【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル:感想

  • 2014/08/17 00:32
  • Category: 映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-11-12)
売り上げランキング: 50

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想となります。
原作の小説や漫画は未読です。
感想にネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。

■あらすじ
地球は謎の侵略者「ギタイ」から襲撃を受けており、
人類は軍事力を用いて対抗するものの壊滅に近い状態に陥っていた。
今まで広報を担当していたウィリアム・ケイジ少佐も
ついには対侵入者との戦争の最前線に送り出されてしまう。
しかし敵は何故かこちらの作戦を事前に知っているかのように
待ち伏せをしており、反撃を受ける。
部隊は全滅、ケイジも戦死してしまう。

ところが目が覚めると戦地に就く前日に時が戻っていることに気がつく。
何度かタイムループを繰り返していると、前回の戦いで多大な功績を上げて
人類を勝利に導いた英雄リタから「次に目が覚めたら私を探して」と言われる。

リタを探しだし話を聞くと、彼女も以前ケイジと同様の現象が起こっていた、
現在はタイムループの力は失っており、この戦いに勝つには
ケイジの力が必要だと言う。
まずはケイジがまともに敵と戦えるようにするために
戦闘技術向上の為の特訓を行うが…。

■感想
予告を観て、面白そうだなぁと思い映画館に行ってきました。
主人公の能力としては分かりやすく言うと現実世界で「コンテニュー」が
何度でも使えるということです。
短い期間を何度もループするので肉体的に各段に強くなるということはなく
同じ戦場を繰り返すことで敵の動きや距離の取り方などを学び、
どう動けばいいのかなどの対処法を覚えていく。
でも途中セーブなんて親切なものはないので死んだら、常に最初から(笑)
まぁ昔のアクションゲームみたいです。

最初は対処方法が分からず、死んでしまっていたシーンでも
段々とコツを掴み成長していく主人公には「おおっ」と思いますね。
ただ、慣れたステージ(戦場)では格段に良い動きをするようになっても
新しいステージに行くと経験不足からあっさり死んでしまうのは、結構現実的。
そこでまた試行錯誤して、クリアしていく…というのはなかなか良かったです。

またループものでよくある繰り返し同じシーンを見せられるということも
あまりないし、テンポも良いのでストレスなく見れます。
世界観も良いですし、設定も分かりやすいので映画の中に入り込みやすい作りにもなっています。

しかしですね…個人的な感想としては面白かったか?と聞かれると
「う~ん…」というのが本音です。
映画の中だと割と戦っているシーンは多いのですが、展開にあまり変化がありません。
戦う(訓練する)→ケイジが怪我をする→リタに殺されるor死亡でリセットと
いうのを繰り返すだけなので、最初は楽しいですが途中から変化が欲しくなります。
映画の終盤でタイムループの力を失うので、主人公が死ななくなるのですが
それが面白さには繋がるかと言われると…そんなことはないですし。
また終始ドンパチしている印象のせいで、一番の見せ場も今までとあまり違いが無い為、
特別盛り上がっているという感じがありません。

さらに映画のラストシーンは本当に説明不足で納得のいくものになっていません。
とりあえずハッピーエンドにしたいから、細かいことは気にせず入れましたと
いう感じが出ていてね…。
何でタイムループした先の世界が変わっているのか?
タイムワープで戻る地点がラストでいきなり変わっているのは何故か?など
今まで映画を見て来たら出て来る疑問が分からないまま終わります。
終わり良ければ全て良しと言いますが、この映画の場合は逆です。

映画のストーリーにはあまり関係ありませんが、個人的に映画を見ている最中
ずっと気になっていたのが、あのパワードスーツ。
何なんですかねぇ…。
着ている人は凄く歩きにくそうにしているので機動性は良くない、
じゃあ代わりに防御力が優れているのかと言われると、
全身きっちり守っている訳ではなく、どちらかというと隙間が多いデザイン。
メリットとして言えば武器や銃弾を沢山持てるということなのかもしれませんが、
バッテリーが切れたら脱ぎ捨てていたあたり、使い物にならなくなる。
正直デメリットの方が多くて、このスーツだめじゃないか?と真剣に考えてました(笑)

何だか批判ばかりになってきたので、良い点も。
ヒロインがドSな女軍人なのですが、
エミリー・ブラントのようなカッコいい女性がやると大変素敵でした。
ヒロインは可愛いのも良いですが、カッコ良くて勇ましいのも魅力的ですね(*´∀`*)

映画として面白いところもありますが、ダメな点が大きい作品でもありました。
期待していた分、少し残念。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: