【SFC】エルファリア2 プレイ日記08:四魔神官全滅

elfalia2_117.jpg
エルファリア2のプレイ日記8回目です。
魔法戦争が起こる前に来たキバたち。
地上にはエルフとグリフが仲良く暮らしていた。
どうやらグリフはメルドンが変化した姿みたいだね。

エルフに話を聞くと、最近森から"人間"という生き物が
出て来ているらしい。
人間は森の中は魔物がいっぱいだから、外に住むたいと頼んでいる。
エルフたちは快く引き受けてくれて、一緒に暮らそうとまで言ってくれる。
この何百年後に、人間がエルフたちを追い出すために戦争を起こすって
考えると悲しいねぇ…。

elfalia2_118.jpg
ブルージェムを手に入れるために、森の中に入るが…
出てくるザコ敵が皆無属性の上にクリットを連発してくるので
やたらと強い(#^ω^)
敵の強さに対して経験値はあまり上手くないので、レベル上げは
無理にせずに、さっさと探索してボスに突っ込んだ方が良いかも。
ボスのディラノザウルスはザコと戦えるレベルになっていれば弱い相手。

ブルージェムを入手して、レーナさんの所に戻ると
現代に戻るために、再び時空の中を移動する。
ところが途中でレーナさんとキバたちははぐれてしまうのだった。

elfalia2_119.jpg
レーナさんがどこの時間軸に落ちたかというと…
人間とエルフが冷戦状態(魔法戦争直前)の時代だった。
時空からはじき出された衝撃からか、レーナは記憶を失っており
エルフの王エルザードによって保護されていた。

町の中にある本などにエルザードの過去についての話があるのだけど、
元々エルザードは心優しいエルフの王だった。
人間の娘デイリリを愛し妻に迎えたが、デイリリは人間とエルフの争いを
止めるために、人間の元に赴き殺されてしまった。
怒り狂ったエルザードは自身を魔物へと変えて、今もなお人間を滅ぼそうと
している。

つまりデイリリ姫=レーナさんということだった。
…しかし、レーナさんはやたらと男にモテるね。
本人にはその気がないのに、周りはレーナさんのことで争ってばかりだ。
恐ろしい子っ!!(笑)

キバたちは無事自分たちが住む時代に到着。
レーナさんについては「レーナさんは俺たちを導くのが役目。俺たちが進む道のどこかで
再び交わってくるはず。また会えるさ」と意外と気楽だったw
まぁ、レーナさんが途中で別の時間に落ちたのはエルザードによって
導かれたんだろうね。

elfalia2_121.jpg
一方、ゲドラーはサラマンデスがやられたことで、四人の勇者が
自分を倒しに来るとビビっている。やーい
さらなる力を手に入れるために、ダロスを呼び出し闇の魔物へと
姿を変えたのだった。
…ハエ?どんなに強くてもこの姿にはなりたくないなぁ。

elfalia2_122.jpg
ゲドラーは自分より強い魔物を作り出す可能性があるダロスを殺そうとする。
そこにキールがダロスを助けに来てくれる。
いや~このイベントはゲドラーがものすごくアホなので、見て欲しいw
身体が横に広いから細い通路が通れないww
通路ぐらい破壊して追いかけろよwww

elfalia2_123.jpg
キバたちが森を出ると、村にはラモンとカナーナの反乱軍のボス、マチルダが来ていた。
ラモンは「レーナのことは俺を陥れるためにワザと別の時間に落としたんだ!
そうまでして勇者になりたいのか!!こんな奴らと一緒に戦えるか!!?」と怒る。
私を陥れようとしているとか、悪いことしてないのにやったと周りに言いふらすとか…
大きな戦いが起ころうとしているのに、何子供のケンカみたいなことを言っているんだ(呆れ)
キバも証拠を揃えてからじゃないと、周りの人は納得しないといい加減学びなさい!めっ!!

と、シャンゴさんが「ゲドラーとの戦いが終わるまでラモンのことを悪く言わない。
お前が尻尾を出し、新しい証拠が手に入るまでな」と約束をする。
やっぱりこの中で一番大人はシャンゴだわ。
シャンゴは最後に「ラモンはラモンの運命によって裁かれるだろう」と言う。
このセリフカッコいいな。

elfalia2_124.jpg
水の聖地ハンブを復活させるために、近くのエルフの遺跡にやってきた一行。
ところがエルフの遺跡には先客、ダロス・キール・ラモンがいた。
ラモンはこれまでの悪行を反乱軍の皆に話されては困ると
キールとダロスを殺すために襲いかかる。
キバたちの足音を聞いてラモンは立ち去るが、キールとダロスは致命傷を負ってしまう。
ダロスは最後の力を振り絞ってキールに「まだ<究極の魔物>になりたいか?」と尋ねる。
キールはダロスの申し出を受け入れ、<光の魔物>へと変化を遂げる。

変わり果てたキールの姿を見て泣き出すリーファ。
何かここでキバが言う「泣くな!泣くなよ!リーファ!」ってセリフが
幼い時から妙に印象的だったw

elfalia2_126.jpg
キールはさらなる力を求めて立ち去って行くのだった。
ついでに倒れているダロスに話しかけると
「…おぬしらは…見るかもしれん…そうだ!<究極の魔物>を見るんだ!
 ああ…う・ら・や・ま・し・い」と言って死んでいく。
「カエルの為に鐘は鳴る」だったら、うらやましいのところは超ビックフォントだっただろうね。
それだけの熱意が伝わってきたよw

elfalia2_127.jpg
ダロスから研究の成果の書物を貰う。
闇×闇=光
闇×光=光
光×光=ラ

つーか、これメルドンの歌をそのまま本にしただけじゃねーか。
今まで何を研究してたんだ。

elfalia2_128.jpg
さて、色々あったけど土の力を借りて、水の聖地ハンブを復活させる。

elfalia2_129.jpg
ハンブの中ではオクトパスというボスと戦いがある。
ボスの鳴き声が「オクトー!パスパス」とかいうねふざけた野郎なんですよ。
スタッフ適当に付けすぎだろw
コイツも弱いので、サクッと倒してしまおう。

これで<水の印>をゲット。
イベントでは何度も名前が出て来たハンブだけど、ダンジョン自体はとても短い。
もう少し力を入れて作っても良かったのでは…?

さて、水の印があれば<水の門>が開けられるようになるので
スンガの町を占拠しているウンディネスと戦うことが出来る。
この辺は敵が水属性が続くために、土のフォーメーションばかりだ。
後で入れ替えてレベル上げせんとなぁ…。

elfalia2_130.jpg
スンガの町には勿論ラモンも来ている。
こちらのことをやけに煽ってくるぞ。
お前のことなんて眼中にないから、消えろ!!

elfalia2_131.jpg
ウンディネスとボス戦。
そういえばコイツには一度負けているんだよな。
今、戦うとビックリするくらい弱いよ。
あっさり勝利すると、このまま勢いに乗ってゲドラーの本拠地がある
ロマまで行く。

ロマは四魔神官の一人、土の力を持つグノムスが占拠している。
存在感が薄すぎて、今になってようやく名前が出て来た( ;∀;)
このままグノムスの元まで行くことは可能なのだけど、風の武器は
攻撃力が低いものが多く、頼りない。
さらに水のダンジョンが続いたせいかリーファのファイトレベルが低く、
風のフォーメーションで久しぶりに前に出すと簡単に瀕死になる。

つーことで、近くにあるガルの山(風属性)でレベルアップや武器育成を行う。
ここにいるザコ敵が「風の指輪」を落とすので、スペシャルチャージがし放題。
さらに、中にいるメルダーがクォーツとコッパーを持ってくれば
乱風のロッドを作ってくれる。
これで後衛の二人共ヒール3を使えるようになる。

elfalia2_133.jpg
ダンジョンの奥にはグリーンドラゴンもいる。
コイツを倒せば風のダガーが手に入る。
名前はシンプルで弱そうな武器だけど、今メルドで作れる風の武器より強力w
これもしっかり鍛えたらグノムスを倒しにロマへ。

elfalia2_135.jpg
ロマの町は反乱軍が攻めてきたことで混乱に陥っていた。
ゲドラー様のおかげでロマの町が立派になったのに!と非難される。
まぁ、ゲドラーの恩恵を受けている人からしたら、ゲドラーは英雄ですわなぁ。

elfalia2_136.jpg
グノムスはパイン記念館にいる。
ガルの山でしっかり育成していれば、グノムスは弱い。
スンガの町から、そのまま突っ込んできていたら凄い強いだろうけどね。
それにしてもサラマンデスが頑張りすぎたせいか、ウンディネスとグノムスは
サラッと終わってしまったな。

グノムスを倒すとロマの町も解放される。
町では「これでラモン様が大神官になるのね!素敵!ハッピーエンドね!!」と
見事な手のひら返しが行われているwヒデェ…

elfalia2_137.jpg
ロマの大神殿にゲドラーはいる。
しかし、ここは闇属性の敵がウヨウヨしている為、今のままではザコ敵戦すら辛い。
しばらくはザコ敵を狩って、スピネル×2個をメルド。
ルビーの剣を作るとするかね。
強い光属性の武器が出来れば楽になるはず。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: