【PS Vita】魔都紅色幽撃隊:クリア後の感想

魔都紅色幽撃隊 幽撃ウォーカー
アークシステムワークス (2014-04-10)
売り上げランキング: 1,453

魔都紅色幽撃隊の感想になります。
現在は修正パッチが出ていますが、
これを書いているときは出ていない時だったのでご注意ください。
以下、感想になります。

○良い点
・キャライラストは過去作と比べると、かなり万人受けしやすいものになりましたね。
魔人も九龍もゲームの雰囲気には合っていて良かったのですが
クセが強い絵だったので第一印象は少し微妙でしたので…。
今作は女の子は可愛いし、男性キャラはカッコイイので入り込みやすいと思います。

・オカルト雑誌の出版社、会社は雑居ビルの一角、乱雑に物が置かれた事務所、
美人編集長や怪しい発明家など、何と言いますか胡散臭さ溢れる感じは良いです。
幽霊やオカルトものには、この怪しさって大切ですからねぇ。

・一概に良い点とは言い難いですが、1話の話が短いので
仲間を取り逃したときのやり直しプレイや周回プレイの時は
ありがたいですね。


×修正して欲しい点
・個人的に一番「う~ん…」と思ったのは、「學園ジュヴナイル伝奇」と
謳っている割には学園もジュヴィナイル感も薄い気が…。
学校はほとんど「登校する→元気か?→放課後→じゃあバイト行こうか」というシーンのみ。
もっと学生らしい、くだらない会話(九龍でいうツチノコとか宇宙人とか)や
日常的な会話とかして欲しかったな。

さらに学園外の話が多い為か、大人の介入も多くジュヴナイルの醍醐味である
少年少女たちの成長と言うのが描かれていないのですよ。
霊の方に焦点を当てるなら、もっと盛り上がる話にして欲しいし…どちらも半端になっており
淡々と事件を解決していっているだけに見えるのが残念。

・キャラの使い捨て感が凄いです。
1話メインの話があったと思ったら、それ以降は全く出番なし。
その為、メインキャラ以外いきなりエンディングで出てきても微妙な気持ちに。
もっと1キャラ1キャラ掘り下げてくれているなら、個別エンドも嬉しいんですけどね。
この状態ではエンディングは共通にして、しっかりしたものを作ってくれた方が良かった。

・システム面は細かいところで不親切な点が多いです。
何度も何度も繰り返し行う「訓練」は同じ会話とイラストを観させられたり(飛ばせない)、
戦闘に前に毎回同じムービーを見せられたり…こちらは飛ばせるのですが
毎回はスタートを押すのは流石に面倒。
このゲームをやって気が付いたのですがVitaのスタートボタンって押しにくいですね。
そのこともあって変にストレスになります。
ムービーは「重大任務」だけで良かったのではと思います。

アイテムの説明など所々文字が小さすぎてかなり読みにくい。

インターバル中に仲間と会話が出来るのですが1画面に5人ほどしか表示されず、
さらにランダムで出てくるので全員に話しかける場合は何度も会社の中を
出たり入ったり…。
などなど、通してプレイをすれば気が付ける点が多いのに何故…?という印象です。

・ストーリーを進める上で必ずやらなければならない重大ミッションですが
パーティが固定されており、無駄に難易度を上げています。
新規加入キャラは装備も何もつけていないので、後半に仲間になるキャラは
ひたすら敵から逃げ回るだけの完全なお荷物。
それなのに4人パーティで2人新規加入キャラとかあります。
こちらがちゃんと育てているキャラ4人を使えたら、楽なのにー!!と思うことがしばしありました。

・戦闘ですが慣れるまでは敵に攻撃を当てることすら、出来ないので相当ストレスが溜まります。
公式サイトからとべる「バトルに勝てない人は要チェック」は読んだ方が良いです。
正直イーグルアイはデフォ装備で良かったんじゃないかな。
敵の行動を予測する上では移動範囲というのは必須なので罠を使わなくなるということもないと思いますし。

さらに味方のAPが低すぎて、序盤は味方をロクに動かすことが出来ません。
まともに動かそうとするとAP6くらい必要なのに、仲間がこのレベルに来るのは
全クリ直前くらいなんですよね。
あと+3くらい追加してくれると、仲間も活躍しやすいのですが…。

キャラの移動ですが後退が出来なくなっています。
前作の九龍では誤って多く進んだ場合、位置を戻せばAPも戻るのに本作ではそれが
出来なくなっており、多く進んでしまった場合はそのキャラの行動を全て
キャンセルする必要があります。
正直、前作出来たことが出来なくなっているというのはドウナンデショウネ。

バッティング(味方と敵が同じ位置に止まる)ですが、何故こちらだけが敵から攻撃を受けて
さらに行動をキャンセルさせられるということになっているのか。
お互いキャンセルとかダメージを受けるなら納得いくのに、不利すぎません?

戦闘モーションもね、飛ばせると良かったですね。
空振りしたときもモーションが入るので1回の戦闘に時間がかかります。

■感想
修正して欲しい点が沢山あり、なかなか厳しい評価を受けている本作ですが決して「つまらない」「クソゲー」という訳ではないです。
「魔人」や「九龍」を作った人なので、期待値がかなり高かったのと
もっと面白くなる要素は揃っているのに…ちゃんとデバッグしたり、ストーリーを作り込んでくれたら良いゲームになっただろうなぁとは思います。

正直言いますと最初は戦闘でストレスが溜まりましたが公式サイトのアドバイスを読み、
仲間を集めて特技を習得、主人公のLv上げをしてAPやステータスを上げると
主人公が無双状態になります。
俺TUEEEE状態が好きな身としては後半はなかなか戦闘が楽しかったです。
まぁここまで持っていくには強い武器を手に入れる為に訓練を何度も行う必要がある訳ですが…。

不親切な点が多く、プレイヤーに我慢が求められるゲームなので
人にはオススメしにくいですが、まぁまぁ楽しめましたよ。

プレイ時間40~50時間くらい


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: