【アメコミ】バッドマン:感想

結構前の話になりますが、バッドマンの実写映画「ダークナイト」で
出てきたジョーカーが好きでしてね。
とことん悪の道に走っている悪役って良いですよねぇ。
最近その話をしたらジョーカーが出てくるアメコミを何冊か貸して貰えましたヾ(`・∀・´)ノ

なので、今回は映画の方ではなくアメコミの方で感想を書きます。
バッドマンの知識としては映画の「バッドマン ビギンズ」「ダークナイト」
「ダークナイト ライジング」を観たことがある程度です。
しかも映画を観たのもかなり前だったのでね…トゥーフェイスとか
名前や外見は覚えてましたが、1ドル銀貨のこととか全然覚えてませんでした。
と、いうか映画を観たときは、バッドマンに関しての知識が全然無い状態で観たので、
彼がコイントスで全ての行動を決めるというのを知らなかったから
気にしてなかったんだろうな。
今、観たらより楽しめる気がする。


DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
フランク・ミラー
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 149,848

ストーリーとしてはバットマンが引退して10年後の話で
この時ブルース・ウェイン(バッドマンの中の人)が55才になっている。
バッドマンがいなくなったことでゴッサムシティは再び荒れ果ててしまい、
その現状にブルースはバッドマンとしての活動を再開する。
しかしかつてバッドマンが活躍したときと社会は変わっており、
自警行為は良しとせず、世間は彼を異常者として取り扱った。

一番最初に借りたのがこれ。
貸してくれた人曰く、今までただの勧善懲悪ものだったストーリーから一転。
バッドマンが悪に対して容赦の無い冷酷な性格、ヒーローとしての苦悩を描くことで
シリアスな話になり、歴史を変えた作品…とのことです。

バットマンのキャラクターはね、結構面白いです。
敵を殺すことはないけど、腰の骨を折って
障害が残るようなことをしたりと生きてさえいれば
良いだろう的な感じで攻撃するので結構ヒドイことをしている。
しかもバットマン自身が年をとってしまっているので、「背中が痛い」やら
「昔は腕の力だけで登れたのに…今は足で支えないと無理だ」とか
ずっと考えていて、ヒーローぽくないw
まぁ、全盛期に比べたら衰えてはいますが、それでも十分強いおじいちゃんなんですけどね。

しかし…正直話が分かりにくい。
単調なコマ割り、コマの外にズラズラと並ぶセリフ。
コマ数は多いけど同じような絵が結構並んでいる為、
絵による説明は意外と少なく、説明のない展開があるなど
読むには慣れが必要です。
自分は日本の古い漫画も読んだりするんで、単調なコマ割りとか平気な方なんですが…。

またバッドマンの知識がほとんどないというのも、話についていけない要員かも。
未来の話なので、それまでの話をある程度知っている前提で話が作られていると思います。
(そもそもロビンって誰?と言っている人が読むには早すぎるというのは分かってますw)
この本自体は面白いのかもしれませんが、ある程度アメコミに慣れ、
バッドマンの話を理解してからじゃないと良さが分からないかもなぁ。
その内、リベンジしたい作品ですね。



バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)
アラン・ムーア(作) ブライアン・ボランド(画)
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 98,461

ジョーカーが主役の話で、過去と現代の話を同時に進行して1つの物語としています。
過去話としてジョーカーが誕生した理由。
ジョーカーは元々一般市民でコメディアンとして働いていた。
しかし全く売れない。
妻や今度生まれてくる子供を養う為にもお金がいる。
妻がそのことを慰めても、精神的に追い詰められていて不信感を覚えていた。

何としてもお金を手に入れて家族を安心させたい彼は、犯罪に手を染めることを決意する。
しかし作戦を実行しようとした当日、最愛の妻と子供を事故で失う。
大切なものを失い、この作戦を成功させてお金を得ても、
何の意味のないジョーカーは作戦を中止したかったが、
今更引くことは出来ない状態になっていた。

話は現代の方へ、バッドマンはジョーカーを助けたい、ただ殺し合いで終わるような関係に
終止符を打つために話合いたいと言っている。

バットマンはジョーカーに
「一体何がお前(ジョーカー)の人生を狂わせたのか知らない。
だが、もしもその場に私がいれば…お前の力になれたかもしれない。
だから苦しみを一人で背負い込むな。
我々が殺し合う理由はない」と語ります。

しかし、実はジョーカーが狂うきっかけの事件の現場にはバッドマンがいて、
バットマンから逃げる為に毒薬の中を泳いだことから
皮膚が白くなり、髪は変色して、今のジョーカーが生まれた。
バットマンはこのことを知らないし、ジョーカーは過去の記憶が
あやふやで覚えていない。
凄い皮肉な話だよなぁ…。

ジョーカーはバッドマンの提案に対してジョークで返します。
その内容とは…

「精神病院に二人の男がいた。二人は自由を求めて病院を脱走する。
屋上に上ってみると狭い隙間の向こうに隣の建物が見え、さらには奥には
夜の街…自由の世界が広がっている。
最初の男は難なく隣の建物に移るが、もう1人の男は怖くて飛び移ることが出来ない。

最初の男は"自分が持っている懐中電灯で光の橋を架けてやるから、渡ってこい"と言う。
もう一人の男は首を横に振りながら、"てめぇ、オレがイカれてるとでも思ってんのか!"

"どうせ途中でスイッチを切っちまうつもりだろ"と返す」

ここから先は勝手な考察になるのですが、このジョークの最初の男というのはバッドマンのこと、
残されたもう1人の男というのはジョーカーのことを差していると思う。
そもそも懐中電灯で光の橋なんて架けたって渡れるはずもないのに、
最初の男は本気で言っている。
そしてもう一人の男も「渡れるはずがないだろ!」ではなく、渡れることを前提として
「でもお前が切るから俺は落ちるんだ」と返す。
まぁ、どちらもイカレたことを言っているジョークです。

ジョーカーのイカレぷりは見れば分かるので、割愛しますが
バットマンも両親を目の前で殺されたことがトラウマになっていて
「犯罪は防がれなければならない」という考えに基づいて生きて来ている。
決して正義の為ではなく、自分自身が納得するためだけに悪人をボコる。
結果的には悪者を退治している訳だから、誰もおかしいとは思わないけれど、
ターゲットが悪者のみという点を除けば、
己の衝動だけで生きているという根本的な部分ではジョーカーと変わらない。
ジョーカーはそのことに気が付いていて、アイツはイカレていると言っている。
だから話の最初と最後に「精神病院に二人の男がいた。」と言っている。

さらにバットマンに会う前にジョーカーが自分で言っているのですが
辛い現実から逃げだすためにジョーカーは自ら狂った。
そして自分が狂った理由さえも忘れている。
となると、いくらバットマンが手を差し伸べたところでジョーカーを救うことは出来ないし、
ジョーカー自身それを望んでいない。
つまり全く見当違いな提案をしてきているバットマンが最初の男。

「どうせ途中でスイッチを切っちまうつもりだろ」というのは何だろうと思ったのですが
ジョーカーが自らジョーカーを辞めることはないので、本当にジョーカーを止めたいと思うならば
やはり殺すしかない。
ジョーカーのいう通りスイッチを切るしかない。
ジョーカーはそのことが分かっているから、自ら死を選ぶようなイカレた選択はしない。

バットマンも己の信念に基づいて"殺人"は行わない。
例え、ジョーカーによってどんな被害が出ようとも。
結局二人は己の信念に基づいて生きて行く限り、関係は変わらないし、
溝は埋まらない。
ラストシーンの水溜まりに写っていた光の橋が消えるのは、
二人が救われることはないという比喩なのかなと。

この話の面白いところって、一見ジョーカーの方が狂っているように見えるけど
二人の本質を理解しているのは、実はジョーカーの方なんですよね。
バットマンは理性を保っているように見えるけど、自分が狂っているということに
気が付いているのかすら、怪しい。
誰が正常で、誰が狂っているのか、よく分からなくなってくる…
それはこの二人だけではなく、社会全体がそうだと。

ラストの部分の解釈は人によって違いますし、読むたびに別の発見がある。
これと一緒に入っている「罪なき市民」も考えさせてくれる話で
どちらも好みでしたねぇ。
本の厚さに対してお値段が2,000円くらいするので高っ!?と思いましたが
短くてもこれだけ奥が深い話なら自分でも欲しくなってきた。

そういえばこの表紙のジョーカーってカメラを構えて「スマーイル」と言ってますが
バーバラを撃った後のシーンですかね。
そう思うと怖すぎるんだがっ!?

本当はあと2冊くらい感想を書きたいのがあったのですが、思ったより
長くなってきましたので一旦切ります。
続きはそのうち書くかな。
スポンサーサイト

【漫画】flat:感想


漫画「flat」の最終巻が出て読みました。
なかなか好き漫画だったので全巻通しての感想を書きたいと思います。

■あらすじ
お菓子作りが大好きで超マイペースな平介。
しばらくの間、平介のいとこで保育園に通う秋を預かることになる。
自分の興味のないことはいい加減な平介だったが、秋と共に過ごすことで
少しずつ変化していく…。

■感想
絵柄もお話も登場人物も、とにかくゆるい日常系漫画です。

平介は今まで子供と接する機会がなかったので、秋くんに懐かれてもどう対応したら
良いのか分からず、困ったり悩んだりします。
秋くんは秋くんで思ったこともなかなか言えない性格なので平介ともっと遊びたくても
言えずに我慢したり、落ち込んだり…。
それでもお互いに気にかけていて、些細なことでも上手くいくと(主に秋くんが)大喜びするので
可愛いなぁとほのぼの出来ます。

この漫画の良いところとしては平介自身がそこまで子供に関心がないので
子供が出てくる漫画でよくある、子供が大好きな主人公が「かわいい!かわいい!!」と
叫んだり、ただひたすら愛でたりすることはありません。
(可愛いの押しつけがないというのが分かりやすいかな)
でも、いつも一生懸命な秋くんは読者からすると可愛いですけどね。

平介の高校の友達がメインとなる話もありますが、これはこれで
個性的なメンツなので面白いです。何気に考えさせられるセリフも出てきたりしますし。

最終回で秋くんが別の家に預けられることになり、初めて大泣きします。
そんな秋くんを抱きかかえて平介が「まいったなぁ。こっちまで寂しくなっちゃうよ」と
言うのですが、なんだろ…「flat」という漫画が終わったことに対しての自分も
同じ気持ちなんですが…。
平介の母親が「また来ればいい。さよならではなく、またねって感じ」と言っていますが、
これは読者に対して作品は終わってしまっても、読み返せばまた会えるよって言っているのかなと…。

終わってしまって少し寂しい気持ちもありますが、多分これ以上続けていても
基本的なノリが変わらないので読者も飽きる頃だったのかもしれません…。
最後の最後まで話のノリを変えることなく、しっかり終わらせて貰えて良かったです。
全体を通して温かさと優しさがある良い作品だと思いました。

秋くん将来どんな子に育つんだろうなぁ…。平介はあまり変わらなさそうですが(笑)

【漫画】聲の形:感想

聲の形(1) (少年マガジンコミックス)
大今 良時
講談社 (2013-11-15)

【あらすじ】
クラスのリーダータイプで悪ガキの石田将也のクラスに、西宮硝子という
聴覚障害を持った女の子が転校してくる。
障害ゆえにクラスに馴染めず、段々とクラスから孤立、
そして将也のグループからいじめを受けることになる。

将也たちによって何度も壊された補聴器が、170万円もの被害額が出たことで
西宮の親が学校に連絡が入り、校長先生と担任、クラスのみんなで学級会が開かれることに。
そこでいじめのリーダーとして将也一人が吊し上げられてしまう。

翌日、将也が登校すると今まで仲良くして友達からいじめのターゲットにされる。
(元)友人たちからのいじめを受けている苛立ちを西宮にぶつけてしまい、
2人は殴り合いの喧嘩になる。
その1ヵ月後、西宮は転校をしていってしまうが、その時に初めて将也は
西宮が影でいじめから庇ってくれていた事実に気が付く…。


【感想】
本屋で試し読み冊子が出ていて、たまたま読んだのですが続きが非常に気になり
コミックを買ってきました。
最初は(試し読みでは)将也が西宮をいじめるまででしたが、これが何とも感じが悪い。
これ本当に主人公?って思いましたよ。

それで続きをコミックで読んでみたら、ビックリ!
将也がクラスの皆、そして担任からも裏切られていじめを受ける立場に。
そりゃ確かに西宮へのいじめが酷かったので、ちょっと痛い目見れば良いのにとは
思ってましたが、ここまで来ると流石に可哀想。
母親がいつも遊んでいる友達と食べるようにとケーキを3つくれますが
それを虚ろな目をしながら、母親に聞こえるように大きい声で
「おいしーおいしー」と言って1人で3人分のケーキを食べているのはさすがに泣けてくる…。

クラスの子たちも「うわぁ」と思うところはありますが、一番ありえないのは担任です(怒)
他の先生が西宮がクラスのみんなと上手くやれるように
手話の話を持ち出しても無下に扱う。
西村へのいじめがあるのを知りつつ、無関心を装って挙句に1人の子供を責めて、
その子が何を言っても信用しない。
将也がやったことは確かに悪いことだけど、子供の未熟さゆえの行動なんだから
大人が止めてやらないとダメでしょう。

そんな酷いクラスの中で西宮は天使というか、この漫画の癒しです。
毎朝早く学校に来て、将也の机に書かれている酷いラクガキや机の上に置かれている花を
片付けたりして、本人が気が付かないようにしてくれてるんですよ。
今まで自分を散々いじめて来た相手なのに。
スッゴイ良い子(*´∀`*)

1巻の後半では将也たちは高校生になりますが、小学校でのことがあり
中学、高校と孤立し続けてきた将也。
補聴器の代金を払ってくれた母親にお金を返して、西宮と再会したところで終わり。

この先、2人がどうなるのか非常に楽しみです。
お話自体は短くて良いので、綺麗にほのぼのと終わってくれることを期待したいです。

【漫画】ミスミソウ:感想



押切蓮助先生の「ミスミソウ」の完全版が出たと知り、久しぶりに読み返しました。
(完全版ではなく、旧コミックの方です)
漫画は色々と読んではいますが、その中でもこの作品は特に気に入っています。
残酷表現があるので万人受けするないようではないかもしれませんが、
これを機にもっと色々な方に読んでもらえると良いなと思いますので
簡易なあらすじと感想を書きます。

■あらすじ
転校生の野咲春花はクラスメイトから壮絶なイジメにあっていますが、
家族に心配をかけまいと、イジメられているのを隠して
辛い学校生活を送る日々を過ごしていました。
春花との想いとは裏腹にイジメは段々と悪化していき、ついに春花は不登校になります。
春花が不登校になったと知ったクラスメイトは春花の自宅まで乗り込んで
家族に危害を加え、さらに家に火をつけます。
それが元で家族は死亡。春花はクラスメイトに復讐をすることを誓います。

■感想
最初の春花がイジメにあっているシーンはかなり胸糞悪いです。
イジメ自体ダメですが、家族にまで手を出して来るとか・・・許せん。

ただ、そんな悲惨な日常の中でも、心の支えになってくれている優しい家族との日常、
同級生の中で唯一、自分の味方になってくれる相場くんとの恋などが
春花の辛い学校生活の中での救いでした。
だからこそ、その「救い」が壊され、辛い現実のみになってしまったときに
春花は「鬼」となります。

後半は残酷描写が多く、悲しみと絶望の道を歩んでいく春花ですが
ただグロいだけではなく、どこか儚くも力強く、そして美しいです。
この話を最初に読み終えたときはあまりにも衝撃的で、放心しました。

この作者さんは絵があまり上手ではないですが、そんなものは気にならなくなるくらい
ストーリーが素晴らしいです。
絵を見て敬遠しているのは勿体無いと断言できます!

完全版は上下巻の2冊にまとめられていて、さらに加筆があるみたいですね。
かなり気になっているので買おうかな・・・。


余談ですが、押切先生の作品はミスミソウの他にもコミック化されているものは
ほとんど読んでいます。
ミスミソウの他にオススメ作品を上げると「ゆうやみ特攻隊」「ツバキ(椿鬼)」「サユリ」が
読みやすく面白いと思います。
あとは今話題になっている「ハイスコアガール」。
個人的にはオバケ+ギャグの「でろでろ」と「ピプポー」も好きですが、
ある程度、押切ワールドにハマってからの方が良い作品かもしれません(笑)


■追記
完全版読みました。
上巻は春花へのいじめが始まるきっかけとなったエピソードが追加されてました。
下巻はラストシーンの「春が来たよ」のシーンが描き足されてました。
今までは最後春花がどうなったのか予想は付きますがぼんやりとしか
描かれてませんでしたが、追加されたシーンによって確定しましたね・・・。
これおじいちゃん相当辛いよなぁ・・・。

コミックの方を持っているならば、完全版で追加されたページの為だけに
買いなおす程ではないですが、もし新しく買うなら入手がしやすい完全版で良いと思います。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: