【PS Vita】LIMBO プレイ日記02:全クリしました+感想

LIMBOですが、全クリしました。
今回はネタバレ全開で行くので、未プレイの方はご注意ください。

limbo_013.jpg
ゲームの序盤は森や自然物が中心だったステージも
どんどん進んで行くと人工物が増えてきます。

後半のステージはとてもよく考え込まれていて
少年自体は歩く、ジャンプする、物を押したり引いたりと
出来ることが少ないにも関わらず、ここまで色々な謎解きを
用意できるのかと感心した程です。

limbo_015.jpg
謎解きの難易度も上がって行き、即死系トラップも増えていきます。
しかも電動ノコギリやプレス機、機関銃など死に方もエグいことに…。
自分のミスで少年が詰んでしまい、電動ノコギリに切り刻まれるのを
待つだけの状態になったりすると、凄い申し訳ない気持ちになりました(´A`)

limbo_017.jpg
白い光の線に触れると銃が発射される仕掛け。

limbo_014.jpg

limbo_016.jpg
この2カ所はタイミングがかなりシビアで挫折しかけました。
一定のタイミングで床に電気が流れるトラップで
物を押した時の動きの反動なども上手く使わないと間に合わないくらい
ギリギリのタイミングです。
ここだけで何人の少年が犠牲になったことか(泣)
しかし突破できた時の嬉しさは半端なかったですw

ここから先はエンディングについて触れています。

limbo_018.jpg
ここまで様々な苦難を乗り越えてきた少年。
最後は再び森の中へ戻って来ます。
そのまま森の中を進んで行くと女の子の後ろ姿。
たぶん彼女が少年の妹だと思います。
少年が近づくと少女がハッと気が付きます。
ここで画面が暗転してスタッフロール。

このまま2人は再会を果たし、ハッピーエンドかと思いきや
スタッフロールが終わり、メニュー画面に行くと

limbo_019.jpg
2人がいたところにはハエが群がっていて、はしごなどもボロボロに…。
な…なんだこれ( ゚Д゚)

LIMBOのエンディングについては様々な解釈が出来る内容になっています。
個人的な解釈を述べますと、まず公式サイトの「運命に逆らい、
妹を探して少年はLIMBOの世界に足を踏み入れる」と書かれています。
で、ゲームのタイトルにもなっているLIMBOというのは、
ダンテ・アリギエーリの「神曲」に出て来ていた"辺獄(リンボ)"のことでしょう。
辺獄は洗礼を受ける前に死亡した者、または幼児が死後に行くと言われている
天国と地獄の狭間で、叱責もない代わりに希望(救い)もなく、ただ時が過ぎていくだけの所。
「神曲」は昔読んだのですが、だいぶ前なので詳しいことは覚えていませんが。

考えとしては2パターンありまして
1,兄妹は既に2人とも死んでいる。
 どちらか片方はきちんと洗礼を受けていて天国、または地獄に行っている。
 少年は本来自分がいるべき場所を離れて、勝手に妹に会いに行こうとしている。
 この行動自体が神に逆らう行いということで、妹の元へ行くのを阻止をしようとしている。

2,前提は変わらず、兄妹は既に死んでいる。
 2人ともLIMBO(辺獄)に来ている。
 LIMBOの世界は苦しみもない代わりに希望もない世界というのが
 洗礼を受けなかった者への罰なのに、少年は勝手に妹という希望を作って
 会いに行こうとしている。
 この行動自体が神に逆らう行いということで、妹の元へ行くという希望を打ち砕こうとしている。

う~ん、まぁどちらも似たようなもんですね。
結局のところ二人とも死んでいるのではないかという考えは変わらないです。
なので、あまりハッピーエンドということではなさそうな気が…
せめて二人が再会を喜び合えると良いな。
この他にも色々な考察があるので調べてみると面白いと思います。

ゲームとしては短いながらも、しっかり作られていてやり応えのある
謎解きゲームで面白かったです!
難易度も高めですが、何度もリトライしていればクリアは可能です。
プレイ時間は5~6時間くらいですが、満足度は非常に高いです(*´∀`)b
ゴア表現が大丈夫な方にはオススメ出来る作品です。

※スマートフォン版は操作性が良くないという話を聞くので、
出来ればそれ以外の機種でやることをオススメします。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: