スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS Vita】死印 プレイ日記01:オープニング

siin_001.jpg
タイトル:死印
ジャンル:アドベンチャー
ハード:PS Vita

夏と言えば、ホラー第2弾!
ホラーゲームはどうしてこんなに楽しいのだろうね(*´ω`)
こちらのゲームは血やグロめの画像が出ますので、
苦手な方は要注意。

siin_002.jpg
早速プレイ開始。
女子高校生2人組が帰宅中に怪談話をしている。
古典の女性の先生で、山口という先生がいたが、現在行方不明とのこと。

siin_003.jpg
図書室で調べものをしていたときに腕だけ残していなくなったという。
物凄い落し物だね!
残された腕には痣があり、山口先生の腕で間違いないということだった。
また、他にも行方不明になっている生徒がおり、山口先生同様の
痣があった…。
最近「呪いの痣」という噂が流行っているらしい。

siin_004.jpg
女子高校生とすれ違う一人の中年男性。
これが主人公(デフォルト名は八敷一男)。

siin_005.jpg
気が付くと見知らぬ洋館の前に立っているのだった。
八敷のポケットには一枚の名刺が入っており、そこには
「九条館主人 心霊治療家 九条サキ」と書かれていた。

siin_006.jpg
そして八敷の右手首には奇妙な痣があった。
この痣を見ていると得体のしれない寒気を感じるという。

siin_007.jpg
自分が何をしにこの洋館を訪れたのかは分からないが、
とりあえず入ってみることに。
中を見渡してみると、人影があった。
……人影というより人形じゃね?

物語の途中で、このような選択肢が出てくることがある。
万が一、人間で不法侵入で警察を呼ばれたら大変なことになるので
話しかけてみる。

が、返事はない。
仕方がないので、近づいて触ってみると、

siin_008.jpg
やはり人形だった。
とても精密に作られていて、関節部分以外は人間のように近い…と
説明しているが、どう見てもアニメ顔で人形にしか見えませんww
実際に触ってみるまで人形ということに気が付かない主人公が心配だ。

とりあえず屋敷の中を探索してみる。
外から見た時に、一部屋だけ電気が点いていた部屋があったので
そこに行ってみる。
部屋の中は真っ暗でよく見えないが、熟した果実のような
甘ったるい香りの中に生臭い匂いが混じっていた。
ゆっくりと部屋の中に入って行くと、外で雷が光り、部屋の中が一瞬見える。

siin_009.jpg
何と部屋の中心には女性の死体があった。
しかも女性の腹からは植物が出ていた。

siin_010.jpg
しばらくすると、明かりが灯る。
部屋の中を再度確認すると、女性の死体は無くなっていたが、
血痕は残ったままの状態だった。

siin_013.jpg
八敷は再びホールに戻ると、先ほど見た人形が「驚かせてしまいましたか?」と
話しかけてくる。
人形の名前はメリィと言い、八敷の手首にある痣のことについて教えてくれる。

ここの館の主人は九条サヤで、先ほど植物に腹を裂かれて死んでいた死体だという。
サヤは腕の痣(死印)のことを調べており、死印の呪いから逃れる方法を
調査していたという。

死印とは「死の刻印」で刻まれた者は、近いうちに死ぬという。
さらに呪いは犠牲者の記憶も少しずつ壊していき、死を向かえるその日まで
大切な記憶を奪っていく。
八敷が今、記憶もなく、自分の名前さえ分からない状態になっていることを
考えると、タイムリミットは本日の夜明けだろうと…。

siin_014.jpg
「死印」では通常の選択肢の他に、"デッドリーチョイス"という生死をかけた選択肢が
出てくることがある。
この選択肢が出ている間は"霊魂"という数値が出現する。
間違った答えを選ぶと霊魂が減って行き、0になると死亡する。
また制限時間があるので、タイムオーバーをしてもゲームオーバーとなる。

初回はチュートリアルだから、簡単だね。
流石にここで「死を待つ」を選ぶ人はいなかろうw

八敷は生きる為に、印に抗うことにする。
ここの屋敷の主、九条サヤは抗う術を探しており、手がかりを得ていたということだった。
詳しいことはメリィも知らないので、まずは九条サヤが調べていたことを
探してみると良いだろうと教えてくれる。

siin_015.jpg

siin_016.jpg
と、そこに八敷意外に身体に"印"を刻まれた"印人"がやってきた。
女子高校生の方が萌、小さな男の子の方がつかさという。
二人ともサヤが「月間オーパーツ」に出した痣に関する記事を見て相談に来た。

八敷が印をどこでつけたのか覚えているか?と聞くと
「花彦くんの呪い」かも…と答える。
どうやら主人公たちがいる街の子供たちの間で噂になっている幽霊というが…。

siin_012.jpg
オープニングはこんな感じでした。
ついでに主人公は顔のグラを微妙に変えられます。
眼鏡と髭の有無についてだけw
この微妙な顔選択は意味があるのだろうか?

今の所、結構楽しいゲームです(*´ω`*)
この後、どんな展開が待っているのか期待。
スポンサーサイト

【PC】無感無痛[無痛少女]

mtss_001.jpg
タイトル:無感無痛[無痛少女]
ジャンル:アドベンチャー
ハード:PC
ダウンロード:https://www.freem.ne.jp/win/game/8643
制作者様:のりじろ様
料金:無料

この記事を書いているのは現在7月中旬…(記事が出るのは9月始めだけど)
暑い日が続いております。
そう、夏と言えばホラーゲームですな。
ホラーゲームで探していたら面白そうなフリーゲームを見つけたので
早速ダウンロードしてみました。

無痛少女ということですが、医療系ドラマでもよく「先天性無痛無汗症」は
出てきてますね。
遺伝性疾患で痛覚や温覚を感じないという病気。
一見良いようにも思えるけど、痛みを感じないため
身体からの危険信号を受け取れず、無茶なことしてしまい骨折や脱臼、舌をかみ切るなど
大怪我をしやすいとか何とか。
痛みはないけど、身体は負傷しているため歩行能力に障害が出たり…といった
事態を招くことも。
タイトルからするに、その病気の少女の話かね?

mtss_003.jpg
プレイ開始。
本作は横スクロール型アドベンチャー。
主人公の少女の影を動かして、不思議な世界を探索していく。
基本操作としては、左右キーで移動、調べたりジャンプをする際に上下キーを使用する。

mtss_004.jpg
扉があったので入ってみると、皆がこちらを見て笑っている。
少女を見て嘲笑している…という感じだよね。これ(´・ω・`)

mtss_005.jpg
謎のバケモノに追いかけられる。
ホラー要素としては、急にオバケが飛び出て来たリといった映像によるビックリはない。
モノクロの世界の中で、静かに不気味な生き物や不安を煽る音が恐怖を仰ぐ。
自分はパニック系や恐怖画像の耐性がそこそこある為、フリーゲームでよくある
「脅かし」を怖いと思うことは滅多にないが、音によるホラーというのは苦手なので
結構怖かった。
音だけだと、自分の中で色々イメージしてしまってダメなんだよね。
想像力だけは豊かなのでw

mtss_008.jpg

mtss_006.jpg

mtss_009.jpg
世界を探索していくことで、物語が断片的に語られていく。
しかし、はっきりとした描写は無いため、解釈の仕方はプレイヤー自身に
委ねられる。
うん、自分で色々考察出来る話は大好きです(´ω`)

mtss_010.jpg

mtss_014.jpg
ゲームを進めて行くと少女の日記が落ちていた。
読み進めて行くと、痛みを感じない少女に対して周りの人々が
バケモノと呼び、怖がっている。
それがきっかけでいじめが始まり…。

mtss_013.jpg

mtss_015.jpg
エンディングは全10種類。
1周は20分ほどで終わるので、エンディング回収も楽です。
作者様のHPには各エンディングへの行き方もヒントが出ていました。

身体は痛みを感じなくても、心に痛みを感じ続ける少女は
果たしてどんな結末を迎えるのか。
ホラー、または物語を考察するのが好きな人にはオススメのゲームです。

【SFC】セプテントリオン プレイ日記002:エンディングを目指して…

セプテントリオンのプレイ日記2回目です。
前回のプレイは船内を迷子になってゲームオーバーという
不甲斐ない結果で終わりました…(´・ω・`)
しかし、今回は違うぜ!
裏でコッソリプレイを重ねてマップはある程度把握してきました。
とりあえず今回の目標は「ノーマルエンド」か「ベストエンド」を目指す。

調べたり、周回プレイをしてみて分かったのですが、
このゲームはマルチエンディングらしい。
エンディングは「単独脱出エンド」、「重要人物未救出エンド」、
「重要人物死亡」エンド、「ノーマルエンド」、「ベストエンド」と
各キャラ5種類用意されている。

「単独脱出エンド」は主人公一人だけで脱出するエンディング。
バッドエンド扱いみたいですな。

「重要人物未救出エンド」とは、各主人公事にストーリーに関わる重要人物がおり、
彼らを救出せずに脱出するといくエンディング。

「重要人物死亡エンド」は、重要人物を一度は仲間にするが、
脱出する道中で死亡してしまった場合にいくエンディング。

「ノーマルエンド」とは、重要人物は救出しているが、
その他の救助者ポイントが足りていないときに見られるエンディング。
救出できる人にはそれぞれポイントが割り振られており、
病人・怪我人>子供>女性>男性の順でポイントが高い。
脱出したときのポイントが25ポイント未満だとノーマルエンド。

「ベストエンド」は重要人物を救出していて、さらに他の
救助者ポイントが25ポイント以上だと見れる。

今回の主人公はレドウィン・ガードナー。牧師さんですな。
ガードナーさんの重要人物は船内で知り合った子供たち。
ハリーとステラ、それから二人の従兄弟のジャックの3人。
子供たちは点数が高い上に、ハリーとステラはスタート地点の近くにいる為、
きちんと誘導して進められれば、ベストエンディングに進みやすい。
……まぁ、誰か一人でも欠けたら、ダメという厳しい条件も付くのだけどね。

sptntln_026.jpg
ガードナー編のオープニング。
牧師さんというと高潔なイメージがありますが、ガードナーさんは
カジノでギャンブルはやるわ、酒を飲んで酔うわと生臭坊主。
牧師ではありながらも、困難が目の前に立ちふさがったら、
神の加護を求めて祈り続けるのではなく、自ら道を切り拓いていくタイプ。

sptntln_027.jpg
そんな頼れる性格が人気のようで、船内でも顔見知りが多かったり、
子供たちからも慕われている。
赤いドレスを着ている女の子がステラ。
青いブレザーを着て、「牧師しゃん」と舌足らずで話しているのがハリー。
牧師しゃんは酒を飲みすぎて、吐きそうになっているところだよw
ちょっと、そっとしておいてくれ。

sptntln_028.jpg
子供たちと別れた後、しばらくすると船が大波に巻き込まれて大破する。
最初はオープニングに出て来たハリーとステラを仲間に。
こんな緊急事態に頼れるムキムキ神父が来てくれたら、惚れてしまうわ~w
ハリーは母親を探しにホールへ行きたいというが…

ジャックはオープニングでチラッと名前が出てきますが、
1回目の転覆後(プレイ開始30分以降)じゃないと出現しないので一旦放置。
先に別の救助者たちを助けて、ポイント稼ぎを行う。

sptntln_030.jpg
このお嬢さん(マリー)はキャプリス編でも見つけたけど
母親と一緒じゃないと救出出来ないらしいね。
母親は救護室にいて、結構やっかいなんだよな…。
すまんが、この子は放置かな。

sptntln_031.jpg
イベントも各主人公事に微妙に変化があり、キャプリスは口数が少ない為に
説得が苦手なタイプでした。
言いたいことはハッキリ言うので、見てて面白い人でもあったけどねww

ガードナーさんは牧師で顔が広い上に、相手の話をきちんと聞いてから
説得していくタイプなので、仲間を増やしやすい。
ただ力が有り余っているのか変なところでドジをするけどw

sptntln_040.jpg
そうそう、マップ探索をしているときに救助者の操作について
いくつか気がついた点が。
救助者はL・Rで呼ぶことが出来ます。
全員を一か所に集めた状態(矢印が赤)の時にL・Rを押すと
連れ歩きが出来る。
移動はいちいち呼ぶよりも、連れ歩きをした方が早い。
ただし、連れ歩き状態は救助者の体力が減って行くので注意が必要。
体力が減ってくると救助者の方から文句を言ってくる。
なーにが「歩きたくない」だ( ゚Д゚)
自分が生きるか死ぬかの緊急事態なんだから、文句を言わずに頑張れよ…と
思うのだがね。

さらにジャンプして渡らないといけない場所に移動する場面で、
救助者がジャンプしているときに「↓+Y」を押すと、「引き上げる」ことが出来る。
SFCだから仕方がないのだけど、CPUがなかなかのおバカさんなので
引き上げでフォローしていくことが大切。
この2つの操作を上手く使わないとベストエンドは難しいだろう。

sptntln_034.jpg
救助者もそこそこ集まったところで、第1階層船尾エレベータルームに移動。
一回目の転覆を待つ。
するとジャックとハンフリーが出現する。
ジャックはハンフリーに保護され、ここに隠れていたらしい。
子供たちが無事再会を果たしたことを神に感謝するガードナー。
ここの言い回しカッコいいね。

ジャックは母親がホールにいるはずだから探しに行きたいと言い出す。
しかしガードナーとステラはジャックの母親が既に亡くなっていることを
言い出せずにいる(ホールに行っていなくても同様のイベントになる)
その様子を見ていたハンフリーが自分がジャックの母親を探してきて
やるから、お前は牧師と一緒に行けという。
ガードナーが「何故そこまでするんだ…?」と聞くと、実はハンフリーは
名の通った殺し屋だが、人生の最後くらい良い奴で終わりたいということだった。
「あばよ、牧師。ガキを死なすんじゃないぞ!」と言って部屋を出て行くハンフリー。
何か昔の映画みたいなイベントでカッコいい。
こういうイベント好きですわ~。

sptntln_037.jpg
これで重要人物が揃ったので、ボイラー室へと向かう。
途中、機関長のユーサーに会う。
ここのイベントは上手いこと返答していかないと、救助者を機関長に
攫われるという鬼イベントらしい。
多くのプレイヤーが泣かされてきたと有名な話w

しかしガードナーは説得が得意だからね。
機関長とのやりとりは全て返答してOKのようだ。
口下手なキャプリスだと、こうもいかないだろうな。

機関長の話ではボイラー室は既に爆発が起こっており、部下を6人失った。
船首へ潜って救助隊を待てと機関長は言ってくる。
しかし、船首は既に海の中…とてもじゃないが救助隊が来るのを待てる状況ではない。
一か八かボイラー室の最奥にある脱出口から船外への脱出すれば
助かる可能性があるかもしれない。とガードナーは主張する。

救助者からしたら船のことに詳しい機関長を信じるか、信頼できる牧師について行くか
究極の選択だよな。
今回のプレイでは、機関長とのイベントも上手くクリア。
全員がガードナーを信じてついて来てくれた。
sptntln_039.jpg
ボイラー室に入るとアクション要素満載のステージになる。
ステージの構成自体は難しくないよ…プレイヤーがやればね。
NPCがやると思わぬところで死ぬから、掴み上げるを上手く活用して
慎重に進めていくことをオススメします。

sptntln_041.jpg
ボイラー室を抜けると船外に出る。
無事脱出したぞ!!と大喜びするガードナーさん。
ここまでノーセーブで進めて来てますので、プレイヤーも万歳したい
気持ちのはずww
ところが喜びもつかぬ間、ハリーが母親を探しに船内に戻ったという。
急いで追いかけるガードナー。

sptntln_042.jpg
船の中で倒れているハリーを見つけ、「ママはもうここにはいないんだ…。」と
優しく抱きしめるのだった(´;ω;`)

sptntln_043.jpg
こうして乗員を含む2,300余名が死亡した大規模な海難事件は幕を閉じた。
今回のプレイで無事生存できたのは、バードナーを含む8名。

sptntln_044.jpg
生存者たちは愛する人を失った悲しみを背負うことになる。
しかし子供たちの輝く瞳を見ていれば、分かる。
彼らはこの悲しみを乗り越えていけるだろう。
神よ、あなたの出来の悪い息子はやり遂げました。
願わくばすべての人々に祝福を。

sptntln_045.jpg
…と、いうことでガードナー編無事グッドエンドを迎えました!
救助者ポイント34点、プレイ時間39分と意外と余裕のあるクリアが出来た。
いや~ガードナーさんが好みの主人公で、ストーリーも良かった。

ゲームの感想を簡潔に書くと、スゲェ面白かった。
最初はね、どこに何があるか分からないし、何をしたら良いのか
ヒントもほとんどないから、くじけそうだったw
だけど、遊び方やマップを把握してくると、ランダムに傾く船、
セーブが全く出来ない一発勝負という緊張感。
そしてそれを乗り越え無事に脱出出来た時の、達成感がヤバい。
クセになりそうだww

万人向きとは言い難いけど、粘り強く遊べる人ならオススメ。
レアゲーとなっているので、お値段は高めですが買って良かった!
他3人の主人公もゆっくりやっていこうと思います。

【SFC】セプテントリオン プレイ日記001:買ってしまった…

sptntln_001.jpg
タイトル:セプテントリオン
ジャンル:アドベンチャー
ハード:SFC

SFCのレアゲーの中でかなり気になっていた「セプテントリオン」
制作&販売会社のヒューマンが既に倒産しており、バーチャルコンソールで
販売される可能性が低いことから、今でも4,000~5,000円くらいの
値段が付いております。

しかし、先日久しぶりにレトロゲームショップを
物色していたら、割と安い値段でこのゲームが売られている!?
このチャンスを逃すまい!と買っちまったよ。
予定外の出費となり痛いけど、後悔はしてないw
よーし、早速プレイだ。

sptntln_002.jpg
ストーリー
1921年9月13日、豪華客船レディ=クリサニア号は予想外の嵐に遭遇した。
乗客は不安に思いながらも、嵐が無事通り過ぎてくれるのを祈っていた。
しかし、その祈りも空しく、突然の大波により船は転覆。
乗客2,300人のうち、ほとんどの人が転覆時の衝撃で命を落とした。
生き残った者も僅かにいるが、船はどんどん沈んでいき、長くは持ちそうにない。
しかも嵐はやむこともなく、助けを呼ぶのは不可能な状況。
この絶望的な状況から生き残った人々は脱出出来るのだろうか…。

ゲーム内容
嵐で転覆した船から出来るだけ多くの生存者を助けながら、脱出するゲーム。
船が沈むまでのタイムリミットはリアルタイムで60分。
途中でセーブなどは出来ないため、本当に一発勝負というところが
現実的で緊張感がある。

主人公は全部で4人いる。
ただ選択画面では各キャラの詳しい説明がないので
違いがいまいち分からない。

sptntln_003.jpg
キャプリス 23歳 建築家
職業など見てもいまいち何が得意とか分からんな…。

sptntln_004.jpg
レドヴィン 39歳 牧師
牧師ということは説得が得意そう?
生存者の中には緊急事態だというのに、ごねる人がいるらしいので
そういう人を上手く連れ出してくれそう。

sptntln_005.jpg
ルーク 21歳 航海士
航海士ということはこの船の船員なのかね?
船内のことについて詳しい?

sptntln_006.jpg
ジェフリー 54歳 医師
医師ということは怪我の治療などが出来るということだよな。

なお、エンディングは各キャラ複数用意されており、
生存者を多く助けていくとグッドエンドとなる。
子供、女性、怪我、病人を優先的に助けて行く方がグッドエンドに
行きやすいということなので、ジェフリーはグッドエンドを見やすいキャラ…と
いうことになるね。

このゲーム、かなり難易度が高いということなので
初プレイの今回は操作確認やゲームの雰囲気に慣れるための
お試しプレイにしてみようと思う。
主人公として能力が一番謎なキャプリスを操作キャラとして選択。

sptntln_007.jpg
キャプリスには病気の義妹エイミーがいる。
病気は悪くなる一方で、心身が弱っており、兄への依存が強いようだ。
そのことにキャプリスは疲弊しており、堪えられなくなってきていると
本人は語っている。

sptntln_009.jpg
キャプリスの疲れた顔を気にして、酒を飲もうと誘ってくれた
おっさんにも冷たい態度をとる。
う~む…なかなか攻撃的な物言いをするから、説得とかは
苦手そうだな。

sptntln_010.jpg
船内をウロウロしていると、突如船が津波に飲まれ、転覆する。
気が付くと船は逆さになっており、多くの乗客が亡くなっている状態だった。

sptntln_014.jpg
キャプリスはエイミーのことが心配になり、彼女の待つ部屋へと
戻ろうとするのだが…うん、いきなり迷子なんだ(´・ω・`)
OPでエイミーのいる部屋からここまでの道筋は教えてくれていたのだけど、
マップが逆さになっているせいで、分からん。
しかも船は一定時間ごとに大きく揺れて、道が通れなくなったりするしね。
船の傾きはランダムで変わるらしく、スムーズに進められるかは
運次第ということのらしい。

sptntln_015.jpg
途中にある炎や高い所から落ちると死亡したことになる。
主人公には死亡はなく、タイムリミット-5分で、その場から復帰が出来る。

sptntln_017.jpg
エイミーを探しながら船内をウロウロしていると、生存者を発見。
キャプリスが苦労して説得して、何とか連れ出せるようになる。

生存者の誘導は、LまたはRボタンを押すことで、NPCがそこを目指して
移動する。
これがなかなかの曲者で、自分が行った時は通れた道でも
NPCが移動している途中で船が傾き、通れなくなる…ということもある。
あんまり離れてしまうとはぐれたと判定されて、指示も通らなくなるし
困ったもんだ。
上手く誘導する方法を探さんといけないね。

sptntln_018.jpg
30分経ったところで、ボイラー室が爆発する。
このせいで船体がさらに傾くようになる。

sptntln_019.jpg
壁を歩いているような状態w

sptntln_021.jpg
主人公は死んでも復帰が可能だけど、生存者はダメのようで
死んでしまう。
後ろからついて来ていたはずの生存者が、船の傾き変更で
足場から落下。
急に悲鳴が聞こえたから、ビックリしたよ。
死亡したら「俺のせいじゃない。運がなかったんだ」と呟くキャプリス。
運要素も大きくかかわってくるね。

sptntln_025.jpg
タイムリミットまで後5分すぎというところで、主人公も死ぬとゲームオーバー。
結局エイミーがいる部屋までたどり着くことすら、出来なかった(´・ω・`)
いや~噂には聞いていたけど、難しい。
せめてマップがあれば…。
他主人公も試しつつ、再チャレンジしてきます!

【3DS】レイトン教授vs逆転裁判 プレイ日記03:第1章

レイトン教授vs逆転裁判のプレイ日記3回目です。
今回はレイトン組がメインの話。

rkvgs_034.jpg
オープニングでマホーネが持っていた本「ラビリンシア」に
吸い込まれたレイトンとルーク。
目を覚ますと馬車に乗っていた。

rkvgs_035.jpg
二人はそのままラビリンスシティに到着する。
ラビリンスシティは完全に中世ファンタジーの世界観で
騎士が町を守っていたり、吟遊詩人が歌っていたりと
住民たちも濃い人ばかりww

rkvgs_037.jpg
馬車に同乗していた女性がこちらに近寄って来て
「私やお前たちが、今ここにいるのは既に決められたことなのだ。」
と言って立ち去って行く。
気が付くと町の外へと通じる門がなくなっており、ラビリンスシティに
閉じ込めれてしまっていた。

とりあえず町のことをもっと詳しく知るために、聞き込みをしていく。
町のあちらこちらにある謎も回収しつつね。
今回の問題はゲームの世界観設定に合わせてか、ファンタジー系の物が多い。
これはこれで新鮮で楽しいw

rkvgs_038.jpg
ストーリーとは関係ないけど、このイラスト可愛い(*´ω`*)

rkvgs_039.jpg
住民たちから話を聞いてみると、今日は町の創造主ストーリーテラーが
この町にいらっしゃるということで、お祭り騒ぎになっている。
もうすぐパレードが始まるということなので、見に行ってみる2人。

rkvgs_040.jpg
これがストーリーテラーと呼ばれる人物。
このキャラな~んか見たことがあるなぁと思ってたのだけど、アレだ。
昔ジャンプで連載していた封神演義の聞仲に似てるんだw

rkvgs_041.jpg
聞…じゃなかったストーリーテラーの側近(?)らしき女性が
「新しい物語だ!」と言って紙をばら撒く。
女はパレードの見物客の中にいるレイトンを見つけると睨みつけてくる。
お前…頭の飾りで色々バレ出るぞ。見た目の割におバカちゃんなのか?

住民たちは女がばら撒いた紙を拾い上げて、嬉しそうに"物語"を
読んでいるが、みるみる内に顔色が変わり、怯えだす。
紙にはこう書かれていた。

「月明りの照らす森の奥深く、恐ろしき魔女が死の影を落とす。
 不運なる二人組の若者が、その暗闇に足を踏み入れた時、
 その命は"魔の炎"に魅入られ焼かれ…やがて燃え尽きる。」

rkvgs_043.jpg
"物語"を読んだルークは、皆が何をそんなに怯えているのか分からず、
「どうしてこんな作り話で、皆さん怯えているのでしょうか?」と
いう疑問を口に出してしまう。
急いで止めるレイトンだったが、住民の耳に入ってしまい
ストーリーテラー様の"物語"を信じないのか!?と町の人たちに
詰められてしまう。

rkvgs_044.jpg
さらに新しい物語に書かれている二人組というのも
この二人のことなのでは…と疑いをかけられてしまい、
騎士団から追われるようになる。
いざとなったらルークを庇うレイトン先生。
さすが英国紳士!カッコいい!!

何とか騎士団の包囲をかいくぐって逃げ出すことは出来たが、
このままでは捕まってしまう…と思っていた矢先、
路地裏からレイトンを呼ぶ女性の声が聞こえてくる。

rkvgs_045.jpg
そちらの方に向かってみると、マホーネが!?
マホーネは現在パン屋で居候をさせて貰っているということで
騒ぎが落ち着くまでは、そこで二人を匿うと申し出てくれる。

そういえば逆裁組の方では、誰かに操られているような感じだったのだけど、
今は自由になっているんだ。
レイトンの前にいるマホーネと逆裁組の前にいるマホーネが
同一人物ではないという可能性もあるけど…まだよく分からないね。

マホーネと共にパン屋へと向かうと、店の中から元気よく
「いらっしゃいませ!」の声が…

rkvgs_047.jpg
って、えええー!!なっ…ナルホド!!?
何してるんだ…( ゚Д゚)

rkvgs_047.jpg
もちろん真宵ちゃんも一緒。
真宵ちゃんの割烹着姿かわええな(*´ω`*)
二人は5年ほど前から、ここでお話世話になっていると
言っており、ナルホドが作るパンは美味いと評判のようだ。
弁護士をやっていたという記憶もないっぽい?
反射的に机を叩いたり、指を刺したりと職業病は
無くなっていないようだけどw

レイトンはすぐに二人が別の世界から来た人だろうということに気が付く。
まさかこんな所で4人が合流するとは思っていなかった…
(もっと焦らされると思ってたw)
話のテンポも良くて、面白いなぁ。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。