【アプリ】パズドラ プレイ日記44:FFコラボ始まりましたー!

パズドラのプレイ日記44回目です。
FFとのコラボが始まりましたねぇ。
今回のガチャはキャラ性能をみると全体的に控えめで、これといった目玉キャラがいない印象。
しかしFF9からジタンとビビが出るという話ではないですか!?
絵も良いと思う。
これはFF9好きとして引くしかない!!!

pzdr288.jpg
今までクリアしていなかった降臨ダンジョンやチャレンジモードなど
コツコツやって、さらに石も買い足して155個まで用意してきました。
本当に今回のガチャは、キャラの性能だけでいうならスルー推奨なので
2人が出たら撤退する予定です。
究極進化が期待されているコラボなので、後々評判が変わるのかもしれませんが。

pzdr289.jpg
チョコボさん、お願いです。
☆6が欲しいなんて言わないので、被害は軽めにしてください。

pzdr290.jpg
ガチャの結果です。
2人が出るまで12回まわしました。
銀が9/12、金はティーダ、スコール、ジタンの3体のみ。
圧倒的な銀率で久しぶりに心が折れそうになった…。
しかも銀でビビだけ避けるようにして出てこない。゜(゜´Д`゜)゜。
ビビが欲しいというのを運営が知ってて、出さないように
操作しているのかと一瞬考えてしまったくらい。
※確率の問題です。

あー今回のガチャは金率が良いと言われているのに散々だ。

pzdr291.jpg
ジタン
元々頭身が低いキャラなので、パズドラ絵に合わせても違和感なくてカッコいいですな。
金とは思えないスキルなのが痛いところですが。

pzdr292.jpg
ビビ
可愛すぎてヤバい (*゚∀゚)
あんまりにもビビが出てきてくれないので、ジタンが出た瞬間に
諦めることも考えました。
いや、無事出てくれて良かった。後悔はしていない。

キャラ性能的にはビビは使い道が全くないのが惜しいな。
今のパズドラって攻撃が最大の防御みたいな感じなので反撃スキルって…。

ジタンとビビは進化させるとイラストがトランス状態のものになるのですが、
通常時の方が好きなんだよな。
進化させるか、このまま目の保養にするか非常に迷うところ。

何とか欲しかった2キャラはゲット出来たので、満足ですが
今回のガチャは完全に負けですな。
性能的なものよりもキャラ目当てで引いたので、良いのですがー。
他にも知っているキャラはいますが、もう引かない。
残りの石はゴッドフェス用にとっておきます。

pzdr295.jpg
そういえば、今回のコラボダンジョン難しくないですかね?
地獄級すらクリア出来なくてスキル上げが出来るか不安になってきた。


pzdr293.jpg
久しぶりにパズドラについて記事を書いているので、ついでに雑談でも。
少し前のアップデートでメイメイとシヴァが覚醒進化できるようになりました。
マイボックスは木の神ばかり集まっているので、メイメイは
未だに我がパーティでは1軍として活躍しています。

覚醒進化したい気持ちもありますが、とスキル1に戻ってしまうんですよねぇ。
メイメイなんてスキルマが必須キャラなのに…チェイサーでのスキル上げは大変なんだから、
今のスキルレベルを引き継いでくれれば良いのに。
ピィ上げ必須の流れは厳しい。
属性で「神」が外れるのもなぁ…。

pzdr294.jpg
シヴァもこの間の神羅万象で別のキャラのスキル上げをしていたときの
副産物としてMaxまで上がったのに、スキル1になるのかぁ…(´・ω・`)
もう1体手に入ったら作るかな?

メイメイは好きなキャラだっただけに、今回の進化は非常に迷う。
同じ四神のハクはどうなることやら…。
スポンサーサイト

【PSP】Jレジェンド列伝 プレイ日記03:ファミコンゲーム3本連続プレイ

バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝
バンダイナムコゲームス (2013-11-07)
売り上げランキング: 6,341

Jレジェンド列伝のプレイ日記3回目です。
前回に続き、残りのゲームもお試しプレイをしていきます。

bnjl_034.jpg
まずは「ドラゴンボール 大魔王復活」
神龍の謎がアクションゲームだったのに対して、こちらはアドベンチャー+RPG。
方向性を凄い変えてきて冒険しているなぁ(笑)

bnjl_036.jpg
話はピッコロ大魔王編のところです。
天下一武道会が終わり、悟空たちはゆったりと過ごしていた。
買い物から帰ってくるとカメハウスが荒らされており、留守番をしていたクリリンと
ウミガメの姿が見当たらない。
とりあえず2人の姿を探すために部屋の中を探索。
ドラゴンボールでアドベンチャーゲームというのは新鮮ですな。
ちょっとワクワクする(*'∀`*)

bnjl_037.jpg
お!ドラゴンレーダーを発見。
この当時のアドベンチャーゲームなので、
「調べる→タナ→ドラゴンレーダーを発見しました」
「取る→ドラゴンレーダー→ドラゴンレーダーを入手しました」という感じに
1つ1つ行動を選択していかないといけない、かつヒントもないので総当たりで
調べていかないといけない。

自分はこの手のアドベンチャーゲームで「ポートピア連続殺人事件」や
「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」をクリアしたことがあるので
特に苦にはならないけど、人によってはかなり面倒に感じそう。


bnjl_039.jpg
別の部屋に行ってみると…クリリンが死んでいる。
ゲーム始まって1分も立ってない上に、顔グラすら出ずにww
これで出番終わりだったら可哀想すぎるwww

bnjl_041.jpg
犯人はクリリンを殺害後、ドラゴンボールを奪って逃げたということなので
先程手に入れたドラゴンレーダーと如意棒を持って犯人を追いかける悟空。
このままタンバリンと戦闘に入るのですが…
えっ!?ちょっと待って!!戦闘システムが分からんのですが…

bnjl_042.jpg
ゲームのマニュアルを開いてもこれしか説明がないし、どうすればいいんだ?
ちょっと触ってみた感じでは、まずはお互いにカードを選択。
カードの上の方に書かれているドラゴンボールのマークの数字が高い方が
攻撃をする権利を貰える。
攻撃方法はカードの中心部分に書かれた内容通りまでは分かったけど、
下の漢数字は何の意味を表しているんだろう?

bnjl_044.jpg
タンバリンとしばらく戦ってみたものの、こちらの攻撃は一向に当たらず。
負けて強制的にカメハウスに戻されました(`ε´)
ドラゴンレーダーは壊され、如意棒は奪われてと踏んだり蹴ったりだな。
で、ピッコロ大魔王が武道家たちを一斉に処分する為に武道大会を開くということで
悟空はそれを阻止する為に旅立つと。

bnjl_045.jpg
マップの移動もカードを使って行動。
ドラゴンボールの数字分移動が出来て、止まったマスで敵と戦ったり占いババアと修行したりして
経験値を稼げるようです。

bnjl_046.jpg
カードバトルの初作品ということもあり、ダメージのバランス調整はおかしいものの
戦闘はそこまで難しくないです。
ただ、アドベンチャーパートは即死トラップが多く気が付くと死んでいます。
Jレジェンド列伝では詰まって進めない人用に、ヒント機能が実装されているのですが

bnjl_047.jpg
何の役にも立たないヒントしか出してこないww

bnjl_050.jpg
攫われたブルマを助けて、ヤムチャとも再会。

bnjl_051.jpg
ピラフマシーンには勝利したものの、その後のザコ戦でやられてゲームオーバー(´・д・`)
ドラゴンボールのアドベンチャーゲームってどうだろうと思ったけど、意外と面白いです。
アドベンチャーパートが難しいので、まともにやるとクリア出来るか怪しいので
後々攻略サイトでも観ながらやろうかな。


bnjl_053.jpg
次は「聖闘士星矢 黄金伝説完結編」
黄金伝説の無印版も入っていますが、聖闘士星矢自体知らないので
今回は完結編のみプレイ。

bnjl_054.jpg
使用するキャラを4人の中から1人選ぶのですが…
ほら聖闘士星矢ってパズドラともコラボしていたから、分かるかなぁ?と
思ったけど、全然分からんわ。
主人公と思われるセイヤを選択。

bnjl_055.jpg
2D横スクロールアクションですね。Bでパンチ、Aでジャンプ。
敵は基本的には画面内に2体登場するようになっていて、倒しても無限湧きみたいです。
ただ、こちらをひたすら追いかけてくるだけなので鬱陶しい。

bnjl_056.jpg
先程のステージの右端に行ったらムウがいて、偉そうに「クロスを出せ」と言ってきます。
戦うコマンドも出ているので…戦うこともできるのかな?
いや、今回は大人しく従おう。
原作知らないのでよく分からないですが、強化して貰えたみたい??

bnjl_058.jpg
先程の2Dステージに戻され、さらに進んで行くとアルデバランがボスとして登場。
コイツは敵みたいなので戦ってみましたが…

bnjl_059.jpg
負けました。
う~ん…正直言うとあまり面白くないなぁ。
2Dステージはシンプルなステージ構成の中、だたザコ敵に追い回されるだけ。
ボスはただ技を選択するだけ?であまり戦略とかなさそう。
ボス戦前にセブンセンシズをCOSMOとLIFEに振り分けが出来るのですが、
どう振り分けるかが重要っぽいです。
道中でセブンセンシズを上手く溜ながらボスに辿りつくかが攻略のカギになりそう。
如何せん原作知らないと厳しいゲームですねぇ。


bnjl_060.jpg
本日のラストは「魁!!男塾 疾風一号生」
プレイヤーキャラは「桃」「富樫」「J」「虎丸」の中から1人を選択。

bnjl_062.jpg
こちらも横スクロールアクションです。
基本は聖闘士星矢と変わらず、それにプラスとして固有技やしゃがみ攻撃などもあるよってくらいです。
しかし、このゲームの攻撃判定ヒドく、同じタイミングで自分とザコ敵が攻撃をした場合、
敵の方が攻撃モーションが早いのか、敵の攻撃はヒット、こちらの攻撃はキャンセルということになり
一方的にボコボコに殴られます。

bnjl_063.jpg
しかも歩いているといきなり落とし穴にハマるww
同じ場所に立つたびに落ちるので若干鬱陶しい。

bnjl_064.jpg
HPが半分くらいになるとロウソクの火が弱まる、HPが0になるたびにロウソクの火が消えると
いう演出が入るのですが…これがまたテンポを悪くさせている。

さらに味方の外見や性能は似たり寄ったり。
これキャラゲーだよね?一番拘らないとダメな部分じゃないのか…。

bnjl_069.jpg

bnjl_066.jpg

bnjl_067.jpg
ボスも同じことしか言わないし…何だろうか。
聖闘士星矢のゲームも正直ちょっと…と思ったのですが、魁!!男塾はそれを
上回る酷い出来で、もの凄くストレスが堪るゲームと言うのは断言できる。
これはもう封印しておこう。

【PSP】Jレジェンド列伝 プレイ日記02

バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝
バンダイナムコゲームス (2013-11-07)
売り上げランキング: 4,672

メールを見ていたら、ドラクエ10の運営事務所を名乗るところから
フィッシングメールが届いてました。
メールの内容が「今、流行の情報流出を行った可能性があります。
下記のURLをクリックして、アカウント情報をご確認ください」的な
内容だったのですが…メールの内容的に怪しい要素も多かったのですが、
そもそも自分はドラクエ10はプレイしてないしな!騙されんぞ!!

調べてみるとドラクエ10の名前を利用したフィッシング詐欺が
流行っているみたいですねぇ。
プレイしている人は気を付けないといけませんな。


Jレジェンド列伝のプレイ日記2回目です。
前回に引き続きSFC幽白をやっていきます。

bnjl_015.jpg
暗黒武道会も準決勝の裏御伽チーム戦まで来ましたぞ。
飛影が活躍した2戦はカット、さらに蔵馬VS裏浦島戦はイベントのみ(笑)
無印版では妖狐化した蔵馬は使えませんが、この作品の続編に当たる
「特別編」では隠しキャラとして使えるみたいですねー。
当時、このゲームに続編が出ていること自体知らなかったので
特別編は遊んだことはないのですが、ゲームバランスも見直されて、
より遊びやすくなっているらしいです。
登場キャラも戸愚呂編のキャラを減らし、仙水編まで入れたそうな。
技の演出面も強化されているみたいだし…うーむ、欲しくなってきたぞ(‐ω‐`)

bnjl_016.jpg
死々若丸戦は原作に沿って桑原で行くか。

bnjl_017.jpg
…負けました(´・ω・`)
ある意味原作通りだけどさ。桑原操作だと勝てないなぁ。
そろそろ桑原にも一勝を飾ってあげたい。

bnjl_018.jpg

bnjl_019.jpg
死々若丸はばぁさんで倒し、ついに来ましたぞ!美しい魔闘家鈴木!!
何故か鈴木だけ登場時に特殊な演出入ったりして、もの凄く印象に残っているw
ゲームをプレイしたあとに漫画をみると、こんなにあっさり倒されたっけ?って思うくらい。
まぁキャラ性能は最弱なんですがね。

bnjl_020.jpg
鈴木を倒せば、決勝の戸愚呂チーム。ここは流石に敵も全員登場します。
初戦は蔵馬VS鴉
鴉…ほとんど印象に残ってないキャラなんだよな。
蔵馬にセクハラしてた記憶しかない(違)

このゲームだと蔵馬はキャラの能力値だけでいうなら弱いらしいですが
個人的には扱いやすいキャラだと思います。
霊撃を使えば先手を取れる技が多いので、相手の攻撃を潰しやすいし、
攻撃力の低さは、「↓+Y」の妖力を高めるで補えるので上手く使えば結構強い…と思う。
実際ここまで負けなしで来てるし。

bnjl_021.jpg
次は飛影VS武威
対戦相手を飛影にするとちゃんとバトルオーラで空を飛ぶ演出も入りますww
でも戦闘中はいつも通り地上戦です。

って…マズイ、飛影で負けた(;゚Д゚i|!)
飛影もここまで負けなしで来ていたのと、原作でこのバトルは好きだったから勝ちたかったのに…
すっごいショック…しかし飛影は邪王炎殺黒龍波を除くと霊撃が全て接近技なのに対して
武威は飛び霊撃を連発してくるので、どうしても敵に先手を取られてしまうのですが…
どうやって戦えばいいんだ?
後でフリーモードでリベンジしよう。

bnjl_023.jpg
武威は蔵馬で倒し、次は戸愚呂(兄)。
桑原で挑んでみるものの…やっぱり勝てぬ。
また蔵馬で倒しましたよ。もう決勝戦は蔵馬1人で戦っているなぁ(笑)

bnjl_024.jpg
ラストは幽助VS戸愚呂(弟)
ここはプレイヤーキャラは幽助で固定です。
さらに80%戸愚呂→100%戸愚呂で2回連続バトルになります。
80%戸愚呂はパンチを多用して来てくれるので、そんなに強くないのですが
100%はあきらかにステータスに差がありすぎて本気で強い(;´д`)
戸愚呂の攻撃を4回まともに受けるとやられてしまうのに、戸愚呂は硬いので
運が悪いと敵にほとんどダメージを与えらずに終わるくらいですぞ。

bnjl_025.jpg
やっぱり幽白の中で一番魅力的な敵は戸愚呂だよなぁ。
B級設定はおかしいよなぁ…

bnjl_027.jpg
ふぅ…何とか勝てたー!
結局、戸愚呂と1時間くらい戦ってました。
いやぁ面白かった!!今やってここまで楽しめるとは思ってませんでした(笑)
運要素はやっぱり強いゲームですが、それも面白さの1つになっていると思う。
普通の格ゲーとかと違い複雑なコマンド入力もないから遊びやすいし、
このシステムは生き残って欲しかったですねぇ。
3DSで気軽に遊べるようになったので、これからもちょこちょこやろう。

ついでに飛影VS武威はフリー対戦でやり直しました。
何度挑んでも負け続け、あまりにも悔しかったので他のプレイヤーさんの動画を見て
飛影の使い方を学び直してきたら

bnjl_022.jpg
安定して圧勝できるようになりましたヽ(´∀`)ノフハハハ
桑原もちょっと使い方を学んでくるかなぁ。

bnjl_123.jpg
隠しモードの「熱闘!激闘!!首くくり島!!!」もきちんと遊べるようになっています。
フリーター戦で「YABAYABA」とパスワードを入力→LRを押しながら決定。
1P、COMともに同じキャラを選べば、このモードに入れます。
こちらのモードもクリアしてくるぞー!!


Jレジェンド列伝ですが、目的のゲームはクリアしたので大満足ではあるのですが、
折角色々ゲームが入っているので他のゲームも遊んでみます。
気に入ったゲームがあれば、全クリしても良いし。
とりあえずメニューで上から順にプレイ。

bnjl_029.jpg
ドラゴンボール 神龍の謎。
ファミコンで発売されたドラゴンボールが初めてゲーム化された作品らしいです。

bnjl_030.jpg
ううん…?この画面見覚えあるな。
何かのプレイ動画で観た気がする。原作設定は無視ししているわ、
ゲームバランスもメチャクチャ、今遊ぶにはかなり厳しいゲームと言われていたような。

bnjl_031.jpg
まぁ、ちょっとやってみるか。
アクション部分は大味ながらも遊べないことはないけど
時間経過と共にHPが減っていくのはキツイなぁ。
回復アイテムはランダムなので運が悪いと全然回復出来ないし。
しかし、このゲームの悟空はパンティを手に入れると大興奮をして動きが早くなるのですが…
この頃の悟空はまったく興味がなかったハズじゃ…

bnjl_032.jpg
お?中ボスかな?
画面が変わってもジャンプと攻撃しかないので、殴り合い。
結構ダメージを受けたので回復品が欲しい。

bnjl_033.jpg
結局敵を倒しても回復品が出ずにゲームオーバー。
うん、このゲームはもう良いかな(苦笑)



【PSP】Jレジェンド列伝 プレイ日記01

バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝
バンダイナムコゲームス (2013-11-07)
売り上げランキング: 6,537

この間、本棚を整理していたら幽遊白書(以下、幽白)が出てきまして
読み返してみたら、再びハマってしまった…
そういえば昔、SFCで出ていた幽白のゲーム面白かったような?
また遊びたいなぁと思って調べてみたら、なんと3DSで遊べるじゃあないですか!?

bnjl_001.jpg
Jレジェンド列伝。
Vジャンプ20周年、ファミコン30周年を記念して発売されたタイトルで
ファミコン、SFCで販売された「週刊少年ジャンプ」の人気漫画のゲームを
詰め合わせたものです。

bnjl_002.jpg
収録ゲームタイトルは以下の10本。
■FC
・ドラゴンボール 神龍の謎
・ドラゴンボール 大魔王復活
・聖闘士星矢 黄金伝説
・聖闘士星矢 黄金伝説完結編
・魁!!男塾 疾風一号生
・ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
・ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!(初回特典)

■SFC
・ドラゴンボールZ 超武闘伝2
・幽☆遊☆白書
・ GO GO ACKMAN 3

勢いで買ったのは良いものの、実は幽白以外のソフトは知らないんだよな。
ドラゴンボールはまだ原作やアニメを観たことがあるから
キャラとざっくりとしたストーリーは分かるけど、
聖闘士星矢と魁!!男塾は名前を聞いたことがある程度。
ACKMANは作品すら知らぬ。

しかし10本収録されていて、ドラゴンボールが5本って…
ドラゴンボールの人気の高さは分かるものの、
北斗の拳とかシティハンターとか入れて欲しかったかな。
しかも「激神フリーザ!!」は初回特典なので、それを逃した人は遊べないっていうのもなぁ。
(初回特典の解除コードは1台の3DSのみに有効。1度使うと別の3DSに使えないらしい)
自分は中古で2,000円で買った物なので、遊べなくても別に構わんけども、
初回特典付いてなかったら、新品(5,000円)で買っても当然遊べません。
「激神フリーザ!!」目当てで買う人は要注意ですぞ。


話が大幅に脱線してしまいましたが、
とりあえずプレイしたかった幽白からやるか。

bnjl_003.jpg
うおおー懐かしい!!!自分が持っていたのもこれだったな!!
持っていたSFCのソフトの中でも、相当遊んだ方のゲームだと思う。

bnjl_004.jpg
ストーリーモードは蔵馬と飛影の登場~暗黒武術会編終了までを駆け足で遊べるモード。
フリーは対戦モードです。
今は主要の5人しか選べませんが、ストーリーをクリアすれば総勢20キャラくらい
使えるようになります。
ちょっと操作方法を思い出すために、フリーで練習してきました。
よし!ストーリーモードをやるか!!

bnjl_006.jpg
蔵馬と飛影が霊界の三大秘宝を盗んだところからスタート。
1人足りない気がするが仕方がない、剛鬼なんていなかったんだ(笑)
初戦の相手は飛影です。
戦闘システムは「ビジュアルバトル」というもので、コマンド入力+アニメーションを中心とした
バトル方式です。
個人的にはキャラゲーとして良いシステムだと思うんだけど、流行らなかったですなぁ。
独特の戦闘システムの為、説明が難しい上に長くなるので、細かいところは省いてに説明すると

バトルはターン性で、自分と敵でお互いに行動するコマンドを選択するバトル方式。
「→キー+X」、「↓キー+B」など十字キー+XYBAのいずれかのボタンでコマンドを入力、
キャラの行動を決定します。

主なコマンドは
→キー+XYBAのボタン:パンチ
←キー+XYBA:回避や防御
↑キー+X:ジャンプ、↑キー+YBAで技3種類(主に自キャラの能力アップ技)
↓キー+XYBA:霊撃。霊力ゲージを消費してキャラごとの固有攻撃が出来る。
       幽助の場合は霊丸、ショットガンなど4種類。

技(ジャンプも含む)と霊撃を発動するにはそれぞれポイントが必要。
これがなくなるとパンチと防御しか出来なくなる…が、パンチと防御は
使うタイミングが限られてくるコマンドで
普段はあまり役に立たないので、技と霊力を使うタイミングが重要となる。
技や霊力ポイントは敵に攻撃を当てたり、敵からの攻撃を避けたりすることで
回復することが出来ます。

キャラのグラフィックの下にある赤いゲージは技の成功率で、コマンドを決定する前に
十字キーを長押ししていると溜まります。
ゲージをMaxまで溜めて攻撃をしても意外と外れることが多いから
運要素も強いんだけどさ(ノ∀`)

bnjl_008.jpg
特定のコマンドのみですが、このゲームしゃべるぞ!!
音声は籠ってますが、SFCだと考えると頑張っている。

片方がコマンドを入力した時点で、行動アニメーションが流れるので
もう一方はアニメーションが終わる前までなら、自キャラの行動を選択することが出来る。
コマンドを選択しなかった場合は、待機となります。

お互いに技、または攻撃を仕掛けた場合は先手・後手が自動で決まります。
先手は自分の攻撃を相手にヒットさせると、相手の攻撃をキャンセルさせることが出来ます。
攻撃の先手・後手は技ごとに決まっており、「射撃系霊撃>伸び、衝撃波系霊撃>
近接系霊撃>技、パンチ」の順に攻撃をする。
当然、射撃系霊撃が強いのですが霊力の消費が激しく連発すると、すぐにガス欠になります。
キャラによっては反射してくることもあるし。

つまりは相手が次にどんな行動をしてくるか読んで、いかに相手の行動を潰すかが
勝利の鍵となります。
最初はシステムを理解出来ず、NPC相手に一方的にボコボコにされますが
慣れてくるとお互いの手を読み合う戦略性のあるバトルで、今やっても面白いよ!!

bnjl_009.jpg

bnjl_010.jpg
飛影を倒すと蔵馬と戦い、何かオマケ程度にやってきた朱雀も倒すと
左京と戸愚呂弟が登場。
戸愚呂弟とバトルになるのですが…3回も負けた。
この時の戸愚呂弟は20~30%の力しか出してないって言っているけど
十分強いんだが(;゚Д゚i|!)全クリ出来るか不安になってきたぞ!!

bnjl_011.jpg
60%の戸愚呂弟に負け、なんやかんやで暗黒武術会へ。

bnjl_012.jpg
幽白の女の子って皆可愛いよなぁ(*´∀`*)素敵ですわー

bnjl_014.jpg
暗黒武術会は原作通り、チーム戦です。
敵のチームを全員倒せば、勝利。
敵は容量の都合で3人ずつしか出てきませんがね。

鈴駒と戦ったのは確か桑原だったよな。
一応原作に沿ったバトルをやるかな…と思ったんだが、練習で主要メンバー5人全員使ったけど
桑原操作時だけ1回も勝てなかったんだよな。
このゲーム中では5人の中でも強い方と聞くのに何故だ…。
とりあえず暗黒武術会を進めてきます。

【3DS】ハコボーイ プレイ日記02:全クリしました

ハコボーイのプレイ日記2回目です。
前に記事を書いたのが約1ヵ月前…無事全クリしました!

今回はネタバレ全開で行きます。
エンディングが良いゲームなので、未プレイの方はご注意ください。
意外なストーリーで、先に知ってしまうのは勿体ない。

hkby_011.jpg
実はこのゲーム仲間が出て来ています。
特にステージの謎解きにで活躍するわけではなく、ワールドマップ上のみの登場。
何をしてくれるのかが分からなかったので、前回の記事では触れてませんでしたが
やっぱり仲間がいると良いね。

さらにワールドを進んでいくと、過去に主人公たちがいる星に隕石が落ちたような
アニメーションが流れます。
テキストでの説明とかがないので、詳しいことは分からないのですがね。

長方形くんは途中「俺の屍を超えてゆけ」みたいな感じになり、
最終ステージ直前では女の子が「私ここで待っているわ」みたいな感じで
別れてしまいます。
※セリフもないので多分ですw

hkby_012.jpg
最終ステージは今までの出てきたギミックを使った仕掛けが多数。
あれ…?+と-って何すれば良いんだっけ?
最後にプレイしたのが3週間くらい前なので、色々忘れておる…

hkby_013.jpg
苦戦しつつも王冠を全て集めて、最終ステージもクリアしましたぞ。
最終ワールドの17をクリアするとキュービィの身体が光った状態で出てくる。
と、そこに地面から瘴気のようなものが噴き上げてくる。

hkby_014.jpg
キュービィがデカい箱を出して瘴気が噴き出ている穴を塞ぐものの
ほとんどの力を使ってしまったのか、灰色に…(´・ω・`)

hkby_016.jpg
柱のようなオブジェクトの前に小さな段差があるので、二人が見つめ合ったあと
穴の中に入り、目を閉じます。

すると2人の身体は段々と黒くなっていき、地面に同化。
穴が完全にふさがると

hkby_017.jpg
2人がいた所を中心に世界に段々と色が戻って行く!?
モノクロの世界観はただ単にシンプルな世界観にしたかったからだと
思っていたのに、ストーリーに絡んでくるとは…
隕石が落ちたことで壊滅的なダメージを受けていた星をキュービィたちが
頑張って蘇らせたということですよねぇ。
このゲーム、遊び方の説明以外にテキストが全然出てこないのですよ。
だからストーリーは無いようなものかなと思っていたら、良い話で少し感動した(*´∀`)b

hkby_019.jpg
全クリ後には、おまけステージと新しいコスチュームが解放されます。

hkby_020.jpg

hkby_021.jpg
新しいコスチュームはニンジャとウサギでキュービィの能力が本当に上がります。
この辺はタイムアタックとかで高成績を狙うときに使うと良さそうですねぇ。
でも折角のパズルゲームだから、おまけワールドの方もノーマルキュービィで進むぜ。

hkby_025.jpg

hkby_026.jpg

hkby_029.jpg
おまけワールドは18~22まであり、ここからが本番と言わんばかりに難しいです。
今までは進むだけなら簡単、王冠を狙うとなると頭を使わないといけないという感じでしたが
ここから先は進むのにもしっかり考えないとクリアが出来ない。

hkby_031.jpg
全ワールドでパーフェクトクリア!大満足!!

hkby_034.jpg
全ワールドクリアで「ハコキング」、全ワールドをパーフェクトクリアすると
「真・ハコキング」のコスチュームが貰えます。

hkby_032.jpg
さらにオマケワールドも含めて全てクリアすると総合成績が発表されます。
凡人かぁ…王冠を取るために些細なミスもリトライしまくったからなぁ。
この成績を塗変えるにはワールド1から通して全てプレイし直せば良いそうです。

hkby_030.jpg
オマケステージのラストには、ちゃっかりHAL研の文字がありますw
やっぱりHAL研は良いゲーム作るよなぁ。
またこういうシンプルで面白いゲームを期待しています!

【アプリ】Q

アプリで面白いゲームがあるよ!と教えて貰いましたので
早速ダウンロードしてみました。

Q_001.jpg
ゲーム名は「Q」
基本は無料で、一部のステージを開放するのに課金が必要らしいです。
初期の方のステージは無料で遊べるので、気に入ったら課金していけばOK。
とりあえずやってみましょうかねぇ。

ゲームの流れとしてはステージごとにお題が出題されるので
線や図形を描いて、お題をクリアしていくゲームです。

Q_003.jpg
まずは問01
チュートリアルなので簡単なお題ですな。
何でも良いから描いてみろということなので、星を描いてみた。

Q_004.jpg
スッゴイ歪ですが、指だと画面上で感知される場所が広くて
図形を描くのって…む…難しい。

描いた図形は落下する、形状に合わせて少し転がるといったことは
出来ますが、それ以外の操作は出来ません。
物の動きや反動を利用した物理演算パズルゲームです。

Q_005.jpg
少し進むとこんな風にパズルゲームらしく、しっかりとした問題が出てきます。

Q_006.jpg
とりあえず棒と壁の間に物を詰めて、左の方へ倒す!

お題を見てすぐに回答がひらめくものもあれば、
「え?ナニコレ…どうやって解くんだ?」というものもあります。
とりあえず色々な形のオブジェクトを出して弄ってみるうちに
少しずつ解き方が分かってきて解けたときの嬉しさ(*´ω`*)
パズルゲームならではの楽しさがしっかり出ています。
やっぱりパズルゲームって面白い!!

もちろん、これだけ好きな図形を出すことが出来ると回答も1つではなく、
解き方は人によって変わってきます。
まずは自力で解いて、その後に他の人の正解例を見ると
こんな解き方もあるのか~という発見も出来るヾ(´∀`)ノ
自由度が高く、複数回答があるパズルゲームは好きな人にはオススメですゼ!

スマホアプリだから、ちょっと時間が空いたときにコツコツ出来るのも良い。

Q_008.jpg

Q_009.jpg

Q_010.jpg
問題を進めていくと、お題の難易度も上がります。

Q_007.jpg
この問題は解き方自体はすぐに分かっても、上のボールが上手く落ちてくれなくて
凄く苦労した覚えが…
少しの角度や長さの違いで、自分の出したオブジェクトが
予想外の動きをするので、実際にやってみると見た目より難しいです(笑)

Q_011.jpg

Q_012.jpg
今は21問目で詰まっています…。
左側にシーソーを作って上から物を落下させると、真っ直ぐ立つのに
この後どうすれば右に倒れてくれるんだろう?

【3DS】シアトリズムドラゴンクエスト プレイ日記02:エンディングまで

シアトリズム ドラゴンクエスト
スクウェア・エニックス (2015-03-26)
売り上げランキング: 12

シアトリズムドラゴンクエストのプレイ日記2回目です。

thdq_014.jpg
とりあえずチャレンジモードの「解放チャレンジ」を全て終わらせて
全ての曲を開放してきました。
これですごろくに集中出来る!と思った矢先、「上級チャレンジ」が追加…。
聞いたところによるとこれをクリアすると、すごろくがやりたい放題になる
ゴールドパスが入手出来るそうだ。
解放チャレンジと違って曲の追加とかないので、正直に言わせていただくと苦行だ。
せめて曲数が多ければ…っ!シアトリズムFFのカーテンコールは200曲近く入っていたから
曲かぶりも少なく、20時間くらい遊んでいても楽しめたけど、
ドラクエの方は60曲しか入ってないからなぁ。
どうしてもお題曲の被り、飽きてくる。

thdq_017.jpg
現在のパーティはこんな感じです。
3の勇者、アリーナ、8の主人公、引換け…じゃなかったテリー。
しばらくはこのメンバーで固定してキャラを育てていく予定。

thdq_013.jpg
キャラもだいぶ育って、各キャラの初期職業はレベル99まで上げきったので
転職してレベルリセット。
3の勇者ですが、全体的にステータス高すぎw
ほぼ同レベルの5の主人公との差が凄いです。
5の主人公もステータス的には低いわけではないのですが…
流石ロトの勇者様。

thdq_015.jpg
そういえば、すごろくも解放されたので遊んでみました。
チャレンジモードをやっているときに、仲間を開放するために必要な
オーブが全然集まらないなぁと思っていたのですが、どうやらすごろくで集めるらしい。
ルールは通常のドラクエのすごろくと同じです。

thdq_016.jpg
すごろくをクリアするとオーブが手に入るのですが、ゴールのところにいるボスに
勝つとダブルアップボーナスが付きます。
ボスのレベル、譜面の難易度から考えて受けるかどうかは判断をすれば良い。
すごろくもステージ数が結構多いそうなので、全てやるとなるとゴールドパスは必須でしょうねぇ。

thdq_018.jpg
すれ違い通信で手に入る石版の欠片は、絵を完成させるとすごろくのステージが追加されます。
1度クリアすると消えてしまうのですが、再度石版を集め直せば何度でもチャレンジが出来るそうだ。

thdq_020.jpg
そうこう遊んでいる内にリズポが2万点を超えて、ラスボスの竜王が乱入。
これに勝つとエンディングへ。

thdq_021.jpg
精霊たちが力を取戻し、世界は再び平和になった。

thdq_022.jpg
お疲れ様でした。ここまで来るのに大体8時間くらいです。

thdq_023.jpg
エンディング後、ホイミンが仲間になりますよー。
かわええww



と、大体遊び終わったので、ざっくりと感想を書かせて貰います。
≪良かった点≫
システム面などはシアトリズムFFのカーテンコールを引き継いでいるので
遊びやすく、かつ面白いです。
やはりカーテンコールの方で基礎がしっかり出来ている分、
こちらも目立った問題点はなし。

転職やすごろくなど、ドラクエの定番となっている要素を入れてくれたのも良いですね。
キャラの育成、チャレンジモードやすごろくのステージ数などやり込み要素も
バッチリです。

ゲームの難易度はいつも通り優しめで、普段音ゲーをしない人でも遊びやすいです。
さらにシンプルモードというスライドトリガーがなく、Aボタンだけの
操作も追加されて、小さいお子さんでも遊びやすいモードもあります。

≪気になった点≫
如何せん曲数が少ない為、人によっては飽きるのも早いかも…。
曲は無料ダウンロードで追加も来ていますが、まとめてダウンロードが出来ない為
1曲ずつ落とす必要があり、非常に手間です。
最初から入れておいてくれ…。

曲は原曲のものではなく、アレンジ版です。
その辺のことにこだわりがある人は要注意。

すごろく場ですが、少しやる分には懐かしいなぁと楽しめるのですが、
何十ステージもやるものではないと思う。
時間がかかるし、そもそもドラクエの音ゲーがやりたくて買ったのに
すごろくに時間がとられているって…
でもやらないと仲間を開放するためのオーブが全然集まらないので
やるしかない。

≪感想≫
ドラクエの音楽を使って音ゲーが出来るという点、またシステム面も
シアトリズムFFカーテンコールを引き継いでいるので、とても良いゲームです。
ドラクエが好きで、気になるという人は盛り上がれると思います。
ただ、どうしてもカーテンコールと比較すると残念な点もあります。
これは完全版に期待…ということですかねぇ。

thdq_025.jpg
早期購入特典として付いてくるテーマ「街のにぎわい」は凄く可愛いし、
曲も良いのでオススメです!

【3DS】シアトリズムドラゴンクエスト プレイ日記01

シアトリズム ドラゴンクエスト
スクウェア・エニックス (2015-03-26)
売り上げランキング: 12


thdq_001.jpg
買ってきました!シアトリズムドラゴンクエスト。
これのFF版も以前遊びましたが、FFシリーズ自体あまり遊んだことがないので
より詳しく分かるドラクエ版が欲しいなぁと思ってました。
ドラクエシリーズは1~8まではバッチリ遊んでいますから、キャラも曲も
こちらの方が知っているものが多いので、楽しみ!!

thdq_002.jpg
まずは初期パーティ選択。
選べるのは歴代男性主人公+ローラ姫、アリーナ、ビアンカ。
お?ちゃっかり2のサマルトリア王子がいるぞ…。
ネタキャラのくせに初期メンバーとはやるな。

thdq_003.jpg
とりあえずパーティはこんな感じにしました。
ドラクエシリーズの中で3が一番好きなので、ロトの勇者は外せないけど
あとのメンバーは他に好きなキャラが仲間に出来たら変えるかもな。
選ばなかったキャラも後々仲間に出来るので、この辺は気楽に選べばOK。

thdq_004.jpg
ストーリーはFFと全く同じじゃないですかーヾ(゚д゚)
まぁ、ストーリーなんてあってないようなゲームだから良いけど。

thdq_005.jpg
チュートリアルが終わり、早速1曲と思ったら…どのシリーズも戦闘曲1つしかないww

thdq_006.jpg
BMS(バトルミュージックステージ)画面はこんな感じ。
ドラクエの画面に合わせて譜面も縦になっています。
FFで慣れていたから、凄い違和感がある。

thdq_010.jpg
FMS(フィールドミュージックステージ)は仲間4人ゾロゾロと行進。
加速すると馬車に乗ったり、ドラクエらしさが良いですのぉ。

thdq_007.jpg
曲をクリアしていくと特技やスキルを覚えるのですが
ドラクエ版は技やスキルのセットは不要で、覚えたスキルは全て戦闘に反映されます。
FFの方でキャラのレベルを下げたり、新しく覚える度にスキルのセットが必要で
若干面倒だったので、これはありがたい。

thdq_011.jpg
キャラは戦闘で入手したキャラカードを使って基本ステータスアップが出来るところは
変わらないのですが、その他に転職システムも導入されています。
転職させると一部のスキルは職業関係なく使えるので、職業レベルがMaxになったら
ガンガン転職させる方が良いかも。
一度上げた職業レベルは転職した後も、Lvが残るので戻すことも出来ます。
キャラ育成のやり込み要素としてはドラクエ版の方が上かな。

thdq_008.jpg
とりあえず曲数を増やしたいので、まずはチャレンジモードをやろう。

thdq_009.jpg
チャレンジモードはシリーズごとに未入手の曲が並んでいるので
クリアすると曲が解放されます。
さらにシリーズごとのラスボスと倒すと、石版の欠片が1枚手に入ります。
これを他のプレイヤーさんとすれ違い通信を使って交換して、完成させると
良いことがあるみたいですが、まだ完成させていないので分かりませぬ。

個人的にはすごろくが気になるところ…早く解放したい。


【映画】ベイマックス:感想

  • 2015/04/07 00:17
  • Category: 映画
ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-04-24)
売り上げランキング: 3

今更ですが、映画「ベイマックス」の感想になります。
3月中に喧嘩番長6を終わらせたくて、集中して記事を書いていたら
ベイマックスの方を載せるタイミングが無かったというね。
ネタバレありの為、ご注意ください。

■あらすじ
ヒロ・ハマダは14才の天才少年。
彼は自分の才能を非合法ロボット・ファイトの為に使っていた。
そんな彼に見かねた兄タダシは自身の所属する工科大学へヒロを連れていく。
彼の友人の手がけた発明品や、タダシが開発中のベイマックスに触れたことで
ヒロは自分も工科大学に入学したいと思うようになる。

工科大学に入学する為には、ロボット工学の第一人者である
ロバート・キャラハン教授を唸らせる発表をするのが条件となる。
ヒロはタダシや友人の協力の元、早速発明に取り掛かる。

ヒロは「マイクロボット」という操縦者の頭の中に描いたイメージを
具現化してれる小型ロボットを開発。
公演は大成功で、無事工科大学に入学する権利を得る。
しかしその夜、会場で火事が起こりタダシとキャラハン教授は帰らぬ人となる。

タダシの死からヒロは心を閉ざし、部屋に引きこもっていたが
ヒロが足をぶつけたときに「痛い」と言う言葉に反応して、ベイマックスが起動する。
ベイマックスはヒロを元気付けようとするが…。

■感想
前情報は全く調べずに字幕版を見ました。
プロモーションだけ見ると、兄を失ったことで心に深い傷を負った少年と
ケアロボットのベイマックスとの交流を描き、ヒロが成長をしていく
ヒューマンドラマだと思ってました。

…が、実際に見てみるとタダシを殺した犯人と戦うヒーロー戦隊ものでビックリ。
字幕版で観たということもあり、大人の観客が多かったのですが
皆さん「こんな話だったんだ…」という感想が多かったです。
プロモーションだと最初とラストのシーンだけ使って、中盤は丸々カットすることで
感動系に見せていたわけですよ。

まぁ、事前にヒーロー戦隊ものと分かっていたら、大人は観に来ないからだろうからな。
多分自分も行かなかったし…。
大人の人にも見てもらうためというのは、分かりますが
ちょっとセコイやり方だなぁと思います(苦笑)

自分がイメージしていた映画の内容とは違いましたが、じゃあつまらなかったか?と
聞かれると、そんなことはない。
ヒーロー戦隊ものアクション映画としては凄く良い出来でした。
アクション部分はスピード感、迫力がありましたし、
ストーリーは最初はただ復讐することだけを考えていたヒロが仲間やベイマックスと
触れ合うことで成長していく過程が描かれています。
ベイマックスの仕草も可愛らしくて、館内でも笑い声が聞こえてました。
タダシがベイマックスの実験を繰り返しているところは、やはり感動。
また日本を題材とした独特の世界観も見ていて、興味深い。

ヒーロー戦隊ものとしては、高クオリティで流石ディズニーと言ったところです。
ただプロモーションとの内容の違いに引っ張られると、ギャップに
違和感を感じてしまうのが勿体無い。
今回のプロモーションは客を呼ぶという意味では上手く行っていますが、
作品の足を引っ張ってしまっているあたり、どうなんでしょうねぇ。

これから観る人は感動ものではなく、ヒーロー戦隊ものとして認識してみると
満足の行く作品だと思います。



【3DS】喧嘩番長6:感想

喧嘩番長6 ソウル&ブラッド
スパイク・チュンソフト (2015-01-15)
売り上げランキング: 1,182

喧嘩番長6ですが、全クリしましたので感想になります。

≪良かった点≫
■バトルについて
本ゲームのメイン部分となるバトルですが4・5に比べると、
もっさり感はだいぶ軽減されています。
勿論、素早くスタイリッシュにという程ではないですがテンポは良くなっています。
またバトルの雰囲気を良くするために、漫画的な擬音語を入れたり、
敵が壁に激突したりすると画面が揺れたりすることで
一撃一撃の重みや迫力を出す演出になりました。
これが戦闘での爽快感を生んでいます。

敵も強すぎず、弱すぎず…どちらかというと敵はやや弱めなので
戦闘でのストレスはないです。
アクションが苦手な人でもアイテムを使えば詰むことはないはず。

技の編成は弱攻撃~必殺技まで自由に組めるので、自分だけの
オリジナルコンボが組めます。
自分は威力が多少低くても、攻撃モーションが素早く、さらに足技が好きなので
その辺を中心に組んでました。
自分の好きなコンボを組んで、爽快感を満喫。
さらにレベルも上がりやすいので、キャラがどんどん成長していきます。
これが面白くない訳がない!

■ストーリー
過去シリーズと比べると、今作はストーリーに力が入っています。
不良漫画などで王道のストーリーですが、漢らしく友情に熱い話で
ゲームのコンセプトに合っていて面白かったです。
さらに主人公を取り巻く仲間が個性的なメンツばかりで、
どのキャラにも愛着が湧きます。

スパイクさんの携帯ゲーム機で出ているアクションゲームは
何本か(喧嘩番長シリーズ、忍道)遊ばせていただきましたが
どうしても演出面の弱さが気にはなっていました。
本作はマンガのようなコマ割りが入れることで、キャラが
派手に動かなくても違和感がないようにフォローしています。
無理に据え置きのような方向性を目指すのではなく、上手く見せる方法を
考えているなぁと感心しました。

■着せ替えについて
主人公の外見はかなり自由に変えられるのですが
着崩し方もバリエーションが増えました。
パーカー系はフードを被ったり、ボトムスは裾を少しまくり上げたり、
腰パンしたり、結構細かく設定が出来ます。
個人的に嬉しかったのがつなぎで腰巻が出来るようになっていた点ですかね。
でも、出来るならネタ系衣装の種類があると嬉しかったな。

あと主人公以外(ダチや街の人たち)も季節に応じて衣装が変わります。
だからこそ主人公が浮かないように、結構気を使って着替えさせてました(笑)

■BGMについて
BGMの種類は多くないですが、印象に残るカッコいい曲がありました。
タンカバトルとボス戦の音楽は結構お気に入りです。

■ユーザーに優しい親切設計
常に「次は○○をしろ」と下の画面に表示されているので
プレイに少し時間が空いても、問題なく再開できます。
また、しばらくセーブが出来なくなるような大きなイベントの前には
「ここから先、強敵との戦いが待ち構えています。しっかり準備はしましたか」と
アドバイスをくれたり、校章やアイテムの取り逃しを考慮して2周目では好きな時系列に飛べたり。
あとサブイベントが発生した場合はダチがメールをくれたりと
とにかくユーザーに優しい設計になっています。

■その他
今作は結構力を入れて作っているのが伝わってきます。
ミニゲームの種類が豊富だったり、ナンパやシャミセン出来たり、
全生徒(500人)分の簡易的プロフィールがあったり、
上級生・同級生・下級生・工業科で近付いたときや喧嘩に入るときのセリフが変わったりします。
特にセリフは細かいところではあるのですが、下級生に「胸お借りします!」とか
「喧嘩買ってください!」とか言われると先輩になったんだーと
実感が湧いてニヤニヤしてました。よしよし、可愛がってやろう的な。
雰囲気って大切ですねぇ。


≪気になったところ≫
■カメラワーク
戦闘中のカメラワークはお世辞にも良いとは言えませんねぇ。
画面点前の壁際に敵が行ってしまうと敵が見えなくなり、
画面外から攻撃を受けることがあります。

ターゲッティングがなくなったことにに関しては、
過去作でも使っていなかったので、そこまで気になりませんでした。

■戦闘中のAボタンの優先度
戦闘中はAボタンで「アイテムを拾う/敵を掴む」という動作が出来るのですが
アイテムを拾うの方が優先的に処理をされてしまい、相手を掴もうとして押したのに
目の前でアイテムを拾い出したり、家具や武器を持つモーションが入り
殴られるということが多々ありました。
校章の取り逃しを防ぐ為だとは思うのですが、校章だけ優先的に拾ってくれれば良いのに。
殴られるだけなら、まだ良いのですが武器などを拾ったときに
急いで捨てようと投げる→喧嘩相手や街の人に当たる→シブさが下がるというコンボを
受けるときがあって…
シブさはすぐに回復出来るので問題はないのですが、結構頻繁に起こるので
なんだかなぁと(苦笑)

■校章の入手方法について
これは過去作から結構指摘を受けていますが、敵を倒した後に
校章を落とすのですが、一定時間経つと消えます。
またイベント戦闘の時は敵を倒してから、画面が切り替わるまでに
拾わないと未入手になります。
イベント戦の方は1度逃すとリセットするか、2周目以降じゃないと
再入手が出来ません。
戦闘終了後に自動的に入手じゃダメなんですかね?

■伝説の内容のつまらなさ
やりこみ内容として「伝説」(実績のようなもの)があるのですが、
これの内容が面白くない。
例えば「ナンパを100人しろ」とか「10分以上泳げ」(普通にプレイしていると
水の中に入る必要もない)とか、やり込みというよりも作業です。
もう少し有意義なものならやったんですけどねぇ。

■バグ
進行不可能になるようなバグは無いですが、細かいバグが多いです。
自分が体験したものでも
・街の人が空中歩行している。
・ダチが扉の前でひたすら開閉を繰り返す。
・街の中でチャージ攻撃が出来ない。
 ⇒これはバグなのか、処理落ちの影響なのか分かりませんが
  ダチを連れた状態で街の中でバトルをしていると、時々ボタンを
  長押ししてもチャージ攻撃が出来ないことがありました。
  バトルが長引くので地味に辛いw

・2周目でエンディングを迎えられない…。


≪感想≫
実はPSP→3DSに移行したことで少し心配していましたが、
過去作から正統進化を遂げている作品でした。
正直言いますと、喧嘩番長は最初にやった4が自分の好みにヒットしすぎて
4以上に気に入る作品は出ないんじゃないかと思ってました。
が、6は良い意味で裏切ってくれました!凄く面白かったです!!
まさかこんなにハマるとは思ってもみなかったです。

4と6どちらが好きかと言われると迷うところですが、
人にオススメするなら、遊びやすさやストーリー面などを考慮して6でしょうねぇ。

喧嘩番長6の売り上げは調べていないので、分かりませんが
良い作品なので、出来ればジワジワでも良いから売れて欲しい。
そして是非続編を出して欲しいです。



画像としては使う機会はなかったものの、個人的にカッコイイと思ったシーン↓

kbsb_277.jpg
この2人は登場が遅かったけど、キャラが濃すぎて印象はかなり強い。
2人が主役のショートストーリーとかあると嬉しかったな(*´ω`*)

kbsb_296.jpg
バトルで背中合わせ構図は定番だけどやっぱりカッコイイ!!
今作はダチが素晴らしかった。

kbsb_332_20150328005420dbe.jpg
夕日をバックに決闘。
金居(兄)はパッケージに載るくらいなんだから、もうちょっと頑張っても良いと思う(笑)

トータルプレイ時間:52時間

【3DS】喧嘩番長6 プレイ日記18:2周目隠しエンディング

喧嘩番長6 ソウル&ブラッド
スパイク・チュンソフト (2015-01-15)
売り上げランキング: 1,655

喧嘩番長6のプレイ日記18回目です。
前回無事卒業しましたが、イベントと校章を回収するために2周目に突入しています。

kbsb_348.jpg
2周目はレベルや校章、持ち物などが引き継がれた状態から始まります。
さらには味方キャラならイベントの進行具合に関係なく、
いつでも呼び出すことも出来る。
勿論おっさんも例外ではなく、1周目では無理だったバレーも参加してくれますぞ。
しかしおっさん、呼び出し画面を見ると最初から友好度がマブダチ(100%)って…
完全に弟にデレッデレじゃないですか(*´∀`*)

敵だった御堂や黒川も携帯番号を入手しているので、呼び出せるのかと
電話してみたら「くだらねぇことで電話かけてくるな」と怒られて
来てくれないんだが…一体何のためにゲットしたんだ(´・ω・`)

kbsb_349.jpg
また俺の部屋→俺メモ張に「過去を振り返る」が追加されているので、
これを使えば好きな学年学期に戻ることが出来ます。
1周目で取り逃した校章も全部集めて学園を制覇して来ました!

あとは1周目で見逃した2つのイベントを見ようと思います。
1つは千尋と結ばれるエンディング。
千尋の好感度を一定以上にしてエンディングを迎えると、スタッフロールの後に
イベントが追加されるそうです。

1周目でも一応全種類のプレゼントは渡していたんですが、それだけだと足りていなかったようで…
2周目で一番高価なプレゼントを渡しまくって一気に好感度を上げてました。
で、3年3学期に戻り、連合をボコり、さらにはおっさんをボコったところまでは良かったのですが

kbsb_350.jpg
何故かエンディングに入れない( ゚д゚)
おっさんが「よし、卒業式に行くか」というセリフの後、1周目では
卒業式のイベントに入ったのに、2周目ではそのままイベント終了。
通常の屋上マップに切り替わるだけ。
しかも普段なら「次に○○をしろ」と指示が出るところ(赤枠)部分に
何も表示されないのですが…ナニコレ。
バグなのか条件を満たしていないのかは分かりませんが、
どう頑張ってもエンディングに入れないので、諦めました。
この大吾は残念ながら千尋とは結ばれることのない運命なんだろう。
イベント見たかった…(´;ω;`)

まぁ2周目の本命イベントはもう1つの方なので…
1年生の2学期におっさんと戦うという負けイベントがありますが、
実はこのバトルに勝つと隠しエンディングが観れるらしいです。

kbsb_351.jpg
1年2学期のおっさんは3年のときに戦うよりも強いらしいので、
とりあえずレベル上げをしてきました。
手加減しないと言ってたのに、弟デレが発動して無意識に手加減してたようだ。
腕っぷしは300でMax。
エンディングを迎えたばかりのときに試しで一度戦ってみましたが、
回復なしでおっさんのHPを残り1/4まで減らせたので、今度は負けることはないはず。

kbsb_352.jpg
タンカバトルで不意打ちを喰らわそうとしてきたおっさんに若干失望しつつもバトル開始。
攻略法は基本的には最後のバトルと変わらないですねぇ。
あーでもこのバトルのときの方がおっさんが超必殺技を連発してくる気がする。
容赦なく攻撃を仕掛けてきますな。
必殺技自体は回避可能な技なので、そこまで問題はないですが
一応残りHPには気を付けた方が良いかな。

kbsb_353.jpg
イエーイ!勝利。
思っていたよりは簡単に勝てましたー^^

kbsb_354.jpg
大吾がおっさんに勝ったことに宇崎君もビックリw
人生2回目ですからね!

kbsb_356.jpg
大吾完全に悪い顔してますわーw
何だがこの頃の大吾が懐かしい。

kbsb_357.jpg
このままでは九鬼島がメチャクチャにされてしまう…と再戦を
挑もうとするものの大吾から一発くらいダウン。

kbsb_358.jpg
おっさんを倒したことで仇を取ろうと集まってくる。

kbsb_360.jpg
kbsb_361.jpg
この後、ここにいた全員をボコボコにしたんだろうなぁ。

画面が暗転して、数か月後、大吾は誰にも知られぬまま
ひっそりと学校を去ったそうです。
おっさんが倒されたことで九鬼島高校の秩序は崩壊し、
長きに渡る混乱の時代を迎えるのであった…と。
ロクでもないエンディングだなΣ(゚д゚|||)

kbsb_365.jpg
大吾はおっさんに勝っても負けても九鬼島高校に伝説を作る存在だったということですねぇ。
いやぁ、爽やかに卒業していった彼の方が良いですわー。

ということで、喧嘩番長6はおしまいです。
面白かったー!!
感想は次回。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

03 ≪│2015/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: