【SFC】マリオのスーパーピクロス

marispik_001.jpg
SFCで発売された「マリオのスーパーピクロス」
裏でちょこちょこ遊んでいたものですが、やっと記事が書けるところまで進んだ。
いや~ピクロスやらお絵かきロジックやらは、ふとした時に遊びたくなるんだよね。

marispik_004.jpg
基本的なルールは一般的な「お絵かきロジック」と同じなので割愛。
縦列・横列に書かれている数字に合わせて、方眼紙のようなマス目を
塗りつぶしていけば、一枚の絵が完成するよというもの。

marispik_002.jpg
マリオのスーパーピクロスは「マリオのピクロス」と「ワリオのピクロス」と
2つのモードが搭載されている。
「マリオのピクロス」では30分と時間制限があるが、間違った所を削ると
制限時間を減らされる代わりに、間違ったことを教えてくれる。
また「ヒントルーレット」という、縦横1列ずつの正解を教えてくれるヒント機能もある。

marispik_008.jpg
一方「ワリオのピクロス」は制限時間がない代わりに、ヒントや
間違いを教えてくれるような機能がない。
正しく塗り終わるまで、続いていく。

時間制限があるので、マリオの方が厄介に感じるが
完全に自力で解く必要があるワリオの方が難易度は高い。

marispik_005.jpg
絵が完成すると色がついて、完成した絵が見られる。
イラストによってはアニメーションが付いていて、ピコピコ動くので
見ていて楽しい。

marispik_007.jpg

marispik_006.jpg
ただ、問題によっては完成して色が付かないと何の絵か分からないものも
多数あるのが残念。
マリリン・モンローとかモノクロの時に分かる人、いないだろ…というレベルw
まぁ…全部で300問もあるらしいので、そういう問題が入ってしまうのは
仕方がない面はあるのかもね。

marispik_009.jpg
ここまでの内容だったら、現在3DSで配信されている「ピクロスe」と
同じなのですが…マリオのスーパーピクロスは盤面が20×20マスや
20×25マスの問題が出てくる。
(ピクロスeは15×15マスまでが基本で、メガピクロスで20×15まで)

ぬおぉぉ~20×20マスは慣れてないから、目がしょぼしょぼする(´・ω・`)
勿論マス目が増えれば、問題の難易度も上がる。
凄い楽しいのだけど、一問解くだけでも疲れるw

marispik_010.jpg
イラストの完成度もやはりマス目が多い方が高い。

bonookrk_001.jpg

bonookrk_002.jpg
そうそう、20×20マスのピクロスと言えば、現在スマホやアンドロイドで配信されている
「ぼのぼのお絵かきロジック」もなんですよね。
こちらも操作性などは問題なく、しかもフリーで遊べるので
オススメではあるのですがぁ~…1問目から20×20マスの問題なので
ある程度お絵かきロジックに慣れてる人じゃないとキツイと思う。

マリオのスーパーピクロスは簡単な問題から始まり、段々と難易度が上がっていく
仕様なので、こちらで慣れてからぼのぼののお絵かきロジックにチャレンジするのが
良いと思う。

「マリオのスーパーピクロス」ではマリオとワリオ両方のモードをクリアすると、
かなり難しい問題が出ると噂も聞いたので、まずはそれを目指して
裏で進めていきます。
全部の問題解くのに何年にかかるかねぇ…(笑)
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: