【映画】鑑定士と顔のない依頼人:感想

  • 2015/12/01 00:25
  • Category: 映画
鑑定士と顔のない依頼人 スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2016-03-02)
売り上げランキング: 910

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の感想になります。
この映画ですが、ネタバレを先に見ると面白さが減りますので
未見の方はご注意ください。
感想を書く上でネタバレなしは難しいので、ここから先は普通に
ネタバレします。



■ あらすじ
美術鑑定士ヴァージル・オールドマンは素晴らしい審美眼を持っており
大成功を収めていた。
しかし女性が大の苦手で、自宅に隠し部屋を造り、中に大量の女性の
肖像画を飾って囲まれることで己の欲を満たすという変わった性癖を持っていた。
ヴァージルは安く女性の肖像画を手に入れる為に、友人のビリーと共謀して
自分が開催するオークションで格安で落札させていた。

ある日、ヴァージルの元に資産家の娘クレアから電話が入る。
両親が死去したので、残された美術品を競売にかけたいということだった。
まずは鑑定を行うために、クレアの屋敷に行くが使用人が代理で立会、
依頼主のクレアは姿を現さなかった。
契約を行うためにも本人が出てこないと話が進まないと説得をするが
一向に姿を見せないクレアにヴァージルは不信感を抱き、彼女の身辺を探ると…。


■感想
何の前情報もなしに観ました。
いや~タイトルからしてミステリーだと思ったら、おじいちゃん鑑定士と
若くて美しい依頼人との恋愛映画でしたよ。
そりゃ、何度ミステリーコーナーを捜しても見つからないわけだ(笑)

で、いきなりネタバレしますが、この映画には実はどんでん返しがあるのですよ。
ヴァージルは女性が大の苦手ということもあって、この年まで一度も
恋人がいたことがなかったのですが、クレアに対してひたむきな想いを
送ることで二人は上手くいった…と思いきや、実は全てビリーが仕組んだことで
ヴァージルを破滅させる為の作戦だった。

クレアはもちろんのこと、ヴァージルの話を親身になって聞いてくれた友人も含めて
全て共犯者で、彼が所持していた女性の肖像画を盗んで姿を消した。
今まで孤独の中で生きてきた彼にとって、やっと信頼が出来る人たちだと思えたのに…。
そういう終わり方をするので、鑑賞後の後味は最悪です。

ただね…最近この手の映画を観すぎていたせいか、この結末に中盤で
気が付いてしまいました。
主役二人に色々と設定を盛りすぎ。
クレアの行動や態度が不自然すぎ。
ヴァージルも激昂していた割に、何故簡単に許すのか…
全体的に違和感がありすぎてなぁ。もっと自然に上手く騙して欲しかった。

あとビリーがこんなことを仕掛けた動機が腹立つ。
確かにヴァージルに「画家として才能ないね」と言われたから腹が立ったというのは分かる。
でもそこで踏んばらずに、画家の道を諦める選択をしたのはビリーなんだよね?
特殊な技術で食べていくとなるとこんなこと言われるし、ずっと悩み続けるもんだよ?
お前の言葉がなければ~みたいなこと言ってますが、それで諦めるって…
割と逆恨みに近いと思った。
ヴァージルにも問題はあるけど、破滅まで追い込むほどのことではない。

そういう経緯もあって、観終わったあと腹立たしい気持ちになったというか
モヤモヤしたというか…。
うん。この映画が好きな人には申し訳ないですが、個人的には胸糞すぎて
受け入れられない…(´・ω・`)
ヴァージルが良い方向に歩き出したのに、一気に地獄に叩き落としすぎ。
「マッチスティック・メン」で『詐欺で全てを失った主人公が自殺していたら、
この映画のことが心底嫌いになっていた』と書きましたが、
「鑑定士と顔のない依頼人」はまさにそのタイプでした(笑)
自殺はしてないけど、廃人化してしまったし…。

でもラストシーンは少し好きです。
精神病院のシーンとその他のシーンが交互に入るので、時系列が分からなかったのですが
クレアがまた行きたいと言っていた飲食店で、ヴァージルが一人食事をしながら
ひたすらクレアを待ち続けるシーン。
クレアが自分を裏切ったことが信じられず、待ち続けている姿が哀しい…。

後味が悪いエンディングが好きな方にはオススメですが、それ以外の方は
観終わったあとに嫌~な気持ちになるので、ご注意ください。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: