スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】キャプテン・フィリップス:感想

  • 2014/01/21 00:10
  • Category: 映画
キャプテン・フィリップス [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014-03-21)
売り上げランキング: 1,157

映画「キャプテン・フィリップス」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■ あらすじ
2009月4月、コンテナ船、マークス・アラバマ号は援助物資の食糧を積んでケニアに
向かって航海していた。
ソマリア海域に入ったところで海賊に襲われ、あっという間に占拠されてしまう。
船長のリチャード・フィリップスは従業員の解放と引き換えに、自ら人質にされてしまう…。

■感想
観てきました!キャプテン・フィリップス。
評判が良かったので軽い気持ちで観に行ったら、予想以上に凄い映画でした!!
全編通して迫力と緊張感のあるシーンが続き、2時間ドキドキしっぱなしでした。

映画の序盤は船を死守する為、海賊たちとの攻防戦。
海賊たちが船に乗り込んだ後は隠れている従業員を守るために船長と海賊の心理戦。
フィリップスが海賊たちの人質になって狭い救命艇の中に海賊たちと乗り込んでからは
彼らを興奮させないように慎重に事を進めて行く耐久戦と脱出。
どのシーンも「頼むから助かってくれ!!」と願いたくなるシーンばかりです。

トム・ハンクスの演技も勿論素晴らしいのですが、海賊たちの方も凄いですね。
船を襲うが失敗し、母艦に見捨てられ、米海軍に追い詰められて余裕をなくして
興奮状態になっていく姿が本当に怖いです。
いつ何が起こってもおかしくない状態が続き緊張の連続です。

作中で海賊がただ悪者としてではなく、何故彼らが海賊をしているのか分かるセリフが
ちょいちょい出てきます。
変に掘り下げて、お涙頂戴や彼らの行動を肯定するような内容になっていなかったのは良かった。
国自体の貧富の差というどうしようもない状況の中で彼らは必死にあがいています。
海賊のリーダーが何度も「陸に付いたら家族の元に帰してやる」とフィリップスを
励ましたり、海賊たちの発言や行動は矛盾しているシーンが出てきますが
これが彼らの苦しみを表現している気がします。
だからこそフィリップスが救出されたあとのラストシーンはやりきれない思いが強く残りました。
フィリップスが傷の手当をして貰いながら「これは私の血ではない」と言って泣くんですよ。
助かった安堵感もあるとは思いますが、それ以外の思いも詰まっていて…。

非常に良い映画だと思います。
興味を持った方は是非ご鑑賞ください。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。