【3DS】ハコボーイ! もうひとハコ:プレイ日記01

お久しぶりです。
仕事の都合でまとまった休みというのが、取りにくくなり
気が付けば、4月下旬になってしまってました。

tffcc_024.jpg
息抜きとしてシアトリズムで遊んでいたけどね。
ビビの育成が終わり、今はユウナを育てています。
そうそう!しばらく遊んでいなかった間に楽曲だいぶ増えていました。
FF以外にもクロノトリガーや聖研伝説、ゼノギアスなどの曲も有料コンテンツですが
追加されている!!
今は更新停止しているので、これ以上曲が増えることはなさそうだけど、
出来ればクロノクロスのOP曲欲しかったです(´・ω・`)
あの曲、凄く好きなんだよね。

ff9_001.jpg
それから、PC版のFF9も配信開始されましたな!
勿論買いましたよー。こちらも年内中に遊ぶ予定です。

hkbm1h_001.jpg
…と雑談が長くなりましたが、そろそろハコボーイの話を。
ハコボーイの続編、「ハコボーイ!もうひとハコ」をダウンロードしてみました。

hkbm1h_002.jpg
ストーリーとしては前回の続きからみたいですな。
主人公のキュービィとヒロイン(?)のキューシィが寄り添って永い眠りについている中、
二人に近づくプラトロン。
すると、キュービィが目を覚ます。

hkbm1h_003.jpg
操作方法や主旨は変わらず、決められたハコの数の中で
キュービィが進めるように道を作っていってあげること。

hkbm1h_005.jpg
しかも今回のキュービィはパワーアップをしていて、ふたつのハコを
出せるようになりました(笑)

hkbm1h_006.jpg
こんな風に一方のハコはスイッチを押し、もう一方のハコで階段を作る…と
いうことも出来るように.

hkbm1h_007.jpg
出題例としては、こんな感じの道がある。
1度に出せるハコの数は2マスまで。
スイッチを押さないと扉は開かないが、あの段差だとキュービィのジャンプでは
届かない…。
どういう風にハコを置けばいいのか。

hkbm1h_008.jpg
まずはベルトコンベアの上に1×2のハコを1つ置く。

hkbm1h_009.jpg
さらにその上に1×2のハコを置いて、その上にキュービィが乗れば
スイッチを押すことも出来るし、段差も乗り越えられる。

他にも色々2つのハコを上手く使わないと進めないステージが沢山。
難易度ですが、今回はハコを2つ使っていく為、前作よりかはやや上がっている気がします。
未プレイの方は基本テクニックが詳しく書かれている前作から遊んだ方が良いかも?
(もうひとハコにも説明はあるので、困ることはありませんがー)

hkbm1h_010.jpg
今回もメダル要素はあり、漫画やサウンド、コスチュームが買えます。
漫画は続編用に描き下ろしの為、1の公式サイトに載っているものとは別物だそうです。

コスチュームは新作コスチュームもありますが、前作のコスチュームも使用することが出来ます。
初回プレイですが、キュービィの移動速度を上げたかったので、いきなりニンジャで
遊んでいます。はい…ジャンプ力が上がるウサギは流石に封印していますが。

今回も100ステージを超える問題数で遊びごたえはバッチリ。
ステージをクリアするごとにオートセーブがされるので、ちょっとした息抜きに
遊ぶことが出来て良いですねー。
またちょいちょい遊んでいこうと思います。

【DS】右脳の達人 爽快!まちがいミュージアム

DQ2_075.jpg
現在プレイ中のドラクエ2ですが、ハーゴンの神殿に乗り込もうとしたら
ザコ敵にあっさり全滅させられたので、現在レベル上げ中です(´;ω;`)
2月末頃になったら、もう少しゲームをする時間が作れそうなので
近いうちには終わらせられるとは思いますがぁ…。


とりあえず、単発で記事が書けるゲームないかな~?と部屋の中を漁っていたら

右脳の達人 爽解!まちがいミュージアム
ナムコ (2006-02-09)
売り上げランキング: 5,991

右脳の達人 爽快!まちがいミュージアム

そ…そういえば、こんなゲーム買ってたな。
中古でかなり安かったとは言え、何で買ったんだろ(笑)
折角だからプレイして見るよ。

suntmm_003.jpg
モードは全部で3つ。
まずはこのゲームのメインモード「爽快まちがいさがし」から。
上下のイラストの中で間違いが1つあるので、10秒以内に次々と解いていく。

suntmm_004.jpg

suntmm_005.jpg
もうね、間違っている箇所を隠すつもりもなく、むしろアピールして
来ているようにしか見えない(笑)

suntmm_009.jpg
イラストは良いものも多いですが、時々こういったカオスなものが
出てくるのも面白い。

suntmm_019.jpg
ナムコのゲームなので、パックマンや太鼓の達人のどんちゃん、かっちゃんなども
登場しますぞ。

suntmm_008.jpg
この子もナムコのゲームのキャラというのは分かるのに、名前が出てこない!
あと少しで思い出せそうなのにな…

suntmm_010.jpg

suntmm_011.jpg
10問くらい解き終わるとスコア発表。
成績は良いのに直観力と集中力、認識力が低いのは何故だ(;`・ω・)

suntmm_012.jpg
もちろん時間を気にせず、じっくり解きたいという人に合わせて、
普通の間違い探しもあります。
1枚のイラストの中に10カ所の間違いがあるので、全て見つけろというもの。
8~9個目までならスムーズに見つけられるのに、意外と残り1個がなかなか
見つからないんだよなぁ。

suntmm_013.jpg
おまけモードとして占いの「今日の運勢」は5問の間違い探しを解くと、
選んだ回答によって占い結果が変わります。

suntmm_016.jpg
健康運を占ってもらった結果。
占いで「普通」とか「そこそこ」って一番コメントしづらいから、止めてくれ。

suntmm_017.jpg
金運。
まともに占っていると思ったら、最後の一文が意味不明すぎる(笑)
せめて「これをすれば運気が上がる」とか言ってくれないと、
占いの内容と結びつかないだろ。

問題も簡単だし、正直大人がやってもあまり面白くないのではないかな~?と
思いましたが、意外と中毒性がある。
間違いが目立つので、もの凄くテンポよく答えられる→テンポが良い為、意外と熱中して答える→
スコア発表→いやいや、もう少し良い記録出せるでしょ。といった具合に
何度もチャレンジしてた。

間違い探しのゲームとしてストレスもなく、楽しく遊べるのですが
イラストの枚数が意外と少ないのが、やや残念。
問題総数は10,000問以上と公式では謳っているけど、同じイラストの中で
答えが違うというのも含めてなので、意外と「この絵さっきも見たな~」となる。
問題数の割には飽きるのは早そうかな。


右脳の達人 爽快!まちがいミュージアム2
ナムコ (2007-03-01)
売り上げランキング: 12,157

実はこのゲーム、続編も出ています。
間違い探しが好きな人って多いんですなぁ。

【PS】マジカルドロップ3 よくばり特大号:プレイ日記

mjdryt_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
マジカルドロップ3 よくばり特大号
アーカイブスで617円で配信中です。

プレイ動画を観たことがあるので、ゲームの内容は少し知っていますが
自分でプレイして見るのは初めてです。
とりあえず練習モードで操作確認。

mjdryt_002.jpg
えーと、操作できるのは画面下側にいるピエロで、△で画面上部にある
ドロップをキャッチできる。
持っているドロップと同じ色であれば、複数持つことも出来るみたいです。

mjdryt_003.jpg
○ボタンで、持っているドロップを真上に戻すことが出来る。
同じ色のドロップが縦に3つ揃えば消える。
縦に3つを消すと、連結している同色ドロップも消えるので
横並びになっているドロップもこれで一緒に消えてくれる。
※同色のドロップを横に3つ揃えても消えない。

相手のドロップが画面の一番下まで行ったら、勝利。

…なるほど。
操作は何度か遊べば慣れるとは思うけど、連鎖のコツが分からないな。
上のドロップはあまり大きく動かせないみたいだし。

mjdryt_004.jpg
まぁ、練習がてら「お話モード」(ストーリーモード)をやってみようかね。
最初に選べるのは、この16人。
キャラはタロットカードをモチーフにしているみたいです。
個性的で魅力的なキャラが多いから、どのキャラを使うか迷うなぁ。
このフールって奴は最弱キャラみたいですね。
初期カーソルが最弱キャラにあるのはいかがなものか(笑)

