【PC】FF9:プレイ日記06 クレイラの幹まで

FF9のプレイ日記6回目です。
今回からDisc2に突入です。

ff9_096.jpg
ダガーとスタイナーは列車に乗り、アレクサンドリア領まで帰ってきていた。
駅の待合室で乗り継ぎの列車を待っていると、タンタラスのシナとマーカスと再会する。
マーカスはどんな石化も治すことが出来るという「白金の針」というアイテムが
トレノの街にあると知り、探しに行くところだった。
ブランクがあんなことになったのは自分の責任だと考えていたダガーは
協力することを申し出る。

ff9_097.jpg
そこに黒のワルツ3号が襲い掛かってくる。
この戦闘では「雷の杖」と「炎の杖」が盗めます。
まぁ、トレノの街でも買えるので無理して盗む必要もありませんが~
資金節約の為に盗んでおこう(笑)

しかしアレだ、やっぱり白魔法が使える人がいると回復が安定するから
戦闘がグッと楽になるね。
アイテムだけだと回復力が足りないから、早くジタンたちと合流して欲しいわ~。

アレクサンドリア駅に着いた後は、真っ直ぐトレノの街に行っても良いのですが
実はダリの村に寄り道をすることも出来ます。
畑にあった宝箱はこのタイミングでしか入手が出来ないので注意。
FF9はちょいちょいタイミングが制限されているイベントや宝箱があるから
気を付けないといけないのがなぁ。
大したものはないので、取逃したところで問題はないけどさ。

ff9_099.jpg
そうそう、ダリの村でジタンみたいな話し方をする村人に
ナンパされるのですが…ジタンに言われると気恥ずかしくなるのに
村人Aだと全く何とも思わない。という感想を述べる。
意外とダガーも最初からジタンが気になっていたんだね。
本人が気が付いてないだけで (*´艸`)

ff9_101.jpg
色々と寄り道をしつつもトレノの街に到着!
白金の針を求めて、まずは個々で情報収集をすることに。
ダガーはオークション会場に行き、白金の針が出品されていないか
調べてみる。
2階席から色々な意味で不審な男がいることに気が付く(笑)
この時のダガーは「あの人どこかで見かけたことあるな」くらいの感想なのですが。
クジャさんは逃げた小鳥が自ら帰ってきたと大喜び。

ff9_102.jpg
その後、白金の針は道具屋が持っていると分かり、盗みに行くことに。
スタイナーにはキツく止められるが、ダガーは強行する。
ここでバグーがスタイナーに向かって「自分、自分と言いながら単純に
命令に従うだけで自分がない奴だな…」と言う。
ここのセリフは初めてプレイした時から、印象的だったなぁ。

この辺りからスタイナーは「何も考えず、命令に従っていくだけで良いのか?」、
ダガーはダガーで「周りの人の協力を得ずに城を飛び出したけど、本当にこのままで
良いのか?もっと別のやり方があったのでは?」と考えるようになる。
FF9はパーティメンバー全員が悩み、成長していくのが良いよね。

ff9_105.jpg
道具屋に忍び込むと、ダガーの家庭教師だったトットと出会う。
事情を知ったトットは白金の針を渡してくれる。

ここでFF9の世界観設定みたいなものを少し説明してくれるのですが、
正直ゲーム中だけだと説明不足で分かりにくいんだよな…。
ラスボスのペプシュマンはいきなり登場したように見えるけど
実は攻略本で設定を理解してから、ゲームを再プレイしてみると
意外と伏線は貼っていたりはする…。

とりあえず現時点では、この3点を抑えておけばOK。
・ダガーたちが暮らす星はガイアと呼ばれている。
・かつて召喚獣を操る「召喚士一族」という者たちがいたが、500年前の大事故を境に姿を消す。
・ダガーが身につけている銀のペンダントについている「宝玉」は
 古の召喚獣に纏わるもので、現在は4つに分けられている。

ff9_106.jpg
白金の針も手に入れたことだし、後はアレクサンドリア城に帰るだけ。
トレノの街とアレクサンドリアを繋ぐ乗り物が地下にあるとトットが言うので
言ってみると…巨大な虫…これは乗りたくないww

ff9_107.jpg
コイツに乗るとボス戦があるのですが、ボス戦後すぐにプレイヤーキャラが
ジタンたちの方に切り替わるので、装備品等に注意。
しばらくの間、ダガーとスタイナーは出番がないので、良い装備はジタンたちの方へ
回した方が良い。
ついでにこのボスからは「ミスリルフォーク」が盗める。
クイナを使っている人は盗んでおくと良いですぞ。

ff9_108.jpg
ボスを追っ払い、何とかアレクサンドリアに着いたダガーたち。
しかし、ゾーンとソーンの罠にはまり捕まってしまうのだった。

ff9_109.jpg
一方ジタンたちはブルメシアを出て、クレイラの街がある大樹に来ていた。
ここから先はクレイラの幹というダンジョンなので、とりあえずクレイラの街に着くまで
進めておきます。
スポンサーサイト

【アプリ】ぼくのおねがいきいて

友人からストーリーが良いという脱出ゲームを教えて貰いまして、プレイしてみましたよ。

bnok_001.jpg
スマフォアプリの「ぼくのおねがいをきいて」
こちらは無料アプリです。

bnok_003.jpg
まずはOPで主人公の紹介が入る。
主人公の「ボク」は寒い冬の日に生まれた。
お父ちゃんは既に亡くなっており、お母ちゃんも身体が弱かった。

bnok_004.jpg
ボクくんは周りの大人たちに可愛がられつつ、大きくなっていった。
お母ちゃんの身体はどんどん身体は弱っていき、今ではほとんど寝たきりの状態だった。
それでもボクくんが寂しい思いをしないようにと、入院を断り、家で療養をしていた。
体調が良いときは起き上がって、一緒に散歩に行ったり、ご飯を作ってくれた。

もうね、この設定でどんな話か予想は付くと思います。
家族愛とかヒューマンドラマが大好きななので、かなり期待出来てしまう( ´∀`)

bnok_006.jpg
さて、ゲームの内容はというとほとんど寝たきりのお母ちゃんに
代わってボクくんが家のことをする。
操作方法は普通の脱出ゲームと変わらず、タッチで調べたり、アイテムを合成したり。

お?どうやら宅配便が来たようだ。
判子を押してくれということみたいだが、玄関に判子はない。

bnok_007.jpg
リビングに行くと朱肉を発見。
ハンコー、判子はどこじゃー?

bnok_008.jpg
多分この謎解きをすれば判子が手に入る…面倒だからサインで良くね?
とか考えてはいけない。
判子が手に入ったら、インクを付けて押す。
これでミッションクリア。

bnok_010.jpg
この他にもお買い物に行ったり、掃除をしたりするのにアイテムを捜したり
謎を解いたりする必要がある。
謎解きは全体的に易しめでサラサラっと解ける難易度。
ヒントもあるし、どうしても分からない人用に答えも見れる仕様になっています。
あくまでストーリーがメインで、謎解きはオマケと割り切っているのは良いね。

肝心のストーリーですが、ボクくんが健気で良い子なんだ。
遊びたい盛りなのに家のことも一生懸命やるし、
お母ちゃんの為に毛糸で編み物をしたり、母の日のプレゼントで
花束を用意したり。
自分が子供の時は家の手伝いなんかしたくないーとか言ってたわー(笑)

bnok_012.jpg
ゲームの後半ではお母ちゃんの体調が良い日も出てきて
起き上がれるようになる。
お母ちゃんもご飯を作ってくれたり、マフラーを編んでくれたりと、
ボクくんの為に出来ることはしてくれている。
商店街で働く大人たちも良い人ばかりで、身体が弱いお母ちゃんのことや
ボクくんを気にかけて優しく接してくれる。
ゲームに出てくる人々(猫?)が皆良い人ばかりで、温かい世界なんだ( ´∀`)

EDですが、まぁ設定を見ればどんな話か大体予想がつくじゃないですか。
だからそこまで感動しなさそうだな…と思ったのですが、
結局ウルっときましたよ!感動したよコンチクショー!!
こういう話に弱いんだよなー。
EDの先の話ももう少し知りたかったくらいさ。
感動系のお話が好きな人にはオススメアプリですよ。

bnok_020.jpg
そうそう、商店街には福引場があって当たった商品によって
お母ちゃんとの色々な思い出が見られます。

bnok_021.jpg
コンプリートしちまったぜ。
福引券はミッションをクリアしなくても、商店街をウロウロしているだけで
手に入りますので、全部やっても1~2時間程度で終わります。


※ここから先はEDのネタバレになりますので、ご注意ください。











bnok_015.jpg
ある日、お母ちゃんが「薬屋のお姉さんを呼んで来て欲しい」と言う。
ボクくんはお母ちゃんの体調がまた悪くなったと気が付く。
お姉さんを呼びに行った帰りに、お母ちゃんの好物の卵焼きを作って
元気を出して貰おうと思って卵を買って帰る。

bnok_017.jpg
その帰り道、家の方に救急車が走って行くのが見えた。
急いで家に帰ると…

bnok_018.jpg
お母ちゃんの姿はなかった。
いつも大切に身に着けていたボクくんが作ったブランケットだけが
残された状態だった。

bnok_019.jpg
一人残されたボクくんはお母ちゃんがいつ家に帰ってきても良いように
毎日卵焼きを作る。
今日もお母ちゃんは帰ってこないと知りながらも…
少しでも元気になってくれれば、それで良いと思いながら…
そしてボクくんは神様にお願いをするのだった。

「お母ちゃんを元気にしてください」と。

【アプリ】食べないと死ぬ

tbnts_001.jpg
今回はアプリ「食べないと死ぬ」で遊びました。
こちらは無料アプリです。

主人公は飢えて飢えて、とにかく飢えまくっている。
食わないと死ぬ…でも変なものを食べても死ぬ…という
正直どうあがいても死ぬ未来しか見えないような存在(笑)

どうでも良いけど、主人公のキャラデザ懐かしいよね。
10年くらい前にこんなん流行ったなー( ´∀`)

tbnts_002.jpg
ゲームの内容としてはただ食べるか食べないか決めるだけ。
食べる:おなかや体力が回復する。
    しかし危険度に応じた即死イベントが発生率する可能性あり。

食べない:おなかと体力が減る。0になると餓死する。

1日目の牛はー…危険度が意外と高いな。
おなかゲージに余裕もあるし、無理することないのでは?

tbnts_003.jpg
2日目、スマフォ。
もはや食い物ですらねぇ(笑)

tbnts_004.jpg

3日、豚。
これは食わないと死ぬなら、食って生き延びる可能性に賭けてやる!

tbnts_005.jpg
豚肉を生で食うんじゃねぇ!!(`ロ´;)
今どき小学生でもアウトだって知ってるぞ。

tbnts_007.jpg
1周目はロクな食べ物が出てこなかったけど、普通にコンニャクやらバナナやら
カレーとか普通の食べ物も出てくる。

tbnts_009.jpg
まぁ、ネジとかハブとか段ボールとか明らかに食えないものも
いっぱい出てくるけどねw

実際にプレイしてみて面白かった死亡例を。

tbnts_008.jpg
段ボールを食べてみたら、飲み込み切れずに喉に詰まる。
なんで丸のみしてるんだよww

tbnts_011.jpg
パンを食べたらバターが欲しかったと言って死ぬ。
いやいや、死ぬ意味が分からんw
生きるか死ぬかの瀬戸際でそんなワガママを言うなよ。

tbnts_012.jpg
ついでに画面下にあるタルパワーというのを使うと自己暗示によって
危険度が下がります。

ゲーム自体は単調ですが、食べ物の種類や死亡イベントも多く
なかなか笑えます。
飽きるのもやや早いですが、良い暇つぶしにはなりますぞ~w

【PC】FF9:プレイ日記05 Disc1終了

FF9のプレイ日記5回目です。
そうそう、言い忘れてましたがFF9は何度も周回プレイをしていて
ストーリーは知っています。
なので、ポロッとネタバレをしたりする可能性もあるのでご注意ください(笑)

ff9_077.jpg
ブルメシアに向かうためにギザマルークの洞窟にやって来ました。
多くのブルメシアの兵たちが殺られている惨状を見て、フライヤも激怒。

ここのダンジョンではギザマルークのベルというアイテムを手に入れないと
開かない扉があるのですが、まぁ一本道のダンジョンなので迷うことはないですな。
唯一分かりにくいのが、入り口にいる兵から2つのベルが手に入るということくらい?
2つ目のベルは黒魔道士とのイベント戦終了後じゃないと手には要らないから、
一度入口まで引き返してこないといけないのだよね。
まぁ、ベルを1つくらい見落とした所で困ることはないのだけども。

ff9_079.jpg
ここの洞窟ではモーグリたちが結婚式を挙げている。
式の最中に大きな鐘が落ちてきて、新郎が中に閉じ込められてしまうというハプニングが…
クポの実を鐘の前に置いたら勝手に出てくるのだけどもね(笑)
FF9はモーグリたちが元気で可愛いな(*´ω`*)

ff9_080.jpg
ボスとしてギザマルークがいる。
この辺になるとビビが火力不足になってくる。
ボスから「氷の杖」を盗んでおくとブリザラを覚えられるのでブルメシアで大活躍出来るのですが…
盗みの成功率が低い為、なかなか盗んでくれない。
もうボス戦は常にジタンの盗む待ちですよ。
トランス時には盗むの成功率上がってくれれば良いのに(´・ω・`)
ボスは単体攻撃しかしてこない上にスローが効くので、成功するまでじっくり待つよ。
(暇で適当に殴っていたら間違って倒してしまい、2~3回くらいやり直したけど)

ff9_081.jpg
一方、ダガーとスタイナーはというと、実はブルメシアに向かったのではなく、
アレクサンドリアに帰るためにトレノの街を目指していた。
戦いを止めるように説得をするつもりらしい。
城を飛び出す前にブラネがどこにいるのかくらい確認すれば良かったのにね…。
ゲーム序盤だとダガーの行動は空回りしまくってるからなぁ。

ff9_082.jpg
ジタンたちはブルメシアに到着。
戦争で街は崩壊しており、街の中を見ても生存者がほとんどいない。
王の安否を確かめる為に、城へと向かう。

ff9_083.jpg
街を襲ったのが自分とそっくりの黒魔道士たちと聞いて、ビビは自分の生い立ちに
悩みつつも、自分がどんな人間なのかを知ろうと前に進もうとしている。
この姿を見てフライヤも勇気づけられる。

ff9_084.jpg
城に潜入したジタンとフライヤは、中でブラネとベアトリスを見つける。
ベアトリスは大陸一の剣の使い手と言われており、ゲーム中でも1度も勝てずに終わるというね、
ある意味凄いお方w
彼女のテーマ曲がまたね、良いんだ(*´ω`*)
少しもの悲しい感じだけど、綺麗な曲でファンの間でも人気が高い曲ですな。

ff9_085.jpg
そして、ついに出てきました変態パンツのクジャ。
FF9のメインの敵なのですが、いや~やっぱ何度観てもこの格好はアウトだわww
そうそう、DDFFのクジャの追加コスチューム見ました?
トレノのオークション会場のオーナーの時の衣装をイメージしたとかいうやつ。
変態度が通常時よりも増しててビックリしたわ。
男なのにニーハイかよwしかも王冠ついとるww
クジャさんの意地でもズボンは履かない主義は嫌いではない (`・ω・´)

ff9_087.jpg
クジャを見たフレイヤさんの感想。大正解w

まぁ、見た目はアレですがクジャが黒魔道士を作ったことで、アレクサンドリアの
戦力は大幅にアップ。
ブルメシアに攻め込むことが出来た。
ところが、肝心の王が行方不明になっているとブラネが明かす。

クジャ曰く、砂漠の町クレイラに逃げ込まれたということだった。
クレイラの町は砂嵐の中にある街で、長年外との交流を割けているため幻の都と呼ばれている。
砂嵐に守られている街なので、例え黒魔道士たちがいたとしても
容易に攻め込むことができない状態だった。
ところが、クジャは自分だったらあの砂嵐を止めることが出来るという。

ff9_088.jpg
と、そこにブルメシアの一般兵がブラネの首を取ろうと単騎で攻め込んでくる。
マズイと判断したジタンとフレイヤは兵を守る為に、ベアトリスに挑むことに。

この戦いは負けバトルなのでねー…一定のターンが経てば強制終了します。
基本的にはガードしまくってターン経過を待っても良いのですが、
ベアトリスからミスリルソードを盗めるので欲しい人は狙っても良いかも?
この時のプレイでは10回くらいやり直してようやく盗めました。
そこまでして盗む価値があるかと言われると微妙なんですがねー(苦笑)

ff9_089.jpg

ff9_092.jpg
パーティが全滅した様子とクジャが立ち去って行くムービーが入るのですが、
改めてこのムービーを観ると、クジャすげえ嬉しそうな顔しておるな。
まぁクジャが戦いを起こそうと思ったきっかけの相手がいきなり自分の前に登場してくれた訳だからな。

ここでDisc1は終了!PC版は当然Discの入れ替えないのですがね。
とりあえずはキリが良いので、ここまででー。

【PC】FF9:プレイ日記04 ここ掘れチョコボが楽しい!

ff9_060.jpg
FF9のプレイ日記4回目です。
前回リンドブルムに到着したので、まずはリンドブルム大公シドに挨拶…。
しかしシドは浮気が元で后のヒルダガルデに呪いをかけられてしまい、
ブリ虫の姿にされてしまった。
ジタンも気を付けないと将来同じ目に合いそう(笑)

ff9_061.jpg
ダガーとスタイナーはこのまま城に残り、ジタンとビビは街の宿屋に向かった。
ジタンが酒場でウェイターをナンパしていると、昔一緒に旅をしていた
フライヤと再会する。
フライヤは行方不明になった竜騎士の恋人を捜す旅をしており、今回は凄腕の戦士が集まる
狩猟祭の為にリンドブルムに来ていた。

彼女も仲間の一人なんですが…正直、フライヤって微妙な性能だよね…。
過去に育てようとしたこともあったけどイマイチだったな。
「竜の紋章」という固定ダメージ技(今まで倒したドラゴン系モンスターの数の2乗)があるけど、
ドラゴンモンスターなんて種類が少ないから、ダメージが全然伸びなかったんだよなぁ。
仲間の中で最も使い方が分からないキャラかもしれない(苦笑)

一方、ダガーの方は今までの経緯をシドに全て話した。
シドはブラネ王女の異変や、黒魔道士たちを製作して戦力を強化していることに
気が付いていた。
ダガーの父親とシドは親友で、アレクサンドリアにもしものことがあったら
力になると約束をしていた。
その為、まずはダガーを保護するためにタンタラスに誘拐を依頼していたのだった。

ff9_063.jpg
ダガーは勇気を振り絞って城から飛び出し、ここまでやってきたのに
シドや周りの人たちは自分よりも、1歩も2歩も先に進んでいるとショックを受けるのだった。
城の屋上で一人落ち込んでいると、ダガーのことが心配で城に忍び込んだジタンと再会する。

ダリの村やここでもダガーの歌に関するイベントって出てきていたんですなぁ。
エンディングでの歌の伏線ってゲーム序盤から、何度も貼っている割には
何故かあまり印象に残らないんだよな…不思議だ。

ff9_064.jpg
ダガーに元気がないことを察したジタンは、狩猟祭でジタンが優勝したら
デートをしようと約束をする。
こういう気遣いが出来るのに、何でモテないのだろうな。
女の子だったら誰にでもホイホイ声をかけるからなのか(笑)

ff9_065.jpg
狩猟祭のルールを説明すると、街に放たれたモンスターを倒すとポイントが手に入る。
12分の中で、ポイントを一番多く手に入れた人が優勝。
街にある合成屋で「オーガニクス」を作っておくと、ザコ敵は一撃で倒せるので楽です。

ff9_066.jpg
街の中を回る順番は好きな順で構わないけど、商業区を一番最後にすると
無駄がないかな。
残り時間4分30秒を切ると商業区にザグナルというボスモンスターが出現するので
優勝を目指すなら必ず倒しておくこと。
このバトルのみフライヤが協力してくれますが、基本的にはジタンが倒せるようには
なっているらしいので、フライヤにもガンガン攻撃させてOK。

ff9_067.jpg
もちろん、盗むも忘れないぜ。
(こんなことやってたら時間がかなりギリギリになったけどw)
ジタンが優勝すると5000ギルが貰える。
正直ギルよりも良い装備品が欲しかったというのが本音ですがぁ…。

ff9_069.jpg
表彰式の最中にブルメシア(フレイヤの故郷)の兵が入ってきて
国が黒魔道士たちに攻め込まれたと言う。
状況はかなり悪く、フレイヤやジタン、ビビも戦いに参加をすることを決意。
ダガーもブラネを説得するために、同行を申し出るが戦場に連れていくことは出来ないと
却下されてしまう。
プレイヤー的には白魔法を使えるダガーは是非連れて行きたいのだけどねぇ…。

ff9_070.jpg
リンドブルムからブルメシアに行くには地の龍の門を通る必要がある。
門が開くまでの間に腹ごしらえをして、戦いに備えようということになる。
運び込まれた食事にはダガーが持っていた睡眠薬が混入されており、その効果で皆眠ってしまう。
ダガーはスタイナーを連れて、皆に内緒でお城を飛び出していってしまう。
ダガーがいないことに気が付いたジタンたちは急いでブルメシアへと追いかけて行くのだった。

ここからしばらくダガーと別行動だからね。回復魔法なしで進まないといけない。
ダガーっていつパーティに復帰したっけなぁ?
Disc2に入ってからということだけは覚えているのだけど…
ポーション買い溜めたけど、回復力足りないわー(´・ω・`)早く帰ってきてー!

ff9_072.jpg
このまま真っ直ぐブルメシアに向かっても良いのだけど、寄り道するよ。
まずはクイナを仲間にするためにク族の沼へ。
クイナは育成が大変だけど、育てると万能キャラと化すので結構強い。
攻撃面では「カエル落とし」で敵全体に9999(ダメージ最大)の固定ダメージ出せるし、
回復魔法も補助魔法も便利なものを覚えるから、かなり使いやすいキャラなんだけど…
育てる手間が一番かかるキャラでもある。
ストーリーを進めるだけなら、使わなくても無くても大丈夫だから、
オズマ戦で使いたい人のみ育てれば良いキャラかな。
「カエルとり」はまだしも、青魔法を覚えるための「食べる」の敵のHP調整が面倒なんだよなぁ。

ff9_074.jpg
ついでにFF9で一番有名なミニゲーム「ここ掘れチョコボ」も出来るようになりました。
チョコボに乗って地面に埋まっているお宝を掘り当てるというミニゲーム。
お宝の中にはチョコグラフというフィールドマップに埋まっているお宝の位置が示されたマップが
手に入ることも。
ゲーム終盤では貴重なアイテムや強力な装備が手に入るので、時間があるならやっておくと良い。

ff9_076.jpg
現時点では9枚のチョコグラフが手に入るよ。
宝を掘り当てられるのはもう少し先ですがぁ~

さてミニゲームも堪能したし、そろそろブルメシアに向かうか。
寄り道しまくっていたので、もう戦争も終わっている気がするがw

【PC】FF9:プレイ日記03 リンドブルム到着まで

FF9のプレイ日記3回目です。

さてさて、ダリの村についた一行。
以前は畑があたり一面広がっていた村だったのに、今では村の隅に小さな畑しか残っていない。
昼間だというのに村の中には子供たちしかいないと明らかに様子が変わっている。
さらに村人たちはビビのことを避けている。
この村には何かあると思ったジタンは早く村を出た方が良いと考え、
宿に集まるように皆に声をかける。
とりあえず今後の方針としては、ダガーは父親の友人が住むリンドブルムに
向かうつもりだと言う。

ff9_041.jpg
そうそう、細かいところなのですがジタンがビビやエーコと話をするときに
しゃがんで視線を合わせている動作良いよね。
DDFFでも引き継いで欲しかったな…あの中だとジタンより小さい人ほとんどいないけどw

ff9_042.jpg
ところがいつまで経ってもビビが戻ってこない。
心配になり、ダガーと一緒に村の中を探していると、地面の中から「シクシク」と
ビビの泣き声が聞こえてくる。完全にホラーですw
ジタンと別れた後、男の人に無理やり地下に連れてこられて、閉じ込められたと。
まぁ、ビビ可愛いからね。お持ち帰りしたくなる気持ちも分かる(違う)

ff9_044.jpg
地下の中をそのまま調べて行くと、ビビにそっくりな人形が作られていて
アレクサンドリアに大量に送り込まれていた。
ショックを受けるビビ…と、そこに村人たちがやってきてしまった。
隠れるつもりが出荷箱の中に閉じ込められてしまい、そのまま箱詰めされてしまう3人。

ff9_045.jpg
一方スタイナーの方はというとアレクサンドリアに帰る方法を探していた。
村人たちの手伝いをして話を聞きだし、アレクサンドリアに向かうカーゴシップの
存在を教えて貰う。
カーゴシップの前には怪しげな大きな樽があり、しかもガタゴトと動いている…
選択肢で「剣で突いてみる」「もう少し調べる」と出ますが、勿論剣で突くよ。
ここのイベント好きなんだよね。

ff9_046.jpg
突き刺した剣がジタンに当たり、樽の中から飛び出してくるw
怒られたww滑車を蹴っ飛ばして操作していた男に言われとうないわww
全員揃ったところに黒のワルツ2号が、ダガーを連れ戻しに
襲いかかって来るので戦闘に。

ff9_047.jpg
黒のワルツ2号はダガーのことは攻撃して来ないので、全滅はしにくいとは思う。
ただ黒魔法を使うと反撃してくるので、ビビはサポート役に回すのが無難。
アイテムも余裕があれば盗めば良いというものしか持ってないので
サクッと倒してしまいましょう。

ff9_048.jpg
黒のワルツ2号を倒すとカーゴシップが出発しようとするので
急いで乗り込む。
主人公がヒロインにセクハラをするという例の迷シーンですなww
中では沢山の黒魔道士たちが働いているが、ビビが話かけても全く反応をしてくれない。

ff9_050.jpg
ジタンはこのカーゴシップがアレクサンドリア行というのに
気が付いていたので、船を乗っ取りリンドブルムの方へ方向転換をする。
ここのさ、BGM良いよね。ジタンのテーマって曲。
このシーンでしか流れない上に、イベント自体短いから1曲丸々聞く機会があまりないけど、
後半部分が特に良いから、是非最後まで聞いて欲しい。

ff9_051.jpg
と、BGMでテンションを上げていたところに黒のワルツ3号が奇襲をかけてくる。
2号を倒したビビに興味津々のご様子。
カーゴシップにいた黒魔道士たちがビビのことを庇って戦おうとしてくれる。

ff9_053.jpg
しかし黒のワルツ3号の方が圧倒的に強く、皆やられてしまう。
ここのシーン、もう少し掘り下げて欲しかったな。
何で庇ってくれたのか…とか分かると感動的なシーンになるのに。

ff9_054.jpg
カーゴシップの舵はダガーに任せて、黒のワルツ3号とのバトル。
このバトルではビビが怒りで、自動的にトランスモードに入る。
しかも3号が空を飛んでいるときは魔法防御力が落ちているというオマケつき。
そのおかげで戦闘自体は楽ですが…ジタンがなかなかエスカっションを盗んでくれない(´・ω・`)
いや、低確率での入手だから仕方がないのだけどさー。
回復役いないから戦闘が長引くときついんだよ。
この後しばらくの間、ダガーがパーティから抜けるから、ポーションとフェニックスの尾を
買い溜めしとこう。

ff9_057.jpg

ff9_059.jpg
南ゲートで黒のワルツ3号を巻きつつ、リンドブルムに到着。

う~ん…このペースで記事を上げて行くと結構長期化しそうな予感。
出来れば5月、いや6月中には終わらせたいところだけど、
好きなゲームだけに焦ってプレイするのもなぁ…。
ちとペースを考えるかな。

【雑記】親知らずを抜歯しました

  • 2016/05/08 00:26
  • Category: 雑記
ここのブログですが、ゲームや映画ネタが中心で日常的なことは
ほぼ書かないようにしているのですが…最近勇気を振り絞って親知らずを抜きました(´ω`)
折角なので記録として残しておきたいなと思い、記事にすることにしました。
自分と同じように親知らずが生えている方の中で「抜歯は怖い…」といって
放置している人もいると思いますが、抜くと楽になりますよ。

自分の場合は、残念なことに左右で4本親知らずが生えました。
上の方は綺麗に生えていたらしいですが、下の歯は斜めに生えており、
どんなに注意して歯磨きをしても、磨き残しが出てしまう。
その為、歯茎が腫れるということが多々ありました。

歯茎の腫れを繰り返している内に、「こんなことで何度も悩むのは嫌だ!」と思い、歯医者へ。
しかし思っていたよりも抜くのは大変みたいで、歯茎を切開して歯を割らないと
抜けないと説明されました。
しかも腫れを何度も繰り返す左下の親知らずに関しては、太い血管の近くに
親知らずがある為、大学病院に行った方が良いかも…とまで言われました(´・ω・`)

もうね、簡単に抜けるならスパッと抜いてもらおうと思って歯医者に行きましたが
そんな説明を受けたら「無理だ…」と思って、その日は腫れ止めの薬だけ貰って帰りました(笑)
治療中は麻酔をするので痛いはずはないと頭では分かっていても、
歯を取るときにミシミシとかメキメキという音がするというのが、凄く嫌だったのですよ。

そんなこんなで親知らずを数年間放置していたのですが、最近歯科衛生士の
友だちが出来ましてね。
親知らずのことを相談したのですよ。
そしたら「虫歯になって痛み出したら、麻酔が効きにくくなって、さらに大変な
思いをすることになる。早く抜いた方が良い。」とアドバイスを貰いました。

親が虫歯の激痛で、もの凄く苦しんでいるのを見たことがあるので
正直同じ目には合いたくない…。
ついに勇気を振り絞って親知らずの抜歯の予約を入れました。
もし抜くなら口腔外科のドクターがいる所が良いと教えて貰ったので
口腔外科の先生にお願いしました。

1回目は3月に、右の上下を同時に抜きました。
歯医者に行くまでは、もう怖くてね…「何で生えてきたんだー!コノヤロー」って
思ってましたよ。
覚悟を決めて行ったはずなのに、先生の説明を再度聞いていく内に
段々萎えてきて帰りたくなってきた ((;゚Д゚))

麻酔をしてもらって、いざ抜歯作業へ。
歯茎を切開したところ「これなら歯を分割しないでも抜けるかも?やってみますね」と。

親知らずは根っこがしっかりしているため、抜くときに力をかける。
その為、顎を痛めてしまう人もいるので、自分の手で顎をしっかり支えていて欲しいと
説明されました。
グイグイと押されている感覚はあるものの、痛みはなし。
むしろ押されている顎が痛い…(笑)

少しすると「抜けましたよ」と。
抜歯が大変だと言われている下の歯ですら、「え?これで終わり?」と思いました。
そのまま上の歯もサラっと抜いてもらい、縫合→洗浄→止血→痛み止めを飲んで終わり。

抜歯後の注意点としては
・当日は血を溜める為に、強いうがいはしてはいけない。
・血の味が気になるなら、ガーゼを噛んで止血。
・傷口はいじらない。
・当日は飲酒や激しい運動、長湯は避ける。
・もし顔が腫れたとしても、冷やさないこと。
・処方された痛み止めと抗生物質はきちんと飲むこと。

麻酔が切れた数時間は、ジンジンとした痛みが少しありましたが
薬を飲んで少し寝たら無くなりました。
2~3日したら顔が腫れると聞いていましたが、特にそういった症状も出ることはなく
そのまま抜糸。
いや~こんなにあっさり終わるなら、もっと早く抜けば良かったwと思いましたよ。
あと、あまりにもあっさり抜けたせいか「ミシミシ…」という音も聞こえなかったのが
実は少し残念だった(せっかくなら聞いてみたいとも思っていた)


で、本日、左の方の親知らずも上下一緒に抜歯してきました。
左の方も大学病院に行かなくても、ここで抜けるだろうというドクターの言葉を信じて
同じ病院で抜くことに。
さすがに2回目なので恐怖はなかったです。

左下の歯の方は歯茎を切開後、歯を分割をして抜いて貰いましたが
かなりしっかりとした歯だったため、なかなか抜けないw
ドクターもかなり苦戦してて、助士の方から「次の患者さんが10分遅れると
連絡がありました」と言われたときに、「好都合だわ」なんて答えてました(笑)

力がかかっている顎も痛いし、先生も段々息が荒くなってきたしで
「お前空気読めよ…頼むから…」と心の中で親知らずにつぶやいてました。
ついでにここで「ミシミシ…」という音が聞けましたが、「これが例の音か~」と
冷静に考えてましたw

下の歯がやっと抜けたと思ったら、今度は上の歯もなかなか出てきてくれないww
後から説明を受けましたが、根っこが曲がっていた為だそうです。
「途中で折れてしまう人もいるけど、折れなくて良かった^^」と言ってました。
毎日きちんとカルシウム取ってて良かったよ。関係あるのか分からないけど(笑)

と、いう訳で左の親知らずも無事抜歯終了。
長時間、口を大きく開けていたせいか未だに顎が痛いですし、
今回は少し腫れてきた。
でも、これで長年悩まされてきた左の親知らずから解放されると思うと
晴れ晴れしい気持ちですよ(´∀`)フハハ

ドクターが抜いた方が良いと言っている親知らずを持っている人は
腫れや痛みは個人差がありますが、ずっと悩みつづけるよりかは
思い切って抜いてしまった方がスッキリして良いですよ。
抜歯後の腫れも痛みも一時的なもので治ります。
いずれは抜かなければならない訳ですし、嫌なことは回復が早い若いうちに。
出来れば、隣の歯が虫歯になってしまう前に…。


⬛追記
先日、抜糸も終わりましたー!
ドクターからもスッキリしたね。と言われた。
本当にね(笑)
これで親知らずの治療は終わり。
後は自然治癒力に任せて穴が閉じるのを待つのみ。

抜歯前がブルブルでしたが、無事終わって良かったヽ(´∀`)ノ

【PC】FF9:プレイ日記02 氷の洞窟クリアまで

GWが始まりましたね!
予定もありますが、久しぶりに落ち着いてゲームが出来そうなので
今のうちに記事のストックを作っておこうかと考えております。

という訳で、FF9のプレイ日記2回目です。
この森に一度入ったら出て来られないと言われている「魔の森」に
墜落してしまったタンタラス団。
飛空艇の周りを探してみても、ガーネットやビビ、スタイナーの姿が見当たらない。
どうやら墜落した衝撃で逸れてしまったようだ。

ff9_027.jpg
ジタンが森の中を探してみると、ガーネットがモンスターに捕まってしまっていた。
ここのイベントでトランスが解禁。
トランスねー、強いのだけどゲージが溜まったら自動で発動してしまうから
使いかってはあまり良くないんだよなー。
自分で選択出来たら、良かったのに。
そうそう、このバトルで「裏技→ダイダルフレイム」を使ったら、お姫さんまで攻撃に
巻き込まれてゲームオーバーに… (;゚д゚)
この技全体攻撃だったの忘れてたよ。すまぬ…

ガーネットはこのままモンスターに連れ去らわれてしまう。
ビビもモンスターに捕まってしまうが、こちらは無事救出。
しかしスタイナーとビビがモンスターに種を植え付けられてしまうので、
治療の為に一度飛空艇へ。

ff9_028.jpg
今後の方針としてお姫様を助けに行きたいジタンと、団員全員が
生き残る為に動けるメンバーが負傷者を抱えて、早く森を脱出するべきと
団長のバグーとで意見が割れてしまう。

そういえば、ディスク3の頭でガーネットがアレクサンドリアに戻るイベントが
あるじゃないですか。
そこでジタンが今までにないくらい落ち込むのですが…正直ディスク3の頭までだと
ジタンがガーネットに特別な気持ちを抱くようなイベントもなかったから、
一体いつの間にそこまで惚れ込んだんだ?と思ってました。
断髪後のダガーは好きだけど、ディスク2終了時点だと振り回されている印象の方が強いからね。
この辺のイベントを観直してみて分かったけど、ジタンはガーネットに一目惚れしてたのか。
納得した(笑)

ff9_031.jpg
ガーネットを救うために、タンタラスを抜けて一個人として救出に行くことを
決意したジタンはバグーと一騎打ちをする。
バグーに勝利すれば脱退出来るというルールらしいが…バグーが明らかに手加減しているんだよな。
口では本気を出すと言っているけどさ。
脱退も快く受け入れてくれて、旅立ちも喜んでくれているし、凄く良い父親なんだよな。
出番少ないけど、やっぱりバグー好きですわー (´ω`人)

ff9_032.jpg
スタイナーとビビを連れて、森の主の所に行くとガーネットが捕まっていた。
救出するためにバトルになる。
このボス、普通に戦うだけならそんなに強くはないのですよ。
おっさんとビビの魔法剣がボスの弱点を突いてくれるので。
ただ、ジタンで「盗む」を狙うと結構厄介だ。
敵の攻撃力が高い上にこちらには回復役がいないから、意外とあっさり仲間が死んでしまう。
Lv5までレベルを上げるとボスの攻撃をうけても、安定して耐えられるようになるので
盗むを狙う人はレベル上げすると良いよ。

一定のターン経過かボスにダメージを与えるとブランクが助っ人に来てくれるけど…
遅いわ!こちとら盗み待ちが出来るくらい楽勝だ!!

ff9_033.jpg
森の主を倒したことで森が暴走。
モンスターやら森やらが襲い掛かってくるようになった上に、森自体が段々石化していって
しまっていた。

ff9_034.jpg
ブランクがジタンを庇ってモンスターに捕まってしまい、そのまま石化に巻き込まれてしまう。
ブランク…良い奴だったよ(´;ω;`)

FF9の世界では"霧"に覆われている大地が多いのですが、この"霧"が非常に厄介な存在。
霧の中には強いモンスターが住み着いている上に、"霧"の中に長時間いると心身に
異常をもたらすらしい。
まずは霧がない高地部を目指すことになる。
魔の森から高地部に行くには「氷の洞窟」を抜けていく必要がある。

ff9_035.jpg
この氷の洞窟にいる凍っているモーグリ可愛いよねw
このままお持ち帰りしたいくらいだ。

ff9_036.jpg
氷の洞窟を進んで行くと、凄く吹雪いている場所に出る。
少し進んだ所でビビが倒れ、次にスタイナーが倒れる。
おっさん、蹴っ飛ばされてるwもうちょっと優しく扱ってやってくれww
DISC1と2ではスタイナーはギャグ担当キャラだからというのもあるけど、
スタイナーの扱いがちょっと悪い。
それが物語終盤ではカッコよくなっているからな。
ギャップがまた良いよなぁ。

ff9_037.jpg
ガーネット、ジタンも倒れてしまい、このまま全滅かと思いきや
どこからか鈴の音が聞こえてくる。
その音でジタンの目が覚め、辺りの様子を見に行くと黒のワルツ1号が黒魔法を使って
吹雪を起こしていた。
どうやらブラネ王女の刺客で、ガーネットを連れ戻しにきたようだ。

黒のワルツ1号はシリオンを召喚。
2対1で戦うことになる。と言っても、そこまで強いボスではない。
まずはHPの低い黒のワルツ1号からサクッと倒していけばOK。
どうしても苦戦をするようならば、トランスに入りやすいところまでゲージを上げておいて
ボス戦に挑めば圧勝出来るはず。

ff9_038.jpg
そうそう、シリオンからはミスリルダガーが盗めます。
ミスリルダガーからサポートアビリティ「盗賊の極意」(盗むの成功率が上がる)を
覚えることが出来る。
もし隠しボス「オズマ」と戦うことを想定しているならば、今の段階から装備をさせて
常に「盗む」を使っておくことをオススメします。
と、言うのも、ジタンが覚えるアクションアビリティで「盗賊の証」という技があるのですが、
この技が「盗んだ回数×ジタンの素早さ÷2」のダメージを与えるという大変便利な技。
育てればダメージが簡単にカンストします(笑)
終盤で一気に育てるのは面倒なので、今の段階から意識的に「盗む」を使って
コツコツ育てておくと良いですよ。

ff9_039.jpg
黒のワルツ1号とシリオンを倒すと、吹雪が収まるので、皆を起こして再出発。
氷の洞窟を出ると村があるので立ち寄ろうということになるのですが、
流石にお姫様の身分は隠した方が良いということで、呼び名を付けることに。
自分はデフォルトのまま「ダガー」で行きますよ。
当時からこの名前は賛否両論でしたなぁ。
正直、ガーネットもダガーも対して変わらない気がするけど…。

さて、村に行く前に最初の精霊イベントをやってきます。
一応今回のプレイでもオズマを倒すつもりではいるので。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: