【3DS】名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生:プレイ日記02

「名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生」のプレイ日記2回目です。
全クリしましたので、ざっと感想を。
アドベンチャーゲームなので、犯人など先に知ってしまうと
面白くなくなってしまうようなネタバレは無しで書きます。

mtpk01_013.jpg
父親(ハリー)を探すために、ポケモンが凶暴化している事件を追う
ティムとピカチュウ。
ゲーム序盤はポケモンと人間が共存する世界を見せるために
かなりほのぼのとした展開が続いていく。
世界観は人間とポケモンが仲良しで、街中にポケモンが沢山いても
当たり前という感じで、なかなか良い。

ただ、名探偵とゲームタイトルに付いてはいるが、
「全年齢対象+ポケモンの世界観」なので、殺人事件など凶悪な事件は発生しない。
(今後は分からないが「新コンビ~」では無し)
その為、事件が単調なものになっている印象があった。

一応、ゲーム後半では少し事件ポイ事件になるので…
まだ大人でもそこそこ楽しめる展開にはなっている。

mtpk01_026.jpg
閉じ込められた洞窟でポケモンを凶暴化する薬のアンプルを見つける。
ハリーの残した手がかりを基に、PCLという研究所を突き止める。
二人は研究所に侵入して、薬のことや犯人のことを詳しく調べようとする。
研究所ではティムとピカチュウのことを邪魔に思った犯人が
ポケモンを凶暴化させる薬を使って、二人を襲う場面などがあり
少しだけ緊迫感もある。
でも…それでも物足りないなぁ…というのが正直な所。
せめてピカチュウが戦えて、カッコいいアクションがあるのだったら
良かったのだけどね。
このピカチュウは技は使えない、動きも遅いという戦闘は全くダメダメ。
まぁ二足歩行している姿で必死に走るピカチュウは可愛いのだけどねw

mtpk01_028.jpg
最終章では名探偵らしい犯人当てもある。
ただ本当に最後だけなので…せめてこれが毎回あったら良かったな。
あと謎解きが簡単すぎるので、もう少し難しくして欲しい。

mtpk01_027.jpg

mtpk01_033.jpg
と、まぁストーリー展開や謎解き要素にはやや物足りなさがあるものの、
おっさんピカチュウは、やはり可愛い。
このピカチュウのニヤケ顔とか、お菓子をつまみ食いして
怒られているところとか、今までにないピカチュウ像は見ていて楽しい。

mtpk01_023.jpg
コーヒーが大好きで、カフェで薀蓄をたれる姿も。
この目を細めて微笑む姿がリアルで、良いね(笑)
またピカチュウとは、いつでも会話が出来る上に会話のパターンもかなり多い。
しかも全てフルボイスという豪華さ。
おっさん化しててもピカチュウのことが大好きだ!という人はかなり楽しいと思う。

mtpk01_030.jpg
その他のポケモンも魅力的。
世界観やポケモンの可愛さで支えられているゲームだと思った。

mtpk01_031.jpg
サブタイトルからも分かるように、この1本では完結しない。
あと何本かは続編が出るだろうなという終わり方をする。
個人的にはゲームとしては微妙だけど、世界観やポケモンが可愛いので
続編が出たら買おうかな…とは思っている。
ただ、このゲーム内容があまりダラダラ続くと飽きそうなので、
できれば2~3本で終わらせてくれると、ありがたい。

…本音をいうなら、この単調なゲーム操作だったら無しにして
映画みたいに2時間くらいの映像作品の方が面白かっただろうなと思う。
その方が世界観やポケモンの魅力が、もっと引き出せただろうし、
派手なアクションも入っただろうから、満足度は高そう。

mtpk01_032.jpg
最後にミュウツーらしき影が…出てくるとは思っていなかったので非常に気になる。
ストーリーに絡んでくるのかねぇ?
スポンサーサイト

【3DS】名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生:プレイ日記01

この記事が出る頃には既に終わっているでしょうがぁ、
待ちに待ったGWが始まったよ~。
仕事上、連休というのが滅多にないのでウッキウキ(´ω`人)
連休前に何のゲームやるか考えている時が一番楽しいですわぁ。

mtpk01_001.jpg
さて、今回遊ぶのは「名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生」
3DSダウンロード専用で、価格は1,500円。

どーせ、いつもの可愛いピカチュウだろ?って思って
しばらくの間はスルーしていたのですが、このゲームの
ピカチュウは喋るらしい…しかも、性格や仕草がおっさんぽいと(笑)
それを聞いたら気になってしまってな。
気が付いたら買ってたよ。

mtpk01_004.jpg
主人公のティム。父親(ハリー)が名探偵で、その息子。
2ヵ月前、ハリーがとある事件の捜査中に事故に合い、行方不明に。
父親を捜しに街にやってきた。

mtpk01_011.jpg
こちらがおっさんくさいと噂のピカチュウ。
人間の言葉を理解することが出来るが、人間にピカチュウの言っていることが
通じない為、通常は会話は不可能…のはずが、何故かティムにだけ
ピカチュウの言葉が通じる。
元々はハリーの相棒で、その縁もありティムとコンビを組むことになる。
ハリーが失踪した事故に巻き込まれており、それ以前の記憶がない。

mtpk01_005.jpg
ストーリー
父親を捜しに街までやってきたティムだったが、この街では最近ポケモンたちが
凶暴化して暴れ回っていた。
ティムとピカチュウの目の前でエイパムが女の子からペンダントを盗むという事件が発生する。
二人は協力してペンダントを取り戻そうとするが…

mtpk01_009.jpg
ゲーム内容としては街の人から話を聞いたり、街の中を調べたりして
証拠集め。

mtpk01_010.jpg
そして集まった証拠を基に推理を行っていく。
まだ3章までしか進めていませんが、ゲームの内容自体はかなり易しい。
小学生も問題なく遊べる難易度になっているという感じでしょうか。

mtpk01_007.jpg
時々A連打やタイミング良くボタンを押すなどのアクション要素が入る。
失敗してもゲームは進行していくので、アクションが苦手な人も安心。

mtpk01_015.jpg
ストーリーは今のところ、可もなく不可もなしといった感じ。
サブタイトルから分かるように、続編ありきの作りになっているので
まだ序盤の序盤ぽい…ね。
盛り上がるのはもう少し先だろうな。

mtpk01_016.jpg
ただゲーム自体はムービーを中心に構成されているし、おっさんピカチュウの
仕草が面白い。
見た目はいつものピカチュウなんだけど、性格や表情、仕草でおっさんぽさを出していて
ギャップが結構良いですわ(笑)
普通のピカチュウより、このピカチュウの方が好きだな。
サッカーボールを蹴ったり、鳥ポケモンの話をするときに羽ばたくような
動きをしたりと、ピカチュウの動作が細かくついているのも可愛い。
ポケモンの技が使えなかったり、どんな緊急時でも二足歩行をしているあたり
この「おっさん」らしい動作は意味がありそう…。

mtpk01_002.jpg
おっさんピカチュウもこんな可愛らしい時代もあったんだよ…。
表情の付け方を少し変えるだけで、こんなに印象が変わるんだねぇ。

mtpk01_014.jpg

mtpk01_019.jpg
本作に出てくるポケモンは比較的新しい世代の方が多め。
(というか初代ポケモンは今のところ、ピカチュウのみ)
でも、まぁ知らないポケモンばかりでもゲーム内で必要な情報は教えてくれるので
困ることもない。
今ってこんなポケモンもいるんだ~と知ることも出来て新鮮。

mtpk01_022.jpg
3章はティムの父親を捜して洞窟に行ったら、オニゴーリが暴れ回っていて
洞窟の中に閉じ込められてしまった。
吹き抜けから脱出できそうだが、洞窟内に飛行タイプのポケモンに協力して
貰う必要がある。
この洞窟に飛行ポケモンはいるのだろうか…というストーリー。
次はどんなポケモンが出てくるかなぁ?

【アプリ】ママにゲーム隠された2

mmgks02_001.jpg
ママにゲーム隠された!
こちらはフリーアプリです。

mmgks02_002.jpg

mmgks02_003.jpg
ストーリーはというと…
勉強もせずにゲームばかりやっていたから、ママにゲームを
隠された!?
子供の時からゲームが大好きだった人は一度体験したことが…あるはず!?
その時のことを思い出して大切なゲームを探し出せ!

… … …(´・ω・`)
よく考えたら自分は親にゲームを隠されたことないけど(笑)

mmgks02_004.jpg
操作方法はステージ内で気になるところをタップして調べる。
入手したアイテムは使いたい場所へドラッグ&ドロップして配置するという
基本的な脱出ゲームと同じです。

ゲーム機を探している時にママに見つかるとゲームオーバー。
色々工夫をしてママに見つからないようにしてゲーム機を取り戻さなければ
ならない。

mmgks02_007.jpg
このゲームの面白いところは各ステージに様々な仕掛けがあり、
解決方法もぶっ飛んでいるところ。
おじいちゃんの座布団の下にゲーム機を隠されたときは
催眠術でおじいちゃんを眠らせたり…

mmgks02_008.jpg
家の中になぜかサッカー選手がいたり…

mmgks02_006.jpg
ゲーム機を見つけたと思ったら、ママに一本釣りにされたり(笑)
ギミックの内容もですが、ゲームオーバーの数も多く
色々と試してみるのが面白いw

mmgks02_011.jpg

mmgks02_010.jpg
またステージの中にはママが隠れていることが多く、
ゲーム機を見つけるより先にママを見つけてしまうと
勿論ゲームオーバー。
ママもなかなか身体を張ったギャグをかましてくれて
親子の攻防が素晴らしいww
もしどうしても分からないステージはメニューの中にヒントがあるので
クリアは必ず出来るようになっています。

ステージは全部で30。
ギャグ満載なので最後までこのノリで行くのかと思いきや…


※以下エンディングのネタバレあり

mmgks02_013.jpg
部屋の中には今まで捜していたゲーム機とは異なる形のゲーム機が
隠されている。
それをタップすると女の子が必死に取ろうとする姿が。
アイテムを使ってゲーム機を取ることに成功した女の子は大喜びするが
後ろで勢いよくカーテンが開く…

mmgks02_014.jpg
少年は大人になり、今度は自分がゲームを隠す方になっていたのだった。

mmgks02_016.jpg
「パパにゲーム隠された!」とほっこりする感じで終わる。
最後にママとおじいちゃんも出てきて、ゲームをしながら
仲良く暮らしている様子が出てくる。
…っておじいちゃんいくつだよwww

全てのステージをクリアするまで大体1時間程度ですが
ステージのギミックが面白く、笑わせてくれます。
1も2もクリアしましたが、ステージのギミックは1の方が面白く、
エンディングは2の方が好きかな。
1の方もほっこりするエンディングですが~。
両方遊んでも2~3時間程度で終わるので、オススメですよ。
是非「ママにゲーム隠された!3」または「パパにゲーム隠された!」も
作って欲しいですね。

【GB】ロックマンX サイバーミッション プレイ日記02

rmnxsm01_018.jpg
ロックマンX サイバーミッションのプレイ日記2回目です。
今回からシグマステージに突入。

シグマステージは敵の配置がやらしかったり、即死トラップがあったりと
難易度が高めに作られていますがぁ…画面サイズがGB合わせになっているために
色々誤魔化して進めてしまう。
(SFC版ではダッシュジャンプを使っても届かない所が、
画面が狭くなったことでダッシュジャンプで届くようになっていたりw)
その結果、SFC版より難易度が落ちているかなぁ。

rmnxsm01_019.jpg

rmnxsm01_020.jpg
中ボスとしてサイバーミッションオリジナルキャラのザインが待っている。
しかし戦い方は1回目と大して変わらない。
※相手がジャンプ斬りしてきたら、ダッシュでくぐり抜けて攻撃を
 繰り返していけば勝てる。

rmnxsm01_021.jpg
ザインを倒すとギーメルが激怒。
相棒を破壊されて怒る気持ちは分かるが…「困らせてやる!」ってw
困らせるだけでいいんだwwコイツ可愛いなwww

その他のボスはSFC版のX1と同じなので割愛。
オリジナルのボスはザインだけかぁ(´・ω・`)
ギーメルは啖呵を切っていた割にはあっさり逃げ出して
戦わずに終わるし…。

あ、ボスラッシュは4体でした。
ロックマンシリーズやってて、いつも思うのだけど
正直ボスラッシュは面倒だから、4体に減っててありがたい。

rmnxsm01_025.jpg
で、マザーコンピューターのコアに行くとテクノがマザーコンピューターを
ハッキングして操っていた。
エックスはテクノが使っていたマシンを破壊する。

テクノとマシンのCPUは接続された状態で破壊された為、
テクノの頭脳CPUも大ダメージを受けてしまう。
実はテクノはシグマに洗脳されて、イレギュラー化していた。
しかし、CPUにダメージを受けた衝撃で洗脳が解け、正気に戻った。

rmnxsm01_026.jpg
テクノとミディは双子のレプリロイドで、ミディはそのことを隠していたが、
やはりテクノのことが心配になり追いかけてきていた。
ところが一足遅く、テクノは息を引き取るのだった。

rmnxsm01_027.jpg
テクノが死んだ後、ミディもその場に倒れ込んでしまう。
テクノとミディは高性能のチップを動かすために頭脳CPUがリンクされていた。
その為、どちらか片方が死ぬともう一方も死んでしまうのだった。
ミディはシグマを止めて欲しいという願いをエックスに託して
息を引き取るのだった。

そのことを知ったエックスはショックを受けるのだった…。
ただでさえXシリーズは裏切りやら仲間の死が多くて
エックスが悩んでばかりいるのに…これ以上やめてあげてくれ。
皆がエックスさんのことを苦しめるから、X7で引き込もりになってしまうんだw

rmnxsm01_028.jpg
ゼロがやって来て
「ミディはこうなることを分かっていながらも、シグマを倒すのに
 手を貸してくれたんだ。ミディの死を無駄にするな。」と激励する。
エックスが悩む→ゼロが励ますはお決まりのパターンなんだけど、
やっぱりゼロはカッコいいのぉ。

rmnxsm01_029.jpg
で、ラスボスはお馴染みのシグマさん。
シグマのドットどうしたw顔色がヤバいぞww

動きは基本的にX1と同じ。
左上で壁蹴りしながら待機。
シグマが3回壁蹴りをしたら、こちらは壁から落ちつつ攻撃。
また壁蹴りで左上に戻るを繰り返していれば、勝てる。

rmnxsm01_030.jpg
2回戦目は巨大化して襲い掛かってくる。
シグマの顔のドットがww
いくらGBとは言え、もう少し何とかならんかったのかwww
笑って戦いに集中出来ないwwww

このシグマさん、左上で壁蹴りしながらチャージショットを
撃っているだけで勝ててしまう…。
元々そこまで強いボスではないけど、SFCはもう少し頑張っていたぞ。
4ボスや中ボス含めて考えても、ラスボスのシグマが一番弱いぞ。
あなたはもっと出来る子でしょ!ヤル気を出しなさい(`д´)

rmnxsm01_031.jpg
とりあえず、シグマを倒したら1周目終了。
2周目からハードモードが解禁される。
ただ単に敵のステータスが高くなるだけかと思いきや
ノーマルとは別のボスやステージでビックリΣ(゚Д゚)
ノーマルはX1が、ハードモードはX2が中心になっているね。
ついでにハードモードではノーマルモードのパーツやライフを引き継いで
遊ぶことも出来るし、ギーメルと戦うことも出来る。
単純な2周目という感じではないのは良いね。

とりあえずサイバーミッションはこれにて終了。
SFC版のステージの使いまわしや操作性が良くないなど
気になる点はあるものの、意外とストーリはきちんと作られていたり、
長く遊べる工夫はされている。
PSPでイレハンが発売されている今となっては、サイバーミッションを
遊ぶのは正直微妙ですが…ファンなら一度は遊んでみても良いかも?

【GB】ロックマンX サイバーミッション:プレイ日記01

rmnxsm01_001.jpg
ロックマンXが好きで、シリーズほぼ全作品遊んでいるのですがぁ…
実はゲームボーイで発売されている「サイバーミッション」と
「ソウルイレイザー」は未プレイ。
現在はバーチャルコンソールで販売されており、価格はどちらも600円。
今回はサイバーミッションの方をプレイしていきます。

rmnxsm01_002.jpg
操作可能キャラはエックスのみ。
ゼロの方が使っていて楽しいから、ゼロ使いたかった…(´・ω・`)

rmnxsm01_003.jpg
OPで世界観設定やキャラ設定が入っているのですが
ゼロの設定が発見当初はイレギュラーで、シグマとの激闘の末に~と
なっているあたり、X4までの設定は含まれているみたいだ。

rmnxsm01_004.jpg
OPステージ。
おやおや、随分と見慣れたステージが出て来た。
サイバーミッションはSFC版のX1とX2のステージおよびボスを基に
制作されているようで、内容はかなりかぶっている。
(GBの容量の関係でステージの一部がカットされている所はあるが)

rmnxsm01_005.jpg
VAVAさんも登場!
こんなところで会うとは…今回は負けバトルではないので注意。

rmnxsm01_008.jpg
時系列としてはX2の後の話で、ストーリーはオリジナルのものです。
ハンターベースのマザーコンピューターが不正アクセスを受け、
世界が混乱に陥ってしまう。
マザーコンピューターを正常な状態に戻そうとしても
過去の強敵たちがプロテクターとして働いている。
エックスは親友のゼロ、それからコンピューターの天才であるミディと
協力して、マザーコンピューターを取り戻そうとする。

rmnxsm01_007.jpg
サイバーミッションのオリジナルキャラ、ミディ。
Xの世界ではよくいるモブ顔…。

rmnxsm01_009.jpg
容量の関係なのか、最初にいるボスは4人。
最初に行くならペンギーゴかストームイーグリードかなぁ。
まぁ、さっさとフットパーツが欲しいので、ペンギーゴから行きますかねぇ。

rmnxsm01_010.jpg
フットパーツをゲット。
そうそう、ストーリーとかイベントではちょいちょい一枚絵が入ってくれる。
これはファンとしては嬉しい演出ですなぁ(*'ω'*)

rmnxsm01_011.jpg
ペンギーゴまで来た。
少しプレイしてみて思ったのだけど…SFC版と比べて操作がやりにくい。
ボタン数が少ない関係からダッシュは「→→」または「↓+A」のコマンド式。
しかも「↓+A」だとダッシュジャンプが出来ないという謎仕様。

あとボタンを押しても上手く反応してないときがある…(特にボス戦)
Bを押しても攻撃してくれなかったり、壁蹴りして遠くに着地しようとしても
十字キーの操作が上手く入力されておらず、そのまま落下したり…
そんなこんなでペンギーゴに敗北しましたよ。( ゚Д゚)うそーん
地味にボスの無敵時間が長いのも気になるが…それよりも操作性の方が…
すっごい操作性が悪いわけではないのだけど、遊びにくいなとは感じるレベル。

rmnxsm01_013.jpg

rmnxsm01_014.jpg

rmnxsm01_015.jpg
とりあえず、リベンジしてペンギーゴを撃破。
するとミディの色違いのテクノ、それからザインとギーメルという
オリジナルの敵が出て来た。

rmnxsm01_012.jpg
ザインはフレイム スタッガーのステージの道中に居たので戦ってきたけど、
ぶっちゃけ弱かった…(ボソッ)
ノーマルバスターでも余裕だったよ。

rmnxsm01_016.jpg
サブタンクやライフアップの位置などもSFC版と同じなので
かなりサクサク進む。
とりあえず4ボス倒して、シグマステージまで来たところ。
一応ケイン博士も登場しているよ。
ここから先は、オリジナルステージだと嬉しいのだけどなぁ…。

【3DS】とびだせ どうぶつの森 プレイ日記29:パネポン

3DSのどうぶつの森でミニゲームにパネポンが追加されたと聞いて
かな~り久しぶりに起動してみた。

dbmr210.jpg
最後にプレイしてから4年も経っているのか (゜ロ゜)
いやはや月日が流れるのは早いねぇ…。

村を1周回ってみたけど、ちゃんと綺麗な状態を保ってくれていて
嬉しいですわ~。住民に感謝感謝。
村長はまたしばらく不在になるので、これからもよろしく(笑)

で、どうぶつの森でパネポンで遊ぶには、どうやらNew3DSを入手しなければ
いけないと友人に教えて貰った。
New3DSはフォーチェンクッキーで当てるか、amiboをかざしてキャンプ場で
オーダーするのどちらからしい。
今回は友人から「しずえさん」のアミーボを貸して貰ったので、それを使うことに。

まずはどうぶつの森を「+amibo」版にアップデート。
アップデートの翌日、村にランプが落ちているので、それを拾って家に飾ると
amiboを読み込むことが出来るようになる。
しずえさんのamiboを読み込ませて、キャンプ場でNew3DSを購入。
次の日にNew3DSが届く…と準備に3日もかかったww

dbmr211.jpg
やっとプレイできる(*'ω'*)
まずはストーリーモードを進めて行くよ。

dbmr212.jpg
パネポン村の村長を決めるために選挙を行っている。
住民たちと支持率を競うことになるので、パネルを沢山消して
支持率を上げて行こう。

dbmr214.jpg
基本的な操作はSFCのパネポンと同じなので割愛。
Yボタンで必殺技(デフォルトだと横一列消す)を使用することが出来る。
まぁ…パネポンをプレイしたことがあって、操作に慣れている人だったら
必殺技を使用しなくても余裕でクリアできる難易度なんですがね。

dbmr213.jpg
ステージによってクリア条件やルールが変更されていくので注意。

dbmr216.jpg
しずえさんが「村長がいないときに村も守っているし、公共事業もまとめています。
村のことを一番考えいる私が村長になった方が良いに決まっています!」って
言われると、サーセンwとしか言えない。
「自分の村すら数年放置している人が、他の村の村長に立候補するなよ」という
住民たちの心の声が聞こえてくる…。

dbmr217.jpg
しかしパネポン村はパネポンが上手い方が偉いからね。
仕方がないね。
ノーマルモードをクリアすると「ちょいムズ」モードも解禁される。
こちらも後で遊んでみる予定です。

どうぶつの森のパネポンも面白いのだけど、やはり対戦モードは欲しいね。
SFCのパネポンがやりたくなってきたなぁ。

dbmr218.jpg

dbmr219.jpg
ついでにNew3DSとは別にWii Uを入手すると、無人島脱出ゲームが
プレイできる。
キャラごとに性能や特性が決まっているので、それらを駆使して
無人島を探索して、脱出するのに必要なアイテムを探そう!という
ゲームなのですが…いかんせん運要素が大きくて、あまり好みではないかな。

とりあえずパネポンで遊べたので、満足。
任天堂は昔からパネポンのことをプッシュしてくれているよね。
しかし未だにマイナーなのは何故なんだ…?こんなに面白いのに。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: