「リラックス」
三角形や四角形ピースが中心なのが「ネイチャー」らしい。
もっとステージが進めば、2つのモードの違いが分かるのかもしれませんなぁ。

ステージ数は1つのモードごとに120ステージ用意されている為、
全部で460ステージもありボリューム満点。

しかしゲームの内容としては…今のところイマイチ面白みが分からない(´・ω・`)
同じように画面を1つの色に染めるパズルゲーム「Flood-It!2」は割と夢中で
遊んだのに、このゲームはパッとしない。
ゲームのルールとしては似ているんだけどな…。

今はゲームの最初の方で問題が簡単だから物足りないのかな?と思うので、
もう少し進めて問題が複雑になって難しくなれば印象が変わりそうではありますが…
このゲームやっていると異様に眠くなるんだ(`ロ´;)
2~3ステージ遊んだだけで眠くて眠くて堪らなくなる。
リラックス効果…なのかは分かりませんが、別の意味でこのゲームは全クリは難しそう(笑)

【SFC】パネルでポン

pnpn_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。パネルでポン。
パズルゲームも色々とやってきましたが、その中でも特にお気に入り作品です。

同じルールで登場キャラをヨッシーやポケモンにしたり、キャラ無し版もあったりと
派生作品も多く出ていますが、何だかんだで初代が一番好きだなぁ。
遊んだことがあるのは初代、ヨッシー(GB)、DS版のみなんですがね。
それではゲームスタート。

pnpn_002.jpg
ふおおお…懐かしい…と言っても実はWillのバーチャルコンソールでも
遊び倒していたので、2~3年ぶりくらいですw

pnpn_003.jpg
ルールとしては2つの正方形のカーソルを操作し、カーソル内に入っている2枚のパネルの
場所を入れ替えることが出来ます。
場所を入れ替えて3枚以上同じ絵柄を揃えると消すことが出来ます。
もちろん連鎖もあり、対戦モードでは「おじゃまパネル」を相手に送り込むことで
攻撃が出来ます。
パネルは一定の時間ごとに画面下から、せり上がって来るのでパネルまたはおじゃまパネルが
天上に触れるとゲームオーバー。

pnpn_005.jpg
とりあえずVSモード(ストーリーモード)でもやりますかね。
久しぶりだし難易度は、感覚を取り戻すためにハードで良いかな?
ストーリーとしては、舞台は妖精の世界ポップルス。
様々な妖精たちが仲良く暮らしていたが、ある日魔王サナトスと手下のモンスターたちが
魔法で雨を降らし続けている。
さらに妖精たちの仲が悪くなる呪いまでかけたという。
唯一その呪いから逃れた花の妖精リップは仲間たちにかけられた呪いを解きつつ、
モンスターも倒そうと旅立つ。

という感じで、困った事態だけど割と平和な感じですw
まぁ、リップも皆の呪いを解いて、友達を取り戻そう!
ついでにモンスターも倒そう!というノリなのでゆる~いです。

pnpn_009.jpg
対戦画面。
最初の方なので負けることはないけど、久しぶりで連鎖とか出来なくなっているなぁ。
このゲームの好きなところはですね、慣れるまで練習がある程度必要ですが
やり方が分かってくるとプレイヤーが力技で連鎖を起こせるので大連鎖を起こしやすい。
例えばおじゃまパネルに触れるようにして、パネルを消すとおじゃまパネルが通常の
パネルに変化するのですが、落下してくるまで少し時間があります。
その間に自分が動かせるパネルを整地して連鎖を組む準備をしておく。

あとは落下中のパネルに同じパネルを割り込ませて~というやり方もありますが
言葉だと難しいので…この辺のテクニックはDS版のパネルでポンが丁寧に教えてくれるので
上手くなりたい人はDS版も遊んでみると良いですよ。
COMのレベルも多く用意されていて、プレイヤーのレベルに合わせて遊べるので
上達していくのが分かりやすいです。

pnpn_010.jpg
個人的にはこの緑の妖精ティアナ(画面右)の子が好きなんだぜ(*´ω`*)
月の妖精の子も良いのですけどね。

pnpn_011.jpg
ヤ…ヤバイ!

pnpn_012.jpg
負けました(´・ω・`)
上まで積み上がってても、取り戻すことが簡単に出来るゲームなので
焦らずにプレイするのが重要です。
リベンジするぞ!!

pnpn_013.jpg
仲間たちを開放してモンスターと戦うときは自由にキャラ選択が出来るようになります。
特に性能の差はないので好みのタイプの子を使えばいい。
と言っても仲間たちは一度でも負けると使えなくなってしまうので注意。
(リップだけは何度負けても選択可)

pnpn_016.jpg
フェニックス→ドラゴンと倒して来て、魔王サナトス戦。
魔王と言っても音楽がもの凄くマヌケw
折角なので、お気に入りの月の妖精セレンで行くぜ。
連鎖するたびに「オホホホ」と言うので、この子は使ってて楽しい。

pnpn_017.jpg
完全にギャグ担当の魔王様w
顔芸まで披露してくれます。

pnpn_019.jpg
ハードモードではもう一人ボスが追加されていて、女神コーデリア戦になります。
敵の攻撃時の掛け声が「オッホッホ」なので、ここで自分もセレンを選んで
オホホ合戦をさせるのが好きだったなぁ。
お?ちと押されておるな。
しかしこのくらいなら逆転できるので集中!

pnpn_020.jpg
勝利!

pnpn_021.jpg
女神コーデリアは実はリップのお母さんで、今回は新しい妖精の世界を
作る為に、皆の実力を試したということらしい。
今回特に頑張ったリップを女王様にして世界を治めて欲しいということ。
なんという出来レース…だけども仲間たちも良い子で「リップなら出来るよ」
「私たちも頑張るわ!」と応援してくれています。
それなのにリップときたら

pnpn_025.jpg
「もっとパネルでポンを上達したいの!
コンティニューなしでエンディングまで辿りつきたい!!
私以外の子は負けても構わないけど、私が負けたらいけないの!」と
言い放ちますwww
これは別エンディングの条件なのですが、要約すると「私以外の子はいくら犠牲にしても良いから
私だけは負けたくない!!」ってことですよね。
この子は…女王にしたらダメな子ですよ。ママン。


pnpn_030.jpg
再度プレイをし直して、コンティニューなしで全員倒してきました。
基本的な流れは同じですが、女王になって世界を治めて欲しいと言われたときに
「あたし、頑張る!でも…あたしが女王になっても…みんな友達よ!
みんな大好きよ」と言って終わります。
いやぁ…1回でもコンティニューしたときとはえらい違いだ。

pnpn_032.jpg
ついでにストーリーモードの難易度を選択する画面で
1Pのコントローラーで「↑+L」を押しながら、ハードモードを選ぶと
Very Hardモードになります。
下の画面の背景が赤くなっていたら、Very Hardモード。

pnpn_034.jpg
魔王サナトス戦の前のドラゴンまではスムーズに来たのに
ここで詰まっています。
実はVery Hardモードをノーコンクリアすると真のエンディングが見られるらしいのですが、
そちらは見たことないです。
ううむ…もっと上手くなりたい。

久しぶりにプレイしましたが、やはりかなり面白いのでしばらく練習してきますw
せめてVery Hardモードを安定してクリア出来るようにはなろう。

【アプリ】キャットライフ

clni_001.jpg
最近スマフォのアプリでハマっているゲームがありまして
「キャットライフ~にゃんこ育成無料パズルゲーム」
どんなゲームかと言いますと…

clni_002.jpg

clni_003.jpg
パズル部分はスマフォアプリでよくあるタイプのパズルゲームで、
1つのブロックを選択して上下左右のブロックと場所を入れ替える。
同じ絵柄を3つ揃えれば消えて、4つ同時消し以上で1列まとめて消すことが出来る
特殊ブロックを生み出せる。
各ステージごとに決められたお題を指定の移動回数や時間内に
クリアすれば進めるというもの。
ステージ数は結構多く、アプリのレビューを見ていると400~500くらいあるらしい。

clni_004.jpg
で、このゲームの特徴はと言いますとネコを飼育できる点です!
ステージセレクト画面の下の方にある「お家」というアイコンをポチっとすると
自分が飼っているネコがいる部屋へ移動。

clni_005.jpg
か…可愛い(*´∀`*)
画面に4匹しか写っていませんが、1度に飼えるネコの数はさらに増やすことも出来ます。
ネコの種類も20種類以上いて結構豊富です。

clni_006.jpg
何もないところをタッチするとネコを呼ぶことができます。
皆、集まれー(笑)
ネコを直接タッチするとなでなでしてあげているらしく、ハートを出して喜んでくれる。
同じネコをタッチしまくっていると、他のネコが「俺のことも撫でてくれー!!」と
駆け寄ってくる姿が堪らなく可愛い(*ノ∀`*)
よしよし、皆撫でてやるから重ならないでくれ。
(猫が一カ所に集まるので撫でにくい子も出てくる)

clni_0007.jpg
ついでにエサを食べているときに触ると怒ります。
紫の子の怒り顔が可愛すぎて、ついつい邪魔したくなるww
寝ているときにタップしても怒らないのに食事中はダメらしい。
どうやらこのネコたちからすると「エサ>飼い主>睡眠・遊び」
素直な奴らだw

ネコはステージをクリアすれば手に入る子もいれば、
特殊な条件を満たさないと手に入らない子もいる。
特殊条件の1つの「ステージに時々出てくる」というのは
一度ゲームオーバーになったときに出ました。
今、このステージをクリアすると、新種の猫がゲットできるよって感じで。
たまたま運が悪かっただけかもしれませんが、こういうのは
ゲームオーバーの時ではなく、ステージ開始時に教えて欲しいな。

clni_008.jpg
あとネコ同士をミックス(組み合わせて)、子供を生ませることも出来ます。
こんな風に2匹の猫を選んで、子作り。
このゲームの猫には性別はないので、誰とでも組み合わせ可能です。
子供が出来るのは12時間後…別のことでもしながら気長に待っていると

clni_009.jpg
子供が誕生!おお…新種が出た!!
おしゃれなネコじゃないかー。
猫には当然個々に名前も付けられます。
今、生まれた子は外見がずんだ餅に似ているから、お前の名前は「豆もち」だ( ´ー`)

clni_010.jpg
猫がいる部屋はお店で家具を買えばカスタマイズできます。
家具を買うには「ネコ缶」というアイテムが必要なのですが
ログインボーナスやレベルアップ、あと時々やっているイベントでステージを
クリアしていけば手に入るので、焦らずにやれば結構な数が手に入ります。
この辺は親切で良いですねー。

と、まぁパズル+猫育成ゲーム。
パズルで遊んでクリア出来なくてストレスが溜まったら、
猫で癒され、またパズルで遊ぶ。
なかなか良いバランスで作られていると思います。
イベントや他のユーザーとスコア対決なども搭載されていて
遊べる要素は多いです。
パズルゲームもネコも好きだ!という人はハマると思います。

今は100ステージ目を超えたところですが、ステージクリアよりも
15ステージごとにあるゲート解放の条件を突破する方が難しい。
課金(100円くらい)払って進めるか、もし無課金のまま進めたいなら
ネコ缶6つを渡すか、パズルの成績で高得点を出すか、ネコのお世話ポイントを
溜めるかになります。
ネコのお世話ポイントはすごい勢いで必要ポイントが上がるので、あまりオススメは出来ないかなぁ。

パズルの成績で高得点を出すにも、ステージ自体が難しくなってきているので
なかなかね…まぁ、それでも全ステージ無料で遊べる作りになっているのは優しいと思います。
気長に進めて行きますよー。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: