スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS】学校であった怖い話S プレイ日記01

学校であった怖い話S
学校であった怖い話S
posted with amazlet at 15.09.21
バンプレスト (1996-07-19)
売り上げランキング: 3,314


gkdatks_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
学校であった怖い話S

サウンドノベルが好きな人の中では、割と有名作品ですな。
一時期はプレミアが付いてお値段が凄いことになっていましたが
DL版が発売されたことで、入手しやすくなりました。

実はかなり前に一度プレイしたことがあるのですが…
殺人クラブというシナリオが難しすぎて、挫折したんですよねぇ。
なので、今回はリベンジも兼ねて再プレイ。
1周目は自由にプレイして、2周目以降は評判の良いシナリオを見ようかなと
考えていますが、ブログで記事にするのは1周目のみになります。

gkdatks_002.jpg
主人公は男の方の坂上修一にしました。
主人公は新聞部所属の1年生。
旧校舎が取り壊されることを記念して、校内新聞で「学校の七不思議特集」が企画された。
先輩が学校内で語り継がれている怖い話を知っている人を集めてくれるということなので
主人公は取材をすることになる。

取材当日、部室に行ってみると7人の語り手が集められていたはずだったが
何故か6人しかいない。
しばらく待ってもくる気配がないので、先に集まった6人から話を聞くことになる。

gkdatks_003.jpg
話は6人の中から選んで、順番に聞くことが出来る。
確か誰が何番目に話したかで話す内容が変わるんだったかな?
結構ボリュームあるよなぁ。

とりあえず左から順番に話を聞いてみよう。
怖い話をお願いします!!

gkdatks_006.jpg
岩下さんの話は主人公と同じクラスの内山君の話。
内山君はいじめられっ子で、最初は軽いイジメだったがどんどんエスカレートしていった。
けれども先生もクラスメイトも誰も彼を助けてくれることはなかった。

彼はどうしてそんな酷いことを皆がするのか?と考えた結果
悪霊が憑りついているからだと考えるようになった。
勿論、そのことを周囲の人に話したら、みんな不気味がって内山君を無視するようになった。

gkdatks_007.jpg
話の途中で語り手たちが質問を投げかけてくる。
この選択肢によって展開が変わるらしいです。
う~ん…主人公も直接的に手を下してなくても、見て見ぬふりしていたと
いうことだから、全く悪くない…とは言えないよなぁ。
難しい問題だけどさぁ。

gkdatks_008.jpg
内山君にはクラスに好きな人がいて、彼女にも悪霊が憑いていると気が付いた。
彼は悪霊なんてものはいない。こんなものが見えるのは自分が弱いからだと思い、
変わろうとした。
いつしか内山君は悪霊を観ることはなくなった。
おおっ!!内山君スゴイじゃないかヾ(・∀・)ノ

gkdatks_010.jpg
そこまで語ったあと、岩下さんは白い息を吐き出す。
悪霊が傍にいるとき霊感のある人の口から、白い息が出るということ。
主人公は以前、内山君の口から白い息が出ているのを観たことがある…と
思い出して、話は終わる。
何これ?最後いらなくない?
内山君はいじめを克服したって話で終われば美談だったじゃん。
悪霊が憑りついている訳ではないんだよね?
う~ん…まぁ、いいか。次行こう!

gkdatks_011.jpg
2人目の語り手は新堂さん。
ちょっと不良タイプで、BGMがカッコいいですな。

飴玉ばあさんって結構有名な話だよな。
話のオチも知っているんで、次の人お願いしまーす。

gkdatks_012.jpg
一応話を聞きますよ。
飴玉ばあさんは校門の前に時々現れては子供たちに飴を配っている。
その飴はゴルフボールほどの大きさで、とてつもなく美味しいらしい。

飴を食べたいか?聞かれる。
えーお腹弱いから得体のしれないものは、ちょっとなぁ…(´・ω・`)
しつこく何度も「本当に食べたくないのか?」と聞かれる。
己の腹を守るために、「いらない」という選択肢を繰り返していると

gkdatks_014.jpg
本当は食べたいくせに、お前相当ひねくれているな。と言われる。
何で食べたいが大前提なんだよw
メチャクチャ素直に答えておるわ!!
飴玉ばあさんはひねくれ者が大好きで狙ってくるらしい。
しかしひねくれ者には飴は渡さずに「お前さんの目は正しいものを映さない。
そんな目玉は持っていてもしょうがないねぇ」と言って目玉を持って行ってしまう。

つか、確か飴玉ばあさんの配っている飴って目玉で、食べたらこちらの飴を回収しにくるって
パターンもあるよね。
話が王道すぎるな。もう少しオリジナルティを入れてくれ。
はい、次!

gkdatks_016.jpg
3人目は風間先輩。
お話は「こっくりさん」…これまたド定番なものが来たな。
何だかんだで風間先輩が上級霊を呼び出して、こっくりさんを見せてくれると
いうことになる。

gkdatks_017.jpg
上級霊を呼び出すには10円ではなく、500円玉が良いのだよと言われるが…
あーうん。これパクられるパターンじゃないかな?
まぁ、折角集まって貰ったわけだし、500円くらい良いかと思って素直に差し出す。

gkdatks_018.jpg
こっくりさんを呼び出すことに成功。
何を聞きたいかと言われる。
そうだなぁ…じゃあ3の勉強と仕事について聞こう。
主人公には将来やりたい仕事があり、今それを叶える為に勉強中らしい。
将来希望する仕事につけるか?という質問に足して「No」
そうか、残念だったな。

次は4の将来について。
ここの項目が良ければ将来は安泰だし、逆に悪いと今までの質問の返答が良くても
将来は良くないことが待っていると。
本当にやるかい?と聞かれるので「やる」を選択。

gkdatks_019.jpg
おお…主人公、将来幸せになれるかもしれんぞ。良かったな。
他に聞きたいことはあるかい?と言われるが、こういうもんは占いと同じで
良い結果で終わらせておく方がプラスの気持ちになれるから、もう結構です!
お帰りください。

gkdatks_020.jpg
結局こっくりさんを見ることが出来なかったという主人公に対して
周りを見てごらんよ、居眠りを始めている。こっくり…こっくりとね。
く…くだらねぇ~ww

gkdatks_021.jpg
そしてこのドヤ顔である。
面白い人だとは思うけど、これは記事には出来ないよなぁw
あと、そろそろ怖い話を聞きたい。
次の人に期待しよう。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。