操作キャラはジャスティスにしました。
元気な僕っ子タイプで可愛い(´ω`)

mjdryt_005.jpg
ストーリーとしては、どんな夢でも叶えてくれる「マジカルドロップ」という
不思議なドロップがある。
マジカルドロップ大会に優勝すれば、このドロップをゲットすることが出来るから
頑張ろう!ということらしい。

mjdryt_006.jpg
CPUと対戦して見て分かったのですが、操作が忙しくて
敵の動きを見ている余裕がない(;´・Д・`)
自分の方にあるドロップを消していると、勝手に連鎖が起こり
いつの間にか勝っている…という感じです。

1回のバトルが短く数秒~1分以内に終わるので、もの凄くテンポが良い…
どんどん進んで行くので、なかなか止め時が見つからず、
気が付いたら2時間くらい遊んでいた。
これはハマるわー。

mjdryt_008.jpg
ラスボス戦。
ただ、1か所だけ残念に思う所もありまして、
お話モードを進めて行くと、敵がどんどん強くなっていくのですが
1度負けると敵が接待モード(弱体化)になります。
結構露骨に弱くなるのがねぇ…これだと練習にならないので
弱体化はいらなかったな。

mjdryt_010.jpg
「易しい」と「普通」は全クリしました!
「難しい」は現在チャレンジ中ですが、流石に初心者のラッキー連鎖で
乗り切るのは難しい…。
もう少し練習して狙って連鎖が出来るようにならねば。

mjdryt_011.jpg
お話モードの普通をクリアすると隠しキャラやボスキャラも解禁されます。
そうそう、調べたところ、3で一通りのキャラが揃うらしいので遊ぶなら
3がオススメらしいです。

mjdryt_012.jpg
キャラによって攻撃の性能が違うのですが、やっぱり隠しキャラは強い。

mjdryt_013.jpg
お話モードの他にも、対戦やひたすらモード、すごろくモードなど
様々なモードが用意されています。

mjdryt_014.jpg
対戦とひたすらは名前の通りなので、説明はカット。
すごろくモードはサイコロを使って進むマスを決めて、ゴールを目指すモード。
道中のミニゲームでメダルを集めていく必要があり、一定の枚数を所持した状態ではないと
ボスに挑むことが出来ません。

mjdryt_017.jpg
ゲームのモードですが、アーケード版準拠にして遊ぶことも出来ます。
少しやってみましたが、スペシャル版(家庭用移植)との違いがイマイチよく分からない。
グラフィックの変化とアーケード版の方がモードが少ないくらいかな?

マジカルドロップ…面白いですぞ。
ぷよぷよのように考えて連鎖の準備をするというよりは
ガンガン手を動かして、直観的に遊ぶパズルゲームだと思います。
初心者でも結構連鎖が出来るし、同じレベルの人と対戦が出来たら熱そうだ。


【3DS】ポケモンピクロス:プレイ日記

pkmnpix_002.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
ポケモンピクロス

ダウンロード専用ソフトで、基本はフリーで遊べます。
ただ無料で遊ぶと制限がありすぎるので、ガッツリ遊びたいなら
課金をしてしまった方が良いです。
※後々詳しいことを書きます。

まぁ…何と言うかね、開発がピクロスeシリーズでお馴染みの
ジュピターだったので期待値は高かったのですがね。
正直な感想をいうとピクロスゲームとしてはイマイチなので、
どうしてもポケモンでピクロスがやりたい!という人以外には
あまりオススメはしません。
今年の秋に発売されたゲームは期待していたもの程、ガッカリゲーになっているのだが…(´;ω;`)
もうしばらくはレトロゲームに籠ろうかな。

pkmnpix_003.jpg

pkmnpix_004.jpg
ゲームの内容をざっと説明すると
メインとなっているピクロス部分はピクロスeと同じです。
今回はピクロスをやったことがないプレイヤーさんの為にも
かなりしっかりとしたチュートリアルが入っていました。
とても分かりやすいので、ピクロスをプレイしたことがない人も安心。

pkmnpix_016.jpg
問題をクリアするとポケモンゲット!
ゲットしたポケモンを連れて、新しい問題に挑むと
スキルでお助けしてくれます。

pkmnpix_005.jpg

pkmnpix_006.jpg
スキルはヒント機能のようなもので、2列分の答えを教えてくれたり、
塗が確定しているマスがある列を教えてくれたりします。
…ピクロスが好きな人は分かると思うのですが、ヒント機能っていらないんだよな。
自力で解くから面白いわけで。

pkmnpix_007.jpg
むしろ一人にして欲しいと思った瞬間だった。

pkmnpix_008.jpg
スキルは嫌なら使わなければ良いさ。と思ったのですが…
実は問題ごとにミッションがあり、特定のスキルを使用してクリアしろ!という
お題が高確率で入っています。
つまりヒント機能を使えと。

pkmnpix_010.jpg
ミッションをクリアするとピクロイトというのが手に入るのですが、
これを使って新しい問題を開放したり、連れて行けるポケモンの数が増やせます。
ピクロイトを集める為に、ミッションをクリアしなければいけない→ミッションをクリアするために
スキルを使わないといけない=ヒント機能を使わないといけない。
何だこれ…(´・_・`)

pkmnpix_011.jpg
さらにこのゲーム、実はスタミナ制でして画面左上にPゲージというのがあるのですが
これは1マス塗ると1消費するという仕組みになっている。
Pゲージが足りないと塗が完成しないので、×で不要なところを全て埋めても
当然クリアにはならない。

Pゲージは回復が遅く、1ポイント回復するのに1分かかる。
つまり10×10の問題を解くにしても、Pゲージが最低でも59必要ということは、
自然回復のみでプレイするとなると、おおよそ1時間の待ち時間が出来てしまう。
もちろんPゲージの上限を増やせば、最大値が増えるのでまとめてプレイが
出来るようにはなりますが、上限値を増やすのにもピクロイトが必要。

※Pゲージのレベルを最大まで上げれば、最終的には無制限になります。

無料で遊ぶとなると長い待ち時間があったり、使いたくもない機能を使って
問題を解いていかないといけなくなる。
課金(3,000円くらい)すれば、機能制限もなくなり、全てのエリアが解放できるので
がっつり遊びたいなら、きちんと買った方がストレスなく遊べる…
が、正直高いよね。
ピクロスeなら500円で、こういう煩わしい機能がないピクロスが遊べるのに3,000円かぁ…。
ポケモンへの愛が試されているお値段かと。
 
pkmnpix_015.jpg
あと、個人的に凄く気になった点をあげると
・エリア選択はタッチペンのみ。ボタン操作は受け付けない。
 しかしミッション内容を確認するにはボタン操作が必須という謎仕様…。
 結果的に「タッチしてください」というメッセージを何度も何度も見るはめに(笑)  
 酷いUIだ。

・マスを塗るときに、ほんの少しだけアニメーションが入るのですが、
 これのせいで1テンポ遅れて動いているように感じる。
 気を付けてプレイしないと、操作ミスを起こす。
 細かい作業が求められるピクロスは1つのミスが大きな間違いに繋がるので、結構気になる。


と、いう訳でピクロスのゲームとしても出来が良いとは言えないので
課金してまで遊びたい内容だとは思えなかった。
クラブニンテンドーピクロスのポケモンバージョンで良かったと思うのだけど、
何故余計な機能を入れたんだ…。
スキルも初心者救済処置として入れるならOKだけど、強制はしないで欲しい。

まぁ、ピクロスには興味ないけど、ポケモンだからやってみようという人もいるはず。
このゲームをきっかけにピクロスの面白さにハマってくれる人が増えると良いなとは
思います。
ミクロスなどもピクロスeにあるモードなので、ポケモンの絵柄でなくても良いなら
ピクロスeを遊んだ方がお値段的にも、ゲーム内容的にもオススメです。

【3DS】カタチ新発見! 立体ピクロス2

カタチ新発見! 立体ピクロス2
任天堂 (2015-10-01)
売り上げランキング: 7


rtpr02_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
カタチ新発見! 立体ピクロス2

前作はDSで出ており、そちらもプレイ済み。
1は何故か3D酔いがヒドくて、あんまり遊べなかったんだよなぁ。
2の方は50問ほど解いたところですが、特に画面酔いみたいなことも
起こらず、楽しく遊ばせて貰っています(´ω`)

さて、立体ピクロス2ですが前作とルールが大きく変わっています。
とりあえず1問解いてみますか。

rtpr02_002.jpg
問題スタート。
画面右上に爆弾ボタンがあるのですが、これは0の列を自動で全て削ってくれます。
いや~前作は正直0削りが面倒だったからね。
これは非常に助かる。

rtpr02_004.jpg
2で一番大きな変化としては青とオレンジ色の数字があり、
今回は2色の色を使って問題を解いていくという点です。
例えば青2と書かれている列があったら、青で2マス塗りますということ。
オレンジで3と書かれている列はオレンジで3マス分塗る。

rtpr02_007.jpg
ブロックに描かれている数字の意味ですが、

・数字そのままのもの:連続してブロックを塗りつぶす。
・○で囲われている数字:2つに分かれている。
  ⇒④という場合は1:3とか2:2になる。
・□で囲われている数字:3つ以上に分かれている。

となっています。
普通の平面ピクロスだと「2・4・2」とかで表現されるものが
8の□とかになっているので、ヒントが少なくなっています。

rtpr02_008.jpg
必要なブロックを塗り終えたら、不要なブロックは削る。

rtpr02_010.jpg
全ての数字通りに作ると完成!

rtpr02_011.jpg
問題を解き終えるとクリアタイムや間違えた回数、難易度に合わせて
ポイントと宝石が貰えます。
これらを溜めていくと新しい問題が増えていきます。
時間よりも間違えた回数の方が減点ポイントは多いので
焦らずにプレイするのが良い。

難易度は「スウィート」「マイルド」「ビター」と3種類用意されている。
問題ごとに難易度が違うのではなく、全ての問題に設定した難易度が適応されるので
自分にあった難易度で遊べるのはありがたい。

rtpr02_006.jpg
さらに行き詰ったりしたら、右上にある豆電球マークを押すとお助け機能でヒントをくれます。
今、塗りつぶせるか削れるブロックがあるところを教えてくれる。
お助け機能は何度も使えて、さらに減点要素もない。
かなり親切な設計になっています。

rtpr02_014.jpg
問題は300問以上あるらしく、進めて行くとどんどん形が複雑になっていきます。
こういう風に厚みのある形のものは、中もしっかりと解かないといけない。
ブロックの周りにある赤と青のマーカーをスライドさせると、ブロックの断面図を
見ることが出来ます。

rtpr02_015.jpg
お?何か虫ぽい。

rtpr02_016.jpg
完成!ミツバチ!!

rtpr02_017.jpg
問題を解くコツとしては色の仮塗りを活用していくことだと思う。
平面ピクロスと比べるとどうしても全体図が見えにくいので
1色しか入らないと分かるブロックには仮塗をいれて行くと、
不要なブロックが見えてくる。

rtpr02_020.jpg
基本的には時間制限もないので、じっくり考えて解くことが出来るのですが
一部タイムリミットパズルと言うのがあります。
最初の持ち時間は3分で、パズルを解き進めていくと持ち時間が増えて行くというルール。
途中間違えても時間が減ったりすることはないのが救い(笑)

rtpr02_018.jpg
立体ピクロス2
数字のヒントの少なさや、普通のピクロスよりも色々とやることが多いので
ある程度慣れが必要になってきますが、彫刻を掘っているみたいでなかなか面白いです。
しかしピクロス上達のコツをゲーム内で説明してくれているとはいえ、
全体が見渡しにくいのでピクロスにある程度慣れていないと難しいような…?
ピクロスが好きな人は楽しめますが、ピクロスに慣れていない人は
平面ピクロスを自力で解けるようになってからでないとキツイかも。
(マリオのピクロスでいうなら、ヒントが出ないワリオステージがある程度クリア出来るくらい)

ヒント機能を使えばクリアは出来ないこともないですが、
それだとあまり面白くないしね。

パズルゲームやピクロスが好きな人にはオススメです。
さぁ!これからガンガン進めて行くぞー!!

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: