【PS Vita】夜廻 プレイ日記02:感想

夜廻
夜廻
posted with amazlet at 15.11.20
日本一ソフトウェア (2015-10-29)
売り上げランキング: 296

夜廻のプレイ日記2回目です。
短いゲームと聞いていたので、全クリしてから記事を書こうかなと
考えていたのですが…全クリしてません。
第6章のボスが上手くかわせないんだ(´・ω・`)
覚えゲーなので、繰り返しやればいつかは突破できるとは思うものの
セーブポイントの不便さと合わさって、頑張る気力が湧かなくて…すまぬ。
とりあえず進めた所までで感想を書こうかな。

ymwr_022.jpg
町の中を探索していたら、ちょっと髪が危険な状態に入りつつある
サラリーマンがいました。
話しかけたりできなかったんだけど、なんだったのだろうか?

ymwr_026.jpg
そうそう、このゲームただ薄暗い町の中を探索するだけではなく、
ボスもいるんですよ。
峠で行方不明になった女性が追いかけ回してきたり、

ymwr_030.jpg
巨大なムカデに襲われたり。
ボス戦と言っても攻撃手段を持たない主人公では戦うことは出来ないので、
敵の攻撃を上手く回避しつつ、ボスの怒りを鎮める行動をするという感じです。
ムカデはボス本人よりも現実世界にいる白いオバケの方が厄介だった。
白いおばけの方が主人公よりも足が速いんだ。
主人公は一応ダッシュが出来るのですが、走るとスタミナが減っていき、
段々遅くなっていく。
しかもダッシュできる距離が短い。
つまり見つかった時点でほぼ死亡確定なんですわ( ;´Д`)
見つかった後の回避方法?そんなものないよ。

ymwr_032.jpg
で、問題の6章ですが、多分多くのプレイヤーが苦戦するだろうという
ボスとの追いかけっこ。
やっぱりボスの方が足が速く、さらに周りに黒い影のオバケがうじゃうじゃいる。
何回死んだかも分からないくらいさ。

覚えゲーなので、主人公があっさり死ぬのは良いのですが、
セーブや中間ポイントの位置が良くない。
「LIMBO」とか「ピンチ50連発!!」も死んで覚えるゲーでしたが、
細かくセーブポイントがあって、すぐにリトライが出来る仕様だったから
繰り返しやってもストレスはなかった。
でも、このゲームは違う。
中間ポイントが少ない為に、死にポイントまで自分で戻らないといけない。
そしてまた殺される→中間ポイントからリトライ→戻るが再び殺される→リトライ…
数回程度なら良いけど、何度も何度もやっていると流石に戻るための
移動が煩わしくなってくる。

それでいて、きちんとセーブが出来るポイントは自宅の部屋のみ。
中間ポイントは仮セーブなので、ゲームをリセットすると消えます。
分かりやすくいうと1つの章が終わらないと、きちんとセーブが出来ない。
(一応章の途中でも自宅に戻ることが出来ますが、中間ポイントが消えます)
この仕様のせいである程度時間がとれるタイミングで
プレイしないと、戻し作業をしなければならなくなる。
何だか戻し作業ばかりしているような気分になり、段々とウンザリしてくる。

一度とったアイテムは保持した状態になっているし、お地蔵さん同士なら
ワープ出来るので、その他のシステム面は親切ではあるのだけどな。
セーブ面が不親切なだけで、凄くストレスを感じる…(´・c_・`)

あと、ホラーゲームという認識でしましたが、正直言いますと
まったく怖くないです。
なんと言うか…フリーのホラーゲームみたいな演出なんですよ。
フリーゲームの演出がダメと言いたいのではなく、フルプライス(6,000円)で
販売しているのに、中身がフリーゲームっぽいのはどうなのよ?と
思ったわけでして…。
いくら雰囲気が良くても、これじゃあ値段と釣り合わない。

攻略サイトを見たら、全7章と書いてあるし、2周目の特典もなし。
今の基準でいうなら結構高めに値段設定がされていると思います。
日本一さんには申し訳ないとは思うけど、2,000円くらいが妥当なところじゃないかな?
2,000円だったら買いかなぁ。覚えゲーが嫌いでなければ。

まぁ、期待値がかなり高かったので、ガッカリしたという感じですが、
最初から雰囲気ゲームなんだと分かって始めていたら、普通に遊べます。
ただホラーゲームとしても、覚えゲーとしても中途半端な仕上がり。
どちらかに寄せて制作すれば、良くなりそうなのに惜しいゲームだと思いました。

ymwr_028.jpg
エンディングは迎えていませんが、OPでトラックにひかれたポロを
きちんと埋葬出来たので、割と満足しました(´ω`)
お姉ちゃんは…また気が向いたら探しますぞ。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: