【PC】FF9:プレイ日記22 オズマ戦

FF9のプレイ日記22回目です。
ストーリーは前回で終わりましたが、隠しボスのオズマが残っているので
チャレンジしていこうと思います!
これを凄く楽しみにしていたんだ!!
ジタンにひたすら盗むをさせていたのや、クイナにカエルを沢山食べさせてきたのは
この日の為…しかし、ダメージ9999行かなかったなw
9000代には入ってはいるのだけど…まぁ、これでも勝てるさ。

ff9_401.jpg
とりあえず前準備の精霊イベントは終わらせています。
精霊イベントをやっていないとオズマが「通常攻撃無効」+「闇攻撃吸収」という
特殊アビリティが付いたままになるので。
あまり通常攻撃をすることもないから、やらなくても問題はないのだけどね。

ff9_469.jpg
パーティですが、悩んだ結果いつもの4人(ジタン、スタイナー、ダガー、ビビ)で挑むことに。
本当はさ、ジタン、クイナ、エーコ、サラマンダーの4人を対オズマ戦用として
考えていたパーティだったのですが…
このセーブデータはキャラが育ちすぎてしまった為、ラスボスすら楽勝だった。
いつもはレベル50~60くらいで、全クリするところを、今回なぜか60~70まで
育ってしまっているからなぁ。
やっぱり隠しボスはある程度強い方が、戦っていて楽しいので
オズマさんにハンデを上げよう(笑)

まず、装備品ですが闇属性吸収、または無効にする装備品を全員に着ける。
ジタン:忍びの衣
スタイナー:ふゆう石のかけら
ダガー:エゴイストの腕輪
ビビ:エゴイストの腕輪

一応スタイナー以外には守りの指輪も装備。
スタイナーはガントレットとグランドアーマーで他の属性もカバー出来る。

オズマの攻撃でさ、こちらに複数の状態異常をもたらす「カーズ」がきついんだよな。
それらを防ぐためのサポートアビリティはつけること。
カーズで引き起こされる状態異常は「混乱」「毒」「スロウ」「ミニマム」「暗闇」。
サポートアビリティ「いつでもヘイスト」「いつでもリジェネ」「オートポーション」
「毒見の術」「混乱回避の術」は必須。
余裕があれば「おまじない」もつけたいところ。

ミニマムは防ぐ手立てがないので、カーズを食らったら万能薬を使って
すぐに回復させること。
あと戦闘中2回だけ、こちらをバーサク状態にしてくる攻撃を仕掛けてくる。
バーサクも放置しておくと厄介なので、ギザールの野菜で早めに回復させるのを
オススメします。

ff9_470.jpg
戦闘方法としては
ジタン:盗賊の証、または「バードキラー」+「MP消費攻撃」の通常攻撃で
    ダメージ9999が出せるので、状況を見て使い分けるのもあり。

スタイナー:ショック(ダメージ9999)

ダガー:万能薬と戦闘不能回復を担当。
     オートポーションを全員につけていれば、リジェネの回復時間が取れるので、
     基本的にはHP回復はしない。

ビビ:メインはアイテム担当。余裕があるときはジハード。
   ジハードを使えばオズマにダメージを与えつつ、こちらが回復が出来るのでオススメ。

ダガーかビビのどちらかは待機をさせておいて、状態異常や戦闘不能キャラが出たら
即座に回復できるようにしておくと良い。

このパーティの何がキツイかというと…
・ダガーがアレイズが使えない。
 さらにリレイズをかけられるキャラもいないので、戦闘不能になったときに
 回復させるのに時間がかかる。

・ビビのジハードはリジェネの回復時間確保には便利だけど、オズマにはあまり効かない。

・スタイナーのショックはミニマム状態だと攻撃力がガタ落ちするので
 盗賊の証やカエル落としに比べると扱いにくい。
 (オズマはカーズを結構使ってくるしね)

・万能薬を一人ずつ使っていく必要がある(クイナが入れば、1ターンで全員にかけられる)

ff9_473.jpg
それでも勝利することは出来る!イエーイ!!
魔法やアイテムを使うタイミングさえ、しっかり見極めれば
このパーティでも安定して勝てるね。(2~3回試した)
トランスはもちろん使用していません。


ff9_472.jpg
ついでにオズマ戦用と考えていたパーティでも挑んでみました。
装備品などは基本メンバーと変わらず。

行動としては
ジタン:盗賊の証or通常攻撃

クイナ:基本はカエル落とし
    カーズを受けて、味方全員が状態異常になったら、天使のおやつ

エーコ:アイテム担当(エスナでも可)
     余裕があるならホーリー(ダメージ9999出る)

サラマンダー:オーラで仲間全員をリレイズ状態にしておく。
         戦闘不能キャラが出ても自動で回復するので、エーコが攻撃に回りやすい。
         終わったらアイテム担当として待機w

うん、こっちのパーティだとやっぱりスッゴイ楽。
そもそも状態異常がすぐに回復できる+仲間が戦闘不能になることがないから
余裕ができやすい。
まぁ、戦ってて面白いのは基本4人の方かも。
こっちは楽すぎて、ちと物足りないや(笑)

ff9_475.jpg
ついでにオズマを倒したあとに、ハーデスに挑むとハーデスさんがビビってくれますw
このセリフが聞きたいがために、いつもオズマを先に倒してしまう。
ハーデスも基本的な戦い方はオズマと同じなので割愛。
オズマを倒せる実力があるなら、ハーデスに負ける要素ないからね。
サポートアビリティで「熱せず冷まさず」を追加でつけておけばOK。

ff9_476.jpg
ハーデスを倒すと究極の合成屋が利用可能に。
しかし、オズマを先に倒してしまっている今、使い道もない…。
あ、そういえばダガーの召喚獣枠が1つだけ空いていたのですが、
ふゆう石で覚えられる「アーク」だったのか。
これで全魔法コンプしたな。

ff9_465.jpg
と、いうことでFF9は終了。やりきった!
終わって寂しいような満足したような複雑な心境です(笑)
いや~面白かったし、やっぱり大好きな作品だなと改めて思った。
戦闘のテンポが悪いという点はありますが、PC版は戦闘開始のロードをカット出来たり、
スピードを上げたり出来るので、遊びやすくなっていますぞ。
未プレイの方には是非遊んで貰いたい。

そうそう、最近FF6(SFC版)買ってきました。
いつやるかは決めてませんが、こちらも楽しみだ!
スポンサーサイト

【PC】FF9:プレイ日記21 全クリしました

ff9_426.jpg
FF9のプレイ日記21回目です。
記憶の場所でガイアの誕生よりはるか昔に遡ってきたジタンたち。
そこには宇宙が広がっていた。

ここでようやくガーラントが、ジタンや一部の仲間が他人や、自分が生まれる前の
記憶まで見ることが出来たのか説明をしてくれる。
記憶というのはその人、本人だけの経験を指すのではない。
この世に生を受けるためには親という存在がおり(造られた命も含めて)、
その親にも勿論親という存在する。
そうやって遡っていくと、全ての命は繋がっていることになる。
生き物には、それを構成する情報があり、記憶もそこに含まれている。
つまり情報の繋がりを遡っていくと全ては、ひとつのもの…全ての命と記憶を司る存在の
クリスタルに繋がっているため、自分以外の記憶を見ることが出来る。

ここに来てようやくクリスタルの話が出てきたよ(苦笑)
というか、もっと早くに解説してくれないと魂の循環の話と分かりにくいだけのような…
説明が下手ですぞ!ガーラントさん!!

…と、ここまでストーリーの解説を頑張ってくれてきたガーラントが
遂に力尽きてしまう。
「たったひとつの目的を果たすだけに造られた命であったとしても
この世に生を受けたことに感謝している…」といってガーラントは事切れる。

ff9_428.jpg
宇宙空間の先にはクリスタルの世界(クリスタルワールド)が広がっていた。
そうそう、クイナの青魔法ですがここに出現するザコ敵(カオスのクリスタルバージョン)を
食べさせたら、全部覚えることが出来ました。
いや~良かった。

ff9_430.jpg
クリスタルワールドの中を進んでいくと、この世の最初のクリスタルがある空間に
クジャはいる。
このクリスタルを粉々に砕けば全ての命、記憶が消滅する。

クジャの話ではガーラントがいなくなったイーファの樹はやがて暴走を始め、
テラとガイアは無理な合成を開始することになる。
今クジャを倒したところでガイアがムチャクチャになる未来は変わらないという。
それでも融合した星が残る限り、またやり直せばいい!と言って
クジャを止めるために戦いを挑む。

ff9_431.jpg
最初の相手はクジャが呼び出したデスゲイズ。
戦闘開始早々にメテオをブチかましてくれるので、回復はしっかりとw
コイツもレベル5デスを使ってくるので、パーティメンバーのレベルは5の倍数にならないように
気を付けること。

「とじる」の状態の時は防御力が高いので、通常攻撃を行うなら「ひらく」の状態の時を
狙うと良い。
まぁ…ここまで来ると通常攻撃もしなくなるからな。
ジタンの盗賊の証とスタイナーのショック、ボスが冷が弱点なので
ビビの「ためる×数回→ブリザガ」で9,000代のダメージが連発出来るので
簡単に倒せると思います。

コイツからは「デュエルクロー」が盗めるので、盗んでおくと良いですよ。
ボス戦での盗むもこれが最後だと思うと感慨深いね。
このボス戦が終わったあと、セーブとアビリティ変更をしに戻ることが出来るので忘れずに。
待ってくれる優しいクジャさんw

ff9_433.jpg
戻ってくるとトランスクジャとのバトル。
クジャは魔法攻撃を中心に行ってくるので、リフレクが有効ですが
全員をリフレク状態にしてしまうと、固定ダメージのフレアスターを連発してくるようになる。
その状態になると厄介なので誰か1人はリフレクをかけず、ホーリー(聖魔法)を
無効や吸収できる状態にしておくと有利に進められる。

…と、言ってもさ。
いつでもリジェネ+ヘイストをつけると、いつでもリフレクを付ける余裕がないのですがね。
正直リジェネとヘイストさえあれば、リフレクなくても大丈夫なので
無理にリフレクを使う必要もないです。
その時はスタイナーにガントレット+グランドアーマー+ふゆう石のかけら、
他3人に守りの指輪をつければ全ての属性が半減出来るので、楽になります。

ビビを使う場合は、クジャが自分自身にリフレクをかけてくることもあるので
「リフレク貫通」のアビリティはつけておいた方が良い。

このバトル以降はセーブポイントもないので、盗むはしても意味がないので
しなくてOK。

クジャのHPを減らすと前回同様にアルテマを使ってくるので、戦闘が強制終了する。

ff9_436.jpg
ジタンが目を覚ますと別空間に飛ばされており、「永遠の闇」が語りかけてくる。
コイツがFF9のラスボスですが…突拍子もなく現れるため、初回プレイのプレイヤーは必ず戸惑うはずww
一応Disc4に入ってから見られる召喚壁のサブイベントでチラッとだけ伏線が張られてはいるのだけどね…。
設定的には、余命僅かと悟ったクジャの恐怖や絶望、嫉妬が呼び出した負の感情の化身…らしい。
だから永遠の闇はクリスタルも含めて、全てを無に還し恐怖も何もない世界を造ろうとしている。

ジタンたちは「恐怖」に打ち勝つために…例えここで自分たちが力尽きてしまったとしても、
自分たちのことを記憶している誰かが限り、その記憶と生命は永遠に繋がっている。
それが「生きる」ということだ!と言って最後の戦いを挑む。

ff9_441.jpg
出ましたwペプシマンww
いきなりの登場と見た目の奇抜さで笑えるけど、コイツ強いので注意。
何の対策もせずに行ったら、多分全滅すると思う。
複数の状態異常を引き起こす「グランドクロス」がとにかく厄介なので、
状態異常を防ぐサポートアビリティは全てつけること。
敵のHP自体は低いので、ビビとかは「使用MP半減」を外してでも良いので
いつでもヘイスト+リジェネ+状態異常防止のアビリティを付ける。

アビリティでは防ぎようがない状態異常にかかったら、アイテムで
早めに回復させること。
この後、セーブもないので気にする必要はなし。

ff9_442.jpg
まぁ、これだけ対策しててもデスとか使われたら、どうしようもないのだけどね。
魔法石に余裕があるキャラがいたら「オートポーション」を付けて、
リジェネでの回復のための時間稼ぎをするのも良いかも。
条件が揃っているなら、ビビのジハードも時間稼ぎには持って来い。
発動までのモーションが長いため、ジハードを使えばモーションを見ているうちに
リジェネでかなり回復が出来る。
ただし、仲間全員が闇魔法無効、または吸収の装備品を付けている状態でないと
自分たちも大ダメージを受けることになるw

攻撃はアビリティを使っても良いし、そこまで育っていない場合は
「バードキラー」と「MP消費攻撃」をセットすれば、ジタンとスタイナーは
簡単に大ダメージが出せる。(自分は9999のダメージ出ましたw)

ff9_443.jpg
永遠の闇を倒すと、自分たちの世界に戻される。
そこではイーファの樹が暴走を始めていた。
しかしジタンたちは飛空艇に乗っている仲間たちと連絡を取る手段がなく、
自分たちの居場所を知らせることが出来なかった。

しかしクジャがミコトにジタンの居場所を知らせてくれた。
クジャはジタンに「生きるんだ…」というメッセージを送ってくる。

ff9_445.jpg
クジャが生きていることを知ったジタンはクジャを助けに行くために
一人イーファの樹に残る決断をする。
OPでダガーに誘拐するという約束をしたのですが、ここで終わりを告げるんだよ。

ff9_447.jpg
ダガーも「あなたと出会い、本当に大切なものが一体何なのか学ぶことが出来ました。
これまでの長い旅の思い出は何物にも代え難い宝物になるでしょう。
本当に…本当にありがとうございました」ってお辞儀をして返すんだよ。
最初のイベントと合わせてて、メッチャ良い!!

ff9_448.jpg

ff9_449.jpg

ff9_450.jpg
ダガーの「でも…お願い、必ず帰ってきて…」という言葉には返答できずに
二人は別れる。
ダガーさん、メッチャ涙目になってる。
CGがPS版よりも美麗になったことで、泣きそうになっているのを堪えているのが
分かりやすくなっているんですよ。
見てるこっちまで切なくなってくる…。

ff9_452.jpg
クジャを助けるために、イーファの幹まで戻ってきたジタン。
「何故戻ってきた?」という問いかけに、来ました名セリフ!!
このセリフ、有名だけどここでしか言ってないのが素晴らしい。
良いセリフというのは、ここぞというときに使う方が重みが出て良い。
しかもずっと敵対していたクジャに対してだもんな。

ff9_453.jpg
ジタンたちに敗れて、全てを失ったクジャは「生きる」ということの
意味を少しだけ分かったような気がする…と言って意識を失う。
このあとイーファの樹の暴走が2人の所まで来て、ジタンがクジャを庇う動作を
見せて暗転するのですが…クジャこの後、どうなったのかね。
このまま寿命が尽きてしまったのかもしれない。
もし、少しでも時間があれば2人は和解できそうだったけど…。

ミコトは「つくられた目的が過ちだったとしても、それを克服した生命が生まれたこと…
私たちがこの世に生を受けたことは決して間違いじゃなかった…」と思うようになり
その記憶を残したいと語る。

ff9_455.jpg
それから月日は流れ…ビビのプロローグでジタンが行方不明になっていることが
分かる。
ビビには子供たちが沢山できている。
つーか、ビビの子供の口が悪いのは誰に似たんだw

ff9_456.jpg
フライヤはフラットレイと寄りを戻している。
フラットレイの記憶は戻っていないみたいだけど、また二人で新しい思い出を
作っていこうと言って。
う~む…この人、せっかく固有の外見があるのだから、もうちょい活躍してくれても良かったよね。
思い返せばDisc2以降全く出て来なかった。

サラマンダーはラニと共に旅をしていて、クイナはアレクサンドリアのチッキンで働いている。
エーコはシド夫婦に引き取られて、最近「お父さん」「お母さん」と呼べるようになった。

スタイナーはベアトリスと結ばれ、二人でアレクサンドリアとガーネット王女(ダガー)を
守っていこうと誓い合う。
この二人、エンディングで良い味だしすぎだろー。

ff9_459.jpg
ビビは…寿命が来て止まってしまったんだよな。
「皆とめぐり逢えて嬉しかった…もっと一緒に冒険したかった…
だけど、別れるときは…必ずくるんだよね。
みんな…ありがとう…さようなら…」と。
仲間たちが幸せになって良かったというのと、そこにビビがいないのが寂しくて寂しくて…
FF9のエンディングは泣けるんだ…。

ff9_478.jpg
アレクサンドリアでは再びタンタラスたちによって、「君の小鳥になりたい」が
上映されている。
ラストシーンで主役のマーカスを演じていた人がマントを脱ぎ棄てると

ff9_460.jpg
ジタンが帰ってきていた。
それを見たダガーは城を飛び出す。

ff9_461.jpg
途中で国宝のペンダントを落としてしまうが、それは拾いに戻らず
ジタンの元へと走っていく。
自分からティアラも投げ捨てているしねw
ここは王女ガーネットとしてではなく、仲間のダガーとして会いにいっていると
いうことなんだろうな。

ff9_463.jpg

ff9_464.jpg
二人は無事再開。仲間たちも祝福をしてくれてハッピーエンド。
やっぱりFF9はエンディング良いよ。
9好きだけど、続編はいらないなぁと思う理由としては、エンディングが
これだけ綺麗にまとまっているからなんだろうな…。
あとビビがいないという世界を見たくない(苦笑)

ff9_466.jpg
全クリした特典としてムービーギャラリーが解放されました。

ff9_467.jpg
そうそう、クリア後に出来たブラックジャックですが、「The End」の画面で
コマンド入力ではなく、タイトル画面にあるスペードマークを押すといつでも
遊べるという仕様に切り替わっていた。
これ、PS版知らない人からすると「何でここにブラックジャック?」ってなると思うw

ストーリーはこれで終わりですが、あと1回だけ続きます。

【PC】FF9:プレイ日記20 記憶の場所

FF9のプレイ日記20回目です。
残すところ最終ダンジョンだけだから、すぐ終わるなぁ…とか
思ってましたが、そんなことはなかった。
Disc4に入ってからじゃないと出来ないサブイベントが結構あったの忘れてたよ。
とりあえずやっておきたいイベントとしては

・ジタンの最強武器アルテマウェポン回収(要:海チョコボ)
 輝く島の跡地にある。泡などヒントはないので、マップをよく確認すること。
 ポイントとチョコボの位置がしっかり重なったところでデッドペッパーを使うと入手できる。
 デッドペッパーはチョコボの桃源郷で沢山貰えるので、使いまくっても大丈夫。

・トレノの街でオークション
 特定のアイテムを転売すると「魔法の指先」がオークションに出品されるようになる。
 これを持ってダゲレオにいる老人にあげるとスタイナーの武器「エクスカリバー」が
 入手できる。

ff9_400.jpg
・13枚目のステラツィオ
 ステラツィオを12枚集めてクイーン・ステラに渡していると
 幻の13枚目を探してくるように言われる。
 13枚目はクワン洞にあるので、これをクイーンに渡すと「とんかち」が貰える。
 とんかちはスタイナーの最強防具を使うのに必要。

・精霊イベント
 隠しボスと戦うときに、このイベントを終わらせておくと
 こちらが少し有利な状況になる…早くオズマと戦いたいなぁ。
 順番通り渡してれば次に会う精霊の名前を教えてくれるが、
 途中すっ飛ばしてたりすると大変なことになるイベント。
 オズマと戦う予定のない人はやる必要はありません。
 
・モグネット復活
 アレクサンドリアにいるクポからモグネットの秘密に関する手紙を貰い、
 順々に手紙を渡していくとモグネットが復活する。
 最後は「守りの指輪」が手に入る。

ff9_415.jpg
・ゼネロ兄弟の秘密
 個人的にはFF9のイベントの中で、最もメンドクサイと思っているイベント(笑)
 Disc4に入ってからリンドブルムにあるタンタラスのアジトの入り口に行くと
 ゼネロ兄弟が他の兄弟たちを探しにいくイベントが見れる。
 その後、ラストダンジョン「記憶の場所」で、何かしらのイベントが起こる度に
 リンドブルムに戻ると、ゼネロ兄弟に関するイベントの続きが見れるのだけど…
 ものすごく手間がかかる割にイベント内容が面白くないというね…。
 このイベントを最後までやるとなると、イーファの樹とリンドブルムを
 9回くらい往復するハメに。
 しかも最終ダンジョンを進めすぎてしまうと、イベント数が足りなくなり
 最後まで見れなくなるというヒドイ仕様なんだよなぁ…。
 ジタンが最後に「…あいつらの兄弟あんなにいたっけなぁ?」と言ったら、イベント終了。
 アジトの中に「守りの指輪」がある。
 
と、サブイベントやりながら、仲間のアビリティも全部覚えさせ、
さらに資金集めとかやってたら、パンデモニウム突入から10時間くらい経ってた。
でもこれでサブイベントも含めて、ほとんど全て終わらせたぞ!!
若干気になっているのは、クイナが青魔法を全て覚えていない点…
取り逃したかなぁ?

ff9_402.jpg
さて、ストーリーはというと、テラから連れ出したジェノムたちは
ビビの提案で黒魔導士の村に暮らすことになる。
境遇が似ている為、何とか上手くやっていけそう…ではある。
早速兄貴面するジタンw
クジャに弟と言われたときは嫌がっていたのに…クジャが可哀想ww

ff9_403.jpg
これからの目的としては、ガーラントから自分の寿命のことを知らされ、
絶望したクジャはテラの破壊だけでは満足できず、ガイアの方も
消滅させようとしている。
テラとガイアの重要な拠点イーファの樹に謎の空間が発生しているので
そこに突入することになる。

ff9_405.jpg
インビンシブルでイーファの樹に向かうと大量の銀龍が襲い掛かってくる。
そこに大量の戦空挺を引き連れたシドとタンタラス、ベアトリスが現れて
インビンシブルの進路を確保してくれる。
この辺のイベントも熱いよなぁ。
パーティメンバー意外の仲間たちも集まって、協力してくれるなんてさ。

ff9_406.jpg
何気にこのやり取りスッゴイ好きですw
スタイナーのことが心配で居ても立っても居られず、ここまで来たベアトリス。
自分たちの飛空艇レッドローズを盾にインビンシブルを守ってくれるのですが、
その時に3人の会話。

ジタン「へっ!とんでもない女にホレちまったもんだな!!」
スタイナー「貴様に言われたくはないである!」
ダガー「ちょっとスタイナー!それどういう意味!?」
…おっさん本音が出ちゃったね(笑)

ff9_407.jpg
イーファの樹に到着すると、神龍と戦いになる。
神龍はそんなに強くないので、注意点もあまりないですが…
「攻撃」をすると高確率で反撃をしてくるので、常にHPに気を付けること。
「攻撃」以外でダメージを与える方法があるなら、そちらをメインに使っていく方が良い。

ff9_423.jpg
神龍を倒すと、大きな建物の前に出る。
ここでガーラントがジタンに話しかけてくるのですが…ガーラントさん、生きてたのかw
意外としぶとい。
ガーラント曰く、ここは「記憶の場所」というところで、ガイアの記憶を具現化した場所。
先に進んでいくごとに記憶が遡っていっている。

ff9_412.jpg

ff9_413.jpg
この場所では様々な人の記憶が見ることが出来る。
幼いダガーと母親がマダイン・サリを脱出しようとしているところや
マダイン・サリが崩壊したときにダガーが見たのインビンシブルの目玉など。
ガーラントさんの話だと、これはダガーの記憶ではなく、ジタンが見ているものは
ジタンの記憶…らしい。
しかし、このときジタンはマダイン・サリにはいなかったはず。

ff9_418.jpg
ジタンたちが生まれるはるか昔、ガイアが海に覆われていたところや
ガイアが誕生したところなども見られる。
ジタンだけではなく、ビビやフライヤも同じものが見えている。
…ということは、すべての存在はもともとはひとつで、皆同じ記憶を持っている?と
ジタンは考える。

今更ながら気が付いたけど、未だにクリスタルのことが出て来てないのだけどw
もうさ、少しずつ説明するのではなく、1からしっかり説明してくれよ。
だから後半の話が分かりにくいと言われるんだよ。ガーラントさんよぉ。

ff9_409_2016081719590201e.jpg
このダンジョンはラストダンジョンだけあって、ザコ敵もかなり強いので注意。
攻略メンバーは基本の4人にしました。
やっぱりこの4人が落ち着く。

とりあえずサポートアビリティで「熱せず冷ませず」「毒味の術」「止まらずの術」は
つけておいた方が良いです。
何も対策せずに突っ込んだら、デスやらストップのコンボを食らって全滅したよw

先に進んでいく途中で4体のカオスとボス戦があります。
(以前戦ったガーディアンの強化版)
特に目印もなく、いきなりボス戦に突入するので常にHPとMPは
気を付けておいた方が良い。
一応ボスの対策を載せておくと

ff9_410.jpg
マリリス
「熱せず冷ませず」は必ずつけておくこと。
冷気属性が弱点なので、ビビやスタイナーの攻撃が有効。
死に際に「剣の雨」で大ダメージを与えてくるので、HPは常に全回復に
近い状態を保った方が良い。

ff9_414.jpg
ティアマット
ビビや回復役には「沈黙回避」を装備させておく。
ティアマットはこちらのMPや力を吸収して、どんどん強化していくので
バトルは出来るだけ手短に済ませる方が良いのだけど…低確率で
グランドヘルムが盗めるんだよなぁ。
盗める物があると盗みたくなってしまうw
放っておくと1度の攻撃で即死ダメージを与えてくるようになりますが、
敵の攻撃回数が少ない&単体攻撃しかしてこないので、盗むを狙っても大丈夫。

ただしレビテトを受けている状態で、ボスに攻撃をすると「鼻息」で
パーティメンバー1人が強制的に戦闘から離脱させられるので
盗む待ちをしているときは攻撃しない方が良いですぞ。

ff9_419.jpg
クラーケン
やはり「熱せず冷ませず」は必須。
というかこのダンジョンに入ったら、付けっ放しにしておいて良い。
本体の他に触手を攻撃することが出来るが、触手を先に倒してしまうと
クラーケン本体からの攻撃が激しくなるので、本体だけ倒してしまう方が楽。

ff9_421.jpg
リッチ
以前、一度戦ったことがあるリッチさん。
その時よりもかなり強くなっているのですが~。
「毒見の術」と「止まらずの術」は必ずつけておくこと。
「Lv5デス」と「死の宣告」も結構使ってくる。
Lv5デスはともかく、死の宣告は対策のしようがないからね。
戦闘不能になった仲間が出たら、すぐに復活させていけば
全滅することはないので、蘇生アビリティ持ちのキャラ1人は
常に待機状態にしておくと良い。

ff9_420.jpg
一応ボス戦の前後どちらかにはセーブポイントが設置されています。
が、なぜかこのダンジョンではモーグリではなく球体、またはオブジェなしの
隠しセーブポイントになっている。
アイテムも強力な武器が落ちているのに、宝箱には入っていないし。
マップ1つ1つをくまなく探して「?」のフィールアイコンが出たら、とりあえず調べるように
するだけで、ダンジョン攻略がグッと楽になります。
1本道なので迷うこともないしね。

「?」が出てジタンが空中を見渡すだけのアクションを取ったら
カードバトルが出来る。
かなり強いプレイヤーでレアカードを貰えるらしいですが、いつもカードゲーム無視して
ゲーム進めているので、詳しいことは知らないです。

ff9_424g.jpg

ff9_425.jpg
それにしてもこのダンジョンの背景かなり綺麗だよなぁ。
バトル時の背景も、エリアごとにきちんと変化しているんだぜ。
雰囲気やBGMも良いし、名ラストダンジョンだと思う。

ff9_422.jpg
そうそう、ここには究極の鍛冶屋がいます。
利用するにはハーデスを倒す必要がありますが、かなり強力な装備品が
合成できるようになります。
ただ、今回のプレイではラスボス→オズマ→ハーデスの順で倒そうと思っているので
しばらくは封印の予定w

【PC】FF9:プレイ日記19 Disc3終了まで

ff9_365.jpg
FF9のプレイ日記19回目です。
ガーラントに捕らえられて、洗脳をかけられたジタンは自分が何者なのかも
分からない状態になる。
テラに来てから様子がおかしいことに気が付いていた仲間たちが
ジタンを追いかけてパンデモニウムまでやってくる。

しかしジェノムはガイアの民の敵ということを知ってしまったジタンは、
仲間を巻き込みたくないと考え、冷たくあしらうだった

ff9_367.jpg
それでも続々と仲間たちが現れて、ジタンを助けてくれる。
熱い展開だ…。

ff9_374.jpg
最後にダガーが現れて、「それがあなたの答えなの?また自分だけで解決しようと
するのね」と言う。
ここのね、ダガーさんスッゴイ良いんだ。

「皆を巻き込みたくないんだ…。テラはガイアの敵で、ひとつ間違えばオレがアレクサンドリアを
破壊していたかもしれないんだぞ…」と言うジタンに対して、
「…ジタンは分かってない。
 ジタンが私たちを見ていたように、私たちもジタンを見ていた!
 ジタンが私たちを信じてくれてたように、私たちもジタンを信じていた!!
 ジタンが私たちを守ってくれたように……守ってあげたいの……ジタンを……」と
ダガーが返す。

ダガーさん、この性格がもっと早くから出てきていたら
もっと人気出たような気がする。
髪が長い時は、王道ヒロインという感じで個性が弱いからね…。

ジタンの明るい性格や精神的に大人びている面から、みんなを励ましたり守ったりするシーンが多く、
何か問題が起ったときは、仲間を安全な所に待機させて、一人で解決しようとする傾向が
あったんですよね。(周回プレイしてみると分かりやすい)
そんなジタンや他の仲間たちの行動を見て、成長してきた仲間たち…。

仲間たちを支えていることが多かったジタンが、大きな問題に直面して
自暴自棄になっているところを、今度は成長した仲間たちが「支えてあげたい」
「守りたい」と思って駆けつけてくれる。

ff9_377.jpg
ジタンはもっと仲間を信頼して、頼っていいんだと気が付く。
ここで皆に謝り、力を貸して欲しいと言えたことが、彼の大きな成長ポイントですよね。

やっぱりこのイベントは何回見ても良い!さすがFF9の名イベント!!
BGM「独りじゃない」も素晴らしすぎてさ、音楽聞いただけで鳥肌ものさ。
ここのイベントは是非自分でプレイして見て欲しい。
仲間たちの成長していく姿を見ているプレイヤーからしたら感動ものですぞ。
セーブ別に分けておいて、いつでも見れるようにしておこうw

仲間たちと無事合流したジタンは、みんなの力を借りてガーラントやテラを止めるために
進んでいく。
パンデモニウムの中はダンジョンとしては短いけど、複雑なんだよなぁ。
ウイルスやゾンビ状態にしてくる敵も多いため、状態以上を治す回復アイテムは
少し多めに用意しておいた方が良い。

ff9_381.jpg
最深部まで進むとガーラントが待ち受けてる。
仲間たちのおかげで色々と吹っ切れたジタンは、ガーラントに戦いを挑む。
ここはボス戦3連戦なんだよね…まぁ、アビリティやレベル上げなどして
しっかり育てていれば、大丈夫ですがぁ。

ff9_382.jpg
初戦の相手は銀竜。
全体攻撃を仕掛けてくることが多い。
いつでもリジェネとヘイストをつけていれば、自動回復で事足りますが。

ff9_384.jpg
2戦目はガーラント。
ストップを使ってくるので、全員に「止まらずの術」をセットさせておくこと。
攻撃力が高い魔法を使ってくることがあるけど、単体攻撃ばかりなので
回復魔法が使えるキャラは常に待機させておいて、ピンチになったら
即回復できるようにしておくと良いですぞ。

ff9_387.jpg
と、ガーラントと戦っている間にクジャがインビンシブルに侵入している。
ガーラントを倒すとクジャが、テラとガーラントに盾突くなら退治してあげようと
明らかに不自然なことを言って襲い掛かってくる。
クジャは行動も早く、攻撃力も高いので要注意。
回復がキツイ場合は回復魔法を唱えることができるメンバーを2人入れて
挑むと良いかもしれない。
あ、ここのクジャからは「光のローブ」が盗めるので、ここ掘れチョコボをやっていない場合は
盗むことをオススメします。
低確率だけど、やっぱり「消費MP半減」は大きい。

つーか、「いつでもリジェネ」使うと白魔法がほぼ不要になるのだが…。
念のためにエーコ連れて来ているけど、やることがなくて防御しかしてないw
ボス戦があまりにも温いので、「いつでもリジェネ」封印した方が面白い気がしてきた(苦笑)

ff9_388.jpg
クジャに一定のダメージを与えると、トランス状態になり、アルテマをぶっ放してくる。
FF9は1つのDiscにつき、1回は負けイベント入れてくるよね(笑)

マダイン・サリ、イーファの樹、アレクサンドリアなどで散った魂が
インビンシブルに集まっており、それを使ってトランスに入ったクジャ。
これだけ多くの魂を使って手に入れたトランスの力は、クジャが長年恐れていた
ガーラントの力さえも軽く超えていた。

ff9_390.jpg
クジャは弱っていたガーラントを突き落とし殺した。
ジタンたちに手をかけようとした瞬間、ガーラントから寿命の話を聞かされる。
いくら強大な力を手に入れようと、お前の魂はもうすぐ終わる。
お前は世界に何の影響も与えることなく消え去るのだと。

ff9_391.jpg
もうすぐ死ぬと理解したクジャは突然大笑いし出す。
今まで黒魔導士たちのことを「造り物の命」とあざけ笑ってきていたのに、
同じ運命をたどることになるのだもんな。
なんという皮肉…この辺のクジャは敵ながらも痛々しい。

ff9_392.jpg

ff9_393.jpg
完全にキレたクジャは暴走して、テラを滅ぼそうとあたり一面を
火の海に変えてしまう。

ff9_394.jpg
ジタンとダガーはジェノムを避難させる為に、ブラン・バルへ。
他の仲間たちはインビンシブルを奪い、出発の準備をして待つことに。
この時、ジタンがダガーに対して、励ましに…助けに来てくれて
ありがとうと伝える。
なんだ…このニヤニヤイベントは。早く結婚しちまえ!(既に1度しているけど)

ff9_395.jpg
ブラン・バルに着くと二手に分かれて、避難するようにジェノムたちを説得する。
ここでミコトがクジャやジタンたちの代わりとして造られた、魂と力を与えられたジェノムだと
判明する。
(クジャとジタンが兄弟なら、ミコトは2人の妹ということになる)

ガーラントやテラが無くなる今、生き残ってどうするの?というミコトに対して
「新たな地で自分が何のために生を受け、生きるのか探していけば良い…」と答える。
この辺になるといつも通りのジタンに戻っている。
何だかんだで悩んでいる時間が短いのも良かった。
ジタンが長いこと悩んでしまうとパーティが暗くなってしまうからね。

ff9_397.jpg

ff9_396.jpg
ジェノムたちをインビンシブルに乗せて、何とかテラを脱出。
無事ガイアに戻って来れて、一安心…と行きたいところだったが
ガイアは世界中に"霧"が発生していて、モンスターがより凶悪になっていた。

ここでDisc3は終了。
テラ編は話を詰め込みすぎている感があるけど、良いイベントが多くて面白かった!
残すところはいくつかのイベントとラストダンジョンのみ。
あと2~3回で終わるかなぁ?

【PC】FF9:プレイ日記18:テラ突入

ff9_342.jpg

ff9_343.jpg
FF9のプレイ日記18回目です。
4つの祠の攻略に成功したことにより、輝く島から「魂の道」を通じて
テラへ行くことが出来るようになった。
ついにテラに突入するぞ…Disc4で戻って来れるとは言え、やり残したことが
ないか不安だw

ff9_344.jpg
テラに着いて早々、ガーラントさんがお出迎えしてくれるよ!

ff9_345.jpg
途中で謎の少女に出会う。(面倒なのでミコトと名前で呼びます)
ジタンと同じように金髪と尻尾が生えている。
ミコトについて行くとミコトたちが暮らす町「ブラン・バル」に到着する。

ff9_347.jpg
ブラン・バルの入り口には飛空艇インビンシブルがあり、
真下から見たことで、ダガーの記憶にあった空に浮かぶ謎の目玉…
マダイン・サリが滅んだときやバハムートが暴走したときに、
現れていた目玉の正体が分かる。
…というか、今まで分かってなかったのかーい!?とツッコミを入れたくなったw
目玉を見たことで再びダガーが気を失う…このお姫様何かと気絶しすぎじゃないかい?

気を失ったダガーを仲間に預け、ジタンは一人ブラン・バルの中を探索する。
町の中にはジタンやミコトと同じように金髪と尻尾の生えた人が沢山いた。

ff9_349.jpg
ミコトに呼び出された地価の研究室に行ってみると、自分と似た姿のヒトが
造られているところだった。
ミコトは自分たちのことをジェノムと呼び、ジタンも同様に造られた生命だと言う。
ここの人たちに感情がなく、魂が抜けたような顔をしているのは魂がない「器」だからと。

どうでも良いけど…男性の方の衣装さ、パンツ丸出しじゃないか…。
クジャがパンツ丸出しで外歩いているのは、テラの衣装なのかww
ガーラントさんの趣味かな…。

ff9_350.jpg
ジタンがずっと探し求めていた故郷や自分の正体がこれだもんな…キツイよなぁ。
自分の親を見てみたいというようなことを言っていたのに、そんな存在はいない訳だし…。
ジタンは「ここの奴らとは違い自分には感情や魂がある!
何故テラで生まれた俺が、ガイアで暮らすことになったんだ?」と疑問をぶつける。

ミコトは「あなたは『器』以上の役割を与えられた特別な存在だから…」と答える。
ここから先はガイアとテラ、ガーラントのことについて説明が入るのですが、
まとめると

・テラは年老いた星で、すでに生命が住める状態ではない。
 テラの民は年老いたテラを捨て、若い星のガイアを乗っ取ろうとしている。

・テラの民はガイアの乗っ取りに成功するまで、長い長い眠りについている。
 ジェノムはテラの民の魂が目覚めたときに入る「魂の器」
 星を奪い、ジェノムの肉体にテラの魂が入ったとき、テラの民が復活する。

・ガーラントは星の管理者で、テラの民の復活が使命。
 大昔に強引な手で星を奪おうとしたが、召喚獣という強力な力の前に敗れて失敗した。
 そのため、長い時をかけて召喚獣の力を奪う作戦に出た。
 召喚士の村を襲い、アレクサンドリアを破壊したのも召喚獣の力を弱らせるため。

ミコトの説明はこんなもんか!?
魂の循環の話やジタンの「役割」の話もチラッと出て来たけど、ガーラントさんからの
説明でもうちょい詳しくやるから割愛。

ミコトはジタンをガーラントが待つパンデモニウムへと案内する。
途中、仲間たちがジタンの様子がおかしいと声をかけてくれるものの
「自分がジェノムということは、ガイアの人間にとって自分は敵だ。
身内の不始末は自分でケリをつける」と言って、一人でガーラントの元に行ってしまう。

ff9_355.jpg
さーて、ここでガーラントさんから何故ジタンがガイアで暮らすことになったのか?
ジタンは何故、他のジェノムと違って魂を持っているのか?など説明してくれるのですが…
「クリスタル」の話とかは、まだ出て来てないんだね。
うーむ…クリスタルの話がないと「魂の循環」の話してもよく分からんような…
この辺の話が分かりにくいのは、説明を後半に詰め込みすぎなのと
駆け足で説明不足になっているからなんだよな。

とりあえず設定資料とガーラントさんの話を簡単にまとめると

・クリスタルと魂の循環について。
 クリスタルは星の中心にあり、魂の循環を司っている。
 クリスタルから送り出された魂は、肉体が死ぬとクリスタルの元に帰ってくる。
 魂が持つ記憶を蓄積することで、クリスタルは成長をして輝きが増し、星が豊かになる。
 クリスタルが記憶の蓄積が出来なくなると、星は衰退していく。
 ガイアは新しい星で成長過程にある、一方テラはクリスタルの成長が止まり、衰退している星だった。
 当然力関係もガイア>テラ。
 
・ガーラントは以前ガイアのクリスタルを奪おうと強行策に出て、失敗したので
 徐々に奪う作戦を立てた。
 イーファの樹を使って、ガイアの魂からテラの魂を生成するように仕向け、
 テラの因子のみ魂の循環を行うようにした。
 そうすることでテラの記憶だけがクリスタルに蓄積されていき、クリスタルはテラのものになる。

・魂の循環を早めるには多くの死者を生む必要がある。
 そこで偶然生まれた強い意志を持つジェノム…クジャを使ってガイアに戦乱を起こさせていた。
 クジャの髪色がシルバーなのとしっぽがないのはジェノムということを否定して、
 魔法で隠しているため。
 ってことはクジャも金髪なのか…イメージつかないw

・ガーラントはガイアにもっと大きな戦争を起こさせる為に、より強力なジェノムを作ることにした。
 その結果、誕生したのがジタンだった。
 (クジャがジタンの兄というのはガーラントさんが言っていたんだな…)
 自分より上位の存在が出来たことが許せなかったクジャは、ジタンをガイアに捨てた。
 ガーラントはそれもまたクジャの特性として容認した。
 
・クジャは自分のことを道具のように扱うガーラントや、自分よりも強大な力を秘めている
 ジタンのことが憎かった。
 ガーラントのことは抹殺を企み、ジタンについてはジタンの住むガイアで戦乱を起こし
 その頂点に立つことで自分の方が上だと証明をしたかった。
 
ff9_357.jpg
赤い光がテラ、青い光がガイア。
今はガイアのクリスタルの方が光が強く、テラが取り込まれてしまっている状態。

クジャはイーファの樹に魂を送り込む死神として生かされていた。
ジタンはその後継者として造られ、ジタンがクジャの力を超えたとき、クジャは不要な存在になる。
その為、クジャには寿命が設定されており、もうすぐその時を迎えるという。

本当はイーファの樹のこととか、霧の話とかもう少し色々語ってくれているけど
そこまでまとめるのは大変だからね。
詳しく知りたい人は設定資料を買うなり、ゲームをプレイしてみるなりしてください。

ff9_361.jpg
勿論、ジタンはテラのために働くつもりはなく、自分の大切な人たちを守るために
ガーラントやテラと戦おうとする。

ff9_363.jpg
ところがガーラントの魔法により、ジタンは気を失ってしまう。
そのまま洗脳室へと連れて行かれてしまうのだった。

ff9_362.jpg
一方その頃、クジャもテラへと来ていた。
この人、一人なのに何でこんなにもテンション高いんだ…。

今回短いけど、説明を沢山したら疲れたので、この辺で終了。
つーか、この辺の話はちゃんと理解できてるか?と言われたら、自信ないんだよな。
もしかしたら間違えていることもあるかも…その場合はスルーしてくだされ。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: