【3DS】メゾン・ド・魔王:感想

メゾン・ド・魔王のプレイ日記2回目です。

msdm_011.jpg
アパートも順調に増築していき、一番大きい状態まで持っていきました。
魔王様も最初はテント暮らしだったのに、立派なおうちに住んでいらっしゃる(ホロリ)

個人的にお気に入りモンスターは
msdm_012.jpg
アンデット族のゾンビー。接近戦タイプ。
敵に攻撃する度にHPが回復していくと言う恐ろしい能力を持ってます。
育てていくと「敵からのダメージ<ゾンビの回復力」という状態になるので
かなり強いです。
壁役は彼らだけでも十分なくらいです。

msdm_014.jpg
亜人族のユキンド。遠距離攻撃タイプ。
男はイエティ、女の子は雪女みたいな外見でなかなか可愛いので育ててます(笑)
ステータスも良く、家賃の支払いも安定しているので重宝しています。

msdm_013.jpg
エレメント族のモクハナン。
初期の方から出てくるモンスターなのでステータスは全体的に
低いですが、超遠距離攻撃+敵貫通能力なのでかなり役に立ちます、
隊列の一番後ろからチクチクと攻撃をして、少しずつHPを削る
嫌らしいモンスターです(笑)

基本的に戦闘は「ゾンビー・ユキンド・モクハナン」の順で並ばせて
ゾンビを盾にしつつ、後ろから攻撃するスタイルで戦っています。

msdm_016.jpg
ネコモンスターのニャイキングとか、天使の外見のモンスター(QPD)も
育てたかったのですが、資金が足りず断念。

msdm_018.jpg
そしてついに以前ボロボロに負かされた伝説の勇者との戦いが再び…
コイツを倒して世界征服への大きな一歩を踏み出します。
このクエストをクリアーすると全クリとなります。

msdm_019.jpg
フハハハ!前に戦った時とは違うのだよ(`∀´)
伝説の勇者と言えども圧勝じゃー!!

msdm_020.jpg
このクエストをクリアするとアパートの住んでいたモンスターが
全員部屋から出てきて、世界征服の旅に出ます。

msdm_021.jpg
魔王様は基本的にひきこもりなので、部屋から出てこないのですが
エンディングで久しぶりに姿を見たなぁ(笑)
そしてステータスを改めて見ると凄く弱い…全モンスターの中で最弱じゃないですか。

msdm_022.jpg
感動のエンディングです。
過去に住んでいたモンスターが何故アパートを去ったのか一覧として出てきます。
前半は割と戦死が多いですが、中盤以降は大家に追い出されたばかりに…
子供を産ませ、育てたら容赦なくアパートから追い出す魔王様。
この非道さが魔王様なのです。強さだけが全てではありません。

msdm_023.jpg
最期までアパートの住んでいた住民は世界征服戦争に参加。
途中迷子になって脱落したり、故郷に帰ったり、戦死したり、
最期まで魔王様と共に戦ったりとさまざまな未来が待っています。


全クリをした感想としましてはモンスターの日常を覗きながら
育てて、戦わせるのはなかなか面白かったですヾ(´∀`)ノ
強いモンスターと戦うイベントもクエストを受けることで
発生するので、事前にしっかり準備が出来てお気に入りキャラが
理不尽な戦死をすることがないのも良いですね。

音楽も曲数自体は少ないですが、どの曲も印象的でゲームを盛り上げてくれます。

ただ中盤以降はひたすら子供を産ませて強化を繰り返すだけになるので
どうしても作業ゲーになりがち。

また元々Xboxで出ていたゲームなので仕方がないのですが、
3DSだと画面が小さくて、せっかくの可愛いモンスターの
デザインがあまり見えないのが勿体無いですね。
また狙いたいキャラの元にアイコンがなかなか行かないということもチラチラありました。
(画面の拡大機能があるのでそこまで弊害にはなりませんが)

少し変わった世界観とゲーム性で作り手のセンスが光る面白いゲームでした。
遊んだことがない人は是非、モンスターの暮らすアパートの大家になってみてください。
モンスターとの楽しい生活が待っています。

msdm_025.jpg

msdm_026.jpg
最終成績。割とプレイヤーの性格がはっきり出るゲームな気がする…。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: