【PC】アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版:プレイ日記04

アパシー 学校であった怖い話1995~Visual Novel Version~新装版
七転び八転がり
売り上げランキング: 2,561

アパシー学校であった怖い話1995~VNV~新装版のプレイ日記4回目です。
5人目の語り手は岩下さん。待ってましたぞ!!

apgdkvnv_060.jpg
開幕いきなり「あなた人を裏切ったことはある?」と聞かれる。
岩下さんの意見としては、誰かの期待に答えられなかった、約束を破ったと
いうことも裏切りになるらしい。
条件が厳しすぎませんかねぇ…。

apgdkvnv_061.jpg
今回の岩下さんの話は人を裏切ることを何とも思わない人間の話。
岩下さんのクラスには佐藤くんと本田さんという仲の良い恋人がいた。
付き合いだしたのは半年前くらいだったが、2年生の時から
お互いに意識していたのを岩下さんは気が付いていた。

2人はどちらかというと大人しいタイプの人間で、かといって人に嫌われるタイプでも
ないので、クラスの皆は二人のことを暖かい目で見守っていた。

apgdkvnv_063.jpg
ところが3年生になり、クラス変えで及川さんという女の子が同じクラスになる。
及川さんは他人が大切にしているものを欲しがる悪い癖があった。
佐藤くんと本田さんの仲の良い様子を見ていたら、及川さんはそれが欲しくなった。

及川さんは佐藤くんを奪おうと色々とアプローチをかける。
学校でもべったりな上に、2人のデートの時にも突然姿を現すという質の悪さ。
佐藤くんはそこまで女子にモテるタイプでもなかったので
及川さんのアプローチにテレてしまい、きっぱりと拒絶をすることが出来なかった。
本田さんも不満を自分の中に溜め込むタイプだったので、そんな佐藤くんを見ても
何も言えずにいた。
及川さんがいない時は佐藤くんは、出来るだけ本田さんに傍にいるようにしていたが
2人の関係は段々とギクシャクしていった。
本田さんは佐藤くんの気持ちが及川さんに向かい出しているのに
何となく気が付いていたのかもしれない…。

apgdkvnv_064.jpg
そんなある日、及川さんが佐藤くんに「本田さんのことが嫌いならはっきり言ってあげないと。
本田さんも佐藤くんが困っているのだから、はっきりしてよ」とクラス全員の前で
宣言されてしまう。

apgdkvnv_066.jpg
そして及川さんに言われるがまま、本田さんをふる佐藤くん。
しかもクラス全員の前で…うわぁ…スッゲェ可哀想。
私だったらどんな手段を使ってでも復讐するけどね。という岩下さん。
知ってます、知ってます。あなたを怒らせると殺されますからね(´・ω・)
まぁ、好かれても殺される可能性があるのですが。※殺人クラブ

佐藤くんと及川さんは付き合うことになるが、元々他人の物が欲しかっただけの
及川さんは、自分の物になった途端佐藤くんに冷たくなる。
また及川さん自身ボーイフレンドと呼べる存在は沢山持っており、
あくまでその中の1人として迎え入れただけで、特別な感情なんてものは無かった。
結局佐藤くんはたった数日で及川さんに捨てられてしまうのだった。
ここまでなら、ざまぁとしか言えない話だけどね。

apgdkvnv_069.jpg
ところが、本田さんは再び佐藤くんに接近をし始める。
本田さんはそれだけ佐藤くんのことが真剣だったのだ。
本田さん良い子じゃん(*´ω`*)幸せになって欲しいわぁ。
二人は寄りを戻すことになる。

それを見た及川さんは一度手に入れたものを他の人に盗られるなんてと激しく怒る。
あれだけ冷たくあしらっていた佐藤くんに再びアプローチをかけるが
さすがに学習した佐藤くんは、きっぱりと断るのだった。

apgdkvnv_071.jpg
プライドを傷つけられた及川さん。
放課後1人教室にいた岩下さんは、及川さんに「相談があるの」と話しかけられる。
「私は、当然無視をしたわ」ってサラッというあたり、流石ですw
相手が神妙な顔をして話しかけてきているのに、その返答が無視ってww

一人で勝手に語り出し、「佐藤くんの子供が出来た」と泣き出す及川さん。
「アンタ、複数の男性と関係を持っているくせに何で佐藤くんと分かるのよ。」
と的確な突っ込みを内心入れている岩下さん。
やっぱり岩下さんは面白いわーww

この話は色々な人にしており、佐藤くんは本田さんと岩下さんを除く
クラスの女子全員から攻められた。
佐藤くんも否定できないことをしていたようで、何も言い返せないでいった。

apgdkvnv_072.jpg
その日の夜、佐藤くんは自殺をした。
本田さんは泣くこともなく、ただ俯いているだけだったという。
及川さんやクラスの女子は自分たちのせいでこんなことになった責任から
このことについて誰も話題にすることもなく、いつも通りの日常に戻っていた。

岩下さんは坂上に、この話で悪いのは一体誰だと思う?と尋ねてくる。
二人の関係を邪魔した及川さん?
でも彼女以外の女性に言い寄られたら、結局同じことよね。
じゃあはっきり断らない佐藤くん?
それとも自分の思いをぶつけない本田さん?
学怖だったらここで話が終わりそうですが、もう少しだけ続きます。

apgdkvnv_073.jpg
放課後、岩下さんが1人のんびりとしていると本田さんが話しかけてくる。
岩下さんが今までずっと2人のことを見ていたことに気が付いていたそうだ。
本田さんは鈍感な子だと思っていただけに、岩下さんは驚く。
そして本田さんに興味を持ち始めて、友達になりたいと思う。

本田さんは岩下さんが二人の関係のことに気が付いているのに
周りの人たちのように騒いだりせず、そっと見守ってくれていた。と
思ってお礼を言う。
そんな岩下さんだからこそ、これからやることを見ていて欲しいとお願いされる。
よく分からないけれど、友達になれたのだからといって承諾する岩下さん。

apgdkvnv_075.jpg
本田さんに連れられていった場所は理科室。
入口から死角になっている机の上には、クロロホルムで眠らされた及川さんが
いたのだった…。
----------------------------------------

ここから先はグロ注意です。
岩下さんは精神攻撃が得意だと思ってましたが、今回は肉体攻撃で来ました(笑)
本田さんには普通の幸せを手に入れて欲しかったんだけどなぁ。

話としても面白いのですが、本田さんと岩下さんの間に奇妙な友情が
生まれているのが、さらに良いね。

しかし岩下さんが途中で問いかけてくる「あなたは一体誰が悪いと思う?」というのは
なかなか難しい質問だよなぁ。
誰かが少し勇気を出せていれば、避けられた話だもんな。

正直アパシー版の岩下さんはより美人になったけど、威圧感が足りない…と
思っていましたが、そんなことはなかった。
岩下さんはやっぱりステキですわーヽ(*´∀`*)ノ

後は残すところ細田か。
どんなトイレの話かな~?
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: