【映画】スティング:感想

  • 2015/11/07 00:16
  • Category: 映画
スティング [Blu-ray]
スティング [Blu-ray]
posted with amazlet at 15.11.06
ジェネオン・ユニバーサル (2013-02-20)
売り上げランキング: 2,371

映画「スティング」の感想になります。
先にオチを知ってしまうと、面白さが薄れてしまうので
今回はネタバレなしです。

■ あらすじ
1936年、詐欺師のフッカーは相棒兼、師匠のルーサーと協力してある男から
大金を奪い取る。
二人は取り分として、それぞれ3,000万ドルを手に入れるが、
そのお金は違法賭博の売り上げ金で、大物ギャングのドイル・ロネガンのものだった。
当然このことはロネガンの耳に入り、二人は怒りを買ってしまう。
ルーサーはロネガンの部下に殺害される。
フッカーはルーサーから紹介された古い友人の大物詐欺師ヘンリー・ゴンドーフの
元を尋ね、ルーサーの復讐をしたいと話すのだった。

■感想
やっと…やっと自分が求めていた詐欺師映画に出会えました!
詐欺師主役の映画で、こういうのが観たかったんだよ!!

まずストーリーをざっと説明すると、詐欺師たちが強力して
大物ギャングから大金を奪うというプロジェクトを企てます。
作戦は映画の放映時間2時間をほぼ丸々使って実行されていくというビッグプロジェクト。

作戦の内容はヘンリーやフッカーから説明がされるので
彼らの仲間になった感覚になります。
一緒になってロネガンを騙しているような気持ちになり、
作戦が上手いこと進んでいくと一緒にニヤニヤ(笑)

ところが映画の終盤で観客でさえも知らない作戦が動いており、
いつの間にか騙される側になっています。
ええ…見事に騙されましたとも。
映画のストーリーが最初から1本に絞られていて、シンプルな分
油断をしていたので「ええぇ!?」という驚きが凄かったですw
でもこの騙され方はスッキリして、気持ちが良い(´ω`)
面白かったー。

この映画を観て思ったのですが、詐欺師を題材にした映画は作戦の内容の説得力は
もちろん必須ですが、騙される役も重要なんですねぇ…。
大物ギャングで、自分でも詐欺行為を行うロネガンだから、
詐欺の被害にあっても「あ~あ」って感じですが、
これが善人のおじいさんとかだったら胸糞なんだろうな。
ロネガンも騙されたと気がついたら、激怒したり何とかお金を取り戻そうとしたり、
普通の人間くさいのも良い。
正直、途中から「ロネガン、気がついてー!?」と主人公たちをそっちのけで、
ギャング側を応援してました(笑)
うん、この映画で一番好きなのはロネガンだな。

先にオチを知ってしまうと、面白さが薄れてしまうので、
今回はネタバレなしで書きましたので、感想が分かりにくいですな…。
面白い映画ですので、未見の方は是非観てください。

映画を観る前の注意点としてはwikiや前情報は見ない方が良いです。
wikiなんてオチまで事細かく書いてありましたが、先にネタバレを
知ってしまうのは非常に勿体ないです(`ロ´;)

今から40年以上前の映画なので、古い所もありますが
演出として見ればカッコイイし、ストーリーも良いから、
古さもそこまで気になりません。
スッキリとした映画観たい人にはオススメです。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: