【GB】ポケモン ピカチュウ版 ピカチュウ縛りのプレイ日記07

ポケモン ピカチュウ版ピカチュウ縛りプレイ日記7回目です。
チャンピオンロードを超えてチャンピオンリーグまでやってきました。
ここから先は秘伝マシン要員をパソコンに預けて、ピカチュウ1匹だけで
進めるよ。

pkmn_pik_090.jpg
技構成はこんな感じ。
四天王戦+ライバル戦は一応回復&状態異常を治すのアイテムの使用はOK。
ただし、パワーアップ系アイテムは禁止。

pkmn_pik_091.jpg
初戦の相手はカンナ。
この人ドSオーラが凄くて、結構好きw

pkmn_pik_092.jpg
カンナは氷使いで、こちらが有利な属性だろと舐めてかかったら
この様だよ。
意外と追い詰められてるw
流石に10万ボルトを使っても1撃では倒せず、反撃を受けることが多かった。
このバトルでもちゃんと影分身使っておけば良かったな。

pkmn_pik_093.jpg
2人目のシバは岩系と格闘系ポケモンを使ってくる。
1匹目で影分身を3回ほど使って回避率を上げれば、敵の攻撃は
ほぼ当たらなくなる。
地面系ポケモンには地球投げ、格闘系ポケモンにはのしかかりなどを使えば
1~2回の攻撃で落とせる。
10万ボルトは次のバトルで使うので、出来るだけ温存する。

pkmn_pik_096.jpg
3人目はキクコ。
何度見てもキクコの顔って…スーパーサイヤ人に見えるww
上瞼なのか眉毛なのか分からんが、メッチャ強そうな顔してるよなぁ。

pkmn_pik_097.jpg
キクコはゴーストタイプの使い手…
ゲンガー良いなあ。昔は好きで必ず使っていたわ。
またポケモンをちゃんとやる機会があったら、使いたいなぁ。

ゴーストタイプにはのりかかりが効かないので、10万ボルトを中心に戦う。
地球投げも有効なので、トドメを刺したりするときには便利。

pkmn_pik_098.jpg

pkmn_pik_099.jpg
最後はワタル。
ドラゴンタイプ使いということだが、飛行が付いているポケモンが多いから
ピカチュウだと有利。
最初に影分身を3~5回使っておけば、こちらの勝利はほぼ確定w

と、四天王戦ですが意外と楽勝だったな。
残るは最後のライバル戦。
色々なタイプを育てているライバルが一番厄介な存在ではある。
特に縛りプレイ中では、相手のタイプに合わせてポケモン変更とか出来ないからな。

pkmn_pik_101.jpg
最初の相手はサンドパン…相手の「地震」1撃でここまで削られたww
マジか…160くらいダメージ受けてんじゃん。
しかも地震って命中率良いのかね?
影分身使っているうちに当たって死んでしまうわ。
う~む…作戦を変更して、サンドパンはさっさと倒してしまうかな。
のしかかり2発で倒せるので、1回目の相手の攻撃で地震が急所に当たらないことを
祈るしかない。

相手のポケモンの2匹目はフーディンなので、ここでピカチュウのHPを回復させて
影分身を5回ほど使っておく。
ここから先はもう楽勝さ。

pkmn_pik_103.jpg
ラストのサンダース。
のしかかり1撃で倒せたw
あれだね、ピカチュウ縛りプレイだと最初のサンドパンがきついけど
そこさえ何とかすれば楽勝だわ。

pkmn_pik_104.jpg
つーことで、ピカチュウだけで無事チャンピオンになれました^^

pkmn_pik_106.jpg
殿堂入りおめでとう!1匹だけでよく頑張ったよ!!

pkmn_pik_107.jpg
だがポケモン図鑑の出来はさんざんなので、もっと頑張れ!と言われる始末。
数が入れば良いというものではないのだよ。
むしろ捕まえて速攻PCに送られるとか可哀想だろw
なぁ、オーキド君。

これでピカチュウ縛りプレイは終わり。
やってみると思いの他、楽だった。
ピカチュウ版のみで覚える「影分身」がかなり便利すぎて
敵の技が当たらなくなるのが大きかった。
正直、ヒトカゲ縛りプレイの方がきつかったくらいだ。

もし次に縛りプレイをするなら、フシギダネ縛りがしたいのぉ。
以前、フシギバナ縛りプレイをしたときは地震でごり押したけど
ダネだと地震が使えないから、技構成が変わって面白そうだ。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: