目次

お越しいただき、ありがとうございます。
3DSやPS Vitaなど携帯機ゲームを中心に遊んでいるブログです。
今まで遊んだゲームは「continue」にまとめて、各記事ごとにリンクしていますので
よければ見てください。
各記事の続きは「関連記事」から飛べるようになっています。

※この記事は常にトップに来ますので、次の記事からが最新記事になります。
スポンサーサイト

【3DS】超科学脱出 最果てのクロスアイズ プレイ日記02:全クリしました

超科学脱出 最果てのクロスアイズのプレイ日記2回目です。
全クリしたので、感想を。

1通りプレイして分かったのは、ストーリーのメインは瞳、
探索(脱出)パートの主人公は京介だった。
W主人公制なので、ここまではっきり分けなくても良かったのでは…?と
いうのが本音。
せっかく異なる能力を持った超能力者がいるのだから、二人で協力して
謎解きをした方が面白かっただろうなぁ。
まぁ、京介の過去干渉能力だけでも十分面白かったけどね。

tkdski_014.jpg
瞳の超能力が探索パートで役に立ったのは、この一か所のみ。
透視と念力と脱出ゲームでは大変便利な能力を持っているので
もっと活かせれば良かったのに。

探索パートはシステムの便利さやヒントが多いこともあって
サクサク進むので、詰まることはまずない。
探索パートは全部で3か所。
500円のゲームと考えれば妥当なところかな?

tkdski_012.jpg
ストーリーの方は完結編ということもあり、それなりに綺麗に終わっている。
ただ、中身は悪くはないけど凄く面白いという訳でも無かった。
京介がメインの時はボケとツッコミの役が明確に分かれていたので
読んでて、まだそこそこ面白かったけど、ストーリー上主役の瞳メインの
話は正直微妙だった。
「皆が瞳を大切に思っている」、「瞳は皆に勇気をくれる」、「凄い」的な
感じで進むのだけど…当の本人は特に何かしているわけではないんだよなぁ。
皆に守られているだけで…そういう主人公補正が強い作品が
苦手な自分としては合わなかった。

そういえばストーリーの間で選択肢が出るけど、あまり意味がなかったな。
間違った選択肢を選ぶと「あなた何を言っているの…○○○でしょ」みたいに
言われて、軌道修正させられる。
プレイヤーがあまり介入することはなく、勝手に話が進んで行っている。
一応マルチエンディングなので、異なる選択肢を選び続けたら
エンディングが変わるみたいですが、どのくらい変わるのかは未確認。

tkdski_013.jpg
値段を考えれば、結構遊べるし良い作品です。
探索パートは面白かった。
ストーリーはラノベが好きな人は合うかなという感じ。
個人的には前作(2作目・京介たちが主人公)はプレイしてみたいと思った。
脱出ゲームがやりたくなったら、プレイするかね。

【映画】名探偵コナン から紅の恋歌:感想

  • 2017/04/20 00:57
  • Category: 映画
映画「名探偵コナン から紅の恋歌」の感想になります。
ネタバレありの為、要注意です。

■感想
今年のコナンの映画は大阪組の2人が主役ということで
観て来ましたよー。

「から紅の恋歌」(以下、から紅)はイメージイラストにも描かれている通り
テーマは京都と百人一首。
それから平次を巡って和葉と紅葉の女の戦いがメインでした。

で、今作は割と評判が良いのですが、理由としては綺麗にまとまっているからかなぁ…と
思いました。

コナン映画と言えば、推理と派手なアクションなのですが、
近年の作品はアクションに力を入れて、推理は置き去り。
結果的に内容がイマイチ…ということが多かったのですが、
「から紅」は映画冒頭とラストにアクションを派手に魅せて
中盤は推理パートと、はっきりと分けたことで
どちらもしっかりと描かれてました。

また推理も恋愛も百人一首という同じテーマにしたことで
話のまとまりが良かった。
百人一首自体に恋の歌が多いこともあって、女性キャラたちの
恋バナ話に上手く繋げていた。
普通に話したら「はいはい、ごちそーさま」って感じの話も
百人一首を基に各キャラの心情を表現することで
おしゃれな感じになっていた。
「和歌も良いねぇ」とニヤニヤしながら見てたよ(笑)

それから、登場人物についてですが、今回はコナン、平次、和葉、紅葉の4人を
メインに絞って、他のキャラたちの出番は抑えめ。
本来のメインヒロインの蘭も今回は出番は少なかったです。
一応、園子とか灰原、少年探偵団とかも出てくるには出てきますがね。
でも、メインで出てくるキャラを必要最低限に抑えることで
何を描きたいのか、どこを魅せたいのかが分かりやすかった。

アクション要素についてはね…ツッコミどころ満載だけど
派手で迫力があったので、インパクトはバッチリ。
しかし…あれだ。コナンの世界のサッカーボールは優秀だね。
煙の中、電撃を走らせて道筋を作ったり、建物の消火まで行ってしまうんだぜ。
勿論、サスペンダーさんも頑張ってましたよ。
ここまでぶっ飛んでると、一周回って笑えてしまうww

今回は推理、アクション、恋愛とコナン映画において欠かせない要素が
それぞれしっかり描かれていて面白かったのだけど、色々詰め込みすぎているなぁと
いう感じもあった。
特に推理要素は「そういえばこんな人いたなぁ…」みたいに思う部分もあったので、
初回だけで全部を理解するのは大変な気がする。
今作は大人も楽しめる内容なので、2~3回観ても良いかも。
近年不作が続いているコナン映画ですが、今回は原点回帰をしているような内容で
大満足でした!

「から紅」はDVDを買う予定ですが、それまでに百人一首について
もう少し知識をつけてみたら、さらに面白くなりそう。

そういえば…イメージイラストで和葉が着物を着てるのだけど
そんなシーンなかったな。
和葉の着物姿にワクワクしていたので、そこだけは残念だw




【3DS】超科学脱出 最果てのクロスアイズ プレイ日記01

tkdski_001.jpg
超科学脱出 最果てのクロスアイズ
3DSダウンロード専用で、価格は500円。
久しぶりに厨二心にグッと来るイラストがあったので
購入してみました。

ゲームの内容としては超能力を駆使した脱出ゲーム。
こちらのゲームは超科学脱出シリーズの3作目にあたり、
シリーズ完結編のようです。
…実は前2作未プレイなんですがね(´ε`;)ゝ
いきなり完結編から遊んで大丈夫か!?とは思いましたがぁ、
1作目主人公と2作目主人公の物語が交差(クロス)するというのに
惹かれまして…。
どうしてもこの3作目が早く遊びたかったのですよ。

tkdski_010.jpg
一応、前作未プレイの人や詳しいこと覚えてないよ~という
プレイヤー用に大変親切な設定があるので大丈夫(笑)
世界観設定とかキャラ設定を説明する文章を表示するか否かが
選択できるようになっています。
まぁ、本当は前2作きちんと遊んでから、完結編をプレイした方が
面白いとは思いますがね。
我慢できなかったから仕方がない。

ストーリーをざっと説明すると、「東欧の国で超能力者だけの
国を作ろうとしている悪者がいるから阻止しよう」という感じ。

tkdski_002.jpg
主人公は2人おり、こちらは1作目の主人公の茜野 瞳。
二つの超能力(透視と念力)が使える多重能力者。
明るいく真っすぐな性格で人から好かれやすいタイプ。
犯人と思われる人物と深い関係がある。
(公式サイトにネタバレありw)

tkdski_003.jpg
もう一人の主人公は綾名 京介。2作目の主人公。
私立探偵で右目右腕を過去の事件で失っており、義眼義肢。
超能力は過去干渉能力。

tkdski_011.jpg
ゲームの流れとしてはアドベンチャーパートと探索パートと2つのパートがあり、
アドベンチャーパートでストーリーが進んでいく。
ストーリーの途中に選択肢が出るので、これによってエンディングが変わる
マルチエンディング式らしい。

tkdski_006.jpg
探索パートでは密室から脱出する脱出ゲーム。
こちらは普通の脱出ゲームと同じで、物を調べてアイテムを入手。
アイテムを使って謎を解いていく。

tkdski_007.jpg
京介操作時は過去干渉能力を使って、時間を遡ることで
部屋の変化の確認や過去の物に触れることが出来る。
これも探索パートでは重要な手がかりとなる。

tkdski_009.jpg
例えば、被害者が受け取ることが出来なかった郵便物を
京介の能力を使えば受け取ることが出来るようになったり、
犯人が見られたらマズイと思って壊した物を、破壊される前の状態で
見ることが出来たりと、割と反則的な能力w

現在、全4章の内、第2章まで進めましたが、今のところは面白い…とは言い難い。
2人の超能力者が協力して事件を解決していくという設定は面白いとは
思うのだけど、事件の規模が大きすぎて「それは主人公たちの問題なのか?」
「もっと協力して貰うべき人がいるのではないだろうか?」と思ってしまう。

また、ストーリーの規模の割には、やっていることが脱出ゲームというちぐはぐ感。
部屋から脱出したところで、「この問題が解決するんかーい!」って
ツッコミを入れたくなる。
もっと事件の規模は小さい方が自然なゲームになったと思う。

あと、W主人公性のゲームなのかなと期待していたのだけど、
今のところ京介しか操作していないのが気になる…。
瞳はストーリー上、重要人物ではあるけど、脱出パートでの
操作がないため、ただのヒロイン(しかもお姫様扱い)。

正直期待していたほどではないけど、操作性やシステムは良く遊びやすいので…
一応全クリ目指してプレイを進めてみます。

【PS】リンダキューブアゲイン プレイ日記12:シナリオC クリア…

linda3_211.jpg

linda3_212.jpg
リンダキューブアゲインのプレイ日記12回目です。
遂に地下エデンに突入したのですが、地上では捕まえられない動物が
ウヨウヨいて楽しい(*´ω`*)

linda3_214.jpg
気が付けば100種類突破でクリア条件達成!
よーし!このまま120種類すべてコンプするぞ!!と意気込んでいたのですが…
実はこのデータだと既に詰んでいることに気が付いてしまった (´・ω・`)

linda3_213.jpg
クワガタのメスは、ケビンという少年からの依頼の成功報酬でのみ
入手可能な動物なのですが…これがクリア不可の状態になってしまいました。
依頼内容は「鮮血の果実」を持ってきて欲しいというもので、
フローラジャム(夏)に「青い果実」を入手し、1季節待つと
「青い果実」が「鮮血の果実」に変化しているので、それを渡すと依頼達成。

ここで注意しなければならないのは、リンダが「植物鑑定」のスキルを
持っていないと、青い果実が鮮血の果実に変化しないということ!
そう…植物鑑定のスキルを取り逃しました…。

調べてみたところ「植物鑑定」のスキルはナターシャからの依頼を
受けている状態でホスピコにいるフローラに会いに行くと
覚えることが出来る。
しかし、フローラに会いに行く前に、ナターシャの依頼をクリアしてしまうと
ホスピコからフローラがいなくなってしまい、植物鑑定を覚えるイベントが
消滅してしまう。

一応「植物鑑定」のスキルはなくても、青い果実は入手可能だが、
どんなに季節を経たせても青い果実のままなので、結果として
ケビンのイベントが終わらない状態になってしまうのだった…。
時期限定動物とか気を付けて集めてたのにー!
まさかこんな落とし穴があるとは思ってなかった (´;ω;`)

さすがに最初からやり直す気力も湧かなかったので
今回は100種類集めたところで箱船を発進させて
クリアにしてしまおう。

エンディングはABと変わらず、箱船を発進→ネオ・ケニアに巨大な隕石が
落ちて星が消滅→ケンとリンダが時間をワープして新たな星を発見と
いう所までは同じ。

linda3_216.jpg

linda3_217.jpg
スタッフロール後、箱船は新たな星に無事着陸。
ここはかつてネオ・ケニアと呼ばれていた星で、別の名は…

linda3_218.jpg

linda3_219.jpg
幼いころケンとリンダは「地球を発見出来たら(※)ケンのお嫁さんになってあげる」とか
「新婚旅行は地球が良い」と話していた。
二人共その約束を覚えており、夢が叶って嬉しそうだ(・∀・)
※リンダキューブの世界では地球の座標が失われており、
  存在すら分からないことになっている。

linda3_220.jpg
箱船から動物たちも出てきて、新しい住処とする。

linda3_222.jpg
この後、ケンとリンダの年表が流れる。
リンダは一年後に長女マリアを出産。
(ゲーム中でも娘が生まれたらマリアと名付けたいと話していた)
最終的には娘7人、息子5人と大家族になる。
ケンとリンダは集落を作り、マリアは原住民と結婚して息子を出産。
その間にも自分たちが住みやすいように開拓していく。

そしてケンは79才、リンダは102才で生涯を閉じるのだった。
と、いうのがシナリオCで追加される。

地下エデンを探索してみて、思ったのですが、
やっぱり新しい星=地球=ネオ・ケニアで、ケンとリンダは何度も何度も
箱船発進→地球に戻り、箱舟に乗った動物たちと新たな星を作り、人類の始祖となると
いう行為を繰り返しているみたいですね。
始祖となったケンとリンダが亡くなった後も、人類や動物たちは発展していき、
何万年後か何億年後かは分からないけど、再び星に消滅の危機が迫ったら
次なるケンとリンダが生まれ、動物集めに奔走する。

だからシナリオA・B・Cはパラレルワールドという訳ではなく
歴史としては繋がっている。

まぁ…ゲーム内でしっかりと言われているわけではなく
散りばめられた情報からの憶測でしかないのですが…。

linda3_224.jpg
シナリオCをクリアすると、シナリオDのプレイが可能になる。
ただ、これは1年以内に100種類以上の動物を集めろという
タイムアタック的な内容なので、プレイしなくても良いかなぁ…。

とりあえず、これでリンダキューブは一通りおしまい。
なかなか癖が強く、面白いゲームでした。
グロ・エロ耐性がそれなりにあって、暗い話が好きな人には
独特な世界観が楽しめるのでオススメ。(この条件が既に万人向けではないw)
シナリオも凄く良かったよ。
個人的にはAがお気に入り。皆がちょっとしたすれ違いでどんどん不幸になっていってて
可哀想なシナリオなんだけどね…インパクトがあった。
救いのないシナリオAと皆が幸せなシナリオCの分岐点って本当に些細な所なんだよね。
そういうもどかしさも好きな点ですな。

まぁ、人間の嫉妬や狂気などが盛り沢山なゲームではありますが
最後は皆で笑って幸せになれるので、結果オーライ。
スッキリして終われる。

今回動物を全て集められなかったのが、気がかりなんですがぁ…
どうせやり直すなら、動物の見た目がさらに凄いというPCエンジン版を
プレイしてみたいですな。

Pagination

Utility

プロフィール

zin

Author:zin
日々まったりとゲームをしたり、イラストを描いたりしています。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

何かありましたら、こちらから ご連絡お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: