【映画】ハングオーバー!:感想

  • 2014/09/28 00:31
  • Category: 映画
ハングオーバー! [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-21)
売り上げランキング: 2,815

映画「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の感想になります。

■ あらすじ
2日後に挙式を控えたダグは、独身最後のパーティとして
親友のフィルとステュ、義弟のアランと共にラスベガスへ旅に出る。
ホテルでチェックイン後、皆で立ち入り禁止の屋上へと上がり、
夜景を楽しみつつ、アランが持ってきた酒で祝杯を挙げる4人。

翌朝、ヒドイ二日酔いで目が覚めるとホテルの部屋の中にはニワトリやトラが…。
さらにはステュは何故か歯を1本無くしていたり、見知らぬ赤ん坊がいたりと
滅茶苦茶な状態に。
ここまでヒドイ状態なのに誰一人として昨晩の記憶がなく、さらには
ダグが行方不明。
3人はダグを探すために、様々な手がかりを元にラスベガスを駆け回る。


■感想
4人がおバカなことをして笑わせてくる映画だと思ってたのですが、
昨夜の記憶がない状態の中、少ない手がかりを元に
色んな人に話を聞き回って、自分たちがしたことの尻拭いをしつつ、
消えたダグを探していくといった内容でした。
その為、ただ大騒ぎをして笑いを取るという感じではなく、
自分たちのしたことを知って頭を抱えていく映画です(笑)

色んな人に会うことで記憶がない時の自分たちの行動が
少しずつ明かされていくのですが、これが良いです。
赤ん坊の正体が分かったと思ったら、車のトランクからいきなり
全裸の男が飛び出してきたりと予想が出来ない展開で、
「この人たちはどんなアホなことをしたんだー!?」とワクワクしました。

また赤ん坊、トラ、トランクから出てきた全裸の男など
それぞれよく分からないキーワードばかりなのに
ちゃんと劇中の中で分かりやすく説明がされていくのも○。
ダグを見つけるまでを映画の中でしっかりやり、
その他の細かい謎もスタッフロールで上手く回収して、スッキリ出来る作りになっています^^

ギャグは爆笑とまではいかないですが笑えて、
さらに脚本もしっかりしているので面白かったです。

この映画を見る注意点としてはバカ騒ぎの部分がメインではなく、
尻拭い部分がメインなので、ギャグで過度な期待をすると
意外と大人しい印象を受けます(自分がそうだったのでw)

またキツイ表現はありませんが下ネタも多いので、
苦手な方は避けた方が良いです。
大丈夫だよ、と言う人にはなかなかオススメ出来る映画だと思います。

スポンサーサイト

【アプリ】ハンマーズクエスト プレイ日記01:ハンマーを持って飛び出そう!

今回遊んだゲームはこちら
※ストーリに関することではないですが、軽いネタバレがあるのでご注意ください。

hmsq_001.jpg
ハンマーズクエスト。無料のアプリです。
このトップ画面、王道の構図ですがやはりカッコイイですね(´∀`*)

ゲームのストーリーは主人公レオのお父さんが
魔王を倒しに、剣を持って旅立つところから始まります。
レオはお父さんの帰りを待つものの、帰ってこない…。
家のお金も無くなってきたし、お父さん探しに行くか!というのがゲームの目的です。

hmsq_002.jpg
ゲームのシステムとしては、レオはオートで画面右の方に歩いて行きます。
敵または障害物の前で立ち止まるのでタップするとハンマーで攻撃して
破壊することが出来ます。
タップで目の前の敵を素早く攻撃、長押ししてから手を放すと範囲攻撃、
何もせずに立っていると自動でガード。

hmsq_003.jpg
ステージは1エリア5ステージあり、ステージを進めて行くと当然ボスも登場します。
ボス戦は敵の攻撃をガードで防ぎつつ、隙を見てタップ連打。

hmsq_004.jpg
GOALに入ればステージクリア。
1ステージの長さは1分もかからないので非常にサクサク進みます。
ステージクリア時の評価で手に入る☆は集めると強い武器を買うことが
出来るようになるので、良い成績を狙いたいところ。

ゲームの感想としては片手で出来るシンプルな操作方法なのですが、
これはかなり面白いアプリです!
まず難易度が絶妙で、初めて挑むボスや新しいエリアに突入したばかりの
時は敵が強く、クリアするだけで精一杯。
☆の数なんて気にしている余裕がありません(笑)

hmsq_005.jpg
けれども、主人公のレベルを上げたり、集めた☆やお金を使って新しい武器を買ったり

hmsq_006.jpg
スキルのレベルを上げて、主人公を強化すると今まで苦戦していた
ステージが「あら…?楽になってきた」と実感することが出来ます。
そう!主人公の成長が実感しやすく育成が楽しい!!
試しに1つ前のエリアに戻ってプレイしてみると完全に無双状態。

また主人公の武器がハンマーというのが良く、範囲攻撃1発ドスンとやると
画面内にいる敵を全て一掃出来る爽快感がクセになります(゚∀゚)
最初はハンマーが主人公の武器って変わっているなぁと思ましたが
これは良いチョイスです!

まぁ、それでも新しいエリアに行くとボコボコにされるのですが(笑)

hmsq_007.jpg
ラストステージの魔王はかなり強いです。
最初はあっさりやられてしまったので、武器やスキル強化をしてリベンジ。
何とか勝てるようになったと思ったら

hmsq_008.jpg
真のラスボス登場。
1体1体もかなり強いのに複数いるとかね。

hmsq_011.jpg
真のラスボスまで倒した時のステータス。
最期のステージの☆5を取るにはもう少し強化しないと無理ですが
クリアだけならこれでも出来ます。

そういえばこのゲーム、何故かスタミナ制を導入しています。
スタミナの回復も早く、わざわざダイヤを使って回復しようという気持ちにはならないので
いらないのでは…?と思いました。
スタミナ制=待ち時間があってストレスになるというイメージがあり、嫌厭する人もいますし。

hmsq_009.jpg
エンディングも観たのでゲーム自体は終わってしまったのですが
作者様のツイッターでは追加クエストや新しい武器も予定しているそうです。
楽しみに待っています!

【PS Vita】イース セルセタの樹海 プレイ日記03:千古の巣穴クリアまで

イース セルセタの樹海 PlayStation Vita the Best
日本ファルコム (2013-10-10)
売り上げランキング: 859

イース セルセタの樹海のプレイ日記3回目です。

yscl_041.jpg
コモドの村を出て、南側からぐるっと回ってくるように進んでいくと千古の巣穴に着きます。
このゲーム、マップ上だと目的地が近く見えますが基本的には
まっすぐ行くことが出来なくなっており、大回りして進んでいくようになってますね。
それが分かれば、今後迷うことも少なくなりそう。

yscl_042.jpg
千古の巣穴に入ると仮面をつけた男たちにあっさり見つかってしまいバトルになります。
やや硬めではありますが、1体1体はあまり強くないので
アドルのEXTRAスキルでまとめてダメージを与えれば負けることはないでしょう。

バトルに勝つと仮面が外れて、皆正気に戻るのですが
レムノスの姿が見当たらない。
この巣穴の奥にいるので助けてやって欲しいと言われるので
さらに進んで行くことに。

yscl_043.jpg
ダンジョンは一本道で、さらに敵に合わせて属性攻撃を切り替えていけば、
あまり強くないのでサクサクっと進めて行きます。
途中、<<煉獄蜂>>メルドレイビーとのボス戦があります。
攻撃モーションが大きいのでフラッシュガードが狙いやすいです。
と、言いつつも周りに出現するザコに麻痺状態にされてしまい、割と苦戦をしたのですが(笑)
う~ん…ガードは敵の攻撃を防げても状態異常にはかかってしまうみたいなので
もう少し回避も有効に使わないとな。

yscl_044.jpg
ボスを倒した先に宝箱があるので、開けてみると「小人の腕輪」を入手できます。
これを装備するとアドルたちが小人になるので、小さい穴にも
入ることが出来るようになるのですが、代わりに攻撃力と守備力がガタ落ちます。
小人状態だと敵の攻撃一撃でHPの2/3以上は持っていかれたので、
戦闘は諦めた方がよさそうε-(‐ω‐;)

yscl_045.jpg
小さい穴の中を進んで行くと「石版の欠片」を入手。
全部で3枚あるので、全て回収して最深部に進んで行きます。

yscl_046.jpg
最深部には石版をはめるところがあるので、先ほど集めた「石版の欠片」を
はめ込んでいきます。
答えが表示されているパズル要素はやる必要があるのだろうか…(笑)

yscl_047.jpg
扉を開けると竪琴の音が聞こえてくるので、とりあえずボス戦に備えてセーブ!

yscl_048.jpg
さぁ、レムノスとバトルだー!と意気揚々に進むと、レムノスが呼び出した
《潰滅の剛殻》グルカリオスとボス戦に。
このボス、普通に攻撃をすると非常に硬く、1~5しかダメージが与えられません。
いや~最初こちらのレベルが低いのかと、ビックリしましたよ。

yscl_049.jpg
攻略法としては敵の攻撃をしばらくかわしていると、
ボスが回転アタックを連続で使用してくるので回避、またはしっかり防御すると
ボスが目を回して倒れます。
この時に腹部から弱点が飛び出してくるので、ここを連続で攻撃すれば
ダメージが与えられます。

yscl_050.jpg
ボスを倒すと魔道師バミーが登場。
レムノスは彼女の魔力によって操られており、仮面を外しただけだと
正気に戻ることが出来ない状態になっています。
実はレムノスは戦士として天才的な才能を持っていたのですが
一生懸命努力をして立派な戦士になろうとしている姉を傷つけない為に、それを隠していた。
いつしかそれは心の闇となり、そこをバミーに突かれて利用をされてしまっているそう。

レムノスはバニーに連れ去れてしまうのですが…
やはりイケメンはアドルの敵になるのか(笑)

yscl_052.jpg
仮面の騒動もひとまずは収まり、コモドの村も攻められることは
なくなったので、次なる目的地の大河のほとりにある集落に向かいます。
カーナは今回の一件で落ち込んでいるらしく、しばらくパーティから離脱。
射攻撃が出来るキャラがいなくなってしまった(´・ω・`)

yscl_053.jpg
村を出発するときにレオ団長も迷いの森を抜けて、コモドまで来てました。
あちらはあちらで楽しそうでいいのぉ。


【PS Vita】イース セルセタの樹海 プレイ日記02:コモド到着

イース セルセタの樹海 PlayStation Vita the Best
日本ファルコム (2013-10-10)
売り上げランキング: 859

イース セルセタの樹海のプレイ日記2回目です。
そういえばファルコム学園のアニメを観たのですが意外と面白かった。
勿論、クロスオーバー作品なのでイースか軌跡シリーズの知識…というか、
ネタが少し分かる前提で作られてはいますが、ネタが分かる人なら結構笑えますよ。
アニメで意外だったのがアドルが割と普通にしゃべっていたこと。
しかもゲーム中の「お人好し」設定がなくなり、性格が酷いことになってました。
公式でこんな扱いをして良いのかw
観る前は誰得アニメwwとか思って、すみませんでした。
第二期も決定しているということで、非常に楽しみにしています(笑)

さて、かなり久しぶりのプレイですがやって行きましょうかね。
とりあえず樹海の地図を作るぜー!と言って、森の中に飛び込んだのは良いものの
完全に道に迷っていた気がする。

yscl_027.jpg
森には巨大な敵も出てきて、これが強いのなんの。
こちらのHP200ちょいしかないのに、一撃で170も受けるんだぜ…。

yscl_028.jpg
ヒーヒー言いながらも樹海を探索&アドルさんの記憶を回収。
幼少期とか父親とかも見れます。

yscl_029.jpg
今作は広いフィールドマップが用意されていて、歩いたところが
マップに表示されていくシステムなのですが…
進むための道が全く分からないんだ。
目的地に行く為のマップもあるのに、道がふさがってて通れない。

既に同じところをグルグル回り続けて一時間…
ようやく言っていない入り口を見つけました!!
ついでにワープするための石碑もあって助かった。
岩とかで塞がれていて、今は通ることが出来ない道とかも
マップ上に表記してくれるとありがたいのですがねぇ。

yscl_030.jpg
暁の森・東部→せせらぎの道→迷いの森と進んで行くと
迷いの森の入口でレオ団長たちが迷いの森に嵌っているところに遭遇します。
まぁ自分は迷いの森に入る前から既に迷ってきたわけですが…。

何度か迷いの森の中を彷徨っていると似たマップでも花の位置が
変わっているのに気が付くので、花のある方向に向かって進んで行くと

yscl_033.jpg
ほおおおおおーーーー!!新しい村に着いた(゚Д゚*)
やっと…やっと着いたーーー!!
早速村に入ろうとすると、記憶を失う前にアドルはここに来たことがあり
何故か分からないけど村人たちの怒りを買ってしまっているそうだ。

yscl_035.jpg
村人たちに取り囲まれて困っていると、女の子が助けてくれました。
流石アドルさん、手が早いですね。
詳しい話を聞いてみると、コモドはそもそも外から客が来ることもなく
旅人が来ること自体珍しい。
しかし以前アドルが村を訪れて去った直後から、村では神隠しが起こっており
犯人なのでは?と疑われていたそうです。

カーナたちに連行されて、倉庫に閉じ込められてしまうものの
デュレンのおかげで脱出。
以前アドルが来たときに、何があったのか思い出すために
村の中を見て回ると、最上階に記憶の欠片が。

yscl_036.jpg
触れてみると初めて村を訪れたときにカーナと双子の弟レムノスに
とても良くして貰っていた。
村を出発するときに、レムノスが仮面を付けた男を見ており
不審そうにしていたことを思い出します。
そのことをカーナと村の村長アサドに話し、レムノスから詳しいことを
聞こうとすると、レムノスも神隠しの被害者で今は行方不明。

yscl_038.jpg
外が急に騒がしくなるので行ってみると仮面の男たちが村を襲撃してきてました。
真ん中の奴はどう見てもレムノスじゃないかww
仮面の男たちを何とか追っ払うことは出来たものの、アサドは負傷。

yscl_040.jpg
村をまとめているアサドが負傷したとなっては、次に攻められたときに
守りきれるか分からないということで、こちらが先手を打つことに。
村人から仮面の男たちは「千古の巣穴」と呼ばれている場所に入っていったと
いう話を聞きます。
ここでカーナが仲間に入ったことで、やっと「斬・打・射」の3人が揃いました。
この村ではアクセも売っているし、装備を整えて「千古の巣穴」に向かいますかねぇ。

【アプリ】モニュメントバレー

ここ最近、一気に忙しくなり2週間ほどゲームが全く出来ない状態で
しょんぼり(´・ω・`)してたら、友人から面白いアプリを教えて貰えました。

mnmv_001.jpg
Monument Valley(モニュメントバレー)
価格は400円

mnmv_004.jpg

mnmv_005.jpg
ゲームの目的としてはスタート地点から白い三角の帽子をかぶった
女の子をゴール地点(矢印部分)に連れていくことです。
女の子は画面にタップした位置に向かって歩くだけなので
ホールドを回したり道や壁を動かしたり、スイッチを押したりして
地形を動かすことで女の子が通るための道を作って行きます。

mnmv_006.jpg
2つめのスイッチを押したら、ホールドのついた道が
2階に移動してしまい進めなくなってしまいました。
ところが再びホールドを回してみると…

mnmv_007.jpg
女の子がいる位置からゴールへの道が繋がる!?
このまま四角い枠の所に行くとステージクリア。
このように錯視絵(だまし絵)を上手く使って
不思議な建築物を上っていくパズルゲームです。
一見通れ無さそうに見える道もギミックをちょこちょこ弄っていくと
綺麗な道になるのは、なかなか面白いです。

mnmv_009.jpg
またステージの動きもダイナミックで
真っ暗な背景の中、キャラがぽつんと立っているので話しかけます。

mnmv_010.jpg
会話が終わった途端、画面下から新しい建物が出てきたりと
次にどんな仕掛けが待っているのかとワクワクしました^^
ゲームの難易度としては、割りと簡単なので、謎解き系ゲームを
プレイしたことがある人ならサクサク進むと思います。

mnmv_011.jpg
ステージデザイン、音楽共に幻想的な雰囲気で世界観も素晴らしいです。
ステージ数は全10ステージなのでやや短めですが、その分1つ1つがとても作り込まれています。
特に後半の方のステージは1つが割と長いのに、同じような謎解きがなく
最期までしっかり楽しませて貰いました。

最近は携帯アプリでも面白いものが増えて来て、良いですねぇ。

【PS Vita】イース セルセタの樹海 プレイ日記01

イース セルセタの樹海 PlayStation Vita the Best
日本ファルコム (2013-10-10)
売り上げランキング: 1,482

今回から遊ぶゲームはこちら。
yscl_001.jpg
イース セルセタの樹海
vitaはこのゲームとペルソナ4をやりたくて買ったんですよねぇ。
どちらも未だに未プレイですが(笑)

yscl_002.jpg
開始早々、フラフラしながら街の中を徘徊するアドルさん。
あ、今回は漂流じゃないんですね。
街の人にぶつかって倒れてしまうのですが、立ち上がる気力もない様子。
どうやら記憶を失っているようなのですが…何だろう。
この画面、アドルが少し浮いているのと倒れているのに目が
ばっちり開いているのがシュールで笑えてくるww

yscl_003.jpg
OP。この子が今作の現地妻ヒロインでしょうか。

yscl_004.jpg
今回もOP曲は熱くて良いですな。
話の時系列としてはⅠ→Ⅱ→セルセタ(Ⅳ)→フェルガナの誓い(Ⅲ)ということみたいです。


yscl_005.jpg
目を覚ますと宿屋に運ばれていて、事情を話すとしばらくはここに居て良いと言って貰えます。
そこにデュレンという男が話しかけてきます。
そういえば何でアドルの相棒はいつもガチムチなんだろう。
そしてイケメンは皆、敵というね…。

デュレンからアドルは記憶を失う前にセルセタの樹海に向かっていたという話を聞いていると
村人が宿屋に飛び込んできて坑道に魔物が現れて、3人の鉱員が閉じ込められて
しまっているという話をしてきます。

yscl_007.jpg
急いで坑道に向かうと駐留軍のレオ団長が不在の為、新しく来たグリゼルダ総督が
指揮を出して救出作戦を立ててました。

yscl_008.jpg
彼らが話している奥で光る玉が浮いているので調べてみると(画面の乱れはゲームの仕様です)
アドルが自分が「剣士」ということを思い出します。
光る玉に触れるとアドルが少しずつ記憶を取り戻すそうですが、
剣士ということを思い出した途端、この事態を放っておけないと
鉱山の中に1人飛び込んで行きます。流石アドルさん。
ても、先ほど装備画面見たらレザープレートしか装備してなかったのですが…。
剣すら持たずに敵に挑むつもりなのか。

yscl_013.jpg
鉱山の中を少し進んで行くとデュレンが追いかけて来てくれてショートソードをくれます。
今作もseven同様に「斬」「打」「射」の三すくみがあるみたいですね。

yscl_014.jpg
鉱山の中を進んで行くと先に鉱員を救出に向かっていた兵がモンスターに
襲われているので助けることに。
今作のアドルさんは基本的にはしゃべらないけど、選択肢によって会話に参加はしてきます。

yscl_016.jpg
戦闘はsevenを基本にプラス要素を足した感じですね。
○=攻撃、△=ガード、×=回避、□=使用キャラ交代、
Rを押しながら○、△、×、□のいずれかで技発動。Lで必殺技。

あー懐かしい…sevenは最高難易度のナイトメアもクリアしているので
フラッシュガードは、ある程度狙って使うことが出来ます。
今作はフラッシュガードに失敗しても通常ガードをしてくれるので優しくなってますねぇ。
フラッシュガード=敵が攻撃をしてくる瞬間にガードをすると
敵の攻撃を無効にして、さらに敵が怯んで隙が出来る。

新しく追加されたフラッシュムーブ(敵が攻撃を仕掛けてくる瞬間に
回避をすると、敵の動きがスローになる+味方が無敵状態になる)は
強力ですが、フラッシュガードよりタイミングがシビアで難しい…。

yscl_017.jpg
兵士を助けて、さらに先に進んで行くとボス<<目覚めし鎧獣>>アルドヴォスとバトルになります。
最初のボスだと言って油断していると、あっさりやられる(実体験)ので
回避や防御などしっかり使っていかないとダメですねぇ。

yscl_019.jpg
鉱員を救出すると、部屋の奥に像があったという話が聞けます。
折角なので像を調べにいくと「…きっと…戻って…この…偽りの…≪聖域≫へ…」と
謎の声が聞こえてきます。

yscl_021.jpg
とりあえず事件も解決したので町に戻ると、グリゼルダ総督に呼び出されます。
本国から新たな鉱脈を見つけろと命令が来ていて、樹海に入らないといけないが
セルセタの樹海は凶悪なモンスターがいて、さらに一度樹海に入ると方角を見失う。
そのせいで無事に帰ってきた者が少なく、樹海の地図がない。
出来るだけ安全に事を進める為に樹海の地図を作って欲しいと依頼されます。

アドルは記憶を取り戻す為にも樹海に再び向かう必要があるため
樹海の地図制作の依頼を受けると。

樹海について現在分かっていることは北西の方向に大樹、
樹海の中央付近には大河があるという2点だけ。
まずは大樹か大河の近辺を調べてみることになります。
どちらから行ってもいいみたいなので、まずは大樹を目指しますかね。

yscl_022.jpg
ついでにレオ将軍も出てきました。
なかなか愉快な人ですが、仲間にはならんだろうなぁ。

【映画】思い出のマーニー:感想

  • 2014/09/11 00:05
  • Category: 映画
思い出のマーニー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 305

映画「思い出のマーニー」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■ あらすじ
心を閉ざした主人公の杏奈。
喘息を患っており、療養の為に海辺の村に住む親せきの家に
預けられることになる。
村にある古い屋敷を見つけると杏奈は「この屋敷を見たことがある」と
直観的に感じ、中を覗いてみるが空き家だった。
ある日、村の女の子と喧嘩をした夜に屋敷の方に向かうと
ブロンドの髪の少女マーニーと知り合う。
マーニーは屋敷に住んでいると言い、2人は友達になるが…


■感想
原作はイギリスの児童文学で、日本でも翻訳版が出ているそうですが
未読です。その為、前知識は全くなしの状態で映画を観ました。

まずは映像の美しさは流石ジブリ!
背景の描き込みが素晴らしく、温かみのあるタッチ、
草木や建物の他にも水や風の表現など綺麗で世界観に引き込まれます。

で、肝心のストーリーはと言いますと…途中までは「これは厳しいなぁ」と
思ってました。
まず主人公の杏奈ですが、養親は少し過保護なところがあるが
愛情を持って接しているのが分かるのに、悪態をつく。
村の女の子も友達になろうと話かけてきているのに悪口をいう。
それなのにマーニーの前だけでは何故か素直。
しかも「私はなんて不幸なんだ」と自分に酔っている感じが凄くて…
思春期という点を考慮しても感情移入が出来ない。

さらに話はシーンごとに飛び飛び、しかも杏奈とマーニーの会話が噛み合わない。
でもお互い「あなたのことが大好き」と言う。
いや、何と言いますか観ている方には何故二人が惹かれ合っているのかが
理解が出来ないんですよ。
観客のことは置いて話は進んで行く…ええ、完全に外したなと思って観てました。

ところがラスト20分くらいでマーニーの正体が分かるのですが
ここは凄く良かったです。
観ている途中で薄々は感づいていましたが、それでも少しジ~ンと来ました。
マーニーから杏奈への愛情、マーニーのことを知ったあとの杏奈の成長。
綺麗に終わるのでラストは印象的です。

ただラストに行くまでが長いし、大したことも起こっていないので
もう少しカットしても大丈夫だと思いました。
前半部分を短くして、全編通して60分くらいでまとめてくれたら調度良かったかも。
途中退席している人も多かったし…。
まぁ映画館で観た身としては、マーニー自体は60分にまとめて
さらにおまけで短編アニメをもう1本つけてくれると嬉しかったかな(笑)

思い出のマーニー…ラストはとても良いのですが、そこに行くまでが非常に惜しい作品です。


【3DS】メゾン・ド・魔王:感想

メゾン・ド・魔王のプレイ日記2回目です。

msdm_011.jpg
アパートも順調に増築していき、一番大きい状態まで持っていきました。
魔王様も最初はテント暮らしだったのに、立派なおうちに住んでいらっしゃる(ホロリ)

個人的にお気に入りモンスターは
msdm_012.jpg
アンデット族のゾンビー。接近戦タイプ。
敵に攻撃する度にHPが回復していくと言う恐ろしい能力を持ってます。
育てていくと「敵からのダメージ<ゾンビの回復力」という状態になるので
かなり強いです。
壁役は彼らだけでも十分なくらいです。

msdm_014.jpg
亜人族のユキンド。遠距離攻撃タイプ。
男はイエティ、女の子は雪女みたいな外見でなかなか可愛いので育ててます(笑)
ステータスも良く、家賃の支払いも安定しているので重宝しています。

msdm_013.jpg
エレメント族のモクハナン。
初期の方から出てくるモンスターなのでステータスは全体的に
低いですが、超遠距離攻撃+敵貫通能力なのでかなり役に立ちます、
隊列の一番後ろからチクチクと攻撃をして、少しずつHPを削る
嫌らしいモンスターです(笑)

基本的に戦闘は「ゾンビー・ユキンド・モクハナン」の順で並ばせて
ゾンビを盾にしつつ、後ろから攻撃するスタイルで戦っています。

msdm_016.jpg
ネコモンスターのニャイキングとか、天使の外見のモンスター(QPD)も
育てたかったのですが、資金が足りず断念。

msdm_018.jpg
そしてついに以前ボロボロに負かされた伝説の勇者との戦いが再び…
コイツを倒して世界征服への大きな一歩を踏み出します。
このクエストをクリアーすると全クリとなります。

msdm_019.jpg
フハハハ!前に戦った時とは違うのだよ(`∀´)
伝説の勇者と言えども圧勝じゃー!!

msdm_020.jpg
このクエストをクリアするとアパートの住んでいたモンスターが
全員部屋から出てきて、世界征服の旅に出ます。

msdm_021.jpg
魔王様は基本的にひきこもりなので、部屋から出てこないのですが
エンディングで久しぶりに姿を見たなぁ(笑)
そしてステータスを改めて見ると凄く弱い…全モンスターの中で最弱じゃないですか。

msdm_022.jpg
感動のエンディングです。
過去に住んでいたモンスターが何故アパートを去ったのか一覧として出てきます。
前半は割と戦死が多いですが、中盤以降は大家に追い出されたばかりに…
子供を産ませ、育てたら容赦なくアパートから追い出す魔王様。
この非道さが魔王様なのです。強さだけが全てではありません。

msdm_023.jpg
最期までアパートの住んでいた住民は世界征服戦争に参加。
途中迷子になって脱落したり、故郷に帰ったり、戦死したり、
最期まで魔王様と共に戦ったりとさまざまな未来が待っています。


全クリをした感想としましてはモンスターの日常を覗きながら
育てて、戦わせるのはなかなか面白かったですヾ(´∀`)ノ
強いモンスターと戦うイベントもクエストを受けることで
発生するので、事前にしっかり準備が出来てお気に入りキャラが
理不尽な戦死をすることがないのも良いですね。

音楽も曲数自体は少ないですが、どの曲も印象的でゲームを盛り上げてくれます。

ただ中盤以降はひたすら子供を産ませて強化を繰り返すだけになるので
どうしても作業ゲーになりがち。

また元々Xboxで出ていたゲームなので仕方がないのですが、
3DSだと画面が小さくて、せっかくの可愛いモンスターの
デザインがあまり見えないのが勿体無いですね。
また狙いたいキャラの元にアイコンがなかなか行かないということもチラチラありました。
(画面の拡大機能があるのでそこまで弊害にはなりませんが)

少し変わった世界観とゲーム性で作り手のセンスが光る面白いゲームでした。
遊んだことがない人は是非、モンスターの暮らすアパートの大家になってみてください。
モンスターとの楽しい生活が待っています。

msdm_025.jpg

msdm_026.jpg
最終成績。割とプレイヤーの性格がはっきり出るゲームな気がする…。

【3DS】メゾン・ド・魔王 プレイ日記01:アパート経営始めました

今回遊んだゲームはこちら
msdm_001.jpg
メゾン・ド・魔王
Xboxのダウンロード専用として発売されていて、以前から気になっていたゲームです。
ついに3DSで配信されたので早速購入ヽ(´∀`)ノ
価格は864円。ゲームのジャンルはシミュレーション・タワーディフェンスです。

msdm_003.jpg
ゲームの流れとしてはプレイヤーが魔王となって、アパートを経営。
モンスターを住まわせて、家賃を取り立てつつ住居人を育成して、
最終的には世界征服を目指します。

msdm_002.jpg
ゲームを開始すると魔王様が早速アパートに移り住んできます。
魔王様、どう見てもただのおっさんww

msdm_004.jpg
家マークの吹き出しが出ているキャラは家を探しているモンスターなので
条件があえば入居してくれます。
家賃は各部屋ごとに設定することが出来ます。
魔王様はマンション経営とクエストからしか収入を得ることが出来ないので、
出来るだけ高い額で部屋を貸したいところですが、あまり家賃を上げすぎると
住居人が支払うことが出来ず、夜逃げしてしまうので注意。

msdm_006.jpg
入居したモンスターは部屋に置いて欲しい家具などを言ってくるので
渡すと満足度が上がります。
モンスターの満足度が低いと、これも夜逃げの原因になるので出来るだけ高めに。
アイテムはモンスターのステータスにも関わって来るのでアイテムを渡して損はないです。

msdm_005.jpg
住人からの家賃だけではお金が足りないので、アパートの外に
置いてある看板からクエストを受けることで臨時収入を得ることが出来ます。
クエストを受けると敵や勇者たちとバトルに入り、勝利すると大金ゲットとなります。
(時々ランダムでも敵は出現しますが、それは弱いので問題なし)
戦闘方法は魔王様は「敵が来たよー」と扉を叩いてお知らせをするだけ(笑)
あとはモンスターがオートで戦ってくれます。

msdm_007.jpg
戦闘のコツとしては敵は必ず画面左から来るので、近距離戦闘が得意なキャラを壁にしつつ
遠距離攻撃が得意なモンスターで援護射撃。
敵も味方もはHPが0になると天に召されてしまいます。

msdm_008.jpg
クエストの難易度が上がって来ると敵も強くなってくるので、
こちらも対抗してモンスターを強くしたいところ。
本ゲームではモンスターのLv上げなどは出来ませんが、結婚して子供を産むことで
親よりステータスが高いモンスターが生まれます。
そうやって次々と世代交代させることでモンスターを強化することが出来ます。

msdm_009.jpg
まだ始めたばかりですが、このゲームなかなか面白いです。
モンスター育成も良いですが住民にも1人1人に設定があり、職業とか今何をしているなど
チェック出来て、モンスターの日常を見守っている感じが楽しいです。
とある一家は父「無職」、母「売れない漫画家」、子「無職」とかいう家庭もあって
流石の魔王様も心配になって家賃を下げましたw

現在はアパートを1段階増築したところです。
増築したらいきなり伝説の勇者に攻めこまれ、一度住民が全滅させられました。
勇者強すぎ!怖いよーΣ(´゚д゚`)

【3DS】ヨッシーnewアイランド:感想

ヨッシー New アイランド
任天堂 (2014-07-24)
売り上げランキング: 10


ysni_009.jpg
ヨッシーnewアイランドですが、全クリしました。
ベビィクッパを倒した後、時を超えてクッパが出てきたのは予想外だったww

ysni_010.jpg

ysni_011.jpg
しかし…それ以上に驚いたのは、エンディングがSFCと全く同じこと。
意図して同じにしたというのは分かるのですが、何で同じにしたんだろう…
何かエンディングが手抜きに見えてしまったんだぜ( ;´Д`)

とりあえず感想になります。

○良い点
・温かみのあるクレヨンタッチ、可愛らしいキャラクターや背景など
ほのぼのとした世界観はとても和めて良いです。

・ゲームの難易度も世界観に合わせてか、クリアだけなら簡単です。
同じステージで何度かミスをするとお助けアイテムが出てくるらしいのですが
一度も見ることなく全てのステージをクリア出来ました。
しかし赤コインやフラワーなど全て回収するとなると、難易度はガッツリ上がりますので
やり込みプレイヤーさんもご安心を。
今作はクリアだけなら簡単、でもやり込むと難しいという絶妙な難易度調整がされています。

・マリオシリーズよりも「食べる、たまごを投げる、ジャンプで敵を踏みつける、
ヒップドロップ」と攻撃方法が多く、基本的に敵を倒しつつ進んでいくことが出来ます。
敵を避けつつ進むということをしなくて大丈夫なので、アクションゲームに慣れていない人も
遊びやすいのではないでしょうか。
操作方法も感覚的に出来るようになっているので慣れやすい作りになっていますし。

・1つのステージもあまり長くなく、さらに中間ポイントもあるのでサクサク進められます。
これのおかげで気が付くと2つのワールドを一気にクリアしてたということもありました。


×気になった点
・操作性ですが、基本的には問題ないです。
が、アナログスティックの感度が良すぎるせいか、ヒップドロップが誤爆します。
落とし穴の上で、ふんばりジャンプをしている最中に、いきなりヒップドロップが出て
「え?今、下入力してないけど…」と言うことが何度かありました。
もう少しアナログスティックの操作は調整が必要だったのでは?と思いました。
ジャンプやふんばりジャンプを多用するステージは十字キー操作に切り替えた方が
操作ミスがなく、楽になります。

・操作部分でもう1ついうと、乗り物に変身しているときはジャイロ操作が必須になります。
コインを集めをするとなると、この操作方法は煩わしいです。
ジャイロ操作を入れるな!とは言いませんが、スティック操作も出来るようにして
選べると良かったですねぇ。

・やはりヨッシーの動きのもっさり感は最期まで気になりました。
勿論この動きに合わせたゲーム内容にはなってはいるものの、
もう少しテキパキ動いてくれた方が快適にプレイできそう。

・カメラワークですが、キャラに近いすぎてステージがあまり見えず
赤コインを取り逃したりすることがあります。
(土管に入ったあとにカメラが動いてコインが見える…という感じです)
しかも土管も一度入ると戻れないことが多く、同じステージを何度か遊ぶこと前提としても
不親切な作りです。

・個人的に一番気になったのはボス戦が面白くなくなってしまったところ。
SFCのヨッシーアイランドはボスにたまごをぶつけてパンツを脱がしたり、
カエルの体内に入って暴れまわったり、月に行ってボスと追いかけっこしたりと
子供心をくすぐる要素がしっかり考えられていました。
ところが本作は敵がただ巨大化するだけ。しかもそれが全ボス共通。
過去作ではボス戦が工夫されていて面白かっただけにワンパターン化は凄く残念でした。


■感想
今作は作りの甘さで気になる点がありますが、難易度的にも遊びやすく
アクションゲームとしても十分楽しめる内容になっています。
SFCヨッシーアイランドが傑作とすると、本作は凡作…くらいでしょうか。
お値段も比較的安めで、1周も短いので気になる方は遊んでみても悪くないと思います。

ysni_007.jpg
ベビィクッパもかわいい(*・ω・*)

トータルプレイ時間:6~7時間

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: