スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS】学校であった怖い話S プレイ日記02:6人目まで

学校であった怖い話S
学校であった怖い話S
posted with amazlet at 15.09.21
バンプレスト (1996-07-19)
売り上げランキング: 6,988

学校であった怖い話Sのプレイ日記2回目です。
前回3人の話を聞いたので、残りは3人分の話。
左から順に話を聞いていたので、次は福沢さんの番なんだけど、
この細田君は…話に必ずトイレが絡んでくるんだっけ?
ギャグ担当っぽいんだよな。
後半は怖い話をして欲しいから、細田君から行こうか。

gkdatks_023.jpg
トイレの怖さについて熱く語られた後、彼に付き合ってトイレ・ツアーに行くことに(笑)
細田君は霊感が強く、変なものを見るらしい。
で、主人公にも同じものを感じているらしく、二人で一緒に行動すれば
より力を発揮出来るかも…ということらしい。
前回、岩下さんが霊感あるって言ってたから、岩下さんと行った方が良いのでは?

gkdatks_024.jpg
新校舎のトイレを回る。
何か感じるかい?と聞かれるが…別段普通のトイレだよなぁ。

gkdatks_026.jpg
何も感じないというと、こんな反応される。
主人公に霊感ないんじゃないか?
やっぱり岩下さんの意見を聞いた方が良い気がする。

gkdatks_027.jpg
新校舎二階北側トイレは全体的に暗く、不気味なBGMが流れている。
う~ん…ここのトイレは1人で来るとなると、結構怖いかもな。
ここらで「感じる」を選んでみるか。

gkdatks_028.jpg
主人公が指さすトイレには何と、便器の中から出たり入ったりしている男の霊がいた。
Ohー…死んだあと便器にずっといるっていうのも嫌だな。
素直に成仏したいわ。

幽霊は細田君をじっと見つめている。
すると細田君はトイレだというのに構わずに土下座をして、その幽霊に謝っている。
霊は便器の中から出てきて、もの凄いスピードで細田君の口の中に入っていった。
ええ…(ドン引き)

gkdatks_029.jpg
しばらくのた打ち回っていた細田君は目を覚ますと晴れやかな顔をしていた。
先程の男性の霊と細田君は友達で、彼はトイレで起こった事故で死んでしまった。
1人でこんなところにいるのが寂しくて、細田君と1つになったことで
一緒に生きて行くのさ。という感じで話が終わる。
ま…まぁ、細田君が良いならハッピーエンドなのかな?
二人で末永くお幸せに暮らしてくれ。
そして細田君のせいでトイレの画像ばっかりになったぞ。
どうしてくれるんだ…(´・_・`)

gkdatks_031.jpg
5人目は福沢さん。
水泳部の話で、7つ上のお姉さんのときに起こったことを教えてくれた。
福沢さんのお姉さんも水泳部で、その代には瀬戸さんという
もの凄く泳ぎが早い人がいた。
しかしある日、泳いでいたときに突然心臓麻痺を起こし、亡くなってしまった。
瀬戸さん結構美人さんだよなぁ…色々な意味で惜しい人をなくしてしまったようだ。

gkdatks_032.jpg
瀬戸さんがなくなってから、プールでは変なことが起こるようになる。
この選択肢は話を大きく変えそうだなぁ。
定番だけど、1の誰もいないプールで~にしようかな。

gkdatks_033.jpg
誰もいないプールで誰かが泳いでいる音がする。
気になって見に行ってみると手だけが出ていたという。
誰かが溺れているのかと思って、手を差し伸べてみると、その手は水の中に
消えていってしまうらしい。
水泳部では瀬戸さんが助けを求めているんだということで、何人かの部員たちが手を
差し出してみるがダメ。
誰か特定の人の助けを待っているのではないかということで、まずは水泳部の部員1人ずつ
試してみることになった。

その中の一人、水泳部のホープの林さんが手を差し伸べた瞬間ガッツリと掴み返してきた。
皆が林さんの悲鳴を聞いて、振り返ってみるとそこには…

gkdatks_034.jpg
プールから手を出していたのは瀬戸さんではなく、林さんと同じ顔の女の子だった。
しばらくすると消えたらしいが、福沢さんはそれは林さんの生霊だったのではと考えている。
林さんはその後、いくつもの記録を作っていくが、他の人が記録を出しそうになると
誰かが足を引っ張って上手く泳げなくなっていたという。
特に水泳部は男女別で女の子だけの部活だったし…女子だけの部活なんて
特に色々なことがあるものよ。
と言って話を締めくくる。

なるほどなぁ…霊よりも実際に生きている人間の方が怖いよって話か。
こういう話は好きですわぁ。
やっぱり福沢さん後にして良かったー(´∀`)

gkdatks_036.jpg
最後は荒井さん。
相当危ない話をしようとしているみたいだ。
これは期待。

gkdatks_037.jpg
この学校には呪われた人形がいるらしい。
人間に近い作りをしていて等身大の大きさ、肌は真っ白で、髪は黒く、
とても美しい人形だという。
性別は男性とも女性ともとれぬ中性的な美しさを持っているという。
話がやや曖昧なのはその人形を見た人は死ぬため。

で、この学校では毎年一人、人形の生贄が選ばれるらしい。
しかもちょうど今の時期くらいに。

gkdatks_041.jpg
今回お話するのは去年の生贄、金井君の話。
荒井さんとは同じクラスで仲が良かったらしい。
しかし彼は何かに妙に怯えて、だんだんと奇行が増えていった。

先生も手に負えなくなり、休むように進めるが、彼は頑として学校に登校を続けた。
周りの生徒たちも彼と目を合わすこともなくなり、金井君はどんどんと弱っていき
骸骨のようだったと。
可哀想に…(´・ω・`)

gkdatks_044.jpg
そんなある日、荒井さんは金井君に相談をしたいことがあるから、一緒に帰って欲しいと
言われる。
断れきれずに一緒に帰ることになる。
そして、その帰り道に「自分が今日死ぬこと」「この生贄も来年の犠牲者で
最後になる」ということを打ち明けられる。

荒井さんにはその人の名前を教えるから、きちんと学校にいるかを確認して欲しいということだった。
この話をし終わったあと、金井君は心臓発作で倒れて亡くなった。

gkdatks_045.jpg
その後、荒井さんが名簿を調べると、その人はきちんと学校にいて
さらにはこの七不思議の階段のメンバーの内の誰かだと言う。
そう…だから皆さんに人形の姿が見えないことを祈りますと言って
話を締めくくり、逃げるように立ち去って行く。

だいぶ話は省略していますが…この話はなかなか怖かったです。
金井君の追い込まれていく様子とか。
しかも気になるところで話が終わった。
今年の生贄って誰なんだろうか…やっぱり主人公か?
七話が気になるー!!
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。