【アプリ】ホウチ帝国

あと何日かで今年も終わる…早かった。
この時期は何かと忙しく、ゆっくりゲームをやっている時間もないな~と
いう人も多いはず。
そんな忙しい人にオススメのゲーム。

huttk_001.jpg
「ホウチ帝国」
こちらは無料アプリです。

huttk_002.jpg
ストーリー
平和な街が魔界の軍団に襲われたので助けよう!という
実にシンプル。

huttk_003.jpg
マイキャラ制作。
職業は闘志、狩人、魔術師といるので、その中から1人を選択。
狩人の女の子(猫耳が付いてる子)が本当は良かったのだけど、
使っている人多そうだったからさ~。
イッケメーンにしました。

huttk_004.jpg
で、どんなゲームかというとタイトル通り放置しておくゲームです(笑)
プレイヤーが出来るのは装備とスキルを設定することのみ。
戦闘は設定したスキルなどを基に自動で行われます。
アイテムを使ったりと補助的なこともプレイヤーは出来ません。

勝手にマップを探索して、敵と遭遇、勝手に戦闘する。
勝敗にかかわらず、戦闘が終われば再び探索再開…と
いうのを永遠と繰り返す。

プレイヤーは特にやることもないし、戦闘を見てると
電池の消費も激しいので、アプリをそっと閉じる。

そして数時間後にアプリを開けてみると…

huttk_005.jpg
勝手に戦闘しまくっているww
8時間で500回も戦闘をしていたようだ。

huttk_006.jpg
戦闘で手に入れた武器防具は倉庫の中に入っているので、
これを使って装備を錬金。
錬金は経験値を積めば、良い装備が出来やすくなるので
最初のうちはドンドンやってしまってOK。

錬金で手に入れた強い装備をキャラに装備させ、
再び放置させて戦闘へ…というのが、このゲームの基本的な流れになります。

huttk_008.jpg
各ステージにはボスがおり、1日に3回だけチャレンジすることが出来る。
ボスは本当に強いので、キャラはしっかり育ててないとあっさり負ける。

huttk_009.jpg
勝つと次のステージに進めるようになる。
苦戦していたボスに勝つとキャラが育っているというのが
実感できるので、結構ハマる^^

2週間ほど遊んでみて、このゲームのコツが少しずつ分かってきたので
まとめると

1,装備は錬金する。
 初期設定では装備の保管個数は50個まで。
 それを超えてしまうと新しい装備品を入手しなくなってしまうので
 どんどん錬金させて強い装備品に変えてしまった方が良い。
 
 なお、放置時間が長い人は弱い装備品で倉庫が埋まってしまわないように
 ホウチ設定で自動売却設定を組んでおくと無駄がなくなる。

2,神器を入手する。
 装備品の中でも枠にキラキラエフェクトが付いているものがある。
 これは神器と呼ばれるもので、特殊効果が付いている。
 S級装備品を使って、錬金を行うとたまに入手できる。
 S級装備品と言えども、不要な物は錬金に使ってしまおう。

 神器は1度作ってしまえば、他の装備品に継承が可能なので
 良い装備品が手に入ったら引き継ぐことも忘れずに。

3,全身強化
 現在装備している装備品を全て強化1以上にすることで
 さらにキャラに特殊能力が付く。
 金貨はともかく、強化石はややレアアイテムなので使用をするのが
 勿体なく感じますが、強化済みの装備を錬金素材として使うと
 強化石は戻ってくるので使ってしまってOK。

マイキャラのレベルが上がるとお供が連れて行けるのですが、
あまり育成していないため、役に立っているのか不明…。
まぁ1人旅より可愛い女の子のお供がいた方が旅も楽しいさ。

放っておけば良いだけのゲームなので、手間はかからないのに
やり込みも出来るという中毒性が高いゲームです。
忙しい人や他のゲームと並行してやりたい人にオススメです。

さて、年内の更新はこれで最後かな。
良いお年を~
スポンサーサイト

【PS Vita】クラシックダンジョン戦国 プレイ日記02

今日はクリスマスイヴですな。
土日休みなら、23~25日と三連休で、なかなか豪華なクリスマスが過ごせるね!
自分は普通に仕事だけどな!!
…冬期休暇はあるので、それを楽しみに頑張るさ。

さて、「クラシックダンジョン戦国」のプレイ日記2回目です。
現在ストーリー、EXダンジョン共に6章まで来ました。

とりあえず新しく出てきたシステムの方ですが…

clcsng_013.jpg
お城の築城と増築
町にあるお城を大きくすると、自分たちのキャラが強くなっていくというシステム。
空いているマスに石垣を使うと、石垣の効果が得られる。
効果は仲間キャラ全員に反映されるので、城を育てれば育てるほど
仲間が強くなっていく。
今作はキャラが強くなりやすいと聞いてはいたけど、これの影響は大きそうだ。
個人的にはキャラをガンガン育てていきたい派なので、
その影響でゲームの難易度が落ちてしまうのはあまり気にならない。
むしろ強くなったなぁ(笑)と喜ぶタイプ。
なので、ありがたく使わせていただくけど、手ごたえのある難易度が好きと
いうプレイヤーさんは育てすぎないように、気を付けた方が良い。

そうそう、質の悪い石垣を使うとマイナス効果が付くことがあるのですが…
必ず付くという訳ではなく、ランダムっぽいです。
石垣を設置する前にセーブしてマイナス効果が付いた場合はロードすると安全。
修繕費が意外と高いからね。

正直、面倒なだけなので、マイナス要素が付くこと自体が
要らない気がするけど…。

clcsng_015.jpg
それから鍛冶屋では称号の付け替えが自由に出来るようになった。
前作まではダンジョンで拾った武器をそのまま使うしか出来なかったけど、
今作では自分で自由にカスタマイズ出来る。
個人的には不要な武器や防具の使い道が出来たので良いシステムだと思う。

clcsng_016.jpg
お城の前には目安箱があり、町の人から依頼が入っている。
依頼をクリアすると名声が手に入る。
名声を貯めていくと裏ショップがオープンして、上級職や強い装備や陣などを
購入することが可能になる。
う~む、今作は何かと金がいるね。

なお、第四章に入るとランダムダンジョンが解禁される。
今回は「ネオジョン」「サンジョン」「デスジョン」の3種類が用意されている。
ネオジョンは全99Fあり、踏破を目標に進んでいく。
敵のレベルは1から始まり、ゲートに入ると次の階の敵の強さが決まる。
深い階層程、良い装備やレア称号が出やすい。

clcsng_018.jpg
ゲートの種類によって敵の強さやレア装備の入手しやすさが変わる。
天使…モンスターLv:小、アイテム入手率:増、レア称号:増
悪魔…モンスターLv:中、アイテム入手率:減、レア称号:減
地獄…モンスターLv:大、アイテム入手率:激減、レア称号:激減

この他全てランダム効果の「博打」や階層を飛ばせる「ワープ」のゲートなんかもある。

clcsng_022.jpg
ランダンでは、ストーリーモードだと手に入らない珍しい称号持ちの武器が手に入る。
やり込みプレイヤーは全クリ後のランダン攻略からが、本番になる。

clcsng_017.jpg
サンジョンは基本はネオジョンと同じで、99Fを踏破するのが目標だけど
こちらは3つのダンジョンから構成される。
ノーマルステージ:通常ステージ
カオスステージ:良い称号持ち武器が出やすいが、敵が凶悪
ヘブンステージ:レア称号が最も出やすいが、この後に必ずカオスへと落とされる。

clcsng_020.jpg
敵のレベルもサンジョンの方が高いため、難易度はネオより上。
1度試しで行ってみたけど、カオスステージで瞬殺されました。
こちらのレベル36に対して、敵のレベル365って…
罠の数も凄まじいし、本当にカオスだったw

デスダンジョンに関しては裏ショップで販売されているけど
まだ購入してないので…
聞いた話では協力プレイ前提の凶悪ダンジョンらしいですな。
それだけに装備品も相当良いものが手に入るみたいだけど…。
気になるけど、まずは「ネオ」と「サン」をクリアしてからだよなぁ。

と、新システムは大体こんなもんかね。
実はまだストーリーモードをクリアしてません。
しばらくの間は普通にプレイしていたのですが、
正直ストーリーモードもEXダンジョンも、あまり面白くなくて
飽きてきてしまった…。

プレイ時間的には15時間超えてるから、そこそこ遊んではいるのだけどね。
少し遊んでみた感想を書くと

○良いところ
・自分がデザインしたキャラをどこまでも育成出来る。
 特に今作はキャラを強化しやすいので、俺Tueee!がしやすい。
・1回のダンジョンが短いので、空いた時間に気楽に遊べる。
・発売当時に言われていた酷いバグは大分改善されている。

×気になったところ
・武器防具の入手率があまり高くないため、強い武器を厳選して~と
 いうことが出来ない。

・ストーリーやExダンジョンで武将たちが仲間になるけど、やはり要らない。
 武将たちはストーリーに絡んでくる訳でもなく、ポッと出てくるだけなので
 全く愛着も湧かない状態。
 なのに数だけ無駄にいるんだよな…。
 これならデフォルトの顔デザインを増やしてくれた方が良かった。

・依頼の内容が「○○を○体倒せ!」や「○○を倒して××を入手しろ」、
 「お金を○○○○両貯めろ」など、面倒なだけのものが多い。

clcsng_014.jpg
・攻撃が効かない敵や倒せない敵が意外と多い。
 それだけならまだ気にならないけど、通路が細くすれ違うことが出来ないような
 場所で、そいつらが道を塞いでしまうとほぼ詰み状態になるのが
 もの凄くストレスになる。
 ギブアップすると、せっかく手に入れた装備も失うしね…。
 
