【PC】FF9:プレイ日記11 Disc2終了まで

FF9のプレイ日記11回目です。

前回イーファの樹をクリアしましたが、ここでジタンがようやくアビリティアップを
覚えてくれた。
他のキャラはとっくに覚えているのにジタンだけがなかなか覚えてくれなくて
アイテム取逃したかな~?と心配していたところだったから安心したよ(´∀`)ノ
これで全員分のアビリティアップが揃ったから、ガンガン覚えさせていける。

ff9_183.jpg
さてさて、イーファの樹から脱出した後、マダイン・サリのモーグリから村の宝が盗まれた!と
知らせが入る。
宝というのは、亡くなったエーコのおじいさんが「自分たちが生きている証」として、
とても大切にしていた宝珠。

ff9_184.jpg
エーコは一人召喚壁にお祈りに行くが、ラニに捕まって人質にとられてしまう。
ダガーのペンダントを追ってここまで来たところ、ブラネが探していた宝珠に似た物が
村にあった為、手土産として持って帰るつもりだった。

ff9_185.jpg
エーコを助けたければ、ダガーの持っているペンダントを渡せと
要求されるが、そこにラニの相棒のサラマンダーが乱入してくる。
汚いやり方が嫌いなサラマンダーは人質をとるようなやり方が気に入らなかったようですw
サラマンダーは仲間の一人なのですが…まぁ、何と言うかストーリーにあまり絡んでこないから
存在がちょっと薄いよね。
登場時からジタンにエラく執着しているけど、その辺のエピソードも弱いしね。
リメイク…するようなことがあったら、サラマンダーさんをもう少し活躍させて欲しいです(笑)

ff9_187.jpg
邪魔者がいなくなったことでサラマンダーはサシで勝負を挑んでくる。
戦闘中に色々と移動する変わったタイプの戦い方をしてきます。
正面に立ったときにしか攻撃は当たらないので、注意。

サラマンダーが壁際に立つとのシュールなんだよなw
ちゃんと戦う気がないなら帰れww
正面にいなくても「盗む」は出来るので、待っている間は盗むをして待っているのが良い。
サラマンダーの武器が手に入るよ。

ff9_189.jpg

ff9_190.jpg
マダイン・サリの宝玉も無事取り戻すことが出来て、一安心。
エーコの家で休んでいると、ダガーの歌声が聞こえてくる。
二人で小舟を使って海に出てみると、夕日に染まった召喚壁が見えた。
それを見た途端ダガーは気を失ってしまう。

実はダガーは6才より以前の記憶がなかった。
本人も覚えていないだけと思って気にしていなかったようだが、夕日を受けて
燃えているように見える召喚壁を見て、全てを思い出したと。
6才より前はマダイン・サリで暮らしていた。
ところがある日、かなり大きな竜巻がこの村を襲い、母親と一緒に村を脱出。
そしてアレクサンドリアに流れついたのだった。
ダガーの母親はそのまま亡くなったが、ダガーはブラネ夫婦に引き取られ
実の娘として育てられた。

※後から出てきますが、ダガーに召喚獣と交信するための角がないのは
 ブラネが切り落としたためです。
 今思うと結構酷いことしている気がするw

その話を聞いてエーコは一人じゃなかった!と大喜びする。
ここの「おかえりなさい!」が可愛いんじゃ~(*´ω`*)
エーコはおじいさんから16才になるまで村から出るなと言われていたが、
一目惚れしたジタンや村の仲間のダガーと一緒に旅をしたいと思い、
旅立つことを決意する。

ff9_191.jpg
サラマンダーもジタンの生き方に興味がある…ということで
一緒に付いてくることに。
うん…何だろう…この辺のイベントって違和感があるw
ジタンは一応盗賊団だから裏の世界の住人というのは分かるのだけど、
サラマンダーさんが言うような「勝者は生者、敗者は死者」みたいな世界で生きてきたのか?と
言われると謎だよね。
タンタラスってそこまでどっぷり裏の世界の住人というような感じには見えないのだが…

ff9_194.jpg
さてさて、クジャを追って再びイーファの樹に戻ってきました。
しばらく待っているとクジャが銀の龍に乗って、ご機嫌に登場。
今日はクジャにとって「自分が望む自分」が手に入るという喜ばしい日。
クジャはとにかく力が欲しかった。力のない者は力がある者によって自由を奪われる。
生き残る者が強者であるのは自然の摂理…「奴」ですら恐れる力が。
それを手に入れる為に、10年間準備を行ってきた。

ff9_195.jpg
クジャを追ってブラネもイーファの樹にやってくる。
ブラネはクジャすらを殺して、世界を自分の物にしようと目論んでいた。
ブラネとクジャは戦いを始めるが、もともとクジャが用意した武器を使っての戦いでは
ブラネが不利だった。

ダガーは母親を助けるために、イーファの樹に封印されている召喚獣の力を
借りようと一人走り出して行ってしまう。
ここは何度か強制戦闘がありますが、ダガーはパーティに入れられません。
っても白魔法が使えるエーコがいるので問題はないのですがぁ。

ff9_197_20160622194145c2b.jpg
ダガーは召喚獣の力を借りることに成功するが、ここに封印されていたのは
リヴァイアサンだった…これを召喚してしまうと、海の上にいるブラネも危険なので
呼び出すことが出来ない。

ff9_198.jpg
そうこうしている内に、ブラネは最強の召喚獣バハムートを召喚する。
戦局は一気にブラネが有利になったと思ったが…

ff9_199.jpg

ff9_200.jpg
クジャがインビシブルを呼び出し、バハムートを奪い取ってしまう。
召喚したはずのブラネの方がバハムートから攻撃を受けて、大敗。
ブラネはダガーに看取られつつ、息を引き取るのだった。

久しぶりにFF9やり直して思ったのですが、イベントCGが召喚獣関係の物が多いから
ブラネがCGに出てくる回数がやたらと多かった…。
多分主人公のジタンより多いぞ…誰得だよ(´・_・`)
ここから先は出てくることはなくなるけどさ。
もうちょい仲間たちが活躍するCGが欲しいなぁ。

ff9_203.jpg
皆はブラネの脱出艇でアレクサンドリアに帰ることになった。
ダガーは王位を引き継ぎ、王女としてアレクサンドリアを守っていくことを決意。

ff9_202.jpg
今まで行方不明扱いになっていて、散々皆に心配されていたのに、
サラッと出てくるスタイナーとベアトリスw
おっさん、お願いですからいい加減パーティに戻って来てください。
かなり長いことパーティから外れているから、他のキャラと比べて
レベルとアビリティがかなり遅れていますぞ。

ff9_204.jpg
Disc2はここで終了なのですが、次の記事とのバランスの関係で
もうちっとだけ先に進めておきますかね。
アレクサンドリアでは王位継承のお祭りが開催されていた。
皆がお祭りムードの中、ジタンは浮かない顔をしている。
と、言うのもダガーに会えないからなのですが…タンタラスの仲間が言うには
ジタンがここまで本気で人を好きになったのは初めてらしいですよ。
いや~久しぶりにタンタラスメンバー見たけど、やっぱ皆がお互いのことを
理解している仲間って感じが良いわ。
タンタラスメンバーでショートストーリーがあったら嬉しかったな。

ff9_206.jpg
一方ダガーの方もジタンに会って話がしたいと何度もお願いをしているが
聞き入れて貰えない。

ff9_208.jpg
エーコはジタンにアタックするチャンスと考えて、トット先生に協力して貰いつつ
ラブレターを書いていた。
渡しに行こうと走り出したときにバグーとぶつかり、高い所に引っ掛かってしまい
降りられなくなってしまう。
代わりにバグーにジタン宛ての手紙を渡して欲しいと託すのだが…

ff9_210.jpg
スタイナーと話している内にサラッと手紙を落としてしまうバグー…
さてさて、エーコの想いが詰まったラブレターはジタンの元に届くのだろうかww

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: