スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS】学校であった怖い話S プレイ日記04:周回プレイ中

学校であった怖い話S
学校であった怖い話S
posted with amazlet at 15.09.27
バンプレスト (1996-07-19)
売り上げランキング: 7,435

学校であった怖い話Sのプレイ日記4回目です。
とりあえず1周は自力で全クリしましたので、攻略情報を見つつ、
周回プレイ中です。
あまりネタバレしてしまうと面白くなくなってしまうので、
今回はネタバレなしです。

まずは前回クリア出来なかった「殺人クラブ」にリベンジ。
殺人クラブの話に行くには新堂さんを6人目に選べば良いようです。
第6話でこの学校の図書館には一冊だけ呪われた本があるという話を聞いて
真相を確かめるべく図書館へ。
主人公は指定された本を調べてみる。
新堂さんが「実は本の表紙に触ったヤツが呪われる。
しかしこれから俺が質問することに答えてくれればいい」と言ってくる。

gkdatks_062.jpg
「今まで嘘をついたことがあるか?」「虫は殺したことはあるか?」
「誰かに憎まれていると思うか?」「自分が悪いと思いつつも、ついやってしまったことはあるか?」
「人を傷つけたことは?」「人を殺したことはあるか?」と質問攻めに合う。
質問に答えるとなかなかイイ煽りで返してくれるんだぜw
凄みを利かせた新堂さんの顔とBGMのおかげで幽霊とは別の意味で怖くて、
ここのシーンはお気に入りですわー。

gkdatks_063.jpg
最後に「お前は今までの罪を償うつもりはあるか?」と聞かれる。
これに答えると、突然頭を殴られて気を失う。
意識がなくなる前に7人目が姿を現す。
前回は7人目はいなかったってオチでしたが、今回は違うぞ!

gkdatks_065.jpg
目を覚ますと日野先輩と6人の語り手たちがいた。
今回の集まりは七不思議特集ではなく、主人公に復讐をする為に催された
裁判なんだという。判決は死刑。
主人公は毒入りカプセルを飲まされてしまう。
このカプセルは5時間後には外のカプセルが解けて、毒が体を回るというものだった。

日野先輩に逆らうと毒の効き目が早まる薬を飲まされてしまう。
ここで死んだら相手の思う壺なので、屈辱的な仕打ちには耐える。
持ち時間は最大4時間30分、反抗すると3時間まで減らされてしまう。

gkdatks_066.jpg
助かりたければ学校内に隠したという解毒剤のアンプルを見つけないと
いけないのですが、これがね、なかなか大変。
こんな風に色々な教室を回らないといけないし、
教室についた後も「戸棚」「机」「電話」など調べるところが沢山ある。
時間は主人公が1回行動するたびに3分減っていく。
余裕があるように見えますが、意外とガンガン減っていってしまうので
出来るだけ持ち時間は多くしておいた方が良い。

gkdatks_067.jpg
教室の中を調べていくと武器を手に入れたり、語り手たちに関わるアイテムが
見つかったりします。

gkdatks_068.jpg
もちろん敵とのバトルもあるよ!
岩下さんとのバトルは先ほど手に入れた肖像画がないと勝てない。

gkdatks_071.jpg
岩下さんと戦っていると荒井さんが彫刻刀を持って襲いかかって来るのですが、
主人公が肖像画を盾にしたことで、荒井さんが肖像画を傷つけてしまう。
怒り狂った岩下さんが荒井さんを殺害。
そして肖像画がないなら、生きて行く価値はないといって自害する。ひぇぇ…((((;゚Д゚)))))))

gkdatks_072.jpg
途中で何故皆が主人公を恨んでいるのか分かる「恨みのノート」を見つける。
これの中身が本当にくだらない。
コナンのハンガー事件もビックリのレベルだよww

gkdatks_073.jpg
しかし…殺されかけているから仕方がないのかもしれないけど
主人公の性格が変わってないか?
今までは強い個性もなく、少し怖がりな普通の少年といった感じだったのに
いきなり「ぶっ殺してやる!」とか言い出しているんだが…
大人しい子程キレたら怖いパターンですかね。
この話は全員残忍な性格になっていますが、主人公の変貌っぷりが
一番凄いと思うw

はてさて、主人公はアンプルを見つけることが出来るのか?
語り手たちや日野先輩とどうやって決着を付けるのか…と
人気が高いのも納得の面白さ。

ただ校内は広いので探索が大変。
特定のアイテムを所持した状態でないと勝てない語り手がいる。
さらに章の途中でセーブが出来ないので、死んだらゲームオーバーで章の頭からになる。
という難易度の凶悪なまでに高いシナリオ。
面白いが自力クリアは相当キツイだろうなぁ…。


gkdatks_076.jpg
話は変わりまして、もう1つ。
1話目~6話目までを特定の話の特定のエンディング(語り手たちが1人ずつ消えて行くもの)を
迎えると7話目が隠しシナリオ「仮面をつけた制服の少女」になります。
ここに来るまでの話も、風間先輩を除いて面白い話ばかり(笑)
しかしここに来るまでほぼノーヒントなので、これ見つけた人凄いわ。
今は攻略情報が出回っているから良いけど、自力では見つけるのがほぼ不可能な状態なのが
凄く勿体ない。

gkdatks_077.jpg
6話目で細田から旧校舎が使われていた頃の話で、補習を受けたいた6人の生徒が
行方不明になっているという話を聞く。

gkdatks_078.jpg
細田と真相を確かめに旧校舎のトイレに行くが、細田は天井に吸い込まれて消えてしまう。
これで集まってくれた語り手たちは全員消えてしまった…。
今度は自分の番だと怯える主人公。
すると7人目として仮面をつけた少女が現れる。
質問の内容は今まで語り手たちが話してくれたことをしっかり覚えていれば
難しくはない。

gkdatks_079.jpg

gkdatks_080.jpg
全ての質問に答えると、仮面の少女は細田が話してくれた行方不明になった
6人の生徒の真相を話してくれる。
仮面の少女は6人の生徒たちのせいで自殺に追い込まれた。
その犯人たちの子供が語り手たちで、復讐の為に利用したと…。
この話、語り手たちも少女も可哀想なんだが…(´;ω;`)
仮面の少女は悔しい気持ちも分かる。
でも語り手たちだって悔しいはず。
皆が幸せになるハッピーエンドはないのでしょうか?
そして少女は仮面をとるが…

「殺人クラブ」「仮面の少女」どちらも面白い話なので、是非未プレイの人は
やってみて欲しい。

gkdatks_082.jpg
仮面の少女をグッドエンドで終えると、「隠し01」というエピソードが追加されます。
今回の事件の後日談で、主人公が仮面に付きまとわれて苦しんでいること、
旧校舎の取り壊しが始まったことが分かります。

gkdatks_083.jpg
仮面に付きまとわれて苦しみに耐えられなくなった主人公は、
もう仮面を見るのはうんざりだと言って自分で目を潰そうと
ハサミを取り出す為に、机の引き出しを開ける。
そこには何故か仮面が入っていた…そして仮面をつける主人公。
ここで初めて「完」が出たので、完結ということなんだけど
後味の悪い終わり方じゃないか。

他にも気になる話があるので、もう何周かはしてきますが
記事としてはこれで終わりです。

プレイした感想としてはシナリオによって当たり外れがあるので、このゲームの評価は
人気の高いシナリオを見たかったどうかで変わるかなといった印象。
凄く面白いという人の意見も、つまらなかったという意見もどちらも納得出来る。
要はその人がどの話を聞いたかなんですよね。

周回して語り手たちのことも分かってきて、色々な話を聞いていくと
さらに面白くなるので、周回プレイ推奨ゲームです。
一周は2~4時間程度で終わるので、1周目に面白い話に当たらなかった場合は、
攻略情報を見て人気の高いルートを選んで進めて欲しい。
個人的には未だに根強いファンがいるのが納得の面白さでした!!

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。