【3DS】レイトン教授vs逆転裁判 プレイ日記02:逆転裁判序章

レイトン教授vs逆転裁判のプレイ日記2回目です。
今回は逆裁組パートの序章。

rkvgs_019.jpg
薄暗い船内で、二人の女性が揉み合っているシーンから始まる。
一人が鉄パイプで襲い掛かり、相手を気絶させる。

rkvgs_020.jpg
そこに警備員がやって来て、鉄パイプを手に持って呆然としているマホーネが
発見されるのだった。

rkvgs_021.jpg
弁護士協会の出張でロンドンに来ていたはずのナルホド。
今回は裁判の予定はなかったが、是非その腕前を見せて欲しいと
いうことで、弁護人席に立つことになった。
しかし…まぁ、相変わらずのピンチ体質で、急遽決まった裁判の為に
事件の資料すら届いていない様子。
この感じ懐かしいな!

rkvgs_022.jpg
今回の依頼人はマホーネ。
レイトンに会った時とは違い、目に全く生気がなく
ほとんどしゃべらない。

rkvgs_023.jpg
左にいるのはマホーネの通っている学校の先生と名乗るジョドーラ。
今回の裁判はマホーネもひどく反省をしているので
検察側から提示される刑をそのまま引き受けてくれれば良いと言ってくる。

二人の様子に戸惑うナルホドと真宵ちゃん。
裁判が始まる直前、マホーネが「私は…魔女ではありません。」と
ポソッと呟くのだった。

rkvgs_024.jpg
今回のサイバンチョ。
ロンドンに来ているから当たり前なんだけど、サイバンチョがいつもと違うのか…
あのお茶目なサイバンチョも逆裁の良さだから、いないと寂しい(´・ω・`)

rkvgs_025.jpg
初戦の相手はやはり阿内タイプ。
お手やわらかにお願いします。

rkvgs_026.jpg
裁判の流れはゲーム本編と同じで、証人から証言を聞く。
さらに詳しい証言を得るために、相手を揺さぶり、
矛盾があったら異議を申し立てて、真実を探っていく。
久しぶりに逆裁をプレイしているけど、凄く楽しい!
4がね、色々納得出来ない内容だったので、5と6はプレイしてないのですが、
これが終わったら買いに行こうかな。

rkvgs_029.jpg
どうでもいいが、タイホくんは世界に進出してたんだなw
そしてそこでも事件に関わってくるという相変わらずの呪われた存在ww

rkvgs_028.jpg
警備員が証人として呼ばれているが、話を聞いてみると
事件の資料と異なる点が多く、本当にマホーネが犯人か怪しい…。
依頼人の一人ジョドーラには、検察側の言い分通りに進めてくれと
頼まれていたが、無実の可能性があるなら守りたいと思い、
ナルホドは被告人の無罪を主張する。

rkvgs_030.jpg
そこで検察側から被害者の女性オリーブが召喚される。
アラ、ヤダ。オリーブさんなかなか好みだ。
褐色肌のセクシー女性良いよね(*´ω`*)
オリーブから話を聞いていくと様々な矛盾点が出てくる。
オリーブを鉄パイプで殴ったのはマホーネではなく、第三者の犯行なのでは…という
可能性が濃厚になってきた。

rkvgs_031.jpg
裁判の結果、マホーネの無罪が証明され、幕を閉じる。
しかし、この裁判ではオリーブを襲った犯人は分からず仕舞い。
さらにマホーネは自分の無実が証明されたのにも関わらず、無反応。
ジョドーラからは一応お礼は言われるものの冷たい目線を送られるのだった。

rkvgs_032.jpg
二人が立ち去ったあと、真宵ちゃんがマホーネが持っていた本が
落ちていることに気が付く。
それを拾い上げ、パラパラとめくってみると…

rkvgs_033.jpg
そこには知らない町に佇むナルホドと真宵ちゃんの姿が描かれていたのだった。
驚く二人。そんな中、突然本が光り出す。
そして二人は本の中へと吸い込まれていくのだった。

今回は序章ということもあり、基本的な操作説明だったのだけど、
レイトンVS逆転裁判の裁判パートは群衆裁判なんだよね。
一度に複数の証人を相手に尋問を行うとかいう感じの。
それがなかなか評判が良いみたいだから、どんな感じなのか楽しみだ!

さてさて、これでレイトン・逆裁共に序章は終了。
結構長いゲームの上に謎解きは自力でじっくり解きたいので、
ある程度は掻い摘んで記事を書いて行こうかなと思っています。
ゲームをプレイして、話が進んだら書いていくので、このゲームは不定期更新かな~?
スポンサーサイト

【3DS】レイトン教授vs逆転裁判 プレイ日記01:レイトン組序章

rkvgs_001.jpg
タイトル:レイトン教授vs逆転裁判
ジャンル:アドベンチャーゲーム
ハード:3DS

人気作品「レイトン教授」と「逆転裁判」がコラボした「レイトン教授vs逆転裁判」
どちらも好きな作品なので発売日に買っていたのに、今頃になってようやくプレイ開始。
両方の作品が楽しめる上に、今は新品で買っても2,000円くらいで手に入るので、
かなりお得なソフトです。

rkvgs_002.jpg
オープニング。
車でモンスターのようなもの(魔女)から逃げている2人の男女。

rkvgs_003.jpg
しかし、魔女に追いつかれ魔法のような技を使われ、車は大破。
(勿論レイトンや逆裁の世界ではあり得ないという反応をしているw)
男は怪我をしたようで、女の子に「狙いは君だから、君だけでも逃げるんだ」と諭す。

rkvgs_005.jpg
場面は変わり、レイトンとルーク。
二人は優雅に紅茶を楽しんでいる様子。

rkvgs_006.jpg
次に逆裁組。
あ~真宵ちゃん久しぶりだ。かわええなぁ。
やっぱり逆裁の助手と言ったら、真宵ちゃんが一番落ち着く。

rkvgs_007.jpg
ナルホドと真宵ちゃんは弁護士協会の出張でロンドンに向かっているところ。
結構細かくアンメーションムービーが入るのは嬉しいのだけど、
逆裁組の声優が下手すぎて、ちょっとガッカリだね…。
アニメーションが良い分余計にね(´・ω・`)
レイトン組も上手いわけではないのだけど、1作目からこの声だから
慣れているというのもあり、許容範囲内。
でも逆裁組はゲームとは異なる声優の上に、妙に早口で
棒読みが目立つのがなぁ…。
アニメーション部分は仕方がないにしても、ゲーム中はボイスOFFに
出来ないかねぇ。

rkvgs_014.jpg

rkvgs_015.jpg
最初の操作はレイトン組。
逆裁でいう探偵パートがレイトンたちで、町や部屋の中を探索しながら
謎を解明していくという感じみたいだね。

rkvgs_008.jpg
レイトンからルークに出された謎を解くと、部屋の中に女の子が
助けを求めて入ってくる。
OPで出て来ていた男(ジョバンニ)はレイトンの教え子で
何かあったらレイトンを頼れと言っていたそうだ。

rkvgs_009.jpg
ジャバンニからの手紙では
・女の子の名前はマホーネ。

・ラビリンスシティという地図にも載っていない不思議な町があり、秘密がある。 
 ジョバンニはラビリンスシティの謎を解き明かそうとしていた。

・ラビリンスシティの謎を解く鍵はマホーネであり、彼女を町の外に連れ出すことには
 成功したが、追手が迫っており、命を狙われている。

・追手は"魔女"と呼ばれる不思議な力を使う者たち。

ということだった。
何でそんな面倒なことに首を突っ込んだんですかねぇ(#^ω^)

rkvgs_010.jpg

rkvgs_011.jpg
そんな話をしているとレイトンたちの部屋に魔女が現れ、マホーネを攫っていく。
英国紳士として女性を守ることが出来なかったと、悔しがるレイトン。
レイトンとルークはマホーネを救出する為に、夜のロンドンの町を探索しに
出かけるのだった。

rkvgs_012.jpg
マップ移動のアイコンがマザーみたいで可愛いw
ロンドン橋に行くとチェルミー警部が様々な情報をくれる。
(ロンドン橋や公園にある謎を解きながら探索していくことになる)

rkvgs_016.jpg
ロンドン橋には隠し通路があり、中に入ってみると
マホーネが捕らえられていた。
ここも当然謎解きがありますw
謎を解いて彼女を救出するが、隠し通路の奥から再び魔女たちの足音が…

rkvgs_017.jpg
ルークとレイトンは囮になり、マホーネを定期船に乗せて逃がすことに成功する。
魔女はレイトンたちに「お前たちは自ら"物語"に足を踏み入れたんだ」と
言って消えていく。

rkvgs_018.jpg
マホーネが持っていた本「ラビリンシア」が落ちていることに気が付くルーク。
拾い上げると勝手に本が開き、彼らをラビリンシアの世界へと誘うのだった…。

さぁ、レイトン組の序章は終わり。
次は逆裁組ですぞ。
いや~裁判をやるのが久しぶり過ぎてワクワクが止まらない(*'ω'*)

【アプリ】メンヘラチャット

mnhtt_001.jpg
タイトル:メンヘラチャット
ジャンル:恋愛アドベンチャー
ハード:iPhoneまたはandroid端末
料金:無料

「メンヘラチャット」はメンヘラな彼女とチャットを通じて
交流していき、ストーリーを進めていく恋愛アドベンチャーゲームです。

mnhtt_002.jpg
主人公の津川 圭一は21歳大学生。
最近可愛い彼女が出来て幸せ~…と思いきや
彼女が実はメンヘラタイプで苦労しているようだ。

彼女のイラストが可愛かったので、ついダウンロードしてみましたが
自分はヤンデレは好きではないですw
例え二次元の可愛い女の子でも面倒な子は苦手なので(; ・`д・´)

mnhtt_010.jpg
彼女がチャットで送ってくる内容に対して、3種類の選択肢が出るので
この中から1つ選んで返答する。
彼女のメンヘラ度が高くなるような選択肢を選ぶと良いw
彼女が喜ぶ選択肢を選ぶとハートが溜まる。

mnhtt_004.jpg
既に彼女は病みモードでリスカの画像を送って来たリ、
1分も経たないうちに何度も電話をかけてきたりする。

mnhtt_006.jpg
常に彼氏が何をしているのか、どこにいるのか把握していないと
心配のようで、勝手にGPSで追跡したり、盗撮したりしている。
いや~リアルだったら絶対無理ですわ。
友達にもなれない。

mnhtt_009.jpg
赤文字の選択肢は彼女がとても傷つく選択肢で、
これを選ぶと即バッドエンドに行く。
試しに選んでみたら、圭一が彼女の病みっぷりに慣れてしまい
冷たい返事をしていたら、彼女が本当に自殺してしまった…という
エンディングだった。

mnhtt_012.jpg
しばらく彼女とチャットを続けていくと、彼女に変化が見られる。

mnhtt_013.jpg
自傷系ヤンデレタイプだった彼女が、病弱系ヤンデレタイプに
変化した!
…どう転んでもヤンデレなのは変わりません(笑)

mnhtt_014.jpg
チャットの内容も変わり、病気や入院の話に代わる。

mnhtt_016.jpg
さらに進めて行くと、ラブラブ度が高かったためか
彼女が脱メンヘラし、普通の可愛い女の子になった。
この子が可愛くて、料理が上手で優しいという超理想的な彼女なんだ。

mnhtt_017.jpg
水族館に連れて行って欲しいとか、お弁当作っていくね!とか
とにかく可愛い。
自分はこの子が良いです。

mnhtt_018.jpg
と、思いきや、圭一は物足りなさを感じてしまう。
そして彼女に別れを切り出すが…

mnhtt_019.jpg
分岐は全部で4パターン。
彼女とどのくらいラブラブになれたかで、分岐をしていくみたいだ。
全てのエンディングを見るには周回プレイが必須。

mnhtt_008.jpg
ゲームを早く進めたい時は、ヤンデレアイテムを集めて
彼女に送ると、返信の時間が早まる。
このシステムのおかげで、ゲームがサクサク進み
周回プレイも苦にならない。

ただ気になった点としては、自分の環境下と相性が良くなかったのか
バグが多かったです。
進行不能になるバグはなかったけど、何度かやり直しプレイさせられたりはした。

それでも自分の返答で彼女が豹変していくのが楽しく、
色々なエンディングを観たいなと思えた。
無料で遊べるので、メンヘラ好きの人もそうじゃない人も
気になったら、とりあえずダウンロードしてみると良いですよ。


【PS3】運命の洞窟 THE CAVE:感想

タイトル:運命の洞窟 THE CAVE
ジャンル:パズルアドベンチャーゲーム
ハード:PS3またはWii U
料金:1,000円

※今回は友人宅でプレイさせていただいたゲームの為、
画像等はありません。

物語の舞台は、喋る洞窟【運命の洞窟】。
運命の洞窟に入り、無事脱出を果たすと願いが叶うと言われている。
そこに各々の目的の為に集まった7人の主人公。
彼らは目的を叶えるために、洞窟の突破を目指すのだった。

彼らの旅の目的は…

騎士:至高の権威と名声を持つ剣を探す。
村人:己の恋人を探す。
科学者:全人類にとって貴重な発見をまじかにしている。
タイムトラベラー:幾万年もの時を超え、歴史を正すために来た。
冒険家:行方不明となった友と古代の秘宝を追い求めている。
双子:願いは外で遊ぶこと。自由を求めている。
僧侶:彼の旅を満たすのは平安と悟り…そして殺し。

プレイヤーはこの中から3人のキャラを選び、洞窟の中を探索していくことになる。
洞窟の中を進んでいくと、各々の「心の闇」と「過去に犯した罪」が見えくる。
どのキャラも己の私利私欲にまみれた奴らで、一筋縄ではいかないブラックユーモアが
利いたゲームです。
またね、程よくジョークを交えながら、彼らの闇を明かす「運命の洞窟」役の
銀河万丈さんが、良い味出しているのよ(*´ω`*)
ゲームの雰囲気としてはディズニーランドのホーンテッドマンションをゲーム化した
ような感じです。

ゲーム内容としては各キャラの特技や洞窟内に落ちているアイテムを駆使して
仕掛けを解いていくパズルアドベンチャーゲーム。

各キャラの能力は

騎士:能力発動中、無敵になる。
村人:水中の中でも息切れしない。
科学者:ハッキングして特定の仕掛けを動かせる。
タイムトラベラー:テレポートして、壁をすり抜けられる。
冒険家:フック&ロープを使い、向こう岸に移動できる。
双子:自分たちの魂を解離させ、一部の仕掛けの動作を止めておくことが出来る。
僧侶:念動力でアイテムを引き寄せたり、手の届かない場所の仕掛けを動かす。

今回のプレイでは、冒険家・タイムトラベラー・双子に。

操作方法は最近のタイトルだと「Limbo」が近い。
一般的なアクションゲームと変わらないので、すぐに慣れると思います。

ただ、Limboとの大きな違いは、プレイヤーは3人のキャラを切り替えて
動かしていくことになる。
(L1と十字キーでキャラを切り替えていく)
定期的に3キャラ揃わないと解けない仕掛けが出てくるので
1人プレイの時は3キャラ全員を動かす必要があるので、やや大変。

※最大3人まで同時に遊べるので、複数で遊べる場合は
 手伝って貰えると、キャラの移動がかなり楽です。

ステージは最初は共通ステージですが、あとは各々の過去にまつわるステージが
用意されている。
ここで、彼らが「犯した罪」を再現させられる。

謎解き要素が難しいと聞いていましたが、この手のゲームにある程度慣れている
プレイヤーからすると、正直そこまで難しい要素もないです。
利用できるアイテム数が少ないのと、アイテムに近づくと名前が表示されるため
仕掛けを見れば、この辺のアイテムを使うんだなぁと何となく分かる。
とりあえず詰まったら周囲をしっかり確認することが大切!

エンディングは各キャラ、バットエンドとグッドエンドの2種類が用意されている。
彼らの過ちを正すことが出来るかどうかでエンディングが変わる。

1周のプレイ時間は5時間程度。
ただ全キャラのストーリーを見るとなると周回プレイが必須なので
10時間近くは遊ぶことが出来る。

とにかくブラックユーモアが効いたストーリーと世界観が魅力的。
ゲームの難易度はあまり高くないので、公式PVの雰囲気が気に入った人は
プレイして見ると楽しめると思います。

【3DS】名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生:プレイ日記02

「名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生」のプレイ日記2回目です。
全クリしましたので、ざっと感想を。
アドベンチャーゲームなので、犯人など先に知ってしまうと
面白くなくなってしまうようなネタバレは無しで書きます。

mtpk01_013.jpg
父親(ハリー)を探すために、ポケモンが凶暴化している事件を追う
ティムとピカチュウ。
ゲーム序盤はポケモンと人間が共存する世界を見せるために
かなりほのぼのとした展開が続いていく。
世界観は人間とポケモンが仲良しで、街中にポケモンが沢山いても
当たり前という感じで、なかなか良い。

ただ、名探偵とゲームタイトルに付いてはいるが、
「全年齢対象+ポケモンの世界観」なので、殺人事件など凶悪な事件は発生しない。
(今後は分からないが「新コンビ~」では無し)
その為、事件が単調なものになっている印象があった。

一応、ゲーム後半では少し事件ポイ事件になるので…
まだ大人でもそこそこ楽しめる展開にはなっている。

mtpk01_026.jpg
閉じ込められた洞窟でポケモンを凶暴化する薬のアンプルを見つける。
ハリーの残した手がかりを基に、PCLという研究所を突き止める。
二人は研究所に侵入して、薬のことや犯人のことを詳しく調べようとする。
研究所ではティムとピカチュウのことを邪魔に思った犯人が
ポケモンを凶暴化させる薬を使って、二人を襲う場面などがあり
少しだけ緊迫感もある。
でも…それでも物足りないなぁ…というのが正直な所。
せめてピカチュウが戦えて、カッコいいアクションがあるのだったら
良かったのだけどね。
このピカチュウは技は使えない、動きも遅いという戦闘は全くダメダメ。
まぁ二足歩行している姿で必死に走るピカチュウは可愛いのだけどねw

mtpk01_028.jpg
最終章では名探偵らしい犯人当てもある。
ただ本当に最後だけなので…せめてこれが毎回あったら良かったな。
あと謎解きが簡単すぎるので、もう少し難しくして欲しい。

mtpk01_027.jpg

mtpk01_033.jpg
と、まぁストーリー展開や謎解き要素にはやや物足りなさがあるものの、
おっさんピカチュウは、やはり可愛い。
このピカチュウのニヤケ顔とか、お菓子をつまみ食いして
怒られているところとか、今までにないピカチュウ像は見ていて楽しい。

mtpk01_023.jpg
コーヒーが大好きで、カフェで薀蓄をたれる姿も。
この目を細めて微笑む姿がリアルで、良いね(笑)
またピカチュウとは、いつでも会話が出来る上に会話のパターンもかなり多い。
しかも全てフルボイスという豪華さ。
おっさん化しててもピカチュウのことが大好きだ!という人はかなり楽しいと思う。

mtpk01_030.jpg
その他のポケモンも魅力的。
世界観やポケモンの可愛さで支えられているゲームだと思った。

mtpk01_031.jpg
サブタイトルからも分かるように、この1本では完結しない。
あと何本かは続編が出るだろうなという終わり方をする。
個人的にはゲームとしては微妙だけど、世界観やポケモンが可愛いので
続編が出たら買おうかな…とは思っている。
ただ、このゲーム内容があまりダラダラ続くと飽きそうなので、
できれば2~3本で終わらせてくれると、ありがたい。

…本音をいうなら、この単調なゲーム操作だったら無しにして
映画みたいに2時間くらいの映像作品の方が面白かっただろうなと思う。
その方が世界観やポケモンの魅力が、もっと引き出せただろうし、
派手なアクションも入っただろうから、満足度は高そう。

mtpk01_032.jpg
最後にミュウツーらしき影が…出てくるとは思っていなかったので非常に気になる。
ストーリーに絡んでくるのかねぇ?

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: