【GB】カエルの為に鐘は鳴る プレイ日記02:カエルとヘビに大変身

「カエルの為に鐘は鳴る」のプレイ日記2回目です。
ミルフィーユ王国が謎の軍団「ゲロニアン」に攻め込まれ
行方不明となってしまったティラミス姫を助ける為にエクレア宮殿に
やってきたサブレ王子(主人公)。
ただ、今のままではゲロニアンの親玉のデラーリンを倒すことは出来ないと知らされる。
デラーリンを倒す方法を知っているという魔女の居場所を教えて貰い、早速向かうことに。

ktnkn_011.jpg
この薬を飲めばデラーリンを倒すことが出来ると言われるが…
カエルの絵が怪しすぎるww
しかし人を疑うことを知らないサブレ王子は素直に薬を飲んでしまう。

ktnkn_012.jpg
薬の効果で水の中に入るとカエルに変身。
カエルの状態ならカナヅチのサブレ王子でも溺れることもないし、
ジャンプ力も格段に上がる。
ただし攻撃力がかなり落ちており、かなり弱いです。
虫の敵に対しては、食べることが出来て体力回復…って王子、
少し前までは普通の人間だったのによく食べられるな( ゚Д ゚;)

ktnkn_013.jpg
魔女の家の近くにある村ではカエルが大量発生しており、
その中の1匹のカエルが妙に人懐っこいと思っていたのですが、
実は魔女にそそのかされてカエルになる薬を飲んでしまっていたリチャードだった。
あれ?リチャード王子は嫌な奴かと思っていたけど、サブレ王子を助けようと
してくれていたみたいで、実は良い奴なのかも。
まぁOPの船のシーンの印象が悪すぎるだけで、2人は仲良しと言っていたしな。

ktnkn_014.jpg
再び魔女の元に行き、元に戻して貰う様に言うと
スプリングヒルにある春を告げる鐘を鳴らせば、元に戻る。
ただ春はまだまだ先の為、当分は元に戻れない。
別の方法としては魔女の手元に「1つだけ」元に戻る薬があるので
それを飲めば良いと。
有り金を全部出せば薬は譲ってやるとふっかけられ、仕方なしにお金を渡します。

ktnkn_015.jpg
うわ~凄い嫌味w腹立つわー。

ktnkn_016.jpg
魔女はお金を持って温泉に行ってしまうのですが、しばらく経っても人間に戻れない。
また騙されたと気が付いたサブレ王子は魔女を追いかけ、温泉へ。
この時々出るデカ文字システム珍しいですね。
感情が出ていてインパクトがあって良いなーww

ktnkn_017_02.jpg
で、温泉地で魔女に話を聞くと「水をかぶればカエルに、
温泉タマゴを食べるとヘビに、気絶をすれば人間」に戻れる体になっていると言われる。
気絶は「しあわせのかじつ」という…食べると気持ち良くなって、体がしびれくるという
どう考えてもヤバそうな果実を食べれば良いと。
ヘビの状態は細い通路を通れる他に、自分より弱い敵を毒でしびれさせてブロックに
出来るという特技を持っています。

人間状態が武器や防具を装備できるため、戦闘では一番強いです。
それぞれの形態の特徴を活かして、ダンジョンの謎を解いていきます。
人間、カエル、ヘビと揃うとダンジョンの難易度も上がってきます。
なかなかマップの構造や配置もしっかり考えられていて良いですよー( ´ー`)

ktnkn_018.jpg
一応人間に戻ることが出来たサブレ王子はリチャードたちを助ける為に
スプリングヒルへ向かうものの、ゲロニアンに鐘を壊されてしまっている。
お金もない為、修理をすることが出来ないと言うので立て替えを申し出るサブレ王子。
太っ腹ですわー330コインしか持っていないけどw
当然お金は全然足りないので、村で聞いた金が出る鉱山で稼ごうと思いつき向かうことに。

鉱山に向おうとするとリチャードと再会します。
1人だけ人間に戻っている姿を見て、”また”お金で解決したのか、
自分1人だけ戻れればそれで良いのか?と激怒してしまいます。
…サブレ王子、普段どれだけお金に物を言わせてたんだよ。
喧嘩してもまた仲直り出来るさと声をかけられ、気を取り直して再出発。

いやぁ、サブレ王子の優しいけどおバカっぽいところと、素晴らしい行動力は観てて楽しいです。
一体どうなることやら。
そういえば、未だに一度もヒロインのティラミス姫が出てきてませんなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: