【PC】FF9:プレイ日記19 Disc3終了まで

ff9_365.jpg
FF9のプレイ日記19回目です。
ガーラントに捕らえられて、洗脳をかけられたジタンは自分が何者なのかも
分からない状態になる。
テラに来てから様子がおかしいことに気が付いていた仲間たちが
ジタンを追いかけてパンデモニウムまでやってくる。

しかしジェノムはガイアの民の敵ということを知ってしまったジタンは、
仲間を巻き込みたくないと考え、冷たくあしらうだった

ff9_367.jpg
それでも続々と仲間たちが現れて、ジタンを助けてくれる。
熱い展開だ…。

ff9_374.jpg
最後にダガーが現れて、「それがあなたの答えなの?また自分だけで解決しようと
するのね」と言う。
ここのね、ダガーさんスッゴイ良いんだ。

「皆を巻き込みたくないんだ…。テラはガイアの敵で、ひとつ間違えばオレがアレクサンドリアを
破壊していたかもしれないんだぞ…」と言うジタンに対して、
「…ジタンは分かってない。
 ジタンが私たちを見ていたように、私たちもジタンを見ていた!
 ジタンが私たちを信じてくれてたように、私たちもジタンを信じていた!!
 ジタンが私たちを守ってくれたように……守ってあげたいの……ジタンを……」と
ダガーが返す。

ダガーさん、この性格がもっと早くから出てきていたら
もっと人気出たような気がする。
髪が長い時は、王道ヒロインという感じで個性が弱いからね…。

ジタンの明るい性格や精神的に大人びている面から、みんなを励ましたり守ったりするシーンが多く、
何か問題が起ったときは、仲間を安全な所に待機させて、一人で解決しようとする傾向が
あったんですよね。(周回プレイしてみると分かりやすい)
そんなジタンや他の仲間たちの行動を見て、成長してきた仲間たち…。

仲間たちを支えていることが多かったジタンが、大きな問題に直面して
自暴自棄になっているところを、今度は成長した仲間たちが「支えてあげたい」
「守りたい」と思って駆けつけてくれる。

ff9_377.jpg
ジタンはもっと仲間を信頼して、頼っていいんだと気が付く。
ここで皆に謝り、力を貸して欲しいと言えたことが、彼の大きな成長ポイントですよね。

やっぱりこのイベントは何回見ても良い!さすがFF9の名イベント!!
BGM「独りじゃない」も素晴らしすぎてさ、音楽聞いただけで鳥肌ものさ。
ここのイベントは是非自分でプレイして見て欲しい。
仲間たちの成長していく姿を見ているプレイヤーからしたら感動ものですぞ。
セーブ別に分けておいて、いつでも見れるようにしておこうw

仲間たちと無事合流したジタンは、みんなの力を借りてガーラントやテラを止めるために
進んでいく。
パンデモニウムの中はダンジョンとしては短いけど、複雑なんだよなぁ。
ウイルスやゾンビ状態にしてくる敵も多いため、状態以上を治す回復アイテムは
少し多めに用意しておいた方が良い。

ff9_381.jpg
最深部まで進むとガーラントが待ち受けてる。
仲間たちのおかげで色々と吹っ切れたジタンは、ガーラントに戦いを挑む。
ここはボス戦3連戦なんだよね…まぁ、アビリティやレベル上げなどして
しっかり育てていれば、大丈夫ですがぁ。

ff9_382.jpg
初戦の相手は銀竜。
全体攻撃を仕掛けてくることが多い。
いつでもリジェネとヘイストをつけていれば、自動回復で事足りますが。

ff9_384.jpg
2戦目はガーラント。
ストップを使ってくるので、全員に「止まらずの術」をセットさせておくこと。
攻撃力が高い魔法を使ってくることがあるけど、単体攻撃ばかりなので
回復魔法が使えるキャラは常に待機させておいて、ピンチになったら
即回復できるようにしておくと良いですぞ。

ff9_387.jpg
と、ガーラントと戦っている間にクジャがインビンシブルに侵入している。
ガーラントを倒すとクジャが、テラとガーラントに盾突くなら退治してあげようと
明らかに不自然なことを言って襲い掛かってくる。
クジャは行動も早く、攻撃力も高いので要注意。
回復がキツイ場合は回復魔法を唱えることができるメンバーを2人入れて
挑むと良いかもしれない。
あ、ここのクジャからは「光のローブ」が盗めるので、ここ掘れチョコボをやっていない場合は
盗むことをオススメします。
低確率だけど、やっぱり「消費MP半減」は大きい。

つーか、「いつでもリジェネ」使うと白魔法がほぼ不要になるのだが…。
念のためにエーコ連れて来ているけど、やることがなくて防御しかしてないw
ボス戦があまりにも温いので、「いつでもリジェネ」封印した方が面白い気がしてきた(苦笑)

ff9_388.jpg
クジャに一定のダメージを与えると、トランス状態になり、アルテマをぶっ放してくる。
FF9は1つのDiscにつき、1回は負けイベント入れてくるよね(笑)

マダイン・サリ、イーファの樹、アレクサンドリアなどで散った魂が
インビンシブルに集まっており、それを使ってトランスに入ったクジャ。
これだけ多くの魂を使って手に入れたトランスの力は、クジャが長年恐れていた
ガーラントの力さえも軽く超えていた。

ff9_390.jpg
クジャは弱っていたガーラントを突き落とし殺した。
ジタンたちに手をかけようとした瞬間、ガーラントから寿命の話を聞かされる。
いくら強大な力を手に入れようと、お前の魂はもうすぐ終わる。
お前は世界に何の影響も与えることなく消え去るのだと。

ff9_391.jpg
もうすぐ死ぬと理解したクジャは突然大笑いし出す。
今まで黒魔導士たちのことを「造り物の命」とあざけ笑ってきていたのに、
同じ運命をたどることになるのだもんな。
なんという皮肉…この辺のクジャは敵ながらも痛々しい。

ff9_392.jpg

ff9_393.jpg
完全にキレたクジャは暴走して、テラを滅ぼそうとあたり一面を
火の海に変えてしまう。

ff9_394.jpg
ジタンとダガーはジェノムを避難させる為に、ブラン・バルへ。
他の仲間たちはインビンシブルを奪い、出発の準備をして待つことに。
この時、ジタンがダガーに対して、励ましに…助けに来てくれて
ありがとうと伝える。
なんだ…このニヤニヤイベントは。早く結婚しちまえ!(既に1度しているけど)

ff9_395.jpg
ブラン・バルに着くと二手に分かれて、避難するようにジェノムたちを説得する。
ここでミコトがクジャやジタンたちの代わりとして造られた、魂と力を与えられたジェノムだと
判明する。
(クジャとジタンが兄弟なら、ミコトは2人の妹ということになる)

ガーラントやテラが無くなる今、生き残ってどうするの?というミコトに対して
「新たな地で自分が何のために生を受け、生きるのか探していけば良い…」と答える。
この辺になるといつも通りのジタンに戻っている。
何だかんだで悩んでいる時間が短いのも良かった。
ジタンが長いこと悩んでしまうとパーティが暗くなってしまうからね。

ff9_397.jpg

ff9_396.jpg
ジェノムたちをインビンシブルに乗せて、何とかテラを脱出。
無事ガイアに戻って来れて、一安心…と行きたいところだったが
ガイアは世界中に"霧"が発生していて、モンスターがより凶悪になっていた。

ここでDisc3は終了。
テラ編は話を詰め込みすぎている感があるけど、良いイベントが多くて面白かった!
残すところはいくつかのイベントとラストダンジョンのみ。
あと2~3回で終わるかなぁ?
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: