【映画】思い出のマーニー:感想

  • 2014/09/11 00:05
  • Category: 映画
思い出のマーニー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 305

映画「思い出のマーニー」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■ あらすじ
心を閉ざした主人公の杏奈。
喘息を患っており、療養の為に海辺の村に住む親せきの家に
預けられることになる。
村にある古い屋敷を見つけると杏奈は「この屋敷を見たことがある」と
直観的に感じ、中を覗いてみるが空き家だった。
ある日、村の女の子と喧嘩をした夜に屋敷の方に向かうと
ブロンドの髪の少女マーニーと知り合う。
マーニーは屋敷に住んでいると言い、2人は友達になるが…


■感想
原作はイギリスの児童文学で、日本でも翻訳版が出ているそうですが
未読です。その為、前知識は全くなしの状態で映画を観ました。

まずは映像の美しさは流石ジブリ!
背景の描き込みが素晴らしく、温かみのあるタッチ、
草木や建物の他にも水や風の表現など綺麗で世界観に引き込まれます。

で、肝心のストーリーはと言いますと…途中までは「これは厳しいなぁ」と
思ってました。
まず主人公の杏奈ですが、養親は少し過保護なところがあるが
愛情を持って接しているのが分かるのに、悪態をつく。
村の女の子も友達になろうと話かけてきているのに悪口をいう。
それなのにマーニーの前だけでは何故か素直。
しかも「私はなんて不幸なんだ」と自分に酔っている感じが凄くて…
思春期という点を考慮しても感情移入が出来ない。

さらに話はシーンごとに飛び飛び、しかも杏奈とマーニーの会話が噛み合わない。
でもお互い「あなたのことが大好き」と言う。
いや、何と言いますか観ている方には何故二人が惹かれ合っているのかが
理解が出来ないんですよ。
観客のことは置いて話は進んで行く…ええ、完全に外したなと思って観てました。

ところがラスト20分くらいでマーニーの正体が分かるのですが
ここは凄く良かったです。
観ている途中で薄々は感づいていましたが、それでも少しジ~ンと来ました。
マーニーから杏奈への愛情、マーニーのことを知ったあとの杏奈の成長。
綺麗に終わるのでラストは印象的です。

ただラストに行くまでが長いし、大したことも起こっていないので
もう少しカットしても大丈夫だと思いました。
前半部分を短くして、全編通して60分くらいでまとめてくれたら調度良かったかも。
途中退席している人も多かったし…。
まぁ映画館で観た身としては、マーニー自体は60分にまとめて
さらにおまけで短編アニメをもう1本つけてくれると嬉しかったかな(笑)

思い出のマーニー…ラストはとても良いのですが、そこに行くまでが非常に惜しい作品です。


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: