【SFC】ワンダープロジェクトJ プレイ日記01:プレイ開始

ここ1カ月くらいレトロゲームばかり遊んでいます。
何だかんだでレトロゲームは今では珍しいシステムのゲームが
多かったりして楽しいです(´ω`)
あと横スクロールアクションが好きなので、この時代は種類が豊富で羨ましいぜ。

wnpjj_001.jpg
今回遊ぶゲームはこちら。
SFCソフト「ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ」

友人にオススメされたゲームでして、ずっと遊んでみたいなぁと思っていた1本です。
しかし全然売っていない。
このゲームの為にSFCを扱っている中古屋を5~6件回ってようやく入手できました。
ネットで買った方が明らかに早いのですがね…。
ネットだとゲームを買ったという満足感が得られないので好きじゃないんだよなぁ

wnpjj_002.jpg
よし!やるぞ!!
タイトル画面。

wnpjj_003.jpg
ストーリーをざっと説明すると
50年前の戦争で荒廃したコルロ島を復活させるために、人間は労働力として
「ギジン」というものを作り出した。
人間とギジンが協力をして復興を進めたことで、コルロ島は見事に緑を取り戻した。
しかし人間は自分たちよりも高い能力を持つ、ギジンが段々と疎ましくなる。

そんな状況を見てジェペット博士は悲しく思い、人間とギジンの橋渡しが出来る存在
ギジン4649型(ピーノ)を作り出す。
しかしピーノの完成させた直後、ジェペット博士は1級反逆罪の罪で連行されてしまう。

ジェペット博士に同じく作り出されたインターフェイスロボのティンカーは
プレイヤーと共にピーノを育てて、博士が言っていた謎の回路「回路J」を起動させ
博士や島の皆を救おうというお話です。

wnpjj_004.jpg
第1章は基本的な操作説明なので、カット。
第2章ではギチュウ(左のロボット)が46号(右)を人間の代わりにいじめているので
助けようとティンカーが言ってくる。
こうやってみるとギチュウのデザインはロックマンの世界にいても違和感無さそうじゃのぉ。

wnpjj_006.jpg
ギチュウにボールをぶつけて懲らしめてやろうということなので
まずはピーノにボール投げを覚えさせます。
操作方法としてはプレイヤーはティンカーを操作。
ボールの所までいってAを押す。
するとピーノがボールに対して様々なリアクションを起こします。

wnpjj_007.jpg
いきなりボールを思いっきり踏みつけだしたw
それ破裂する恐れがあるからやめた方が良いぞ。
こういう風に間違った使い方をしたときはYボタンを押して、ピーノを叱る。
するとピーノはこれは「やってはいけない行為」と覚えて、段々とやる回数が減るらしいです。

wnpjj_008.jpg
再度ボールをクリックするとボールを投げたので、今度はXボタンを押してピーノを褒める。
ピーノは「これはやって良い行動」と覚える。
何度かこれを繰り返していくと、「ボール=投げるもの」と理解します。
こうやってピーノに色々な物事を覚えさせ、成長させることで
お題のイベントをクリアしていくゲームです。

wnpjj_010.jpg
よし!じゃあ試しにギチュウの元に行ってみるかと思って扉を選択すると
いきなり扉に向かってお祈りをしだしたんだがw
どこでそんなこと覚えてきたんだよww

wnpjj_018.jpg
ストーリーを進める為のイベントはピーノの成長を見るパートなので
プレイヤーは操作が出来ない。
足元にあるボールを拾ってギチュウに投げるが…

wnpjj_011.jpg
ボールの速度が遅くて避けられてしまう。
どうやら腕の力が足りないとのこと。

wnpjj_014.jpg
再度家に戻って、鉄アレイで腕の力を鍛えよう。

wnpjj_012.jpg
ピーノが飽きたという反応を見たりしたら、別の物を調べたりすると良い。

wnpjj_013.jpg
ピーノはまだ生まれたばかりで物事の善悪が分かっていない為、動物を
蹴っ飛ばしたりといった行動を平気でとります。
おじさん、動物をいじめる子は嫌いだな(`・д・´)
こういった行動をとったら、きちんと叱る。

wnpjj_015.jpg
腕の力が上がったら、再度ギチュウたちの元へ。
今度はボールを当てることが出来て、ギチュウを撃退できました。

wnpjj_016.jpg
46号と友達になりました。
島ではギジンへの差別行動がどんどん悪化していて、このままでは
取り返しのつかないことになると懸念する46号。
早くピーノを成長させて、何とかせねばなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: