【PC】アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版:プレイ日記05

アパシー 学校であった怖い話1995~Visual Novel Version~新装版
七転び八転がり
売り上げランキング: 2,561


アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版のプレイ日記5回目です。
6人目の語り手は細田。これで最後か。
細田の話はネタバレなしというのが難しいので、ありで書かせて貰います。
先にオチを知ったからといって、面白さが変わる話でもないでもないのですが
厭な人はご注意ください。

apgdkvnv_079.jpg
それにしてもアパシー版はみんな美化して描かれているのに、細田だけ…
いや、細田が美化されるのも違う気がするけど、実写版の愛嬌のある雰囲気は
残して欲しかったな。

とりあえず話出すが、デブネタやら友達になろうやらで
全く話が進まない!
良いから早くトイレの話をしようぜ!!

この学校のトイレには霊がいますが、それとは違った奇妙な雰囲気の
トイレが一カ所あるという。
決して誰も使うことはないが、細田はそのトイレがとても気に入っており
休み時間の度に行っていたという。

apgdkvnv_083.jpg
細田はクラスメイトの吉川と星野にいじめられていた。
右の人って新堂さんに見え…すみません、冗談ですから拳を引っ込めてください。

この日は二人から1日トイレに行くなと命令されていた。
トイレに行きたくて行きたくて堪らないのに、2人の内どちらかは必ず細田を見張っていた。
それでも何とか午前中は耐えたものの、5時限目に皆の前で漏らしてしまう。
これはトラウマになるぞ(´;ω;`)

apgdkvnv_084.jpg
教室を飛び出し、いつものトイレに逃げ込む細田。
恥ずかしさと悔しさで個室で延々と泣き続ける。

どのくらい時間がたったのか分からないけれど、誰かが個室の外から
心配そうに声をかけてくれていることに気が付く。
優しい声に誘われて外に出てみると、心配そうにしていた担任が立っていた。
よくよく見ると汚れていたズボンも綺麗になっていた。

不思議に思いながらも教室に戻ってみると、皆は心配そうに
細田に声をかけてきた。
いじめっ子の吉川や星野さえも態度が一変していた。

apgdkvnv_087.jpg
翌日、学校に行ってみると皆が親しげに声をかけてくる。
それだけではなく、尊敬のまなざしも多い。
皆の話を聞いていくと細田は「勉強が出来て、皆の人気者。
クラスの中心人物」ということになっていた。
さらに誰も細田の屈辱的な出来事は知らず、ただ気分が悪くなって
授業を抜け出しただけだと思っていた。

昨日までのことが嘘のように、皆が細田に優しい。
細田はとても幸せで、楽しい学校生活が送れるようになったため、
例のトイレに行くこともなくなった。
トイレに熱い思いを寄せていない細田なんて…信じられん(゚д゚)

apgdkvnv_092.jpg
ところが幸せな時間は長くは続かなかった。
細田は本番に弱く、いつもクラスでビリの成績だった。
しかし今は環境が良い為、自分的には良く出来て、"中"の成績がとれた。
細田は喜んだが、周りの反応は違った。
細田は勉強もスポーツも出来る人間。
皆に期待され、それに応えられる人間だから、尊敬をされていた。
"中"程度の成績では誰も納得せず、「大丈夫。今回は体調が悪かっただけだよね…?
次があるよ」と心配されてしまう始末。

apgdkvnv_094.jpg
ここで細田は気が付いてしまう。
今、自分がいる世界は元々自分がいた世界ではなく、別の世界…
つまりパラレルワールドに迷い込んでしまったのだと。
細田が気に入っていたトイレが異世界への扉となっており、何かの拍子で
元々こちらの世界にいた細田と入れ替わってしまったのだと。

apgdkvnv_097.jpg
結局細田は皆の期待に応えることが出来ず、段々と人望がなくなり
イジメが始まるようになる。
細田自身は新しい世界に行ってやり直したいと考えて、再び例のトイレに
籠るようになるものの、異世界への扉は開かれない。
それでもきっと今の自分が幸せになれる世界があるはずと信じて
毎日トイレに通うのだった…。
------------------------------------------

怖い話ではなく、不思議な話でした。
細田の気持ちも分かるけど、本人が変わらないと
どんなに都合の良い世界に行っても、状況は変わらないよということ。
でも細田は努力をしたところで、入れ替わったりしたら無駄になるからといって
結局何もしようとしない。
細田が望む幸せな日々はしばらく来そうにないな。

あれ…?普通に良い話しているぞ。
やるじゃないか、細田。

さぁ、これで全員の話を聞き終えました。
7章はどんな話だろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: