【映画】ジュニア:感想

  • 2015/08/13 00:38
  • Category: 映画
ジュニア [DVD]
ジュニア [DVD]
posted with amazlet at 15.07.18
ジェネオン・ユニバーサル (2012-05-09)
売り上げランキング: 9,374

映画「ジュニア」の感想になります。
ネタバレありの為、ご注意ください。


■あらすじ
婦人科医学のアレックス博士とラリー博士は母体に胎児を受け入れさせて
流産を防ぐという画期的な新薬を開発した。
薬の副作用も通常の妊娠と変わらず、動物実験でも上手くいっていたにも関わらず
FDA(食品医薬品局)から妊婦に薬を試す許可が得られなかった。
大学側からも、これ以上の研究は無駄だと判断して予算削減の為に
研究の中止を命じ、アレックスは研究所を追い出されることになる。
この状況に絶望したアレックスは故郷へ帰ろうとするが、
ラリー博士はこの研究を諦めることが出来ず、アレックス博士を説得。

薬の効果を考えれば妊娠は女性だけではなく、男性も出来るはず。
3ヵ月間のデータがあれば十分だから実験台になって欲しいと懇願する。

アレックスの代わりに研究所に入ったダイアナ博士。
彼女は卵子の低温保存を研究しており、ラリー博士はダイアナ博士から
「ジュニア」と書かれていた卵子を盗み出す。

それを使ってアレックス博士の体内に受精した卵子と薬を使ったアレックスは
無事妊娠するが…


■感想
あのアクションスターとして有名な筋肉俳優シュワルツェネッガーが
妊娠したという設定が気になって気になって観ました(笑)
設定がぶっ飛びすぎてて、それだけで笑えてくる。

アレックスは元々淡泊な性格をしており、最初は3ヵ月分の薬のデータが
取れれば…と渋々この話を受けた。
ところが妊娠をしたことで母性が目覚めたことで性格が変わっていく。
流石に心配になったラリー博士は実験は中止した方が良いと言うが
アレックスは産むと言い、投薬を続ける。
映画の始めの頃の感情をあまり表に出さないアレックスと
母性に目覚めた少し我儘だけど、優しそうなアレックスの表情の違いが凄いですな。
普段アクションばかりに目が行ってたから気が付かなかったけど、
シュワちゃんって演技上手いんだなぁ。

映画のジャンルとしてはコメディなので、もちろん笑えるシーンは多数あります。
ただ、設定がぶっ飛んでいる割には意外とギャグ要素は少なかったかな?
もっとありえない設定を活かしてドタバタコメディにした方が良かったような気がします。

そういえば、この映画でシュワちゃんが女装も披露していますが…
思っていたよりも悪くはない。
かなりゴツイので、どう見ても女には見えませんがここまで似合わないと
一層のこと清々しい感じがする(笑)

途中、大学側に実験のことがバレて、追いかけ回されることになりますが
最後は子供を帝王切開で無事出産。
母子…じゃなかった父子共々に元気。
アレックスが体内に入れた卵子は実は良い関係になりつつあった
ダイアナ博士のもので、生まれ方は普通とは違うが育てるときは
普通の子として育てることを条件に母親として子供を受け入れてくれる。
ラリー博士の方も一度別れた妻とやり直すことを決めて、皆ハッピーエンド。
いやぁ、皆が幸せに終わるってやっぱり良いもんだ。

最初はシュワちゃんがコメディに出ていると聞いて興味本位で観ましたが、
相棒役のダニー・デヴィートが良い味を出している映画でしたw
主演二人がとても魅力的で面白かったですわー。
どうやらこの2人はツインズという映画でも共演しているみたいなので
今度借りてこよう。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: