【SFC】エルファリア2 プレイ日記12:エンディング

elfalia2_212.jpg
エルファリア2のプレイ日記12回目です。
前回残すはエルザード戦のみという所まで進んできました。
最終戦はやっぱり水のフォーメーションで行こう。
何だかんだで、この編成が一番落ち着く(笑)

キバ
ファイトレベル45 マジックレベル46
武器:エクストリム+7 お守り:ラのお守り

シャンゴ
ファイトレベル45 マジックレベル46
武器:エクストリム+7 お守り:運のお守り

リーファ
ファイトレベル46 マジックレベル45
武器:ドミノマダー お守り:速さのお守り

ルーク
ファイトレベル46 マジックレベル45
武器:極氷のロッド お守り:速さのお守り

レベルに関してはいつも45~46くらいなので、足りているはず。

ラスボスのエルザードは属性が"ラ"の為、有効なお守りが1つしかない。
なので、前衛のどちらかに着けておく(正直なくても良い気がするが…)
他のキャラは有効なお守りがないので、ステータスアップ系のお守りを
付けておく。
前衛は強さか運のお守りがオススメ。
ラスボスのエルザードは攻撃力が高いけど、命中率が低めのボスなので
運のお守りの方が良いかもな。
後衛2人は回復が遅くなると前衛が死んでしまうので、速さのお守りを
装備しておく。

先にも述べた通り、エルザードの属性が"ラ"なので、
光属性の装備はNG。

elfalia2_192.jpg
準備も出来たので、エルザードの元へ。
エルザードは人間もエルフも魔物も含め、世界は消えるべきだ!と言う。
(メルドンとグリフは良いのか…?というのは野暮なツッコミかw)
4人はどんなに悲しいことがあっても、世界はあるべきだ!と主張し、
破壊の化身と生み出す化身の戦いが始まる。

elfalia2_193.jpg
久々に戦ったけど、エルザードはやっぱり強い(;´・ω・)
1撃で1,400もダメージを受けるのだが…。
このゲームHPが半分以下(表示が黄色く)になるまで
回復魔法を使ってくれないのが辛いところ。
HP1,200だと表示的には白だけど、エルザードの攻撃には耐えられないんだよな。
回復タイミングの指示出しや回復アイテムで、その辺がサポート出来たら
もっと楽に勝てるのに。

elfalia2_214.jpg
が…頑張れ!ルーク!!
世界の明日はお前にかかっているぞww
ルークがエルザードの攻撃を回避しまくって頑張ってくれましたが、
結局ゲームオーバーになったので、やり直し。

気を取り直して再戦。
エルザードはラスボスだけど、運要素が強いラスボスなんだよなぁ。
エルザードからの麻痺攻撃も、問題なく突破。
しかし敵からの攻撃が激しく、ルークのMPが尽きた瞬間…

elfalia2_194.jpg
やったー!4人が生還した状態で倒したぞ!!!

elfalia2_195.jpg
エルザードは自分の負けを認め、
「世界を生み出すが良い。しかし世界を再生したところで、再び同じ過ちを
繰り返すのでは?」と問てくる。
しかしキバは、「本当はエルザードも世界は消えないで欲しいと
願っているのではないか?」と言う。

思い出せばエルザードは今まで密かにキバたちのことを助けてくれていた。
セーブポイントで全回復してくれるのも、エルザードだしね(笑)

その問いにエルザードは素直に
「そうだ、私は人間を憎みながらも人間を愛してしまった…
 世界を破壊することを望み、力も得たが、世界が消え去ることを望んでいた訳では
 なかった…。」

エルザードさんは元々優しいエルフの王だったからね。
人間に愛する人を殺された為に、目の前の現実を破壊したい衝動にかられたけど
全てを消し去りたい程、憎むことも出来なかった…。
優しい性格故の苦しみだよなぁ…。

エルザードは最後に
「私もラに祈ろう…お前たちの作る世界が素晴らしい世界であることを…」と
言って消えていく。

elfalia2_197.jpg

elfalia2_198.jpg
エルザードが消えると同時に世界が消えてしまった。
そこでパインから貰った「世界のタマゴ」を使うと、世界は無事再生する。
4人は喜ぶ。自分たちの大切な人たちがいることを祈りつつ…
しかし、気が付いてしまったこともある。
世界を再生することが出来たが、自分たちはいったいどうなってしまうのか?
世界が再生した今、キバたちは過去の世界の人間だからね。
どうしても違和感が出てしまうよなぁ…。

elfalia2_199.jpg
「あななたちも生まれ変わるの」と言って、エルルとパインが現れる。
4人も生まれ変わることで、世界は本当にゼロから始まる。
まずはシャンゴが「先に行く」と身体が光り出し、
キバに「また…会えるさ!」と言って消えていくのだった。

次にルークが「じゃあ…僕も行くね」と言って消えていく。
ルーク…凄えあっさり消えてしまったwエンディングでも影が薄いww

elfalia2_202.jpg
残されたキバとリーファ。
キバはリーファに「お前…人間嫌いか?」と尋ねると、
「ううん!好きよ!キバ」と迷うことなく答える。
リーファは割とストレートなタイプなんだね(*´ω`*)

生まれ変わったら、どこかで会おうと約束をするが、
キバはリーファのことが分からないかもしれない…と心配する。
リーファはそんなことない。きっと大丈夫よ。と言って消えていく。
その後、キバの身体も光り出し、全員が新しい世界の住人として
生まれ変わるのだった。





elfalia2_203.jpg
とある村でグリフがエルフに話しかけていた。
グリフの名前はルルク(ルークの生まれ変わり)。
ルルクはニール(キール)に
「イーファ(リーファ)にプロポーズしたのかグリ?」と尋ねる。
ニールは「したけど…気持ちの整理がつかないと言って返事が貰えない」と答える。
今日あるお祭りにも誘うつもりだったが、やっぱり止めてルルクと共に
お祭りに向かう。

elfalia2_204.jpg
イーファは両親から、ニールのこと良いの?と聞かれるが、
何か大切なことを忘れている気がする…と言って、ニールのプロポーズを
受ける決心が出来ないようだ。
気晴らしにお祭りにでも行って来たら?という両親の言葉に出かけるリーファ。

elfalia2_205.jpg
一方シバ(キバ)は両親と仲良く暮らしているようで(良かった)
お祭りに出かけようとしていた。
そこにゲドロ(ゲドラー)が現れ、和やかに会話しているw
ゲドラーは貧乏な商人として生まれ変わったみたいだ。
名前と言い、境遇が少しヒドイのは前世の行いの罰なのだろうか…?
途中、シバはラーナ(レーナ)さんとも会う。
ラーナさんはアモン(ラモン)を探しているようで、彼を見つけたら
声をかけておくとシバは言うのだった。
シバの発言を見る辺り、ラーナさんとアモンは付き合っているぽいね…。
アモンで良いんだ…ラーナさん。
アモンの詳しい描写がないから分からないけど、前世ではあれだけ悪さしていたのに
普通に幸せに暮らしているっぽいんだよな…ラモン。
エルザードと結ばれて幸せに暮らしている方が納得いったのに。

elfalia2_206.jpg

elfalia2_207.jpg
お祭り会場にはドランコ(ドランカ)やDrダモス(ダロス)、トルメス(ヘルメス)博士、
ガジャ(バジャ)、アンナ(ハンナ)がおり、皆楽しそうにしていた。

elfalia2_208.jpg
特別なグラフィックがないキャラも含めて、大体のキャラは分かるのだけど…
ニールがナンパしていたレニルトっていう女性が誰の生まれ変わりなのか分からん。
いつ出て来た人だ?

elfalia2_209.jpg
お祭り会場に来ていたルルクが、とある人間に声をかけた。
その男はシャングと言い、シャンゴの生まれ変わりだった。
この世界には魔物製造機がないため、シャングは人間の姿をしている。
ルルクは「どこかで会ったことがあるような…?」と言うが、
「いや、グリフの知り合いはいないが…?」と返される。
シャングの傍にいた子供を見たルルクは「あなたの子供?」と尋ねる。
シャングは「私の子供だよ」と言うと、シャント(シャンタ)が
ルルクに一緒に遊ぼうと誘う。
二人は意気投合して、遊びに行こうと走り出す。
その時ルルクはシャングの方を振り返り、
「何だが良かったグリ!とっても とっても良かったグリ!!」と言って走り去る。
ルーク!今まで影が薄いとか言ってゴメン!!
お前、人の幸せを一緒に喜べるスッゴイ良い奴だな(´;ω;`)

そういえば…ジェシカとウォルフが出て来なかったけど、どうなってるのかね?
シャンゴがあれだけ二人の幸せも願っていたから、再生した世界できちんと
幸せになっているとは思うのだけど。

elfalia2_210.jpg
ここでシバとシャングはすれ違うけれど、気が付かない二人。
何か切ない…でも、いつか知り合いになって相棒になれると良いなぁ。

シバが歩いていると、突然女性の悲鳴が聞こえてくる。
急いで駆け寄ると、ルルクがイーファにぶつかって転んでいた。
「あっイーファ!ごめんグリ」と言っている辺り、2人は知り合いのようだ。

elfalia2_211.jpg
ルルクとシャントが去ったあと、二人は顔を合わせる。
初対面なのにお互いに懐かしい気持ちになる…
お互いに名前を確かめると、とても とても遠い昔に聞いたことが
ある気がすると言う。
イーファは何故だか分からないが、涙が出てくる。

シバ「なんだかさ…君に会うのをずっと待っていた気がするんだ…」
イーファ「私も…ずっと…ずっと待っていた気がするの…」

elfalia2_213.jpg
エルファリア2 END
キバたちが暮らしていた世界では色々辛いことがあったけど、
再生した世界では皆が幸せに暮らせているようで良かった良かった。

久しぶりにプレイしたけど、面白かったなぁ~。
この戦闘システムは自由度がなさすぎて、苦手…という意見も分かる。
けど、それを気にさせないくらいストーリーが面白かった。

あと音楽も出来が良く、好きな曲が多い。
ただしラスボス戦の曲…おまえだけは別だ。
何でそんな情けない音なんだww

2が好きなので、その内1もプレイしたいねぇ。
システム周りが結構違うらしく、クセが強いと聞きますが…。
そのクセの強さが好きというファンも多いらしいので
いつかチャレンジしよう。
(ソフトは既に購入済み。108円だったw)
スポンサーサイト

【SFC】エルファリア2 プレイ日記11:エルザードさんからの試練…

エルファリア2のプレイ日記11回目です。
人間の本拠地ボアの町。
城の中に入ると、魔物製造機が暴走しているから
止めて来て欲しいとお願いされる。
全く…自分で制御出来ないようなものを使うんじゃないよ。
魔物製造機のスイッチをオフにすると、町でのエンカウントが
止まるので、ドミノマダーを作る予定の人は注意。

elfalia2_175.jpg
製造機を止めると城の中に入れるようになるので
泉の前に立つと、レーナさんの幻が出てくる。
「私はラモンを破滅させ、エルザードを魔物にしてしまった。
 私は罪深い女…」と言うレーナさん(笑)
何だ…コイツ…周りを不幸にする女って自分に酔ってないか(゚Д゚)
キバ、レーナさんよりリーファの方が良いと思うぞ!

エルザードは自分の影を追って結晶世界に旅立った。
どうか世界を再生して、再び美しいエルファリアを作って欲しいと
お願いされる。

レーナさんに導かれて、結晶世界へと向かう4人。
その途中、キバとリーファはパインやその母リシアは
レーナさんの血を引いているんだ。という会話をする。
なるほど…前作主人公のパインはエルフの血も引いているのか。
その辺の話は前作に絡んでくるのかな?

elfalia2_176.jpg
結晶世界に到着。
ここはラが乱れたキバたちの世界のエルファス城。
エルザードやキール、ラモンもここにいる。
エルザードはここで影のエルザードと合体して究極の魔物になり、
「生み出す化身」を倒して、世界を破滅させようとしている。

まずはエルザードさんからありが~い試練。
4属性の化身を倒すとエレメントが貰えるから、それを集めて来いと。
ここまで来たらパパッと決着つけてしまえば良いのにね。
(エレメント集めが面倒くさい)

ついでにエルファス城を探索していく。
ここは前作の話と強い結びつきがあるようで、過去の話が観れる。

・ゾーラはリシア(パインの母親)に相当惚れこんでおり、
 ジョネス(パインの父親)とリシアの両親の結婚式に乱入するゾーラ。
 しかし冷たくあしらわれてしまう。
 ゾーラは二人を強く憎むようになる。

・パイン出産後、リシアはエルルから言われた予言を思い出す。
 もしもエルファリアがムーラニアに負けるようなことがあったときは
 リシアがラの泉に飛び込めば、エルファリアを救うことが出来ると…。
 しかし、そうなったとき生まれたばかりの子供は独りぼっちになってしまう。
 強く生きて…と懇願する。

・ゾーラとパインが戦い、ゾーラが負けると「これでリシアのいない世界に行ける!
 彼女は天国にいて、自分は地獄へと墜ちるのだからな!!」と言って
 リシアの像を作って死亡する。

……何かこの話観ていると前作はゾーラの片思いと執念の話だよな。
リシアからしたら、変な男に一方的に付きまとわれた、かな~り迷惑な話。

その他、前作に関する話がチラチラ出て来ていますが、
2と関係があるのかイマイチ分からんので、省略。

elfalia2_179.jpg
城の外へ出ると古代の魔物製製造工場がある。
中に入ると結晶化したパインがいた。
エルルのかけらが光り出し、エルル本体になる。
エルルは
「やっと会えた…あなたに呼ばれて私は来ました。
 長い長い旅でした…。」と告げる。
前作をプレイしていたら、ここは感動のイベントなのかな?

シャンゴはパインに聞きたいことがある!と言う。
「エルザードを倒せば世界は再生すると聞いた!
 だが、私たちが生み出す世界はどんな世界なのだ!?
 私たちが生み出せる世界は私たちが生きてきた世界なのか?
 それとも私たちが生きてきた世界は既に消えてしまったのか?
 私の息子…シャンタや妻のジェシカ、その夫のウォルフは新しい世界で
 生きているのか?
 もし新しい世界に彼らが含まれていないのなら、世界の再生は無意味だ!」
とシャンゴは言う。
妻の再婚相手のこともちゃんと含めている辺り、シャンゴさんは大人でっせ(笑)
まぁ、言われてみれば、いくら世界が再生すると言われても
自分たちの大切な人がいない、自分たちとは全く関係のない世界が生まれると
言われたんじゃ頑張れないもんな。

elfalia2_180.jpg
しかし、パインは何も答えない。
どうやらエルルや皆を導くことと、世界を再生させる為に必要な<世界のタマゴ>を
作ることに力を使い果たしてしまっていた。
エルルは「あなたたちの心が世界を作るの…この長い旅はその為にしてきた」と
語る。

パインは姿を保つ力も使い切ったようで、静かにいなくなる。
そしてエルルもルークに「ここまで連れてきてくれてありがとう」と礼を言い、
消えていく。
これで今まで自分たちを導いてくれていた人たちが皆いなくなってしまった。
今度は自分たちの足でしっかり進んで行かないといけないんだな。

4人は新しい世界が自分たちが生まれ育った世界であること、
でも禁断の森もなく、禁止官もいない、
人間とエルフが仲良く暮らしている世界であることを願って
エルザードとの戦いに挑むことを決意するのだった。

エルザードと戦うには4属性の化身を倒さなければいけない。
城の入り口にある像から<火>属性から行くと良いよ~と教えて貰ったので
火の塔へと向かう。
最終ダンジョンということもあり、各塔ではレベルMAXの宝石が手に入る。
が、敵が強いこと強いこと。
ザコ戦でも全力でいかないと全滅させられる。
幸い、ダンジョンの入り口に回復ポイントがあるので、ここでしばらく
レベル上げと武器を作り。

…と思っていたのだけど、火の塔だとスタールビー(火属性のレベルMAXの宝石)が
なかなか落ちない。
ゲイボルグを2本持っているのならば、水の塔に行った方が宝石集めは効率的に行える。
とりあえずレベル上げと4属性の最強武器を作り終わったら、各塔のボスの元へ。

elfalia2_183.jpg
最初に倒すと良いと言われた<火>の化身、サラマンダーとバトル。
お前…ここのダンジョンに出てくるザコ的に色違いか…。
扱いも雑だし楽勝でしょ~wと思って挑んだら、バーンで麻痺→マグマで大ダメージという
コンボを撃ち込まれ、シャンゴさんが何もしないで場外へ吹っ飛んでいく…。
キバ以外のダメージがデカすぎて、回復も追いつかねぇ…という状態に。
シャンゴを犠牲にすれば勝てないことはないけれど、レベル上げの関係で
犠牲は出したくない!ということでリセット。

色々試行錯誤をしてみたところ、守りは捨てて全力で行った方が良いと判断。
後ろ二人は「速さのお守り」を装備して、回復を優先する。
キバは水王刀、シャンゴはムラマサメイルと水属性の武器を装備させる。
これで前衛はダメージがかなり軽減され、さらに後衛は麻痺からの回復が早くなる。

結果、4人揃って生還!火のエレメントをゲット!!
しかしギリギリだった…。セーブポイントまでの帰り道が辛い。
HPもMPも尽きている為、とにかく逃げるしか手はない!

elfalia2_184.jpg
火の塔が終わったので、次は風の塔。
ここはザコ敵の攻撃力が高く、さっさとボスの所へと行ってしまった方が良い。
ボスはグリフォン。
お前も以前出て来た敵の色違いかい!?
名前は立派なのに…使いまわしかぁ。
グリフォンは弱く、サクッと終わった。

elfalia2_185.jpg

elfalia2_186.jpg
その後は土、水の塔の順で攻略していく。
いや~土の化身スフィンクスも水の化身クラーケンも
あっさり倒せた。
というか、最初に戦ったサラマンダーが異常に強すぎ。
誰だよ!最初に火の塔を目指せとか抜かしたの!!
コイツが一番強いじゃねえか!!!

elfalia2_187.jpg
4つのエレメントを持って、エルファス城へと戻ると
結晶の扉が砕けて、先に進めるようになる。
エレメントがラのお守りに変化。
ラのお守りは全ての属性に強い…んだっけ?(うろ覚え)
重要なのはそこではなく、エレメントがラのお守りに変化したことで
アイテム欄に余裕が…っ!!
元々所持できるアイテム数が少ないのに、印やらエレメントといった
貴重品でアイテム欄が圧迫していたからね。
今まで冒険してきた中で一番嬉しかったww

elfalia2_188.jpg
これでエルザードの元へと行けると見せかけて、今度は闇の回廊が待っている。
しかも敵がまた強い…( ゚Д゚)
あらヤダ…1撃で1,000近いダメージを受けるわ。
早く光属性の武器を手に入れなければということで、
影の槍×ダークストーンで光のレイピアを作成。
光のレイピアは後々、オリハルコンと合成して最強武器エクストリムに
進化させるので多めに作っておく。

elfalia2_189.jpg
とりあえず3本用意したところで、闇の回廊の最後に待つダークアードとバトル。
コイツはダークという闇魔法を使ってくるのですがぁ、これまた麻痺効果があってね。
連発されるとハメられてしまい、ロクに攻撃も出来ずに前衛が全滅…ということもある。
こればっかりは運なので、何度か挑んでみるしかない。

ダークアードを倒すと、今度は光の回廊へと続く。
ここではオリハルコンが手に入るので、エクストリムを2本作っておく。
なお、エクストリムは刀で、リーファが装備出来ない。
もしリーファを前衛で使いたいなら、光のレイピア×プラチナでグングニールが
作れるので、これを装備させると良い。

elfalia2_191.jpg
エクストリム×2本とグングニールの育成も終わった所で、光の化身ルミナードとバトル。
エクストリムの神聖斬魔剣が強いこともあり、ダークアードと比べても
楽に勝てる相手ではある。

ここで来たら、あとはラスボスのエルザード戦のみ!
次回で終わりだー!!

【PS3】運命の洞窟 THE CAVE:感想

タイトル:運命の洞窟 THE CAVE
ジャンル:パズルアドベンチャーゲーム
ハード:PS3またはWii U
料金:1,000円

※今回は友人宅でプレイさせていただいたゲームの為、
画像等はありません。

物語の舞台は、喋る洞窟【運命の洞窟】。
運命の洞窟に入り、無事脱出を果たすと願いが叶うと言われている。
そこに各々の目的の為に集まった7人の主人公。
彼らは目的を叶えるために、洞窟の突破を目指すのだった。

彼らの旅の目的は…

騎士:至高の権威と名声を持つ剣を探す。
村人:己の恋人を探す。
科学者:全人類にとって貴重な発見をまじかにしている。
タイムトラベラー:幾万年もの時を超え、歴史を正すために来た。
冒険家:行方不明となった友と古代の秘宝を追い求めている。
双子:願いは外で遊ぶこと。自由を求めている。
僧侶:彼の旅を満たすのは平安と悟り…そして殺し。

プレイヤーはこの中から3人のキャラを選び、洞窟の中を探索していくことになる。
洞窟の中を進んでいくと、各々の「心の闇」と「過去に犯した罪」が見えくる。
どのキャラも己の私利私欲にまみれた奴らで、一筋縄ではいかないブラックユーモアが
利いたゲームです。
またね、程よくジョークを交えながら、彼らの闇を明かす「運命の洞窟」役の
銀河万丈さんが、良い味出しているのよ(*´ω`*)
ゲームの雰囲気としてはディズニーランドのホーンテッドマンションをゲーム化した
ような感じです。

ゲーム内容としては各キャラの特技や洞窟内に落ちているアイテムを駆使して
仕掛けを解いていくパズルアドベンチャーゲーム。

各キャラの能力は

騎士:能力発動中、無敵になる。
村人:水中の中でも息切れしない。
科学者:ハッキングして特定の仕掛けを動かせる。
タイムトラベラー:テレポートして、壁をすり抜けられる。
冒険家:フック&ロープを使い、向こう岸に移動できる。
双子:自分たちの魂を解離させ、一部の仕掛けの動作を止めておくことが出来る。
僧侶:念動力でアイテムを引き寄せたり、手の届かない場所の仕掛けを動かす。

今回のプレイでは、冒険家・タイムトラベラー・双子に。

操作方法は最近のタイトルだと「Limbo」が近い。
一般的なアクションゲームと変わらないので、すぐに慣れると思います。

ただ、Limboとの大きな違いは、プレイヤーは3人のキャラを切り替えて
動かしていくことになる。
(L1と十字キーでキャラを切り替えていく)
定期的に3キャラ揃わないと解けない仕掛けが出てくるので
1人プレイの時は3キャラ全員を動かす必要があるので、やや大変。

※最大3人まで同時に遊べるので、複数で遊べる場合は
 手伝って貰えると、キャラの移動がかなり楽です。

ステージは最初は共通ステージですが、あとは各々の過去にまつわるステージが
用意されている。
ここで、彼らが「犯した罪」を再現させられる。

謎解き要素が難しいと聞いていましたが、この手のゲームにある程度慣れている
プレイヤーからすると、正直そこまで難しい要素もないです。
利用できるアイテム数が少ないのと、アイテムに近づくと名前が表示されるため
仕掛けを見れば、この辺のアイテムを使うんだなぁと何となく分かる。
とりあえず詰まったら周囲をしっかり確認することが大切!

エンディングは各キャラ、バットエンドとグッドエンドの2種類が用意されている。
彼らの過ちを正すことが出来るかどうかでエンディングが変わる。

1周のプレイ時間は5時間程度。
ただ全キャラのストーリーを見るとなると周回プレイが必須なので
10時間近くは遊ぶことが出来る。

とにかくブラックユーモアが効いたストーリーと世界観が魅力的。
ゲームの難易度はあまり高くないので、公式PVの雰囲気が気に入った人は
プレイして見ると楽しめると思います。

【SFC】エルファリア2 プレイ日記10:ひたすらレベル上げ

エルファリア2のプレイ日記10回目です。
ゲームも終盤まで来ているのですがぁ…ここら辺から
新しいエリアに行くたびに、敵がガッと強くなるので
毎回レベル上げを行う必要が出て来て、プレイ時間の割には
ストーリーが進まない(´・ω・`)
自動戦闘だけど、戦闘のテンポが良いとは言い難いので
意外と時間がかかるんだよね。

elfalia2_157.jpg
さてさて、宝石集めをしているとキバの母親がいるユノの町にも来ることが出来る。
折角だから母ちゃんに顔でも見せておくかねぇ…と思って
家に立ち寄ってみると、知らない家族が住んでたΣ(゚Д゚)
村の中を探し回ってみるとフラウドさんという男性のお宅にお世話になっている様子。
フラウドさんは昔からマリアの面倒を見ているらしく、今後もお願い出来るようだ。
マリアは目が見えないからね、誰か様子を見てくれる人がいるなら
安心だ~と思っていると、本棚には1冊の日記が…

どうやらフラウドの日記のようで、ベータとキバがいなくなってから
研究に没頭するマリアの様子が書かれていた。
マリアは早く研究を終わらせて、キバを探しに行きたいと切実に
願っていたようだ(´;ω;`)ブワッ
良かった…良かった…子供に興味がなかった訳ではないんだね。

ところがフラウドはベータの居場所を掴んでも教えなかったり、
挙句の果てにマリアの目が見えなくなったことで、自分の傍から離れることが
なくなったことを喜んだりする文面が…
ダメだ…このおっさんに母ちゃんを任せたらアカン…。
いや…そりゃね、何の下心もなく他人の世話なんてするはずないよなぁ。

えーと、とりあえず母ちゃんからバルログラムとミスリルをメルドして
ウルテマードを作れと教えて貰った。
素材のどちらも持っていないので、宝石集めのついでに
ゆっくり探していくかねぇ。

宝石を集めてワープ装置で移動しているうちに、ムーラインに到着。
ここからなら歩いてザザに向かえる!
ムーラインの村を久しぶりに探索してみると、エルフの村なのに人間の姿も見える。
話を聞いてみると、禁断の森が広がってきた影響でザザの人々が避難してきたようだ。
しかし、キールがムーラインに現れ、魔物を放った為にエルフも人間も怯えている様子。
エルフの長老(リーファの父親)のユーワンが立ち向かったところ
怪我をして帰ってきた。
アイツ、人間だけじゃなくてエルフまで苦しめて、どうするんだ…?

elfalia2_158.jpg
村の東口の方にベルゼブブが待っているので、ボス戦。
どこかの石碑に書いてあったゼブブキラーを作って育てているなら
苦戦することもなく、勝てる相手。
サクッと倒してしまいましょー。

elfalia2_159.jpg
ベルゼブブを倒すとムーラインは平穏を取り戻す。
リーファの家にお邪魔すると、弟のラムが駆け寄ってきて
「お姉ちゃん行っちゃうの?ここでキバさんと結婚すれば良いのに!」と言ってくる。
おおう…子供のストレートな発言は怖いねぇ(笑)

過去のエルフの王、エルザードが人間の娘デイリリと結婚をしたことと
二人を重ねているようですが、キバとリーファはきっぱりと否定。
一応姉ちゃんにはキールという婚約者がいるんだよw
この段階だと二人の心情は謎だけど。

リーファの父親と義母に話しかけると、リーファは「お母さん、お父さんのことお願いね。」と言う。
義母のエルナは初めて「お母さん」と呼んでくれたと喜ぶ。
再婚に関して最初は複雑な心境だったリーファも、キバやシャンゴの家族を見て
受け入れることが出来たということか…。
いやぁ、良かった良かった。
シャンゴに続き、リーファも良い方向に進んで行っているね。

elfalia2_160.jpg
ムーラインからザザは近いのですが、地上の道は森の拡大の影響で
通れなくなっているということで、グリフの村を経由して戻ることになる。
グリフの村に行くと、16人の勇者の中で唯一の生き残りだったパピ王が
亡くなっていた…。
さらに村では異変が起こっており、グリフたちの姿が変わってしまっているという。
ルークの友人(ライバル?)ペペがそのせいで岩穴から出て来ないと聞いたので
見に行くと、メルドンの姿になっていた。
あー先祖返りしているのか。

ルークが「その姿は僕らのご先祖様だよ」と伝えると、安心をしたようで
岩穴から出てくる。
お礼にブロンズとルビーを持ってきてくれたら、極氷のロッドを作ってくれると。
遂にヒール4が来た!!
いや~HP800あるのに、回復力200のヒール3じゃ辛くて辛くて…。
しかし、素材が揃ってないので先に進むことに。

ついでに村の中にはルークの母親もいました。
前回訪れた時もいたっけ?イマイチ印象にない…。
と、いうかルークってパーティの中だと空気だよな。
イベントにも大して絡んで来ないし、他のメンバーみたいに大きなイベントもない…。
エルルの言葉を伝えてくれるだけの担当で、扱いが可哀想(´・ω・`)
いや、逆に考えると不幸なイベントがないからラッキーボーイなのかもしれん。

さて、ザザに到着するもイベントマークは反乱軍がある風の丘の方に付いている。
先に反乱軍のアジトに立ち寄って行けということね。
ヘルメス博士からキールがザザに魔物を放ったということ、
ザザという土地は天然の魔物製造機で、キールはその力を利用して
究極の魔物になろうとしていること。
キールが自分の影と合体し、エルザードになったときは
ゲイボルグという武器で対抗すれば良いと教えてくれる。
ゲイボルグの作り方は、この本に記しておいた!と言ってヘルメスの書を
くれるが…恒例の「持ち物がいっぱいです。」
いや、こんなもんわざわざ本にするなよ。口頭で良いだろ。
この先に出る<光の宝石>と<光の武器>をメルドして、<ラの武器>を作れば良いんだろ?
ということで、本は読まずに捨てるww

ザザに行くと町では闇の魔物が出現、寺院の手前では光の魔物が出現する。
まずは闇の魔物からデモンズストーンという闇の宝石を2つ奪い、デミルーンを作る。
その後、光の魔物からシルバーが貰えるので、デミルーンとメルドするとゲイボルグが完成。
ついでにザザではルビーとブロンズも手に入ったので、グリフの村に戻り
極氷のロッドを2本作って貰う。

ザザにいるザコ敵は結構強いので、極氷のロッドのブリザードを
上手く使ってレベル上げをしておくと良いですぞ。
確率はあまり高くはないけど、レオポルドというザコ敵がルビーも落としてくれるので
風属性以外の武器も強化しておく。

elfalia2_163.jpg
準備も終わったところでザザ寺院の地下へ。
中に入るとキールが「お前たちをここへ連れてきた時のことを思い出すな」と語る。
確かにね、皆キールによってここに集められたんだよなぁ。
そして再びキールを追って、ここまで戻ってきたんだ。

ゾーラ(前作ラスボス?)はここで自分の影と重なることで、さらに力を得た。
キールも同じように、ラモンを自分の影の魔物にして取り込もうとしていた。
…まぁ、ラモンなら助けなくても良いかw
二人は合体をしてエルザードへと進化する。

elfalia2_164.jpg
といっても、このエルザードは光属性なんだよね。
一応ラの武器ゲイボルグを2本作ってきたから楽勝楽勝…
喰らえ!聖王封印剣!!
1,663のダメージ!!?

1,000越えのダメージって初めてみたぞ…何だこれ。
前衛陣が4回ほど聖王封印剣を使ったら、戦闘が終わった。
いくらなんても弱すぎて、犠牲になったラモンに同情してしまうレベルだわ。

elfalia2_165.jpg
キールは突然苦しみだし、誰かが俺を呼んでいる!?と言って立ち去ってしまう。
エルザードを倒したと思いきや、シャンゴは「これでようやく影のエルザードが
生まれたんだ」と言う。
詳しい話を聞こうとすると、突如目の前にデイリリ王妃(レーナさん)の幻影が。
魔法戦争の時の様子で、人間とエルフが争うのを止めようとしている。
どうやら記憶を取り戻しているようで、キバ・シャンゴ・リーファ・ルークの
四人に助けを求めている。
レーナさんに導かれるようにして、四人は再び過去のエルファリアへ。

elfalia2_167.jpg
過去に着くとレーナさんの姿はなく、人間とエルフが戦っているところだった。
レーナさんは争いを止めようと人間の所に赴くが、怪我を負った。
その怪我がきっかけで記憶を取り戻し、ラの泉へと飛び込んだのだった。

今までの話だと、人間がエルフに戦争を仕掛け土地を奪ったと言われていたけど、
実はエルフが人間を奴隷のように扱い、耐えきれなくなった人間が
自由を求めて戦いを起こしたみたいだね。
だから人間だけが一方的に悪いわけではない。
さすが、ハドソンはこういうネタを仕込むのが上手いね。

elfalia2_169.jpg
ムーラインの城ではエルザードが魔物化しようとしているところだった。
四人は急いで向かい、エルザードを止めようとする。

elfalia2_170.jpg
ところがルークの持つ、エルルのかけらが突如光り出し、エルル本来の姿に戻る。
そしてエルザードを止めてはいけないと言う。
今、エルザードを止めたら、時の流れがさらに乱れて世界は再生する機会を
失ってしまうと…。
エルザードが魔物化しないと、ラを破壊する化身が生まれないからだよね?
エルザードが魔物化するかどうかはラは乱れには関係なくて、
世界が続いていくとラの乱れが進んでいく。
エルザードが魔物化しないと破壊する化身が生まれない=生み出す化身との戦いが起こらず
このまま滅亡するということだろう。

それを聞いたエルザードは自分が魔物になるのが運命だと悟る。
魔物となったエルザードはエルファスへと旅立っていくのだった。
そして四人の勇者をエルファスへと導くのがレーナの本当の役目だとエルルは語る。

キバ「何故こんなことをしないといけないんだ!何故世界は壊れないといけないんだ!?」
とエルルに怒りをぶつける。
エルル「あなたたちを導いているのは私ではない。私もあの人の強い悲しみに呼ばれている者…」
と言って消える。

シャンゴ「エルザードは我々の世界のエルファスに向かった。
     魔物となったエルザードを呼んでいるのも…キールやかけらとなったエルルを
     呼んでいるのも…そして私たちを呼んでいるのも、皆パイン様だ。」と教えてくれる。

シャンゴは昔結晶化したパインに出会っている。
その時のことを思い出したことで、パインが何をしようとしているのか
これから何が起こるのか分かっているんだね。
四人は結晶化した禁断の森に向かい、パインに会いにいくことにする。

エルファスに向かうには火の聖地ダゴンへ行くのが良いだろうと
村人から教えて貰う。
そういえば、まだ火のドラゴンと戦ってなかった。
すっかり忘れていたわ。

elfalia2_171.jpg
そうそう、エルフの王エルザードとデイリリ王妃の間には子供が
生まれてました。
あんなにモテモテだったレーナさんのハートを射止めたのは、エルザードだったよ(笑)
人間とエルフの血を引く子…この子が2つの種族の争いを止めてくれるはず…と
乳母らしき女性は語ってくれましたが、この辺は前作の話かね?

エルザードがもし自分が魔物化して、見境なく攻撃をするようになったら
ザザに封印しろという書物を残していた。
その書物には、エルザードと戦うなら究極の武器「エクストリム」を作れと書かれていた。
エクストリムは光のレイピアにオリハルコンをメルドすることで生まれる。
さらに「ラ」属性の敵と戦うときは「光のお守り」は外しておけと。

火の聖地ダゴンに到着。勿論水のフォーメーションにするのだけど
リーファがヒール4を使えないため、回復が追い付かず辛いww
ザコ戦でも油断をすると、仲間が退場していくことがある。
一層のこと火のフォーメーションで戦った方が楽かもね。

elfalia2_174.jpg
レッドドラゴン戦。
何か知らんが、こちらが技をえらく外しよる…。ピチュン(攻撃を外した音)、ピチュン。
ボスの回避が高いのか?
技を外しまくったせいで通常攻撃で戦う羽目に。
さらに意外とボスが固く、後衛陣のMPとの戦いになってきたぞ。
こういう時、回復アイテムが使えたら良いのになぁって思うよ。

何とかレッドドラゴンを倒して、火の印をゲット。
火の門を開けて、しばらく歩いて行くと人間の本拠地ボアに到着。
村の中にある石碑にはムラマサの剣×ゴールドで、ドミノマダーが出来ると記されていた。
これにはヒール4が付いており、リーファもようやくヒール4が使用可能になる。
いやぁ…良かった良かった。ドミノマダーを育てるついでに
最近水のフォーメーションばかり使っていたので、そろそろ入れ替えるかね。
レベル上げ…してきますよー!!

【SFC】エルファリア2 プレイ日記09:宝石を求めて…

エルファリア2のプレイ日記9回目です。
ルビーの剣の育成も粗方終わったのでゲドラー討伐の為に
ロマの大神殿を進んでいくと…

elfalia2_138.jpg
再びシャンゴが苦しみだした!?
ラの流れたまた大きく乱れようとしている!と言い、第三形態に進化ww
シャンゴさんは優秀なラの流れ探知機ですね。

elfalia2_139.jpg
第三形態はモンスターというよりもロボットだよなぁ。
ちょくちょく姿が変わるシャンゴですが、属性が変わったり
能力がアップしたり…ということは全くない。
本当に見た目が変わっているだけ(笑)

先に進んでいくとラモンが足止めをくらい進めない部屋が出てくる。
属性の描かれた部屋の中にある前作の勇者の肖像画…
部屋の中にある属性と同じ属性の勇者を選べば良いのだろうけど、
前作をプレイしてないので分からん!!

今までの旅の途中でも散々前作の16人の勇者についての本があったけど、
流し読みしかしてないし、一度読んだら後はスルーするだろ(#^ω^)
幸いにも正しい肖像画を選べば、ラモンが立っている扉のランプが点くので
それを確認しながら謎を解いていく。

全属性正解すれば扉が開き、ラモンが勝手に先に進んでいく。
ここら辺でキバが「アイツどうやって1人で、こんな場所まで登ってきているんだ?」と
疑問に思う。
まぁね、メルドが禁止されている以上、光の武器なんて作れるはずないし、
そこんじょそこらの武器で闇の魔物と1人で戦えるほどラモンは強そうにも見えない。

elfalia2_140.jpg
先に進んだラモンは<ラゼルの日記>を探していたようで、持ち去ってしまう。
しかもゲドラーとの戦いは君たちに任せるとか言ってるし。
どうせ手柄を横取りするつもりだろ?
勇者になりたいと言っている割にやっていることが、セコイんだよな…。

elfalia2_142.jpg
さて、ゲドラーとの戦い。
前衛は光の武器ルビーの剣を装備しているので、攻撃面は全く問題なし。
今回のプレイではゲドラーが「ポイズン」をひたすら連発してくる。
そんなにこっちを毒状態にして、何がしたいんだ…?と思っている内に
倒してしまったΣ(゚Д゚)
まさかノー回復で勝つとは(笑)
ゲドラーさん、いくら何でもヤル気なさすぎなんじゃないですかね?
あなたの部下の四魔神官の方が頑張っていたよ。

elfalia2_143.jpg
ゲドラーは死に際に
「パイン様!私はあなたの教えを広め、守ってきただけです!!
 パイン様、私を…私をお助けください!!」
とパインに助けを求める。
権力を手に入れる為に、パインの教えを悪用して来たリしていたけど、
根の部分では熱心なパイン信者だった訳でもあるのか。
色々やりすぎていたけど。
そう思うと複雑な気分になるな。

elfalia2_144.jpg
ゲドラーを倒した後、神殿の外からはラモンを絶賛する声が聞こえてくる。
ラモンは勝ち誇った顔で
「フフフ…残念だったな諸君。君たちは誰もが認める勇者パイン様によって
 禁止されている<メルド>を使っている。
 その力で悪を倒しても誰も認めてくれんよ。」と言ってくる。
別に勇者になりたくて戦ってきた訳ではないが、流石にウゼェ…
コイツに力が付くと厄介だから、上手いこと蹴落としたいなと思っていた矢先、
キバのお得意の推理が始まる。

何故ラモンがモンスターがウヨウヨいるような場所に一人で入っても大丈夫なのか?
メルドで作った武器も持たずに…そう、キバの親父さんベータが持っていたはずの
<ラの杖>を武器に戦っていたから。
誰かが<ラの杖>を悪用しようとしていたのに気が付いたベータは、ラの杖を隠そうとしていたが
誘拐され、魔物にされた。
<ラの杖>を持っている奴が誘拐犯だ!とキバは言う。
いや~キバさん、それだけじゃ証拠としては弱いっすわ~
拾ったんだ!!とか言われたら、反撃出来る証拠がないよっと思って見ていたら
カナーナの反乱軍のリーダー、マチルダが
「私も真実は知っているわ。あなたがゲドラーを倒した訳ではないと。
 私たちはゲドラーを倒すために戦っていたのよ!もう、ゲドラーのような人は要らないの!!」と
加勢してくれる。

elfalia2_147.jpg
ラモンが癇癪を起すと、キールの声が聞こえてくる。
キールは究極魔物になるために、<光の魔物>を作ろうとしていた。
<光の魔物>×<光の魔物>=<ラの魔物>になる為に。
もう一人の<光の魔物>はラモンになって貰うと言って、キールはラモンを攫うために来たようだ。
どうぞ、焼くなり煮るなり好きにしてくださいw
キバとリーファに「俺を倒したければザザ寺院へ来い!」と言って立ち去っていく。
キバの名前を呼ぶなら、ルークとシャンゴの名前も呼んでやってくれよ。
可哀想だろう!!

elfalia2_148.jpg
キールが立ち去った後、ロマは突如大地震が起こり、海の中へと沈んでいく。
ロマにいた人々は全員海に流されてしまうのだった。

elfalia2_149.jpg
意識を失っているときにシャンゴは昔、自分が魔物にされて
研究所から脱走、禁断の森の中を彷徨っていた時にパインに出会っているのを
思い出した。
シャンゴはパインに命じられてベータと出会っていたのだと言う。

elfalia2_151.jpg
ついでにリーファがラモンから<ラゼルの日記>を盗んでいた。
この娘やりおる…。
ラゼルとは、パインの奥さんのことで、パインが禁断の森で行方不明になった時のことを
詳しく書いてくれていた。
パインの研究ではラは4つの力を組み合わせることで出来ている。
魔物製造を行うとラの力が乱れて行っているが、魔物製造の原理は<メルド>と同じ。
もしかしたら<メルド>を行うと、同じようにラの乱れるのかもしれない…と懸念していた。

パインがいなくなってからは、その研究を16人の勇者の一人、カーラモンが引継ぎ、
<メルド>自体を禁止してしまった。
彼は慌て者だから、やりすぎてしまわないか心配だ…と記されていた。
実はパインは<メルド>は魔物製造と同じ原理で作られているので危険なものかもしれない…と
言っただけで、まだ禁止とまでは言っていなかった。
ゲドラーやラモンは絶対的な力を得るために、メルド禁止令を利用しつつも、
自分たちは裏で魔物を作っているという状態だった。

エルルはラを破壊する化身<究極の魔物>とラを生み出す化身の四人の勇者たちが
戦うことでエルファリアの運命が決まると語る。
キバたちは危険だと言われているメルドをこのまま使い続けて良いのか迷うが、
自分たちが<究極の魔物>と戦わなければ、世界はただ破滅を待つだけになる。
そして自分たちの武器はメルドしかないと、危険な可能性を知りながらも
使い続ける決心をするのだった。

elfalia2_152.jpg
流れ着いた先の手がかりを得るために、村の方に行くと
ウォルフ(シャンゴの元妻の現夫)が村人たちから糾弾されていた。
村人たちは今までゲドラーや神官たちに受けていた仕打ちを
やり返そうとしていた。
それに巻き込まれるジェシカとシャンタ。

あまりの仕打ちに見ていられなくなったシャンゴは皆を止める。
ウォルフはジェシカとの再婚をすまないと謝る。
シャンゴはジェシカとシャンタを頼む!と言って立ち去るのだった。

キバが「これで良かったのか?」とシャンゴに聞くと
「俺はこの身体だぞ。これはどう見ても魔物だ!
 魔物と人間が一緒に暮らせると思うか!?」と自嘲する。
しかしキバは「シャンゴはどんな姿になろうと人間さ!」と返答する。
最近シャンゴが自分の姿が魔物化したことで苦しんでいる描写がチラチラあったけど、
このセリフで少しは楽になったのではないかな?

elfalia2_153.jpg
さらに村の出口に向かうとシャンタが追いかけてきて
「お父さん!必ず帰ってきてね!!」と言ってくれる。
お…お父さんって呼んでくれたよ。
今まで辛いことが多い旅だったけど、良い方向に向かってきてるね。

elfalia2_156.jpg
さてさて、このままザザ寺院に向かいたいところではあるのだけど、
ロマが沈んでからは禁断の森の浸食が再び始まり、世界の状態が大きく変わっていた。
そこで一行は名メドラーのジェシカの父親、ツァラスを頼りにエルム廃鉱へ。

elfalia2_155.jpg
ここ、昔は水属性の魔物が出ていたのに、今では光属性の魔物が出るようになってる…。
とりあえずルビーの剣とメテオライトをメルドしてエストークを作っておく。

ツァラスの話ではエルム廃鉱を抜けたところにエルフの遺跡があり、
4つのワープ装置があるという。
これを使ってザザ寺院の近くまで行くことが出来れば良いが…ということらしい。
ワープ装置は宝石を源力に動く。
必要な宝石は黒メノウ・ジャスパー・キャッツアイ・ソルライトの4つ。
ジャスパーはエルフの遺跡に着く少し前の宝箱から入手出来ているので、
そのまま1つ目のワープ装置を起動させる。
(間違ってメルドやチャージに使っていたら、面倒だけど少し戻って炭鉱の出口付近の
 敵から手に入る)

さぁ、ここから頑張って宝石集めしてくるよ。
新しい宝石が出たことで、今まで使っていた武器より
さらに強力な武器も作れるようになったしね(;´・ω・)
その辺も進めるかな~


【SFC】エルファリア2 プレイ日記08:四魔神官全滅

elfalia2_117.jpg
エルファリア2のプレイ日記8回目です。
魔法戦争が起こる前に来たキバたち。
地上にはエルフとグリフが仲良く暮らしていた。
どうやらグリフはメルドンが変化した姿みたいだね。

エルフに話を聞くと、最近森から"人間"という生き物が
出て来ているらしい。
人間は森の中は魔物がいっぱいだから、外に住むたいと頼んでいる。
エルフたちは快く引き受けてくれて、一緒に暮らそうとまで言ってくれる。
この何百年後に、人間がエルフたちを追い出すために戦争を起こすって
考えると悲しいねぇ…。

elfalia2_118.jpg
ブルージェムを手に入れるために、森の中に入るが…
出てくるザコ敵が皆無属性の上にクリットを連発してくるので
やたらと強い(#^ω^)
敵の強さに対して経験値はあまり上手くないので、レベル上げは
無理にせずに、さっさと探索してボスに突っ込んだ方が良いかも。
ボスのディラノザウルスはザコと戦えるレベルになっていれば弱い相手。

ブルージェムを入手して、レーナさんの所に戻ると
現代に戻るために、再び時空の中を移動する。
ところが途中でレーナさんとキバたちははぐれてしまうのだった。

elfalia2_119.jpg
レーナさんがどこの時間軸に落ちたかというと…
人間とエルフが冷戦状態(魔法戦争直前)の時代だった。
時空からはじき出された衝撃からか、レーナは記憶を失っており
エルフの王エルザードによって保護されていた。

町の中にある本などにエルザードの過去についての話があるのだけど、
元々エルザードは心優しいエルフの王だった。
人間の娘デイリリを愛し妻に迎えたが、デイリリは人間とエルフの争いを
止めるために、人間の元に赴き殺されてしまった。
怒り狂ったエルザードは自身を魔物へと変えて、今もなお人間を滅ぼそうと
している。

つまりデイリリ姫=レーナさんということだった。
…しかし、レーナさんはやたらと男にモテるね。
本人にはその気がないのに、周りはレーナさんのことで争ってばかりだ。
恐ろしい子っ!!(笑)

キバたちは無事自分たちが住む時代に到着。
レーナさんについては「レーナさんは俺たちを導くのが役目。俺たちが進む道のどこかで
再び交わってくるはず。また会えるさ」と意外と気楽だったw
まぁ、レーナさんが途中で別の時間に落ちたのはエルザードによって
導かれたんだろうね。

elfalia2_121.jpg
一方、ゲドラーはサラマンデスがやられたことで、四人の勇者が
自分を倒しに来るとビビっている。やーい
さらなる力を手に入れるために、ダロスを呼び出し闇の魔物へと
姿を変えたのだった。
…ハエ?どんなに強くてもこの姿にはなりたくないなぁ。

elfalia2_122.jpg
ゲドラーは自分より強い魔物を作り出す可能性があるダロスを殺そうとする。
そこにキールがダロスを助けに来てくれる。
いや~このイベントはゲドラーがものすごくアホなので、見て欲しいw
身体が横に広いから細い通路が通れないww
通路ぐらい破壊して追いかけろよwww

elfalia2_123.jpg
キバたちが森を出ると、村にはラモンとカナーナの反乱軍のボス、マチルダが来ていた。
ラモンは「レーナのことは俺を陥れるためにワザと別の時間に落としたんだ!
そうまでして勇者になりたいのか!!こんな奴らと一緒に戦えるか!!?」と怒る。
私を陥れようとしているとか、悪いことしてないのにやったと周りに言いふらすとか…
大きな戦いが起ころうとしているのに、何子供のケンカみたいなことを言っているんだ(呆れ)
キバも証拠を揃えてからじゃないと、周りの人は納得しないといい加減学びなさい!めっ!!

と、シャンゴさんが「ゲドラーとの戦いが終わるまでラモンのことを悪く言わない。
お前が尻尾を出し、新しい証拠が手に入るまでな」と約束をする。
やっぱりこの中で一番大人はシャンゴだわ。
シャンゴは最後に「ラモンはラモンの運命によって裁かれるだろう」と言う。
このセリフカッコいいな。

elfalia2_124.jpg
水の聖地ハンブを復活させるために、近くのエルフの遺跡にやってきた一行。
ところがエルフの遺跡には先客、ダロス・キール・ラモンがいた。
ラモンはこれまでの悪行を反乱軍の皆に話されては困ると
キールとダロスを殺すために襲いかかる。
キバたちの足音を聞いてラモンは立ち去るが、キールとダロスは致命傷を負ってしまう。
ダロスは最後の力を振り絞ってキールに「まだ<究極の魔物>になりたいか?」と尋ねる。
キールはダロスの申し出を受け入れ、<光の魔物>へと変化を遂げる。

変わり果てたキールの姿を見て泣き出すリーファ。
何かここでキバが言う「泣くな!泣くなよ!リーファ!」ってセリフが
幼い時から妙に印象的だったw

elfalia2_126.jpg
キールはさらなる力を求めて立ち去って行くのだった。
ついでに倒れているダロスに話しかけると
「…おぬしらは…見るかもしれん…そうだ!<究極の魔物>を見るんだ!
 ああ…う・ら・や・ま・し・い」と言って死んでいく。
「カエルの為に鐘は鳴る」だったら、うらやましいのところは超ビックフォントだっただろうね。
それだけの熱意が伝わってきたよw

elfalia2_127.jpg
ダロスから研究の成果の書物を貰う。
闇×闇=光
闇×光=光
光×光=ラ

つーか、これメルドンの歌をそのまま本にしただけじゃねーか。
今まで何を研究してたんだ。

elfalia2_128.jpg
さて、色々あったけど土の力を借りて、水の聖地ハンブを復活させる。

elfalia2_129.jpg
ハンブの中ではオクトパスというボスと戦いがある。
ボスの鳴き声が「オクトー!パスパス」とかいうねふざけた野郎なんですよ。
スタッフ適当に付けすぎだろw
コイツも弱いので、サクッと倒してしまおう。

これで<水の印>をゲット。
イベントでは何度も名前が出て来たハンブだけど、ダンジョン自体はとても短い。
もう少し力を入れて作っても良かったのでは…?

さて、水の印があれば<水の門>が開けられるようになるので
スンガの町を占拠しているウンディネスと戦うことが出来る。
この辺は敵が水属性が続くために、土のフォーメーションばかりだ。
後で入れ替えてレベル上げせんとなぁ…。

elfalia2_130.jpg
スンガの町には勿論ラモンも来ている。
こちらのことをやけに煽ってくるぞ。
お前のことなんて眼中にないから、消えろ!!

elfalia2_131.jpg
ウンディネスとボス戦。
そういえばコイツには一度負けているんだよな。
今、戦うとビックリするくらい弱いよ。
あっさり勝利すると、このまま勢いに乗ってゲドラーの本拠地がある
ロマまで行く。

ロマは四魔神官の一人、土の力を持つグノムスが占拠している。
存在感が薄すぎて、今になってようやく名前が出て来た( ;∀;)
このままグノムスの元まで行くことは可能なのだけど、風の武器は
攻撃力が低いものが多く、頼りない。
さらに水のダンジョンが続いたせいかリーファのファイトレベルが低く、
風のフォーメーションで久しぶりに前に出すと簡単に瀕死になる。

つーことで、近くにあるガルの山(風属性)でレベルアップや武器育成を行う。
ここにいるザコ敵が「風の指輪」を落とすので、スペシャルチャージがし放題。
さらに、中にいるメルダーがクォーツとコッパーを持ってくれば
乱風のロッドを作ってくれる。
これで後衛の二人共ヒール3を使えるようになる。

elfalia2_133.jpg
ダンジョンの奥にはグリーンドラゴンもいる。
コイツを倒せば風のダガーが手に入る。
名前はシンプルで弱そうな武器だけど、今メルドで作れる風の武器より強力w
これもしっかり鍛えたらグノムスを倒しにロマへ。

elfalia2_135.jpg
ロマの町は反乱軍が攻めてきたことで混乱に陥っていた。
ゲドラー様のおかげでロマの町が立派になったのに!と非難される。
まぁ、ゲドラーの恩恵を受けている人からしたら、ゲドラーは英雄ですわなぁ。

elfalia2_136.jpg
グノムスはパイン記念館にいる。
ガルの山でしっかり育成していれば、グノムスは弱い。
スンガの町から、そのまま突っ込んできていたら凄い強いだろうけどね。
それにしてもサラマンデスが頑張りすぎたせいか、ウンディネスとグノムスは
サラッと終わってしまったな。

グノムスを倒すとロマの町も解放される。
町では「これでラモン様が大神官になるのね!素敵!ハッピーエンドね!!」と
見事な手のひら返しが行われているwヒデェ…

elfalia2_137.jpg
ロマの大神殿にゲドラーはいる。
しかし、ここは闇属性の敵がウヨウヨしている為、今のままではザコ敵戦すら辛い。
しばらくはザコ敵を狩って、スピネル×2個をメルド。
ルビーの剣を作るとするかね。
強い光属性の武器が出来れば楽になるはず。

【SFC】エルファリア2 プレイ日記07:過去へ

エルファリア2のプレイ日記7回目です。
武器の強化やキャラのレベル上げもある程度終わったので、
ユノの町にやってきました。
ここにはレーナさんの協力者フラウドがおり、会いに行くと
<ルミネ同盟>(レーナさんやラモンが作ったゲドラー反対派)の
人々が反乱軍の場所を知っていると教えてくれる。
ルミネ同盟はハンブの近くのエルフの遺跡にいるということなので
早速会いに行くことに。

elfalia2_103.jpg
と、その前にこの村にはキバの母親マリアもいるはずなのだが…
村の中にはそれらしき人物はいない。
1件だけ入れないお宅があるので、ここだろうな。
キバの母親マリアも博士で、ベータと別れた後は
人間嫌いになってしまい、家の中で水の聖地ハンブを呼び戻す方法を
ずっと研究していたとのこと。
博士×博士の子供なのでキバはサラブレットの血筋を引いているのだけど、
それが彼の不運の始まりというのが皮肉のものだ(´・ω・`)
旦那の罪を償いたいという気持ちも分かるが、息子放置かい。

マリアにはまだ会えないのでルミネ同盟の方へ。
カナーナの反乱軍はスンガ大学の地下をアジトにしており、
ハンターのピットにゴルバのメダルを見せれば、案内してくれると
いうことだった。

elfalia2_105.jpg
エルフの遺跡の奥に行くと、水の聖地ハンブの跡地が見える島に出る。
レーナさんの父親はハンブと運命を共にしたと話す。
キバはハンブを沈めたのは…と言いかけるが、レーナさんは
ベータを責めている訳ではなく、
「皆が精一杯生きようとしているのに…争い合ってしまうのが悲しい。
 禁止官制度の元は、あのエルファリアを救ったパイン様が作った
 ものなのよ。」と語る。

レーナさん…ベータのこと責めてないと言いつつも、何故父親について語ったんだ。
キバの立場からしたら、気にしないとか無理なんだから
黙っているのが大人の対応ですよ。
この人、口では良いこと言ってるけど、所々こういう黒い所があるから
ヒロインとしてあまり好きになれないんだろうな。

スンガの町に行き、ピットにゴルバのメダルを見せると
カナーナの反乱軍リーダーのマチルダを紹介してくれる。
マチルダにはジムが殺されたこと、その犯人がラモンであること、
ベータがラモンの手で闇の魔物にされたことを話した。
しかし、マチルダは信じられないという反応をする。

elfalia2_107.jpg
そこに町の外で禁止官が「バケモノのような大男、ハンターの少年、
エルフの少女、グリフの4人組を見たものは禁止官に届けよ。
なお、ハンターの少年キバの母親の命は預かっている。
ユノの町まで来い。」というサラマンデスからの伝言が書かれたビラが
ばら撒かれているという情報が入ってくる。

オイオイ…キバは父親が沈めたハンブのことや、父親を手に掛けたことで
大分悩んでるのに…これで母親に何かあったら辛すぎるだろ。
少しそっとしておいてくれよ。

elfalia2_108.jpg
一方、キールはダロスの力を借りようとゲドラーの城に忍び込んでいた。
そこでばったりとラモンと出会う。
ラモンはこの城で迷ってしまい、困っていたそうだw
ここでもドジっ子な性格が出ているのかww
キールにダロスの場所を教える代わりに、自分も助けろ!というラモンさんだったのである。

elfalia2_109.jpg
ユノの町に行くと、サラマンデスに占拠されており、町の中でも
エンカウントするようになっている。
ザコで出てくるレッドコップは素早く手ごわいので注意。
強い割には経験値は上手くないのがなぁ~。

elfalia2_110.jpg
マリアの家に行くとベッドの上にいるマリア、その横に立つサラマンデス。
お前…人の母親に何をしようとしていた(# ゚Д゚)

elfalia2_111.jpg
サラマンデスと3回戦目。
いや~ゲドラーにパワーアップして貰ったと言っていたが
本当に強いの何の。
全体攻撃のブラストでキバ以外大ダメージを受け、極炎攻でシャンゴが
吹き飛んで行くのだが(苦笑)
シャンゴを犠牲にすれば倒せないこともないのだけど…レベル差付くのが
嫌なのでリセット。
少しレベル上げをしてから、再チャレンジ。

とりあえず戦闘開始時にルークでアイス+前衛の通常攻撃で
レッドコップを素早く倒す。
サラマンデスだけになったら、リーファはヌードで敵の守備力を落としてから
前衛は必殺技、後衛はヒールに徹する。
これで全員生き残った状態で倒せた~。
(これでも何回か失敗し、リセットしているのだけど)

elfalia2_112.jpg
今度こそサラマンデスは消滅。
キバは母親のマリアと再会を果たす。
キバは母親に
「どうして俺を一人にしたんだ!どうして倒産を追いかけて来なかったんだ!
 ずっとずっと母さんのこと思ってた!いつも母さんのことばかり考えていた!」
と思いの丈をぶつける。

マリアは「これがキバの髪…キバの目…口…」と1つ1つ確かめるように
キバに触れる。
マリアは視力を失っていたのだった。
マリアはハンブ沈没事件で、多くの犠牲を出したベータを恨み、
再びハンブを浮上させる研究に没頭した。
視力のことは夫を恨み、息子をないがしろにした罰よと話すのだった。

キバはベータが魔物になったこと、そして自分が父親を手に掛けたことを明かす。
その話を聞いてマリアは自分のしたことをひどく悔み、今度は一緒にいると誓うのだった。
キバにも帰る家が出来て良かった良かった。

キバからゲドラーを倒すために、水の門を開ける必要があるということを
聞いたマリアは水の聖地ハンブを浮上させる方法を教えてくれる。
ハンブの近くにあるエルフの遺跡で、土を制する力を持つ<土の印>を
使えば良いと。
幸い、<土の印>は持っているので浮上自体は出来るが、<ブルージェム>がないと
<水の印>は取り出せない。
すると、レーナさんが突如「ブルージェムはこっちよ」と言って出て行く。
レーナさんは再び謎の声に導かれて魔の森の中に入っていくのだった。

elfalia2_113.jpg
レーナさんを追いかけ、森の中に入ると
「時の彼方から私を呼ぶ声が聞こえる…私は導く者…
 私はあなたたちを時を超えて導くためにいる…」と言い、
地面に裂け目が出来る。

elfalia2_115.jpg
中に入ると時空を超えているのか、光が流れていく。
その中にパイン様とリシア様の姿が見える。

elfalia2_116.jpg
しばらくすると、森の中に出てくる。
ここは魔法戦争が起こる前の平和なエルファリア…つまり過去に飛んできた。
やがて水の聖地となるハンブがあるので、そこに行けばブルージェムがあると
教えてくれる。

レーナさんは時を超えた時に色々なことが分かったようで、
・自分を導いていたのはエルザードだった。
・エルザードに導かれているのは、自分だけではなく、ラモンやキール、ダロスも。
・キバ、リーファ、ルーク、シャンゴが<正の勇者>なら、
 レーナ、ラモン、キール、ダロスは<負の勇者>だと言う。

さてさて、とりあえずレーナさんに言われた通り、
ブルージェムを取りに過去のエルファリアを探索してみますかね。
過去まで飛んで来たら、もう話も後半に入っていたような気がするのだけど…
四魔神官がまだ半分残っているぞw
残り2人の出番は少なかったかねぇ…

【アプリ】とことんドーナツ プレイ日記

tktndn_001.jpg
タイトル:とことんドーナツ
ジャンル:その他
ハード:iPhoneまたはandroid端末
料金:無料

たまーに放置系・クリッカー系ゲームがやりたくなります。
まぁ…大体途中で飽きて止めてしまうのだけどね。

今回もその波が来たみたいで、現在は「とことんドーナツ」をプレイ中。
ゲームの内容としてはどんどんドーナツを作って
貯めたお金でカフェを改装していこう!というものです。

tktndn_002.jpg
基本的な遊び方はクッキークリッカーと同じ。
放置しておけば、毎秒少しずつお金が増えていく。
タップしてもお金は少し入るけど…焼け石に水みたいなことが
多いので、あまりオススメはしない(笑)

ただ、タップするとドーナツが包装されるので
見た目がより可愛くなる。
一度はタップしてみると良いよ。

そうそう、グローバルギアさんの放置ゲームはお金の表記が
独特でアルファベットを用いて表記しています。
1B=1,000A
1C=1,000B
みたいな感じで、1,000倍ごとにアルファベットが後ろになる。

tktndn_009.jpg
お金を貯めていけば新しいドーナツを開発したり、
既存のドーナツの味を良くして強化することで
売上が上がり、生産性が高くなります。

tktndn_007.jpg

tktndn_008.jpg
ドーナツの種類もなかなか豊富。
全20種類ほどあります。
見た目はどれも可愛らしくて、女性に受けそうな見た目ばかり。
個人的には抹茶のドーナツが食べたい…

そういえば今更なのですが、「ドーナツ」が正式名称なんですねぇ。
今までずっと「ドーナッツ」って呼んでたよ(〃ノωノ)
ドーナッツでも間違いではないみたいだけど。

ドーナツはレベルを上げることが出来る。
レベルを上げると1個の単価が上がっていく。
レベル25ごとに生産数が2倍になるので、レベルは25ずつ上げて行くと良い。

tktndn_005.jpg
画面左右にプレゼントと呼ばれるアイテムが時々出現する。
これはプレゼント(タイム)なので、出てきたらどんどん取ってしまってOK。

tktndn_013.jpg
ゲームを進めて行くと実績があり、「達成」するとボーナスが貰える。
特にドーナツのレベルの合計値は全体の生産数が2倍になるという
ありがたい効果なので、率先して取っていきたい。

tktndn_010.jpg
こうやって集めたお金をカフェの発展に使って行く。
最初はこんな風にこじんまりしたお店だけど、

tktndn_011.jpg
2階建てやテラスまで付いた素敵なお店に。
これでもまだ途中段階なので、最終的にどんなお店になるのか
楽しみ(*'ω'*)
個人的には内装をいじれたら、楽しかっただろうな~と思います。

現在はプレイし始めて10日目…。まだ終わりが見えない。
正直あまりタップする意味がなく、基本は放置・または広告を見て
お金を集めて行くという感じなので、コンプするまでの道のりが
長い長い。

代わりに1日のプレイ時間は、とても短いのでチョコチョコっと遊ぶには
調度良いかも。
正直中盤~終盤の間にドーナツの生産性が悪く、何度も停滞気味になるので
短気な人にはオススメは出来ない。
美味しそうなドーナツでも見て、まったり遊ぶのが良いでしょうね。
あ~お腹すいてきたなぁ。


■追記
お店の改装も全て行い、フィナーレを迎えたので追記。

tktndn_014.jpg
最後のミッションは10,000X。
「OK」ボタンを押せば終わる…ここまで来るのに20日ほどかかった。
サクッと終わると思っていたのだけど、意外と長かった。

tktndn_015.jpg
全クリ祝いにトロフィー貰えたよ!
空にはドーナツ型の雲が浮かんでる。

tktndn_016.jpg
お店の全体図。
最初の頃と比べるとお店もかなり大きくなったし、お客さんで賑わっているね。
お客さん1人1人にアニメーションが付いているので、見ていて楽しい。
こんなドーナツ屋が実際にあったら、行ってみたいもんだ。
ただ画面左側の空白スペースが気になるので、装飾品を置いてくれたら、嬉しかったなぁ。

tktndn_017.jpg
強化は全てやった。
ただレベルはMAXまで上がっていないものもある。
フィナーレを迎えるまでの時間は結構かかるけど、タップ自体はあまり必要のないゲームだったから
何とかここまで続けられたのかなぁ?という印象。
ちょっと空いた時間にポチポチやるだけだからね。
何だかんだで結構ハマったゲームでした(´ω`)

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: