スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】スタンド・バイ・ミー:感想

  • 2016/02/07 01:39
  • Category: 映画
スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-01-26)
売り上げランキング: 35,753

映画「スタンド・バイ・ミー」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■ あらすじ
作家のゴーディは、少年時代の親友クリスが刺殺されたことを知る。
この訃報を知り、彼らが12才のときにした"冒険"を思い出す。

ゴーディはオレゴン州キャッスルロックの田舎町に暮らしていた。
友人のクリス、テディ、バーンとは特にウマが合い、いつも一緒に遊んでいた。

そんなある日、ブラワーという少年が行方不明という事件が起こる。
バーンは兄と不良グループの友人とが「死体を見た」と話しているところを
盗み聞きする。
死体の場所を知った4人は「死体を見つければ俺達は有名になる」と考え、
死体探しの旅に出かけるのだった…。


■感想
色々と映画は観てきていますが、個人的にはお気に入り映画トップ3に入るくらい
大好きな映画です。
子供の時から何度も観ているので、もう何回観たのか分からないくらい
繰り返し観てますが、毎回良い映画だなと思います。

映画の内容としては"死体探しの旅"。
旅と言っても子供たちが1泊2日でするものなので、
車で行くと数時間で行って帰って来れるような距離。

でも、大人には内緒で自分たち(子供たち)だけで計画を立てて
初めて町の外に出る…子供たちからしたら、ちょっとした冒険気分になるというのは
誰しも経験があるのではないでしょうか?

自分が子供の時は4人と同じ視点で観ていたので、一緒にわくわくハラハラして
冒険を楽しんでいました。
この時はこの時で勿論面白い映画だなと思っていましたが、冒険もののイメージが
強く残っていた。

その後、大人になってから再度観なおしてみたら、この映画の本当の素晴らしさに
気が付きました。
1人1人が抱えている悩みや苦しみ、クリスの言葉の意味、死体探しの冒険を通じて
彼らが大きく成長したことが分かるようになった。
また、これだけ仲が良かった4人が成長すると共に段々と疎遠になっていくと
いうリアルさも切ない気持ちにさせられる。

映画の最後で主人公が「12歳の頃のような友達を二度と持つことはない」と
述べていますが、この言葉の意味が理解できるようになり
「ああ…自分も大人になったんだな」と実感して、嬉しいような寂しいような
気持ちになりました。
大人になってから出来た友人も勿論大切な存在ですが、子供のときの友人とは違う。
4人の友情に懐かしさや羨ましさ、切なさといった色々な感情がこみ上げてくる。

主題歌の「スタンド・バイ・ミー」も素晴らしいです。
曲自体も良いですが、使い方も反則だろと言いたくなるくらい良いタイミングで
入るので、主題歌が凄く心に響く。

出来ることなら彼らと同じくらいの年頃で1度観て、大人になってから再び観直すことで
自分の成長や変化を楽しんで貰いたい。
人生の中で2度楽しむことが出来る素晴らしい映画です。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。