・一部のインターフェイスが不親切。 
 特に装備欄…デフォルトで入手順になっているのが使いにくい。
 順番は変えられるけど、毎回毎回設定を変更しないといけなくなる。

こんなもんかね。
何だろうなぁ…バグが直ったので普通に遊べるレベルにはなっている。
ただあまり面白いとは言えない出来だったな。
ストーリークリアまで頑張るつもりだったけど…
別のゲームがやりたくなってきてしまったので、また気が向いたら遊ぶかなぁ。

【PS Vita】クラシックダンジョン戦国 プレイ日記01

clcsng_001.jpg
今回遊ぶゲームはこちら
「クラシックダンジョン戦国」

前作「クラシックダンジョンx2」はプレイ済みです。
ゲームの内容としては自分好みのキャラを作り、
キャラの強化やよりよい装備を求めて何度もダンジョンに潜るという
キャラ育成ゲーです。

「クラシックダンジョンx2」がすっごく面白くてやり込んだゲームでしてね。
新作が出ると聞いて発売日に買ったのですが…
発売当時はバグのオンパレードで物凄く評判が悪かったですねぇ。

で、公式からアップデートパッチを出すという発表があったので
プレイはアップデートが落ち着くまで待っていたわけですよ。
※アップデート内容は公式サイトで確認できます。

ゲームの進行に支障を来すようなバグは解消されたみたいなので
プレイしてみるよ。

clcsng_002.jpg
まずはマイキャラ制作。
名前やグラフィック、性格、職業を選択していくのですが
後々変更できるので、あまり深く考えずに選んでOK

clcsng_003.jpg
いきなりふんどし一丁で放り出されたマイキャラw
う~ん…なんか背景のドット絵に比べて、キャラのドット絵がショボいのが
気になる。
まぁ、マイキャラのグラフィックは自分で作れるからね。
後で作るかなぁ…面倒だけど。

キャラ育成ゲーなので、ストーリーはオマケ程度ですが一応説明。
どうやら主人公は既に死んでおり、死後の世界の「魔の開かず」と
いうところに迷い込んでしまった。
現世に未練を残した状態で死後の世界に来てしまうと、
ここに来てしまうらしい。
この世界から出るには現世の未練を解消する必要があるのだが…
主人公は記憶を失っている為、自分の未練が分からない。
しばらくの間は他の迷える魂の未練を解消することで、自分の記憶を
取り戻そう…という感じだったと思う。
(早くダンジョンに潜りたくてあまり話を聞いてなかったw)

clcsng_004.jpg
早速ダンジョンに突入。
本作はローグライク系のアクションRPG。
不思議なダンジョンシリーズに似てるけど、よりアクション性が
強化されているというと分かりやすいかな?
敵とのバトルはヒット&アウェイが基本だし、罠もジャンプやダッシュで回避できる。

ダンジョン内で手に入るアイテムはランダムなので、良いアイテムを求めるなら
何度も潜る必要がある。

と、ちょっとプレイして思ったのですが…今作ダンジョンの構造が
固定になっているのだけど、x2もだっけ?
ランダムダンジョンってイメージがあったのだけど…。
ストーリークリアしたら、ランダムダンジョンが解放されるのかな?

clcsng_011.jpg
ダンジョンを進めて行くとボス戦も。
初ボス戦はヤマタノオロチ。
…遠くから弓矢をパスパス撃っていたら、ノーダメで倒せました(笑)

clcsng_005.jpg
クラシックダンジョンシリーズの特徴として、キャラは自由に作れる。
顔グラフィック、服装、武器も自分で書くことが出来るので
完全に自分好みのキャラが制作出来る。
ただ4方向+ダウン時の物を用意しないといけないので、少し手間がかかるけどね。
でも自分が書いたキャラがゲーム内で走り回っている姿を見ると
より愛着が湧くので、ついつい描いてしまうんだよなぁ。

ゲームのシステム上、少なくても4~5キャラは必要になってくる。
デフォルトで入っているキャラは使いたくないけど、全部自分で描くのは
面倒だなぁという人は、公式サイトやTwitterなどで他の方が書いたキャラを
ダウンロードしてくることも可能。

clcsng_007.jpg
先ほどマイキャラは4~5キャラは必要と言いましたが、何故かというと
キャラ強化システムに必要だから。
キャラ育成要素の中に"魔装陣"というものがある。
簡単に説明すると、仲間たちを魔装陣に配置すると
プレイヤーキャラ(大将)を強化するアイテムを付けることが出来るようになる。

ダンジョンで戦うキャラは大将のみですが、
魔装陣に配置しているキャラ(家臣)も一緒にダンジョンに潜っていることに
なっているので、一緒に育成が出来る。

大将と家臣はいつでも入れ替えが出来る。
というか、大将と家臣でレベルアップ時のステータスの上がり方が異なるので
定期的に入れ替えていく方が良い。
大将はHPやマナ(強化アイテムを置くのに必要なポイント)が上昇しやすく、
家臣はATKやDEFが上昇していく。

なお、キャラに育成に関しては転職を行えばステータスや技を引き継ぎつつ
レベル1に戻せるので、そこまで細かいことは気にしなくても大丈夫。

clcsng_008.jpg
ストーリーを進めて行くと戦国武将たちが仲間になる。
…正直いらないかな~。
せっかくなら自分が作ったキャラを使うよねぇ。
しかも今作では結構な数が仲間になりそう。
これやるくらいならマイキャラを作る際のデフォルトデザインの数を増やして欲しかった。

clcsng_010.jpg
さてさて、とりあえず数時間遊んでみたけど、今のところバグは遭遇していない。
少し気になる点があるとすれば一部のショップやインターフェイスが不親切な所。
この画像の中に転職屋や写真屋、ゲームの説明、キャラ制作屋と
集まっているのですが…見た目で分からんのがなぁ。
特に転職やと写真屋はメニュー画面からも飛べないし。
写真屋が解禁されたとき、どこにお店があるのか分からなくて
町中探し回る羽目になったんだよな。

clcsng_006.jpg
ただ、物凄く不親切というわけではなく、ある程度の施設には
メニュー画面から直接飛ぶことが出来る。
う~ん…何だろうね。親切心はあるのだけど、痒いところに手が届いていないと
いう印象がある。

アップロードをきちんとすれば、普通に遊べるようになっているので
もう少し続けてみようと思う。
x2にはなかった新要素も気になるし。

【PC】ブラザーズ 2人の息子の物語 プレイ日記003:エンディング

ブラザーズ 2人の息子の物語のプレイ日記3回目です。
今回はエンディングまでのネタバレがあります。
先に知ってしまうと勿体ない内容なので、未プレイの方はご注意ください。



brothers_twos_041.jpg
前回生贄にされかけていた女性を救出したのですがぁ、
何だかんだで兄と良い感じに。
途中兄と弟が揉めてるようなイベントが入る。
弟は命の水を真っすぐ取りに行きたい。
兄は女の人と一緒に行きたい的な感じかな?

結局弟の方が折れてくれて、女の人の進めで洞窟に入ると…

brothers_twos_042.jpg
女はクモのモンスターだった。
二人はそのまま捕まってしまうが、何とか兄だけ繭玉から脱出。
このままクモ女とボス戦へ。

クモ女が兄を襲っている間に弟が繭玉で女の顔に突進するとクモ女が怯む。
その隙に兄がクモの足を引き抜きダメージを与えていく。
…LIMBOにもクモの足を引っこ抜くイベントあったなぁ。
洋ゲー業界で流行っているのかねぇ。

ついでに兄が襲われているとき、結構焦るけど
実は時間制限はないので、ゆっくり狙ってOK(笑)

足を引き抜く度に弱っていくクモ女。
トドメにラスト1本を抜こうと兄が近づくと

brothers_twos_044.jpg
最後の力を振り絞って反撃をしてくる。
兄はクモ女に腹を刺されてしまう(゚ロ゚)

重傷を負い、一人で歩くことが出来なくなった兄は
弟に支えられながらも洞窟を脱出する。
が、雪崩が起こり2人とも巻き込まれてしまう。

brothers_twos_046.jpg
目が覚めると巨大な木の下にいる。
この木の上の方に、「命の水」がある。
兄は動くことが出来ないので、弟一人で取りに行くことになる。

brothers_twos_048.jpg
弟一人操作(右スティック)だけの操作になるのですが…
ずっと左右両方を使って動かしていたから、片方だけの操作になるのが
凄く寂しい。
しかもさ、コントラーの左側だけ使ってプレイできるゲームというのは
他にもあったけど、右側だけってなかなかないからさ。
余計操作に違和感が出る。
制作者はこれを狙って、弟を右操作にしたのかね。

brothers_twos_049.jpg
木の頂上に行くと、命の水を発見。
水を汲んで急いで兄の元に戻る。

brothers_twos_050.jpg
しかし…弟が帰ってきた頃には既に兄は事切れていた。
どんなに「命の水」を飲ませても決して息を吹き返すことはなかった。
兄を失って、大泣きする弟…。
兄もさ、油断してしまったところはあったけど、2人とも一生懸命頑張って
ここまで来たんだぜ。
それなのに、この結末って…可哀想 (´;ω;`)

brothers_twos_051.jpg
兄を埋葬する。
ここさ、自動でやるんじゃなくて、プレイヤーにしっかり弟を操作させるだぜ。
しかも弟の動きが重い。
弟の心境が伝わってきて辛い…。

brothers_twos_052.jpg
兄の埋葬が終わると、以前助けた鳥がここまで迎えに来てくれた。
あれ?この鳥って死んだんじゃ…?
泣く弟を無理やり自分の背に乗せて、飛び立つ。

brothers_twos_053.jpg
今まで歩いてきた所を空の上から見ることが出来るのだけど、
流石に今見るには辛い景色だ。
行きはあんなにも楽しそうだったのにな。

brothers_twos_054.jpg
父が待つ島まで帰ってきた弟。
医者が待つ家に行くには海を泳いで行かないといけない。
今までは泳ぐ兄に捕まって渡ってきたけど…兄はもういない。
水を前にしゃがみこんでしまう弟の隣に母親がそっと寄り添う。

勇気を振り絞って水の中に入る。
ここで右のアクションボタンを押しても弟は怖がって泳いでくれない。
かと言って他に進める場所がある訳ではない…。
ちょっと迷って試しに左(兄)の方のアクションボタンを押してみると

brothers_twos_055.jpg
兄の声が聞こえたと思ったら、弟が泳ぎ出した!
他にも兄の協力がないと進めなかった場所が、左のアクションボタンを押すことで
一人でも進めるように…。
そうか…今まで弟を支えてくれていた優しい兄はもういないのだから、
一人で進んでいくしかないんだもんな。
この物語は兄との悲しい別れを基に弟が成長していく物語なんだ。

brothers_twos_056.jpg
何とか医者の家に辿りつき、命の水を届ける。
弟は医者が父親に水を飲ませるのを確認すると気を失ってしまう。

brothers_twos_058.jpg
後日、母親の墓の隣にはお墓がもう1つ増えていた。

brothers_twos_059.jpg
父親がお墓を前に泣き崩れる。
弟は悲しそうな顔でその様子を見届けるのだった。

これでブラザーズのエンディングは終了。
意外と後味が悪いエンディングだったな。
正直、父ちゃんの立場からしたら自分は死んでも良かったから
兄には生きていて欲しかったという思いもあるだろうな。
弟が生きて帰ってきてくれたのが救いだよ。

ゲーム自体は面白かったです。
この独特な操作に慣れるまでは大変だけど、難易度が低いので詰まることはない。
そしてこの独特な操作性をストーリーに絡めてくるとは…素晴らしいね!
製作スタッフがやりたかったことが明確に描かれていて、余計な部分もなく
サクッと遊べる。
短いけど、中身が濃い満足度が非常に高い作品だと思います。
またこういうゲーム探して遊びたいですな。

【PC】ブラザーズ 2人の息子の物語 プレイ日記002:チャプチャー6クリアまで


ブラザーズ 2人の息子の物語のプレイ日記2回目です。
前回の記事で兄の方の操作がおかしいと書きましたが、ゲームパッドを↑のやつに
変えたら直ったよ。
やっぱりゲームパッドとゲームの繋がりが悪かったのか…。
このゲームパッド初めて使うけど、win10の場合、接続すれば自動でインストールされるし、
Steamでボタン設定が自動でされてて、かなり楽だった。
PSのコントローラーでは動かなかったゲームも遊べるようになったし
買い替えて良かったよ。
では、早速ブラザーズの続きをやるかね。

brothers_twos_025.jpg
兄弟は野生のオオカミやら首吊り死体などが沢山いる
不気味な森の中を彷徨っていた。
兄の方が火を持っているのですが、ちょっと油断すると
火を持っていない(持てない)弟の方がオオカミに襲われて
ゲームオーバーになってしまうので、注意。
オオカミに殺されるとか…ね、結構グロイよなぁ。
血の表現がないからマシだけど。

brothers_twos_027.jpg
オオカミに追いかけられた二人は流れの速い川に落ち、そのまま滝から
落下してしてしまう。
泳ぐことが出来ない弟を兄が必死に助ける。

brothers_twos_028.jpg
何とか弟を救出して共に陸に上がることが出来たが…
巨大な母ちゃんが出て来たw
何だこれww
母親の手の下には父親がいる。
これは弟にしか見えていないようなんだけど…一体どんな意味何だろうか。
この後、急に兄に首を絞められる。
必死に抵抗するが力の差がありすぎて意識を失う弟…。

brothers_twos_029.jpg
兄に殺されかかったところで目が覚める。
どうやら川で溺れて悪夢を見ていたようだ。
お互いの無事を確かめ喜ぶ2人。

brothers_twos_030.jpg
再び冒険に戻る。
ヤギに乗って山を登り、ハンググライダーで遠くの山まで飛んだり。
背景も綺麗だし、とにかく楽しそうで羨ましいw

brothers_twos_031.jpg
山を越えると巨人が住む塔に着く。
部屋の中には傷だらけの鳥が鳥かごの中にいる。

brothers_twos_032.jpg
鳥かごから出してあげると、2人を乗せて飛び立つ。
しかし新しい陸地に着いた途端、鳥は死んでしまう…。
自由にしてくれたお礼に、最後の力を振り絞って二人を運んでくれたのかね。
ありがとう、鳥さん。

brothers_twos_034.jpg
新しい土地に来たのは良いものの、当たり一面に巨人の死体が沢山ある。
最近まで戦をしていたようで、川の水が血で真っ赤に染まっていた。
ストーリーに直接関係がないところの話だったので、カットしてるけど
サブストーリーで家族を失って、首吊り自殺をしようとしている男の人が
出て来たリ、「死」が沢山出てくるゲームなんだよなぁ。
しかも自殺や戦など嫌な感じの「死」が多いのが気になるところ…。
進んだ先には一体何が待ち受けているのか不安だ。

brothers_twos_036.jpg
巨人たちの戦場を抜けると、とある民族が儀式を行っているところに
遭遇する。
中央の祭壇には生贄として女性が捕まっている。
放置しておくことが出来ず、2人の兄弟は女性を救出する。

brothers_twos_037.jpg
女性は「命の水」の在り処を知っているらしく、共に行動をすることに。
この女の人、異常なまでに身体レベルが高んだが…w
足端悪いところは四つん這いで高速移動→最後はバク転で着地。
二人の兄弟より圧倒的に高いジャンプ力、兄弟だと2人協力して動かすような
重たい物を1人動かす…この女性何で捕まってたんだ?

brothers_twos_039.jpg
極寒の地にある街に寄ると姿は見えないが、かなり大きい巨人に襲われる。
隠れてやり過ごそうとするも、途中で見つかってしまい追いかけまわされる。
これ、捕まると地面に叩きつけられて死ぬんだぜ…(´・ω・`)
そんなヒドイことするなよ。

brothers_twos_040.jpg
透明な巨人を退治するとチャプチャー6クリア。
いつの間にか兄と女性はいい感じの雰囲気になっていた。
こういう時の恋愛は悲しいお別れが待ってるフラグなような
気がしてならないんだが…。


【PC】ブラザーズ 2人の息子の物語 プレイ日記001

brothers_twos_001.jpg
今回遊んだゲームはこちら。
「ブラザーズ 2人の息子の物語」
ジャンルはアクションアドベンチャー。
価格は1,500円程度。

ダウンロード専用販売で、現在はXbox、PS3、PCで遊ぶことが出来ます。
(その他は調べてないので、他機種のことは分かりません。)
今回はSteamでダウンロードしたPC版をプレイ。

brothers_twos_002.jpg
ストーリー
主人公はゲームタイトルの通り、2人の兄弟。
こちらは弟のナイイー。

brothers_twos_003.jpg
少し前に母親とボートに乗っていたところ、嵐に遭遇。
目の前で母親を亡くしてしまう。

brothers_twos_004.jpg
弟が墓参りをしていると、母親の霊が…
おでこにキスをする描写が入るのですが、これは今でも息子を
見守っているということで良いのかな?

brothers_twos_006.jpg
遠くから兄ナイアーの声が聞こえてくる。
父が苦しそうにしているので、二人で医者の所へ連れていく。
診てもらったところ、父親は病に侵されており
助かるには万病を治療すると言われている秘薬「命の水」が必要。
二人の兄弟は父親を助けるために旅に出るのだった…。

brothers_twos_023.jpg
このゲーム、操作方法が独特でプレイヤーが2人同時に操作を行います。
左スティックと左トリガーで兄を、右スティックと右トリガーを使って弟を動かす。
普通ならどちらか片方をプレイヤーが操作して、もう一人はAIが補助してくれると
いうゲームが多いですが、両方を同時に動かさないといけないので
最初はキャラを動かすのも一苦労。

この独特な操作性の為か、Steamのサイトではゲームパッド必須と
書かれていますが、キーボードプレイも可能です。
ただ、ゲームパッドを使った方が操作はしやすい。

自分もゲームパッドを使ってプレイしているのですが、
兄の操作がおかしい。
上を入力すると下の方に、下を入力すると上に向かって走っていく
現象が起きているのだが…
これはゲームパッドがおかしいのか、ゲームの設定なのか…?
左右はスティック通り動く、また弟操作時は上下左右すべてスティック通り動くから
ゲームパッドの方に問題がある気がするが…。

今、使用しているゲームパッドは、PS1のコントローラー+かな~り昔に買った変換機を
使ってプレイしているからな。
未対応機種で不具合が出ている可能性の方が高いんだよな。
Steamでダウンロードしたゲームで、反応してくれないゲームもあったし…
いい加減新しいゲームパッド買うかねぇ。

brothers_twos_008.jpg
兄弟はそれぞれ得意・不得意があり、兄は大柄な体格を活かした
アクションが得意。
スイッチを押したり、重たい物を運んだり、高い所に上るときに
弟を補助したり。

弟は身体が小さい身体を活かして、高いところに上ったり、
鉄格子の間や狭いところにも入っていき、道を切り開いていく。
ただ水がトラウマになっており、泳ぐことが出来ない。

brothers_twos_010.jpg
2人同時に操作をするので、精密な操作が出来ないためか
アクション性、パズルの難易度共に易しめ。
独特の操作性と世界観を楽しむゲームかな。
綺麗なビジュアルと独自の言葉を話すので、ファンタジーという世界観が
よく表現されており、冒険をしていて楽しい。
※キャラが何を話しているか分からないが、演出でストーリーはきちんと
分かるように出来ている。

また2人の兄弟の性格の違いも、しっかり表現されており、
寝ている村人を起こすシーンでは兄は身体を揺すって起こそうとする優しい性格。
弟は水をぶっかけて起こすというイタズラっ子な性格というのが分かるw
他にもハープの演奏では兄は下手で村人に笑われてしまうが、
弟は意外と上手く、村人から拍手を貰う。
それぞれの反応の違いを見るのも面白い。

brothers_twos_012.jpg
背中にキノコが生えている巨人が出て来たシーンでは、兄が弟を守ろうとしている。
弟は持ち前の人懐っこさで、巨人とすぐに仲良くなる。
見てて和む兄弟だ (*ノ∀`*)

brothers_twos_018.jpg
背中にキノコの生えた巨人の奥さんを助けに行く途中、
別の巨人に襲われたりもするが、兄弟が力を合わせれば
乗り越えていける。

brothers_twos_021.jpg
奥さん救出後、巨人から「命の水」の在り処を教えて貰う。
二人の冒険はまだまだ続く。
あまり長いゲームではないみたいなので、サーっと進めて行くよ。

【映画】最高の人生の見つけ方:感想

  • 2016/12/04 00:00
  • Category: 映画
最高の人生の見つけ方 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 14,958

映画「最高の人生の見つけ方」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■あらすじ
家族を養うために自動車工として45年間まじめに働いてきたカーターは
病院からの電話で自分が病気だと知らされる。
もう一人の主人公のエドワードは自分でいくつもの病院を経営する大富豪。
裁判の途中で血を吐いて、緊急入院をすることになる。

二人は同室になるが、最初は折り合いが悪い。
しかし仕事中心に生きて来て、人の温かみにあまり触れて来なかったエドワードは
カーターの優しさに触れたことで、二人は徐々に仲良くなっていく。

そんなある日、二人は医者から余命半年ということを聞かされる。
ショックを受けた二人は死ぬまでにやりたいことのリスト(棺桶リスト)を作り、
旅に出ることにした。

■感想
この映画の良いところは二人が終始楽しそうにしている、
笑顔が溢れているところだと思う。
「死」が迫っている二人だけど、悲観的にはならず、
でも「死」が迫っている二人だからこそ、あらゆるしがらみを
無視してやりたかったことをやる、大切な人に感謝を述べる、
自分の過ちを認め謝罪する、と一瞬一瞬を大切にすることが出来る。

そのためにも「お金」と「愛する人」は大切にしていかないと
いけないというのは、この映画の教訓かも(笑)
やはり旅に出たり、美味しいものを食べたりするにはお金は
必要になってくる。

それに旅が終わって温かく自分を迎え入れてくれる人や
自分の死を悲しんでくれる人はいて欲しい…。

どちらも一朝一夕で作れるものではないから、若い時から
大切にしていかないといけないね。

「この映画のような人生の終わり方が幸せか?」といったら違うと
いう人もいるだろうし、二人のように余命宣告なく、
急に死んでしまうこともある。
別にこの生き方が正しいということではなく、「ただ後悔なく生きろ」と
いうメッセージを感じ取ることが大切なんだと思う。
人生は自分の思い通りにならないことや失敗もあるけど、
二人にように悔いなく、笑って死を迎えることが出来れば
最高だろうな。

97分という短めの映画ですので、「自分だったらどんな風に人生を終えたいか?」
「それを迎えるためには何を大切にしていかないといけないか?」
というのを考える機会として、是非観て欲しいです。

【PSP】どこでもいっしょ レッツ学校!プレイ日記08:卒業式

ddiltsc_205.jpg
どこでもいっしょ レッツ学校!のプレイ日記9回目です。
リッキーが漫画「ミスミソウ」で「お礼参り」という風習があることを知ったらしい。
1年間お世話になったジン先生に日頃の感謝を伝えたいから、やってみたいと…
止めて!先生まだ死にたくない!!
あの漫画の登場人物、ほとんど死んでるじゃん!!
お願いだから「お礼参り」という言葉を辞書で引いてきてくれ。

ddiltsc_220.jpg
卒業式当日。
職員室に行くとスズキが待っていた。
最近は気を抜くとすぐにフリーズしてしまうくらい体調が悪いようだ。
卒業式が終われば思い残すことなく検査を受けると約束をするスズキ。
結局みんなにも体調のことは話せずにいた。

「もしも思い出や記憶が消えてしまうとしたら…
人間はどうなってしまうロボ?
自分が自分ではなくなってしまうのだろうか…
スズキはロボットだから…人間の気持ちは完全には分からないが…
でも、それはとても悲しいコトなのだろう…

なぁジン先生?
スズキはこの学校で…色々な知識や真理を学んだロボ。
しかし、そんなデータを集めることよりも…もっと大切なことが
あるのではないか?」とスズキは語る。

ここでチャイムが鳴ってしまい、話の途中だけど卒業式へ。
最後の選択肢で「卒業式に行く/行かない」と出るのだけど…
これ行かないって選んだら、どうなるんだろか?
この流れで「行かない」は選べなかったけどさ…スズキともう少し話していたかったなぁ。

ddiltsc_224.jpg
さて、卒業式が始まった。

ddiltsc_221.jpg
卒業証書授与。
いや~みんな1年間頑張ったなぁ。
こうやって見ると感慨深いよ。

ddiltsc_223.jpg
クロ校長って時々カッコいいこと言うよな。
あと少しだから頑張れスズキ!

ddiltsc_225.jpg
卒業生の言葉…オカマの息吹は感じたくないなぁww
最後の最後で笑わせてくるな。

ddiltsc_226.jpg
入学式のときは自分だけがロボットで、友だちが出来るか
不安に思っていたスズキ。
最初は頭が固くて、トロとかリッキーのアホな発言に呆れたり
怒っていたりしてたけど、段々とクラスに馴染んで一緒に冗談を
言ったり、細かいことは気にせずに皆で楽しむようになってきた。
そうしていく内に友達のことをフォローしたり、心配するようになっていってたよなぁ。
スズキ、凄い成長したよなぁ…。

ddiltsc_229.jpg
最後は皆で校歌斉唱。
実は夏休みにも1度聞くことが出来ますがぁ…その時はスズキの替え歌の方が
気になって、校歌の方は全然聞いてなかった(笑)

ddiltsc_230.jpg
皆おめでとう!
夢に向かって頑張るんだぞ!!



ddiltsc_231.jpg
スタッフロール後、スズキが研究所に行く前に挨拶をしようと
先生のことを待っていた。
もう二度と会うこともないかもしれないなんて悲しいこと言うなよ(`;ω;´)

ddiltsc_233.jpg
最後は先生に教わった別れの挨拶を言おうとするが…
既に記憶があやふやになってきており、思い出すことが出来ない。

ddiltsc_234.jpg
ひょっとして、このまま先生の名前も忘れてしまうのか?
そんなの嫌だ!と言って、先生の名前を何度も呼ぶスズキ。
ヤバい…先生こういう話弱いんだ。涙が出てきた…。

ddiltsc_235.jpg
そこにスズキの病気のことを知ったクラスメイトたちが現れる。
ジュン「例えみんな忘れたって…ジュン達は友達だウサ!」
ピエール「何度でも友達になればいいんだわン!」
リッキー「オラがショック療法で記憶を戻してやるダス~」
トロ「スズキは一人じゃないのニャ。トロもジュンもピエールもリッキーも…
   ジン先生もついてるのニャ!だから泣かないでニャ?」

と、皆が弱気になっているスズキのことを励ましてくれる。

ddiltsc_238.jpg
スズキも勇気が湧いてきたようで、きちんと検査を受けて元に戻ることと、
最後の最後までみんなのことを忘れないよう努力すると約束をする。
そして先生から教わった別れの挨拶を思い出す。

ddiltsc_242.jpg
うんうん、そうだスズキ。それで良い。
さっき話した「二度と会えないかも」というセリフもなかったことにして
「またねー」と笑顔で締めくくろう。
(ギャグに走って変な言葉にしなくて良かったw)

ddiltsc_243.jpg
最後にスズキがメッセージを残していってくれる。
スズキが帰ってくるのを待っているよ。

ddiltsc_244.jpg
いや~面白かった。
ここまで感動できるストーリーだとは思ってなかったよ。
テーマも話も凄く良かった!
他の子たちの話も気になるけど、2周目以降も授業内容自体は変わらないらしいので
ある程度期間を置いてからプレイするかな。
2周目をプレイするなら、マイポケピはトロかな~。
メインのポケピだし、トロの「人間になりたい」という話がどうなるのか気になる…。
キャラ的にはリッキーも気に入ったから、イベント見てみたいけど。


最後に各キャラのお気に入りのコスプレを。

ddiltsc_245.jpg
トロ:アフロ
サタデーナイトフィーバーのようなポーズも含めて良い味を出しているw

ddiltsc_246.jpg
スズキ:時代劇
スズキは着られるコスプレ自体が少ない気がする…火消し棒を左右に振ってて可愛い。
ウサギのコスプレもなかなか良いw
ウサギのコスプレなのに全く可愛くないのが逆にツボww

ddiltsc_247.jpg
ジュン:アロハ
ジュン自体は可愛い見た目をしてるのに、意外と可愛い系コスプレが少ない。
サッカーも捨てがたいが、ジュンの内面が良く出ているアロハの方が良いかな。

ddiltsc_248.jpg
ピエール:サル
完全に犬をやめて、サルになっているww
クオリティ高すぎ

ddiltsc_249.jpg
リッキー:工事現場
実はコスプレが一番似合うのはリッキーだと思う。
何を着ても可愛いんだよなぁ。
ハッピと迷ったけど、酒瓶の小物が好きなのでこちら。

これで「どこでもいっしょ レッツ学校!」は終わり。
お疲れさまでした。



Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: