【映画】ターミネーター ジェニシス:感想

  • 2015/07/26 00:20
  • Category: 映画
映画「ターミネーター ジェニシス」の感想になります。
ネタバレありの為、ご注意ください。


■あらすじ
人類の大半がスカイネット率いる機械群に滅ぼされた「審判の日」。
そこから人類は30年以上機械と戦い続けてきた。
そしてジョン・コナー率いる人類側がついに勝利を収めて戦いが終わった。

しかしスカイネットは過去を変えることで、人類側の勝利をなかったことにしよう目論む。
ジョン・コナーの母親サラ・コナーを殺害するためにタイムマシンで
ターミネーターT-800を1984年に送り込む。
それを阻止しようと人類側もカイル・シースを1984年に送り、サラ・コナーを
守るように命じる。

過去にとんだカイルは突然ターミネーターに襲われる。
そこを助けてくれたのはサラ・コナーだった。
本来であれば何も知らないはずのサラ・コナーがいるはずなのに
何故かスカイネットに送られたT-800とは別のT-800がいて、サラの保護と戦う術を
教えていた…。



■感想
観てきました!ターミネーター。
一応過去作としては1と2は観ています。
そうえいば2の後の話の小説版も昔チラリと読んだ覚えがありますが、結局あれはどうなったんだっけな?
3と4、サラ・コナー クロニクルズは観ていません。

ストーリーとしては1の話をベースに大きく改変しています。
カイルが過去に行くところまでは同じですが、1984年の時点でサラが既にターミネーターの存在を知っており、
これからの未来のために戦士としての教育を受けていて屈強な女戦士となっている。
つまり1の時から既に歴史が変わっているという話です。
設定は今までの話をリセットするということを考えると、凄く良いと思います。
どういう展開になるのかワクワクしましたしね。

ただですね、そこから先のストーリーが個人的には受け入れられなかった。
ターミネーター1と2の話は「ジョン・コナーは人類側のリーダーで勝利の要、いわば人類の象徴」。
「ジョンを守ること=人類の未来を守る」ことに繋がるからこそ、
サラの存在も大切になってくるはずなのに…
まさかジョンがターミネーター化して敵として襲い掛かってくるなんて…(ーдー;)
変えてはいけない場所まで改変を入れてしまって、何だかなぁ…。
ジョンは人類の希望でないとダメでしょう。
しかもジョンが敵になる過程も曖昧で、倒したあとのフォローもなし。
映画を観終わったあと「この話で続編作るの…?」と言うのが正直な感想でした。
(スタッフロール後に話が続くような描写あり)

それから観てて気になったのは俳優。
役のイメージにさえあっていれば、そんなに気にする方ではないのですが
カイル役とジョン役は変えた方が良いと思った。
失礼ながらもカイル役はモブっぽすぎてパッとしないし、ジョン役は悪人面すぎて…
人類代表なのでカリスマ性のある外見が良かった…。
2のせいでジョンの外見のハードルが上がっているのは分かるのですが…悪人面に逃げたか…。
2人が出てくるたびに「イメージと違うんだよなぁ」と思うので、話に集中しにくかったです。

何か悪いところばかりになってきたから、良いところも。
アクション部分は迫力満点。アクションシーンやCGは素晴らしい。
あーでも、シュワちゃんのアクションシーンはもう少し欲しかったな。
歳だからあまり無茶もさせられないというのは分かりますが、意外と出番が少なかった。
それでもカッコよかったですが。

あと、T-1000が出てきたり過去作を彷彿させるようなネタも入っているので
シリーズを見ている人ほど、「おっ!」と思うかも。
所々に入っているギャグも笑えるし…本当にストーリーさえどうにかしてくれれば
良い作品になったのではないかな。

途中退席する人やエンドロール中に劇場を出てしまう人が多かったですが、
一応エンドロール後に次回作の伏線が入っているので、気になる人は最期まで
しっかり観てください。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: