スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PC】UNDERTALE:プレイ日記001

undertale_000.jpg
タイトル:UNDERTALE
ジャンル:RPG
ハード:PC (STEAM)

こちらのゲームは、周りの人から「雰囲気がMOTHERに似ていて面白いよ」と
オススメされていました。
MOTHER好きとしては、スッゴイ気になっていたので楽しみで仕方がない(笑)

ゲームの説明でも「誰も死ななくていい優しいRPG」と謳っているように
プレイ方法次第で、ランダムエンカウントの敵もボスキャラも
殺害することなく、ゲームを進められる。
もちろん普通のRPGのように戦って、敵を倒しても良いのだがね。

undertale_010.jpg
まずはストーリー。
昔々、地上には人間とモンスターが暮らしておりました。
二つの種族はいつしか戦争を始め、人間はモンスターたちを
魔法で地底に封印することで、勝利を収めました。

undertale_013.jpg
それから長い年月が経ち、201X年。
エボット山という山に向かう幼い子供(主人公)がいました。
この山は、登った者は二度と帰ってこないという言い伝えがありました。
主人公は足を踏み外し、エボット山から落下。
モンスターの住む地底世界へと落ちていってしまうのでした。

undertale_049.jpg
ゲーム開始。
下に花があった為、命に別状はない様子(花じゃ無理だろ…というツッコミはなしでw)
しばらく歩いていくと花のモンスター「フラウィー」が話しかけてくる。
彼は親切に地底で生き延びる方法を教えてくれると言ってくるが…

undertale_048.jpg
彼の言う通りにすると瀕死状態に。
いきなり騙された!!
フラフィーはトドメの一撃を主人公に放つが…

undertale_002.jpg
トリエルというモンスターが助け出してくれる。
彼女はこの地底の管理者で、主人公がこの地底で安全に暮らせるように
保護してくれる。

undertale_015.jpg
このゲーム、基本は謎解きがメインのようです。
今の所はサクサク進める難易度かな?

undertale_004.jpg
戦闘は結構特徴的で、最初に書いた通り、モンスターを倒さなくても
進むことができる。
コマンドは「闘う」「行動」「アイテム」「見逃す」の4種類で、
闘うを選ぶとモンスターに攻撃が出来る。(タイミング入力)

undertale_005.jpg
「行動」を選ぶとさらに細かい選択肢が出てくる。
その中からモンスターと和解の道を探っていく。
モンスターによって出来る行動が変わり、選んだ行動がモンスターの
心に響くと、敵は戦意を失う。
(モンスターの名前が黄色くなる)
その状態で「見逃す」を選ぶと、モンスターは逃げ出してくれる。

行動の中には面白いものが多く、「口説く」とか野菜型モンスターの場合は
「ディナーにする」など色々試してみたくなるものが多いw

undertale_006.jpg
モンスターを口説いた時の反応。
有意義なやりとりなのかww

行動はターン性で、主人公のターンが終わるとモンスターのターンになる。
モンスターは当然攻撃をしてくる。
モンスターの下の所に赤いハートが表示されているが、これは主人公の魂で、
ハートを動かして敵の攻撃を避ける。
分かりやすく言うとシューティングゲームだね。

なお、モンスターを倒すと経験値が手に入り、レベルが上がる。
モンスターと和解し、逃がすとお金が手に入る。
和解した時は経験値は手に入らない為、レベルはずっと1のまま…
しかし折角誰も死なずに進めるRPGなので、初回のプレイでは
ランダムエンカウントの敵も含めて、殺さずで進んでみたいと思う。
詰んだら、また考えよう。

…そういえば、初戦の相手のマネキンを間違って倒してしまったが
それは「殺した数」にカウントされるのかね?
今更ながら不安になってきた(´・ω・`)

undertale_008.jpg
ボスモンスターとの戦闘も同様。
和解の道はある。
ただ、ボスモンスターの場合は複数回同じコマンドを選んだり
しなければいけない為、非常に分かりにくい。
色々と試行錯誤をして、どうすれば和解できるのか探っていく楽しい。

undertale_021.jpg
さて、トリエルに保護され、自宅に案内された主人公。
トリエルは何故か主人公と家族になりたいらしく、ずっとここに住んで良いわよと
言ってくれる。
いや…普通に地上に帰りたいだろうよ。
最初のフラフィーの件があった為か、トリエルにも何か裏があるんじゃないかと
疑ってしまう…。

undertale_025.jpg
ここは直接トリエルにアタックしてみるしかない!

undertale_027.jpg
トリエルに地上に帰りたいと伝えると、急用があると言って地下通路に行ってしまう。
追いかけると、この通路の先には遺跡の出口があり、地上につながる道がある。
しかし、何人もの人間がここを通って行ったが、皆アズゴアに殺されてしまったという。
トリエルは主人公を守るために、通路の扉を破壊しようとしていた。

undertale_030.jpg
遺跡から出たければ、力づくで通りなさい!と戦闘に。
行動で話し合いを持ち掛けてみるが、拒否される…どうしたら良いんだ…。
「行動」に出てくるコマンドを選んでもみても、ダメなので
「見逃す」を選んでみると…

undertale_033.jpg
トリエルの反応が変わった。
おお!これは良いぞ!ひたすら「見逃す」を選び続けると戦闘終了。

undertale_034.jpg
トリエルは主人公を抱きしめて、見送ってくれるのだった。
裏が何かあるんじゃないかと疑ってすまんかった。
本当に主人公のことを心配してくれていた心優しいモンスターですた(´;ω;`)ブワッ

undertale_038.jpg
扉をくぐるとフラフィーが待っていた。
「君は今回誰も殺さなかった。たまたま上手くいったからと言って調子に乗るなよ。
 もしも殺人鬼に出くわしたら、君はどうする?ソイツに何度も何度も殺されて…
 とうとう心がくじけたら?
 苛立ちに任せて殺人鬼を殺す?それともこの世界を完全に見捨てて…
 僕に支配させてくれる?」
と聞いてくる。
(マネキンのことはノーカンということで良いのかねw)

フラフィーの話を聞いていると主人公には何か特殊な力が備わっているようだ。
フラフィーはその力を奪うつもりは無いものの、もっと楽しいことをすると
煽ってくる。
…今回のプレイでは殺さずで進めるつもりだけど、とりあえずフラフィーのことは
一発殴らせろ。

まだ序盤だけど、モンスターたちのキャラも濃く、ちょいちょい入ってくるブラックユーモアが
凄く楽しい。
さて、遺跡の外はどんな世界が待っているのやら。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。