【映画】インターステラー:感想

  • 2014/11/30 00:12
  • Category: 映画
インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-04-08)
売り上げランキング: 5

映画「インターステラー」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■ あらすじ
環境の変化によって地球は荒廃し、世界的な食糧難に陥っている。
田舎で農業を営んでいるクーパーは父、息子のトム、娘のマーフィの
4人家族で生活は厳しいながらも、幸せな日々を送っていた。

最近では娘の部屋で決まった本が落ちるという不思議な現象が起こっていた。
詳しく調べてみると、座標を示しておりNASAの隠れ施設を見つける。
かつて宇宙飛行士だったクーパーは元上司のブランド教授から
死滅しつつある地球の代わりに、人類が生存できる新しい星を探しているという
計画を知らされる。
クーパーは愛する家族の為にこの作戦に協力をすることを約束し、宇宙へと旅立つのだった。

■感想
事前に言いますと、何の予備知識もなく観に行きました。
最初の1時間は地球の状況や登場人物の人柄などを描いています。
残り2時間は宇宙へと旅立ったあとの話になるのですが…
最初の1時間はウトウトしてました(笑)
地球の状況、娘との確執など丁寧に描いてくれているのですがね。
まぁ盛り上がる部分もないので…。
とにかく最初の1時間を乗り越えるとクーパーが宇宙に旅立つので
そこから先は広大な宇宙の映像美と先の読めない展開で一気に面白くなります。

さらにこの映画では宇宙だけではなく、"家族愛"も重要なテーマになっています。
子供たちの未来を救うために、旅立つクーパー。
けれど、地球と宇宙では時間の流れる早さが違うため(1つ目の星では
その星の1時間=地球では7年)、早く帰らないと子供たちがクーパーの年齢を超えてしまう。
最悪の場合は、たとえ新しい星を見つけたとしても、家族や人類が先に
死んでしまっている可能性もある。
子供たちの未来を救い、早く地球に帰りたいと願うクーパーと
何十年待たされても父親は帰ってくると信じて、待つ娘の絆の深さが描かれています。
宇宙の映像美+家族愛というヒューマンドラマが同時に楽しる作りになっています。

しかしですね、この映画のストーリーですがヒューマンドラマ以外のところは
とにかく分かりにくいです。
ブラックホールはまだしも、ワームホールに5次元世界、量子力学や相対性理論などが
バンバン出てきます。
前知識なしで観に行ったので、登場人物たちが何を言っているのかさっぱりでした。
さらに演出的にも分かりにくい箇所があり、今何をしているのか
よく分からないという箇所もあります。

それでも音楽が凄く良い仕事をしてくれていて重要な場面では
壮大な音楽な鳴り響くので、よく分からないながらも盛り上げてくれるので
楽しめるのですが。
やはり映画に関しても音楽って大切だなと改めて思いました。

また、自分はヒューマンドラマ映画は割と好きでよく観るのですが
SF+アクション+ヒューマンドラマと本作は色々と詰め込みすぎたせいで
中途半端な仕上がりになってしまっており、感動は出来なかったです。
映画のラストの方で愛の力で科学を超えた何の根拠もないファンタジー的な奇跡が
唐突に起こるのですが、これはちょっとなぁ。
やはりヒューマンドラマはそれまでの努力があって、主人公たちが苦悩する。
それでも諦めずに頑張ってきて、その結果として奇跡的なことが起こるというのが
感動できるポイントであって、「愛の力で軌跡が起きた」というのは
都合の良い展開ですね…としか言いようがない。

映像や音楽、あと部分部分の見せ場はとても面白く、楽しめます。
3時間と長編映画でしたが、あっという間に終わりました。
けれども全体を通してみると分かりにくく、印象に残りにくい映画でした。
テーマをしっかり絞って、何を描きたいのか分かりやすく整理するだけで
さらに凄い映画が出来たのではと思うと残念です。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: