【PC】FF9:プレイ日記21 全クリしました

ff9_426.jpg
FF9のプレイ日記21回目です。
記憶の場所でガイアの誕生よりはるか昔に遡ってきたジタンたち。
そこには宇宙が広がっていた。

ここでようやくガーラントが、ジタンや一部の仲間が他人や、自分が生まれる前の
記憶まで見ることが出来たのか説明をしてくれる。
記憶というのはその人、本人だけの経験を指すのではない。
この世に生を受けるためには親という存在がおり(造られた命も含めて)、
その親にも勿論親という存在する。
そうやって遡っていくと、全ての命は繋がっていることになる。
生き物には、それを構成する情報があり、記憶もそこに含まれている。
つまり情報の繋がりを遡っていくと全ては、ひとつのもの…全ての命と記憶を司る存在の
クリスタルに繋がっているため、自分以外の記憶を見ることが出来る。

ここに来てようやくクリスタルの話が出てきたよ(苦笑)
というか、もっと早くに解説してくれないと魂の循環の話と分かりにくいだけのような…
説明が下手ですぞ!ガーラントさん!!

…と、ここまでストーリーの解説を頑張ってくれてきたガーラントが
遂に力尽きてしまう。
「たったひとつの目的を果たすだけに造られた命であったとしても
この世に生を受けたことに感謝している…」といってガーラントは事切れる。

ff9_428.jpg
宇宙空間の先にはクリスタルの世界(クリスタルワールド)が広がっていた。
そうそう、クイナの青魔法ですがここに出現するザコ敵(カオスのクリスタルバージョン)を
食べさせたら、全部覚えることが出来ました。
いや~良かった。

ff9_430.jpg
クリスタルワールドの中を進んでいくと、この世の最初のクリスタルがある空間に
クジャはいる。
このクリスタルを粉々に砕けば全ての命、記憶が消滅する。

クジャの話ではガーラントがいなくなったイーファの樹はやがて暴走を始め、
テラとガイアは無理な合成を開始することになる。
今クジャを倒したところでガイアがムチャクチャになる未来は変わらないという。
それでも融合した星が残る限り、またやり直せばいい!と言って
クジャを止めるために戦いを挑む。

ff9_431.jpg
最初の相手はクジャが呼び出したデスゲイズ。
戦闘開始早々にメテオをブチかましてくれるので、回復はしっかりとw
コイツもレベル5デスを使ってくるので、パーティメンバーのレベルは5の倍数にならないように
気を付けること。

「とじる」の状態の時は防御力が高いので、通常攻撃を行うなら「ひらく」の状態の時を
狙うと良い。
まぁ…ここまで来ると通常攻撃もしなくなるからな。
ジタンの盗賊の証とスタイナーのショック、ボスが冷が弱点なので
ビビの「ためる×数回→ブリザガ」で9,000代のダメージが連発出来るので
簡単に倒せると思います。

コイツからは「デュエルクロー」が盗めるので、盗んでおくと良いですよ。
ボス戦での盗むもこれが最後だと思うと感慨深いね。
このボス戦が終わったあと、セーブとアビリティ変更をしに戻ることが出来るので忘れずに。
待ってくれる優しいクジャさんw

ff9_433.jpg
戻ってくるとトランスクジャとのバトル。
クジャは魔法攻撃を中心に行ってくるので、リフレクが有効ですが
全員をリフレク状態にしてしまうと、固定ダメージのフレアスターを連発してくるようになる。
その状態になると厄介なので誰か1人はリフレクをかけず、ホーリー(聖魔法)を
無効や吸収できる状態にしておくと有利に進められる。

…と、言ってもさ。
いつでもリジェネ+ヘイストをつけると、いつでもリフレクを付ける余裕がないのですがね。
正直リジェネとヘイストさえあれば、リフレクなくても大丈夫なので
無理にリフレクを使う必要もないです。
その時はスタイナーにガントレット+グランドアーマー+ふゆう石のかけら、
他3人に守りの指輪をつければ全ての属性が半減出来るので、楽になります。

ビビを使う場合は、クジャが自分自身にリフレクをかけてくることもあるので
「リフレク貫通」のアビリティはつけておいた方が良い。

このバトル以降はセーブポイントもないので、盗むはしても意味がないので
しなくてOK。

クジャのHPを減らすと前回同様にアルテマを使ってくるので、戦闘が強制終了する。

ff9_436.jpg
ジタンが目を覚ますと別空間に飛ばされており、「永遠の闇」が語りかけてくる。
コイツがFF9のラスボスですが…突拍子もなく現れるため、初回プレイのプレイヤーは必ず戸惑うはずww
一応Disc4に入ってから見られる召喚壁のサブイベントでチラッとだけ伏線が張られてはいるのだけどね…。
設定的には、余命僅かと悟ったクジャの恐怖や絶望、嫉妬が呼び出した負の感情の化身…らしい。
だから永遠の闇はクリスタルも含めて、全てを無に還し恐怖も何もない世界を造ろうとしている。

ジタンたちは「恐怖」に打ち勝つために…例えここで自分たちが力尽きてしまったとしても、
自分たちのことを記憶している誰かが限り、その記憶と生命は永遠に繋がっている。
それが「生きる」ということだ!と言って最後の戦いを挑む。

ff9_441.jpg
出ましたwペプシマンww
いきなりの登場と見た目の奇抜さで笑えるけど、コイツ強いので注意。
何の対策もせずに行ったら、多分全滅すると思う。
複数の状態異常を引き起こす「グランドクロス」がとにかく厄介なので、
状態異常を防ぐサポートアビリティは全てつけること。
敵のHP自体は低いので、ビビとかは「使用MP半減」を外してでも良いので
いつでもヘイスト+リジェネ+状態異常防止のアビリティを付ける。

アビリティでは防ぎようがない状態異常にかかったら、アイテムで
早めに回復させること。
この後、セーブもないので気にする必要はなし。

ff9_442.jpg
まぁ、これだけ対策しててもデスとか使われたら、どうしようもないのだけどね。
魔法石に余裕があるキャラがいたら「オートポーション」を付けて、
リジェネでの回復のための時間稼ぎをするのも良いかも。
条件が揃っているなら、ビビのジハードも時間稼ぎには持って来い。
発動までのモーションが長いため、ジハードを使えばモーションを見ているうちに
リジェネでかなり回復が出来る。
ただし、仲間全員が闇魔法無効、または吸収の装備品を付けている状態でないと
自分たちも大ダメージを受けることになるw

攻撃はアビリティを使っても良いし、そこまで育っていない場合は
「バードキラー」と「MP消費攻撃」をセットすれば、ジタンとスタイナーは
簡単に大ダメージが出せる。(自分は9999のダメージ出ましたw)

ff9_443.jpg
永遠の闇を倒すと、自分たちの世界に戻される。
そこではイーファの樹が暴走を始めていた。
しかしジタンたちは飛空艇に乗っている仲間たちと連絡を取る手段がなく、
自分たちの居場所を知らせることが出来なかった。

しかしクジャがミコトにジタンの居場所を知らせてくれた。
クジャはジタンに「生きるんだ…」というメッセージを送ってくる。

ff9_445.jpg
クジャが生きていることを知ったジタンはクジャを助けに行くために
一人イーファの樹に残る決断をする。
OPでダガーに誘拐するという約束をしたのですが、ここで終わりを告げるんだよ。

ff9_447.jpg
ダガーも「あなたと出会い、本当に大切なものが一体何なのか学ぶことが出来ました。
これまでの長い旅の思い出は何物にも代え難い宝物になるでしょう。
本当に…本当にありがとうございました」ってお辞儀をして返すんだよ。
最初のイベントと合わせてて、メッチャ良い!!

ff9_448.jpg

ff9_449.jpg

ff9_450.jpg
ダガーの「でも…お願い、必ず帰ってきて…」という言葉には返答できずに
二人は別れる。
ダガーさん、メッチャ涙目になってる。
CGがPS版よりも美麗になったことで、泣きそうになっているのを堪えているのが
分かりやすくなっているんですよ。
見てるこっちまで切なくなってくる…。

ff9_452.jpg
クジャを助けるために、イーファの幹まで戻ってきたジタン。
「何故戻ってきた?」という問いかけに、来ました名セリフ!!
このセリフ、有名だけどここでしか言ってないのが素晴らしい。
良いセリフというのは、ここぞというときに使う方が重みが出て良い。
しかもずっと敵対していたクジャに対してだもんな。

ff9_453.jpg
ジタンたちに敗れて、全てを失ったクジャは「生きる」ということの
意味を少しだけ分かったような気がする…と言って意識を失う。
このあとイーファの樹の暴走が2人の所まで来て、ジタンがクジャを庇う動作を
見せて暗転するのですが…クジャこの後、どうなったのかね。
このまま寿命が尽きてしまったのかもしれない。
もし、少しでも時間があれば2人は和解できそうだったけど…。

ミコトは「つくられた目的が過ちだったとしても、それを克服した生命が生まれたこと…
私たちがこの世に生を受けたことは決して間違いじゃなかった…」と思うようになり
その記憶を残したいと語る。

ff9_455.jpg
それから月日は流れ…ビビのプロローグでジタンが行方不明になっていることが
分かる。
ビビには子供たちが沢山できている。
つーか、ビビの子供の口が悪いのは誰に似たんだw

ff9_456.jpg
フライヤはフラットレイと寄りを戻している。
フラットレイの記憶は戻っていないみたいだけど、また二人で新しい思い出を
作っていこうと言って。
う~む…この人、せっかく固有の外見があるのだから、もうちょい活躍してくれても良かったよね。
思い返せばDisc2以降全く出て来なかった。

サラマンダーはラニと共に旅をしていて、クイナはアレクサンドリアのチッキンで働いている。
エーコはシド夫婦に引き取られて、最近「お父さん」「お母さん」と呼べるようになった。

スタイナーはベアトリスと結ばれ、二人でアレクサンドリアとガーネット王女(ダガー)を
守っていこうと誓い合う。
この二人、エンディングで良い味だしすぎだろー。

ff9_459.jpg
ビビは…寿命が来て止まってしまったんだよな。
「皆とめぐり逢えて嬉しかった…もっと一緒に冒険したかった…
だけど、別れるときは…必ずくるんだよね。
みんな…ありがとう…さようなら…」と。
仲間たちが幸せになって良かったというのと、そこにビビがいないのが寂しくて寂しくて…
FF9のエンディングは泣けるんだ…。

ff9_478.jpg
アレクサンドリアでは再びタンタラスたちによって、「君の小鳥になりたい」が
上映されている。
ラストシーンで主役のマーカスを演じていた人がマントを脱ぎ棄てると

ff9_460.jpg
ジタンが帰ってきていた。
それを見たダガーは城を飛び出す。

ff9_461.jpg
途中で国宝のペンダントを落としてしまうが、それは拾いに戻らず
ジタンの元へと走っていく。
自分からティアラも投げ捨てているしねw
ここは王女ガーネットとしてではなく、仲間のダガーとして会いにいっていると
いうことなんだろうな。

ff9_463.jpg

ff9_464.jpg
二人は無事再開。仲間たちも祝福をしてくれてハッピーエンド。
やっぱりFF9はエンディング良いよ。
9好きだけど、続編はいらないなぁと思う理由としては、エンディングが
これだけ綺麗にまとまっているからなんだろうな…。
あとビビがいないという世界を見たくない(苦笑)

ff9_466.jpg
全クリした特典としてムービーギャラリーが解放されました。

ff9_467.jpg
そうそう、クリア後に出来たブラックジャックですが、「The End」の画面で
コマンド入力ではなく、タイトル画面にあるスペードマークを押すといつでも
遊べるという仕様に切り替わっていた。
これ、PS版知らない人からすると「何でここにブラックジャック?」ってなると思うw

ストーリーはこれで終わりですが、あと1回だけ続きます。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: